Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
インディアン・ドラムをつくる&ラコタソングをうたう
~いま だから。祈りと共に~
このような方にオススメ
ネイティブアメリカン(インディアン)、文化や精神世界、ラコタソングに興味がある方
期待できる効果
MYインディアンドラムが作れる、インディアンの文化や生き方を知り、自分の生き方あり方の世界が広がる
425915_img_3556
425915_img_2063
インディアン(ネイティブアメリカン)の教え・世界観から「自分を生きる」ための手助け・知恵をお届けします。自分を取り巻く「自然」「「人」「わたし」「大いなる存在」との関わり方がわかります!
Professional_s
 
 
マザーアース・エデュケーション 
マザーアース・エデュケーション 松木正
インディアン(ネイティブアメリカン)の教え・世界観から「自分を生きる」ための手助け・知恵をお届けします。自分を取り巻く「自然」「「人」「わたし」「大いなる存在」との関わり方がわかります!
 
京都府伏見生まれ。
 大学在学中、キャンプカウンセラーとして小学生・中学生を対象とした教育キャンプに携わる。また在学中、自身がうつ病を克服していく過程でカウンセラーと出会い、教育の現場にカウンセリングの手法を用いることの可能性を探り始める。
 卒業後、大阪YMCA六甲研修センターに奉職。「体験学習法」を用いた企業研修や幼稚園児から大学生までを対象にカウンセリングの手法を用いた野外教育(キャンプ)を実践。
 YMCA在職中にアメリカの環境教育に出会い、本物を目指して渡米。全米各地で環境教育のインストラクターをする中でアメリカ先住民の自然観・宇宙観・生き方、またそれらをささえる儀式や神話に強く引かれ、サウスダコタ州シャイアン居留区に移り住みスー・インディアン(ラコタ族)の子どもたちの教育とコミュニティ活動をしながら伝統を学ぶ。
 現在、神戸でマザーアース・エデュケーションを主宰し、“自分をとりまく様々な生命(いのち)との関係教育=環境教育”をテーマとし、独自の環境教育プログラムを展開。
 小学校・中学校・高校での人間関係トレーニング、また保護者に向けてのワークショップ・子育て講座、アメリカ先住民の知恵を前面に打ち出したキャンプの企画と指導、神話の語り(ストーリーテリング)、教育的意図をもった企画講座、自宅横にワークショップ棟(ストロングホールド)を構え、個人カウンセリングと独自のワークショップを展開中。
 

皆さんはインディアンドラムをご存知ですか?

古くからアメリカン・インディアンや他の先住民の文化では、楽器の音の助けを借りて普段では感じることのない世界から叡智を得ていました。

中でもインディアンドラムの響きは「大地の鼓動」、その音は「心音のリズム」と言われ、力強く優しい音は古くからインディアンの儀式や祝祭に欠かせないものでした。そのビートは、母なる子宮にいた頃の安心感を与え、癒し、自分の深い部分と繋がることを助け、時に突破したり踏み出したい時に勇気やパワーを与えてくれます。あなたの内なるエネルギーを解放させてくれるでしょう。

 


 今回、アメリカ北部のアメリカン・インディアン(ネイティブ・アメリカン)ラコタ族と親交の深く、ラコタの儀式のセレモニーをしたり、ドラム制作者でもある松木正氏(マザーアース・エデュケーション主宰)と一緒に作る中で、ドラムにまつわる話し、ラコタの話、そこで生まれる話をしながら、本格的な自分だけの大地のドラムをつくります。

ドラムフレームは、飛騨高山の家具職人によってつくられた特注品。
ドラムの皮は、和太鼓の皮にもなる牛革を使用します。牛一頭分から自分の好みの部分を切り出します。

 

そして、翌日は出来上がったマイドラムを叩いて、自分の生命の鼓動と大地の鼓動につながるのを感じながら、祈りを込めてラコタソングを歌いましょう。

 

★★ 松木さんからのメッセージ ★★

祈りの歌をうたう。歌に生命を吹き込む
~たいこ(ハンドドラム)をつくる。 いま だから~

 

先日、森の中でプログラムを行った。おとなもこどもも参加できるワークキャンプだった。
こどもたちは手にナイフを持ち、竹をひたすら削っていた。本格的な弓矢を作っていた。
無心に削っている姿を背後から見るのが好きなんだ。背中がね、なんか頼もしい。背中に気力がみなぎっている。
ボクはそれを見るのが弓矢を教える時の楽しみなんだ。
真剣、本気、無邪気・・・それが全部ぜんぶ好きなんだ。
全部光を放っている。自然だね。自然はね、すべて光を放っている。それぞれが、それぞれの光をね。

 

こどもたちが光を放つその横で、おとなたちも光を放っていた。
そこはまだほとんど人の手が入っていない森だ。
平らな所がないので、ほんの少し森に手を加えて平地を作ろうとしていた。
工具で斜面をならし土留めにする丸太を重ね、杭をカケヤ(大きなハンマー)でうっている。
渾身の力を込めて。日頃、込める力の入れ方ってしてないでしょ・・・。
だから込めると、その後すごくすがすがしくなる。新鮮な空気が体内にめぐるから・・・。
杭を打つ瞬間に「ハッ」と息を吐きだしたら、吐いた分だけ森がくれた新鮮な空の気が入ってくるから・・・。
自然だね。自然を取り戻している。自然だとおとなもこどもも光を放ちだす。

 

集中していた手を止めて、休憩に入る。
コーヒーを一口「ゴックン」と飲むと自然に「ハァ~」ってため息が出てくる。
ちょっと前から溜め込んでいたあんなことやこんなことも一緒に「ハァ~~」って出てくる。
すると、周りの自然の風景が五感全てを通して心の中に静かに入ってくる。

 

山々は色づき、鳥たちはそれぞれの歌を歌っている。それぞれの生命はおもいおもいに自己表現している。
自然だね。自然はね、良いも悪いも、正しいも誤りもなくどっちに片寄ることなく語っている。
表現している。動いている。生きることと同じくらい死ぬことも自然の中の大きな一部として。
当たり前のこととして自然に受け容れている。呼吸と一緒だね。
吸ったら吐くようにね。吸ったまま吐き出さない、息をひそめたり、止めたり、溜めたりしないんだ。

 

考えることに日々忙しい人間には気づかないかもしれないけど、大地は人間にはきこえないくらい高――い音や低――い音で実はいつも鼓動を打っている。まるでドラムビートのようにね。それに呼応する様にすべての生命は躍動し、流れ、巡り、変化し続けている。これが自然だね。

 

僕は知ったんだ。太古の昔、自然の中で生きてきた人間が、その自然のもつ力や宇宙のもつ力、大いなる循環と創造のチカラ、そしてそれらの「そのようになろう」とするこころと自身の意志を絡ませながら生きる人生の営みの中からあみだした最も偉大な発見が「祈り」という自己一致の方法だ。その人が声を宇宙に向かってそのすみずみまで送るための乗りものが歌であり、その歌に生命を吹き込むのがドラム(太鼓)のビートなんだ。

 

マザーアース・エデュケーションは30年という長きにわたって、自然や大地のチカラと、またその背後に動く宇宙のチカラや流れの中で活きる個を育むことを使命とし、プログラムを展開してきました。

 

そんなボクは、今・・・ちょっと息苦しい。自然の生命がそれぞれ自己表現する中で、人間だけが妙に不自然になっている。何かにおびえ、恐怖と不安が自然に発せられる声を止めてしまっているようで。つながりからどんどん分離していくような。そうでないといけないような。

 

ボクはこんな時だから先人たちがやってきた様に、ささやかな「祈り」の場を作りたいです。

祈りを運ぶ歌をうたいたいです。歌に生命を吹き込むドラムづくりの場を身近な自然の中で作りたいです。

 

マザーアース・エデュケーション

松木 正

 

※会場は半屋外で、少人数で実施いたします。

※環境が整えば、ラコタソングをうたう時をオンライン?メッセンジャー?などで共に歌う時をお届けできるようにしたいです。ご希望の方はお問い合わせください。

※不安やご質問などがあればお電話ください。

 

 

 

■スケジュール■

🟠 2020年4月4日(土)ドラム制作

9:30   会場集合

10:00   ドラム制作スタート ~

18:00頃  ~ ドラムを乾かす ~終了予定

※お昼ご飯(弁当持参でお願いいたします)

 

🟡 4月5日(日)ホッカヘイ(ドラムを叩いてラコタソングを歌う会)

9:30   会場集合

10:00   ホッカヘイ~♪

13:00頃  終了 ~ 解散

 

※コロナ影響下のため、あくまでご自身の自由意志・自己責任という条件を了承ください。

※会場は半屋外です。

開催日時
2020年4月 4日(土)
開場 9:30
開始 10:00
終了 18:00
場所 葉山付近(詳しい場所はお問い合わせください)

参加費

■参加費


🟠 4日 ドラムづくり参加  : 55000円

(材料費、ワークショップ費など)

 
🟡 5日 ホッカヘイ(ラコタソングを歌う会)

  ドラムづくり参加者: 無料

  ホッカヘイのみ参加: 3000円


■ドラム枠サイズ:32cmもしくは39cmのいずれかをお選びください。
32センチ枠6個、39センチ枠4個あります。

大きい方のドラム(39センチ)をご希望の方は5000円追加となります。
ちなみに、大きいドラムは音の響き深さがありますよ。

 

支払方法

当日現地でお支払いください。

定員 4  名
申込受付期間2020/4/ 1(水) 21:16 ~ 2020/4/ 4(土) 09:30まで
主催者マザーアース・エデュケーション(MEE)
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional_s

マザーアース・エデュケーション 松木正

Mission
インディアン(ネイティブアメリカン)の教え・世界観から「自分を生きる」ための手助け・知恵をお届けします。自分を取り巻く「自然」「「人」「わたし」「大いなる存在」との関わり方がわかります!
Senmon
自己肯定感 人間関係トレーニング ネイティブアメリカン スウェットロッジセレモニー 自分を生きる

京都府伏見生まれ。
 大学在学中、キャンプカウンセラーとして小学生・中学生を対象とした教育キャンプに携わる。また在学中、自身がうつ病を克服していく過程でカウンセラーと出会い、教育の現場にカウンセリングの手法を用いることの可能性を探り始める。
 卒業後、大阪YMCA六甲研修センターに奉職。「体験学習法」を用いた企業研修や幼稚園児から大学生までを対象にカウンセリングの手法を用いた野外教育(キャンプ)を実践。
 YMCA在職中にアメリカの環境教育に出会い、本物を目指して渡米。全米各地で環境教育のインストラクターをする中でアメリカ先住民の自然観・宇宙観・生き方、またそれらをささえる儀式や神話に強く引かれ、サウスダコタ州シャイアン居留区に移り住みスー・インディアン(ラコタ族)の子どもたちの教育とコミュニティ活動をしながら伝統を学ぶ。
 現在、神戸でマザーアース・エデュケーションを主宰し、“自分をとりまく様々な生命(いのち)との関係教育=環境教育”をテーマとし、独自の環境教育プログラムを展開。
 小学校・中学校・高校での人間関係トレーニング、また保護者に向けてのワークショップ・子育て講座、アメリカ先住民の知恵を前面に打ち出したキャンプの企画と指導、神話の語り(ストーリーテリング)、教育的意図をもった企画講座、自宅横にワークショップ棟(ストロングホールド)を構え、個人カウンセリングと独自のワークショップを展開中。

B_facebook
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock