Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
ありがとう
満員御礼
今後のイベント案内を受け取る
【中止】技術フォロー会
@福岡会場
美容鍼技術フォローアップ練習会
このような方にオススメ
上田式美容鍼の効果がでにくくなった方
技術の確認をしたい方
JFACeセミナーが好きな方
期待できる効果
技術の復習ができ再現性が高くなる
九州チームの結束力が強くなる
アキュレッチの復習も可能
臨床能力が増える
鍼灸師の社会的地位の向上と社会貢献
Professional
 
 
株式会社SHELPA 美容鍼灸王子®
井上 公佑
鍼灸師の社会的地位の向上と社会貢献
 
鍼灸師
上級認定美容鍼灸師
上田式美容鍼灸®認定講師
経絡顔筋マッサージ アキュレッチ®認定講師
一般財団法人日本美容鍼灸マッサージ協会 九州支部長
病鍼連携連絡協議会 九州支部長
福岡美容鍼灸サロンCannaグループ 院長
株式会社SHELPA 取締役/コンサル部門代表
NAKAMIZOクリニック 鍼灸部門担当
福岡市西区在住、大分県別府市出身。二児の父。
民間療法、西式健康法、断食道場を生業とする両親のもとに生まれ、幼少期から医学や身体のことに興味をもつ。

栄養学や食事療法、特に気功に興味を抱き中学生から中国武術、太極拳の錬武に励む。
また、栄養学や人体のことをもっと深く学びたいと考え薬剤師、看護師を目指し学生時代を過ごす。

同時期に行っていた日本赤十字社のボランティア活動で高齢者医療や介護の現場を体験。
その現場で、痛みや痺れに苦しむ患者を薬ではなく鍼灸のみで改善させていたことに衝撃を受ける。また、中国武術の師からの勧めもあり、高校を卒業と同時に東洋医学のエキスパート、鍼灸師を志す。

鍼灸師の免許取得後は医師と連携して、高齢者医療、終末期医療の現場に従事。
福岡県内、佐賀県を往診で回る日々を送り、若干22歳で鍼灸院の院長に就任。
脳梗塞後遺症やパーキンソン病などの難病症例も経験し、年間2,500件以上の施術を行う。多くの看取りも経験。

ただ、保険診療内でできることの壁や、西洋医学の治療方針に限界を感じ始める。
自身のやりたかった治療、地域医療は本当にこの形だったのかという想いから24歳で独立。
地域に根ざした統合医療を目指す。

そんな中、難病による容姿の問題で外出を控える患者と出会う。
自身の知識、技術では対応しきれなかったことに悔しさ、未熟さを感じ、同時期に知り得た
(財)日本美容鍼灸マッサージ協会理事、上田隆勇にいちから技術、心得を学び直す為、師事。

同協会で学んだ技術、上田式美容鍼灸®を上記の患者に施したところ、
容姿の問題が改善されただけではなく、体調の改善までもがみられ、外出頻度が著しく向上。
上田式美容鍼灸®の再現性や施術効果の高さに改めて感銘を受ける。

以後もシワやたるみ等、お顔の症状に悩む多くの女性や..
 
鍼灸で、肌、健康、心で悩む方をゼロへ。 幸せの伝搬により、笑顔あふれる社会に
Award51
Expert_s
 
 
株式会社 エルジンジャパン 
一般財団法人 日本美容鍼灸マッサージ協会
鍼灸で、肌、健康、心で悩む方をゼロへ。 幸せの伝搬により、笑顔あふれる社会に
 
一般財団法人 日本美容鍼灸マッサージ協会は「本治に基づいた東洋医学的な全身調整」と「解剖生理学な理論に基づいた顔へ少ない鍼の数」で安全に結果の出る【上田式美容鍼灸(R)】を通じ、まずは美容鍼灸をキッカケに鍼灸院に足を運んで頂き、Before Afterで喜んで頂くと同時に、実は体のケアが大事であることを説き、人々の生活の一部に鍼灸がアンチエイジング・予防医学として組み込まれることを目指しています。

上田式美容鍼灸(R)をキッカケに、肌の改善、若返りを感じ、また体調も良くなることで、はじめは、しわやたるみを改善したい、若く美しくありたいという思いでご縁を頂きながらも、最終的に、体調管理も含めて生涯のご縁を頂き、サポートをしていく鍼灸師とクライエントさんとの関係を創り上げています。

創設以来、鍼灸師の地位向上、また鍼灸が国民の健康に役立っていくことを志の中にかかげています。

協会が描いているビジョン(会員の方、これから会員になる方と創り上げていくこと未来)は以下です。

『鍼灸の再定義』
つまり鍼灸のイメージを「痛そう、恐そう、怪しいから痛くない、明るく身近、効果あるものへ」変えていくこと。
『鍼灸業界の活性化』
繰り返しになりますが、
『世界の人々の生活の一部に鍼灸がアンチエイジング・予防医学として組み込まれる』


また、
『かっこいい、すてきな鍼灸師を育成し子どもが将来なりたい職業トップ10に入れる』という思いもあり、鍼灸師自身の意識改革、ステキな鍼灸師育成という上で、「ソーシャルからの見られ方」「鍼灸師としての在り方」など、経営塾やカウンセリング、ファッション講座、おもてなし講座なども行っています。

はじめはなんとなく美容鍼灸を学んでみたかった方が、当協会を通じ、意識や考え方が変わり、クライエントさんや患者さんが増え、鍼灸師としての喜..
 
地域の方々の健康のサポーター
 
 
鹿児島美容鍼灸サロンCalla 鹿児島美容鍼灸院Calla 院長
原 圭希
地域の方々の健康のサポーター
 
柔道整復師 鍼灸師
鹿児島県出身。元々は、理学療法士・作業療法士の道を考えるが、母方の伯父が整骨院を開業しており、そのやり甲斐を聞くうちに魅力を感じ、柔道整復師の道を選ぶ。就職を考えるが以前より母が患っていた乳がんが再発し、抗がん剤や手術、投薬が始まる。治療を進めていくにつれ体調不良や全身の疼痛も出現し、痛み止めなどの服薬や治療をしていましたが効果が思わしくありませんでした。丁度、母が緩和病棟に入った頃、鍼灸による疼痛緩和治療を知り同行する。鍼治療を施術すると全身の痛みが和らぎ顔色も良くなった事に衝撃、感動をうけ、東洋医学の奥深い可能性を感じ、鍼灸師の資格も取得する為に柔道整復師の資格取得後そのまま鍼灸科に入学する。私は母を治療する目標向かい鍼灸師を目指すが、卒業前に他界する。卒業後、母親に施せなかった分、私は患者様1人1人を大切に治療し少しでも沢山の方に喜んで頂きたいと思い、鍼灸整骨院、デイサービスの機能訓練士として幅広い年齢層の患者様や多くの疾患・疾病を経験。
母を見てきた中で自身の目標の容姿の改善が出来る治療はないかと調べ(財)日本美容鍼灸マッサージ協会の上田式美容鍼灸®︎に出会う。美容と全身治療を行う治療は身体の体調も一緒に整える美容鍼灸を通し根本から治療する大切さを実感し、美容と全身治療をしたいという思いが実現した瞬間でした。その後2018年4月に開業。3年前まで週に1、2回しか鍼を触らず、トリガーポイント治療のみの私が3日間の受講を経て、ゼロからのスタートで高単価メニュー上田式美容鍼灸®︎を導入すると限られた時間、新規集客の中でお客様の満足度、リピート率共に高い評価を得る。現在は鹿児島唯一の美容鍼灸認定サロンとして売り上げを安定させ、1年で移転、スタッフ雇用ができるようになる。自身のベースになる上田式美容鍼灸®︎をゼロからのスタートでも安心して導入し成功する鍼灸師を増やすため認定講..
 
 
 
開催日時
2020年4月26日(日)
開場 9:20
開始 9:30
終了 13:00
場所 エイムアテイン大博通セミナールーム 3E
福岡市博多区博多駅前1-11-27 峰ビル3階
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費
支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

事前振込 or クレジットカード決済

定員
 1  名
満員御礼
申込受付期間2020/3/ 3(火) 01:28 ~ 2020/4/26(日) 09:20まで
主催者㈶日本美容鍼灸マッサージ協会 九州支部
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional

井上 公佑

Mission
鍼灸師の社会的地位の向上と社会貢献
Senmon
美容鍼灸 鍼灸 セミナー 経絡治療 治療院経営 井上公佑

鍼灸師
上級認定美容鍼灸師
上田式美容鍼灸®認定講師
経絡顔筋マッサージ アキュレッチ®認定講師
一般財団法人日本美容鍼灸マッサージ協会 九州支部長
病鍼連携連絡協議会 九州支部長
福岡美容鍼灸サロンCannaグループ 院長
株式会社SHELPA 取締役/コンサル部門代表
NAKAMIZOクリニック 鍼灸部門担当 福岡市西区在住、大分県別府市出身。二児の父。
民間療法、西式健康法、断食道場を生業とする両親のもとに生まれ、幼少期から医学や身体のことに興味をもつ。

栄養学や食事療法、特に気功に興味を抱き中学生から中国武術、太極拳の錬武に励む。
また、栄養学や人体のことをもっと深く学びたいと考え薬剤師、看護師を目指し学生時代を過ごす。

同時期に行っていた日本赤十字社のボランティア活動で高齢者医療や介護の現場を体験。
その現場で、痛みや痺れに苦しむ患者を薬ではなく鍼灸のみで改善させていたことに衝撃を受ける。また、中国武術の師からの勧めもあり、高校を卒業と同時に東洋医学のエキスパート、鍼灸師を志す。

鍼灸師の免許取得後は医師と連携して、高齢者医療、終末期医療の現場に従事。
福岡県内、佐賀県を往診で回る日々を送り、若干22歳で鍼灸院の院長に就任。
脳梗塞後遺症やパーキンソン病などの難病症例も経験し、年間2,500件以上の施術を行う。多くの看取りも経験。

ただ、保険診療内でできることの壁や、西洋医学の治療方針に限界を感じ始める。
自身のやりたかった治療、地域医療は本当にこの形だったのかという想いから24歳で独立。
地域に根ざした統合医療を目指す。

そんな中、難病による容姿の問題で外出を控える患者と出会う。
自身の知識、技術では対応しきれなかったことに悔しさ、未熟さを感じ、同時期に知り得た
(財)日本美容鍼灸マッサージ協会理事、上田隆勇にいちから技術、心得を学び直す為、師事。

同協会で学んだ技術、上田式美容鍼灸®を上記の患者に施したところ、
容姿の問題が改善されただけではなく、体調の改善までもがみられ、外出頻度が著しく向上。
上田式美容鍼灸®の再現性や施術効果の高さに改めて感銘を受ける。

以後もシワやたるみ等、お顔の症状に悩む多くの女性や、難病に苦しむ患者を中心に施術を行い、
地域の医師とも連携しつつ、地域医療に貢献。幼少期より学んでいた、食事療法や民間療法も交え、鍼灸を中心とした地域統合医療を目標に施術に励む。

安全に受けられる美容鍼灸、適切な食事やライフスタイルなどへのアドバイスが口コミを呼び、
遠くはオーストラリア等海外、県外からも施術を受けに来る患者も多い。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock