PR

PR

20217_zmm4njrlmjnlzwfmz

受付は4月13日(月)22:00で終了しました。

415732_3級ヘッダー
415732_3級ヘッダー

早期申込割引あり

このような方におすすめ

人を惹きつける話し方のコツを知りたい方

期待できる効果

話すことの基本が分かり、苦手意識がなくなります

【新クラス・午前】CSA3級認定講座2020年4月生 (火曜クラス)


CSA3級認定講座 2020年4月生
4月14日(火)開始・午前クラス

原稿作成から実践まで行うことで、
人前で話す表現力を習得し、
グローバルに活躍するための必須スキルを
身につけることができます。

大人と子どもが共に学ぶ講座です。


この講座でできるようになること


主体的にコミュニケーションをする能力の習得

小学校は2020年に、中学校は2021年に
改訂学習指導要領が全面的に実施されます。


その中で注目されているのは
「語彙の確実な習得と議論を通した
表現の育成を中心とした言語活動」
つまりプレゼンテーションです。



国語力アップや高校受験での面接に加え、
論理の基本的構造を学ぶので、
主体的に話すコミュニケーション能力を
身につけることができます。


②話すことへの苦手意識の克服

社会人になると、会議や商談、朝礼など
人前で話す機会が多くなります。
これらを苦手と感じる理由として、
話す訓練をしていないのにいきなり
現場で求められることが挙げられます。



人前で分かりやすく話すためには、
基礎を学び訓練する必要が
あるのです。


日程・内容


オンライン講義:90分×2回、対面プレゼン実践

1回目:4月14日(火)10:30~12:00

2回目:4月21日(火)10:30~12:00


プレゼンテーション実践(集合研修)

4月25日(土)14:30~16:30【オンライン】


オンライン会議室ZOOM


※日程が合わない方は、プライベートレッスンもございます。こちらをご覧ください。

https://resast.jp/inquiry/38466

受講方法

講義はオンライン会議システムZOOMを使います。送られてくるURLをクリックするだけ!


※CSA3級認定の要件

以下のすべてを満たすことが必要です。

①全講座出席:欠席される場合は、次回の講座までに振替を申し込んでください。

(1回:2,000円・税別)

②基準を満たすプレゼンテーションの実践


受講規約(必ずご覧ください)

プライバシーポリシー


開催要項

開催日時
2020年4月14日(火)
開場 10:10
開始 10:30
終了 12:00
場所

オンライン

オンライン

参加費

(4月1日から)【新クラス・午前】CSA3級認定講座2020年4月生 (火曜クラス) 参加費  9,900 円

(3月31日まで)【新クラス・午前】CSA3級認定講座2020年4月生 (火曜クラス) 参加費  5,500 円

キャンセルポリシー

9,900円

(90分×2回)

※3月31日までの申し込みの方は5,500円。

お支払方法
定員

5 名

申込受付期間

2020/2/23(日) 22:38 ~ 2020/4/13(月) 22:00まで

主催者

野中アンディ

お問い合わせ先

野中アンディ

お問い合わせ先電話番号

050-5897-8213

お問い合わせ先メールアドレス

mail@commskill.net

コミュニケーションスキル協会(CSA)

コミュニケーションスキル協会(CSA)()

論理的に、かつ鮮やかな言葉で自分の考えを強く伝える人を育てます。

論理的に、かつ鮮やかな言葉で自分の考えを強く伝える人を育てます。

日本コミュニケーション学会元理事(副学術局長)
TOEIC 990点
元大学准教授
博士号(専門:コミュニケーション学) 代表理事 野中アンディ

福岡県春日市出身。

専任教員として関東学院大学(講師)、中村学園大学(准教授)で対人コミュニケーション、パブリック・スピーキング、ビジネス英語などを教える。

・プレゼンテーション福岡主宰
・2018年度国立工業高等専門学校英語プレゼンテーション九州大会審査委員長
・福岡県タレント発掘事業ロジカルプレゼンテーション担当(小学校5-6年生アスリート)
・大学入試センター試験英語問題作成委員(2007-2008年度)

また非常勤講師としてもフェリス女学院大学、西南学院大学、福岡大学他で教えるなど経験豊富。趣味はゴルフと料理。

大学時代にアメリカに交換留学生として留学したのですが、そこで最初に受けた授業がコミュニケーション学の基礎であるパブリックスピーキングの授業、俗にいうプレゼンテーションでした。
その時私は大きな衝撃を受けたのです。なぜならアメリカ人は言葉を使って人を説得するために論理を駆使し表現を工夫し非言語を最大限に使う訓練をその授業でやっていたからです。このパブリックスピーキングを日本に広めなければ日本人は世界に負けてしまう!そう強く感じた私は日本に帰り、大学でこの科目を教える教員になろうと決心したのでした。
そのため再度アメリカに戻りコミュニケーション学で修士号を、そして日本に戻り博士号を取得しました。現在は大学を辞め、パブリックスピーキング(例えばスティーブ・ジョブズがやったようなプレゼン)を通して言葉のセンスを一気に伸ばす講座を展開しています。
https://analytics.google.com/analytics/web/?hl=ja#embed/report-home/a101732771w149037491p153932509/