Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact_no Menu_5voice
 
 
ありがとう
満員御礼
キャンセル待ちを申し込む
【オンライン】保健室の書類
の整理収納講座
このような方にオススメ
保健室の書類を整理したい 仕事の効率を上げたい 必要な書類をすぐにみつかるようにしたい
期待できる効果
保健室の書類を管理しやすくなる 仕事の効率化がはかれる 子どもにゆとりを持って対応できる
1095__1?1584454030
子どもが「片づけを通して将来幸せな大人になること」を目指して、子どもや子どもを取り巻く大人(保護者へ先生)に片づけの効果や方法を伝えていきます。
Professional
 
 
MKパートナー合同会社 加藤真由美 元養護教諭の整理収納アドバイザー
加藤真由美
子どもが「片づけを通して将来幸せな大人になること」を目指して、子どもや子どもを取り巻く大人(保護者へ先生)に片づけの効果や方法を伝えていきます。
 
<保有資格>
・整理収納アドバイザー1級
・整理収納アドバイザー2級認定講師
・親・子の片づけマスターインストラクター
・ビジュー式片付けカードワークインストラクター
・整理収納教育士
・住宅収納スペシャリスト
・養護教諭Ⅰ種
・看護師
・保健師

<受賞歴>
・2016年整理収納コンペティション 新人部門最優秀賞受賞
・2018年片づけ大賞 審査員特別賞受賞
・2019年整理収納コンペティション プロフェッショナル部門 本選出場

<実績>
小児科の看護師経験3年間、小学校の養護教諭経験23年間で、関わった子ども約4000人に登る。
元養護教諭の経験と片づけのプロの知識を掛け合わせた「保健室の整理収納」に関する講演会が、全国各地からオファーがある。
受講した養護教諭はのべ約4000人に上る(2020.1月現在)
その他に地域で片づけ講座や個人宅のお片..
<プロフィール>
兵庫県の県立小児専門病院で3年間看護師として勤務後、明石市内の養護教諭として23年間勤め、2015年に退職。
2016年にMKパートナー合同会社を設立し、整理収納アドバイザーとして活動開始。
2017年からは親・子の片づけマスターインストラクターとしても活動開始する。

長年の小学校養護教諭の経験を活かし、「子どもが片づけを通して自己肯定感を高め、将来自立した幸せな大人になること」を目指して、子どもと取り巻く大人(保護者や先生)に向けて活動中。
主に、親・子の片づけ講座、養護教諭向けの講演会・講座、PTA講演会、小学校の片づけの授業、個人宅のお片づけサービス等を行っている。

 
オンライン開催!
保健室の書類の整理収納講座が
全国どこからでも受講できます!
 
すぐにたまる書類を何とかしたい!

日々の忙しい執務の中で

「書類が気づけば溜まっている」

「でもどれを残したらいいかがわからない」

「必要な書類がすぐにみつかる方法はないかしら」

とお悩みではありませんか?

時代は、IT化が進んでいるとはいえ、まだまだ学校は紙社会です。

日頃の執務の中で、書類をためずに分けることができ、必要な書類がすぐに取りだせるようになったらどんなにか仕事がスムーズにいくことでしょう。

 

こんな方へおススメです

 ・机の上には「後で見よう」と書類を積んでしまっている

・いつも書類を探している

・どの書類を残していいのかわからない

・きれいにファイリングすることを目指している

・収納するスペースが狭いので困っている

・仕事の効率化をはかりたい

・会場が遠くて行けない

・コロナ感染が不安でなるべく外出したくない

・小さな子どもがいたり、介護などで長時間家を空けられない

 

私も小学校養護教諭時代には、紙の多さにかなり振り回されました。

今思えば、ひたすらパンチャーで穴を開けて、ファイルに綴じて、を繰り返していました。

書類を収納することに一生懸命で、全く活用できていなかったな、と思います。

元養護教諭の整理収納アドバイザーが、自分自身の反省を踏まえて、書類のお悩みを解決できる講座を作りました!

 

書類の整理収納ができるようになると

・使いたい書類がすぐに探せて仕事の効率化がはかれる

・仕事がはかどり、心にゆとりが生まれて自分のペースで仕事ができる

・来室する子どもにもゆとりを持って十分に対応できる

・時間ができたらしたい、と思っていたことに取り組める

・保健室経営がうまく回ってくる

などなどの効果が期待できます。

 

講座の内容

内容の中心は書類ですが、基本は物も紙も同じです。以下のような内容です。

➀整理収納の基本について・・・整理の効果は?整理と整頓の違いは?片づかない原因は?片づける上でネックになる感情は?整理収納の手順

②書類の整理収納の基本(ワークⅠ)・・・書類整理の目的・書類整理の効果・保健室の書類の種類・書類の整理収納の基本動作3つ・捨てやすくすコツ・書類の分け方いろいろ・ファイリングシステムとは

③おススメの書類の整理収納方法(ワークⅡ)・・・必要な物品の紹介と使い方・活用事例3つ・保健室に帰ってすることの計画立案

3つの内容と2つのワークを通して、保健室に帰って整理する書類が明らかになり、必要な書類をどのように収納するかのイメージも明確化します。

他の参加者とも意見交換できるので、違った視点での気づきやするべきことの視野が広がります。

保健室にすぐに帰って書類を片づけたくなる講座なのです。

 

受講方法

・講師1名、受講者6名の少人数開催です。

・ZOOMアプリを使用します。

Zoomの詳しい参加方法は⇒こちらをクリックしてごらんください。

※ZOOMは、PC,タブレットなどネット環境があれば、URLをクリックするだけで簡単につながることができるオンライン会議システムです。

・ZOOMを初めて利用される方や接続が不安な方には事前に接続テストを行うこともできますので、安心してご受講いただけます。

 

ご用意いただく物

・マイク、スピーカー、カメラのついたパソコン 

(タブレットやスマホでも受講可能ですが、パソコンを推奨いたします)

・レジュメ(事前にお送りするデータをダウンロードして印刷してください)

・筆記用具

・飲み物

 

注意事項

インターネット通信を使用したオンライン講座のため、ご自宅のネット環境により接続が不安定になることがありますので、ご了承ください。

 

その他のご希望・ご連絡

・都合が悪くなって受講できなくなった

・他の日なら受講したい

など、お気軽に「お問い合わせメールアドレス」にご連絡ください。

 

今回、オンラインで初開催ですが、以前会議室で開催した時の参加者の感想をご紹介します。

過去のご感想(一部抜粋)

●この夏休み中に片づけをやろう!やらなきゃ!と思いつつも重い腰が上がらず今日まで来てしまいました。今日のお話を聞いて、やりたいなと意欲がわいてきました。保存年数が決まっていない書類も自分ルールを使って、整理収納したいと思います。


●片づけられない私が夏休み中に「あの棚を整理しよう!」という具体的な意欲が湧いてきました。バーチカル式ファイリングを是非実行してみようと思いました。

●私は、「また必要になるかも」と思うと捨てられないタイプなので、今日「自分でルールを決めて思い切って捨てる」ということと「個別フォルダの活用の仕方」などとても勉強になりました。改修で保健室の大移動を控えているので、この機会に挑戦してみたいなと思いました。

●整理が苦手でもらった文書や資料は何も考えずとりあえずファイルにとじていました。今日、加藤先生のお話をお聞きして意外と読まない文書がたくさんあることに気がつきました。明日、文書整理をしてみようと思います。

●保健室だけでなく、日常生活にも活用できるテクニックがたくさんあったのでとても勉強になりました。必要なものと不要なものを整理する事を習慣化し、自分にあった形で自分が働きやすい環境を作りだしたいと思いました。片付けが苦手なのですが、今日学んだことを何か一つでも実践してみようと思いました。

●引き出しにザッと書類が入っていてわかりにくく困っていました。具体的な写真とともに分かりやすい説明で、ぜひやってみたい!と思いました。(横浜市 M様)

●机に座ったまま、全ての書類が手に届く場所にあるようにするにはどうしたら良いか?ということで悩んでました。市内統一で文書整理をするためには、細かな統一をすること、必ず実行すること、市教に予算立てしてもらうための戦略を練ることが大切だったことがわかりました。予算立てが一番難しいです。(銚子市 S様)

●ボックスファイルと個別フォルダを使って収納していましたが、見た目にとらわれていたので、目的別や種類別、期限を決めてやる、ということに気づきました。それまでは、雑然としまっていたので、気持ちがモヤモヤしていました。
分類の基本を伺って、やる気が出ました。やることが明確になると、計画もしやすいので、今日聞いた手順でできる、と感じました。(千葉県柏市 豊野様)

●机上に書類がたまってしまって、どうするか判断に迷ってそのままだった。書類が発生したらどうするかを考えることが大事なんだと思いました。また、書類は持っているだけでは、大事にしているとは言えず・・・活用されてこそ、意味があるのだと感じました。(千葉市 TM様)

●自分が買った物ではないもの、県や市から次々入ってくる文書など、自分は必要ないけれど他の人は必要かもしれないと考え、処分しきれないものがありました。前任者が作った教材等も今は使っていないけれど、処分しにくい思いがありました。いろいろな手順や方法も今後に生かしていきたいと思いましたが、まず自分の中に保管や処分のルールを持つことが大切だと思いました。(茨城県 R I様)

 

ゴールデンウイークに書類の整理収納を学んで、残りの一学期と夏休みにかけて保健室の空間を気持ちよく変えてみませんか?

 

開催日時
2020年6月20日(土)
開場 9:30
開始 10:00
終了 12:00
場所 オンラインのため、自宅など

参加費

オンライン初開催特別価格

5500円のところ⇨5000円(税込み)

 

支払方法

この講座は事前のお支払いをお願いしております。

お申込み後の返信メール内に記載の方法にてゆうちょ銀行への振込をお願い致します。

(講座4日前を切ってのお申込みの場合は、なるべく早くお願い致します) 

定員
 6  名
満員御礼
申込受付期間2020/4/ 7(火) 22:41 ~ 2020/6/13(土) 23:00まで
主催者MKパートナー合同会社
 
 
 
 
Profile
Professional
元養護教諭の整理収納アドバイザー

加藤真由美

Mission
子どもが「片づけを通して将来幸せな大人になること」を目指して、子どもや子どもを取り巻く大人(保護者へ先生)に片づけの効果や方法を伝えていきます。
Senmon
保健室の整理収納 親子の片づけ 養護教諭向け講演会・講座 お片づけサポート

<保有資格>
・整理収納アドバイザー1級
・整理収納アドバイザー2級認定講師
・親・子の片づけマスターインストラクター
・ビジュー式片付けカードワークインストラクター
・整理収納教育士
・住宅収納スペシャリスト
・養護教諭Ⅰ種
・看護師
・保健師

<受賞歴>
・2016年整理収納コンペティション 新人部門最優秀賞受賞
・2018年片づけ大賞 審査員特別賞受賞
・2019年整理収納コンペティション プロフェッショナル部門 本選出場

<実績>
小児科の看護師経験3年間、小学校の養護教諭経験23年間で、関わった子ども約4000人に登る。
元養護教諭の経験と片づけのプロの知識を掛け合わせた「保健室の整理収納」に関する講演会が、全国各地からオファーがある。
受講した養護教諭はのべ約4000人に上る(2020.1月現在)
その他に地域で片づけ講座や個人宅のお片づけサポートにお伺いしている。

<雑誌連載・著書>
・養護教諭専門月刊雑誌「健」の2018年2月・3月に特集執筆
・子どもの心とからだ 2019年7月号「保健室の書類整理」特集執筆
・雑誌「健」2019年6月から「悩み解決!保健室の整理収納」の連載中
・2018年11月「保健室の片づけ」 発行:ギャラクシーブックス <プロフィール>
兵庫県の県立小児専門病院で3年間看護師として勤務後、明石市内の養護教諭として23年間勤め、2015年に退職。
2016年にMKパートナー合同会社を設立し、整理収納アドバイザーとして活動開始。
2017年からは親・子の片づけマスターインストラクターとしても活動開始する。

長年の小学校養護教諭の経験を活かし、「子どもが片づけを通して自己肯定感を高め、将来自立した幸せな大人になること」を目指して、子どもと取り巻く大人(保護者や先生)に向けて活動中。
主に、親・子の片づけ講座、養護教諭向けの講演会・講座、PTA講演会、小学校の片づけの授業、個人宅のお片づけサービス等を行っている。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock