Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
ありがとう
満員御礼
キャンセル待ちを申し込む
フィリピン親子留学お話会
参加費無料
このような方にオススメ
子連れで海外に行ってみたい方、フィリピンへの親子留学について知りたい方
期待できる効果
子連れ留学のハードルが下がる!フィリピン親子留学のメリットとデメリットがわかる!自分に合った学校選びができるようになる!具体的な計画が立てられる!
415244_20190807-074450-0-img_0051
415244_20190816-150219-0-img_0698
フィリピン親子留学って?
育児を頑張っているお母さんに知ってもらいたい!
 
私の初めてのフィリピン親子留学
私が子供2人を連れてフィリピンのセブ島に初めての親子留学をしたのが2018年9月でした。
 
2週間の親子留学。
たった2週間なのに、私にはとっても勇気が必要な行動でした。
 
行くと決めたものの、本当に大丈夫だろうか?と不安な気持ちに押しつぶされそうになりました。
 
留学エージェントの担当の方に、何度も何度も質問を繰り返しました。
 
蚊はいませんか?
空気は悪くないですか?
子供が病気になったときは?
不安な気持ちを振り切り、3人でセブに出発しました。
 
 
今振り返って思います、あの時の自分、本当によくやった!
 
子供に怒ってばかりの自分に嫌気がさしていた
仕事や育児家事に追われる毎日で私は疲れ切っていました。
時間も精神的な余裕もなくイライラ、毎日のように子供に怒鳴り散らしていました。
 
早くお風呂にいれなければ、早く寝かせなければ、、、。
 
原因は自分にあるのに、
怒ることで子供をコントロールしようとしていました。
 
どうして分かってくれない?どうして返事をしない?
 
周りを見回すと家の中はグチャグチャ。
今日も子供にまともなご飯を出せなかった。
今日も子供に怒ってしまった。
そんな自己嫌悪の毎日でした。
 
こんな生活を一時期でも抜け出したくて、セブに親子留学に行くことにしました。
日々忙しくて子供とちゃんと向き合えていない申し訳なさもあり、
その罪滅ぼしの意味もありました。
 
留学したら、仕事も家事も忘れて子供とたくさん遊ぶことができる。
子供にもいろいろな経験をさせてあげることができる。
そう思って留学を決めました。
 
セブ島での親子関係の変化
セブに到着した日。
娘は、寝るまでパパに会いたい、パパに会いたいとずっと泣いていました。
 
留学2日目、早速娘を怒って大泣きさせてしまいました。
家政婦さんにお願いしていた息子も、ご飯を拒否してずっとコンドミニアムで寝ていました。
 
先行き不安なスタートでしたが、日がたつうちに子供にイライラすることが少なくなり、穏やかな気持ちで過ごしている自分に気が付きました。
 
フィリピンの人たちの温かさ。
先生の優しさ。
信頼できる家政婦さんに育児のサポートをしてもらえる心強さ。
子供が子供らしくのびのびと過ごせることが許される環境。
 
 
私の心が落ち着いてくると、子供を愛おしいと思う気持ちがよみがえってきました
 
この子のことをちゃんと見ていなかったな、
この子はこの子で、寂しかったんだな。
自分なりにがんばっていたんだな。
 
そう気が付きました。
娘も変わりました。
行きの飛行機では「オレンジジュース、プリーズ」も言えなくてモジモジしていた娘が、ショッピングモールで初めて会ったフィリピンの子に、「Let's Play!」と話しかけて一緒に遊び始めたのを見たときは本当に驚きました。
 
後から合流した夫(英語できない💦)のお土産探しをサポートして、自分から「〇〇どこですか?」とお店の人に声をかけることもありました。
 
イキイキとして、屈託のない笑顔を見せる子供を見て、本当にここにきてよかったと思いました。
 
滞在中に娘が言いました。
フィリピンのママのほうが好き
 
子供との関係が改善され、心が近づいたように感じたけど、
 
日本に帰ってまた忙しい生活が始まったら、またイライラした自分に戻ってしまうのではないか、

どこかでそんな不安もありました。

 

帰国後の変化
帰国して日常が戻ったら、案の定疲れてイライラしている自分がいましたyell
でもそこで気がついたんです。
 
フィリピンではこんなんじゃなかった。
私だってやれていた。
自分が悪いんじゃない。
余裕がないのがいけないんだ。
ということに。
 
フィリピンに行ってる間だけ子供と楽しく過ごせるけど、日本に戻ったら元に戻るなんて絶対に嫌だったんです。
 
だったら環境を変えるしかない。
そのためには少しくらいお金がかかることは覚悟して、自分の負担を減らすことに集中しました。
 
そして自分のマインドも変えました。
家事も育児もがんばりすぎない。
できなくても自分を責めない。
自分が嫌なことは無理してやらない(仕事や人間関係も含めて)。
疲れて余裕がなくなることを減らすために、体力を付ける!
 
フィリピンへ親子留学をしたことをきっかけに、日本に帰ってからも環境を変えていき、日本でもそれなりに変われたことが自信になりました。
 
次のフィリピン親子留学の計画を入れたのもよかったです。
初めてのフィリピン親子留学があまりにも楽しすぎて、
その後数ヶ月後に別の島に2週間、夏休み期間にまた別の学校に3週間留学したんです。
 
 
時々フィリピンに行ってリフレッシュして、また戻ってくる。
そして子供との向き合い方を変えるために子育て講座を受講して、私の変化は加速しました。

 
仲直りの合い言葉
もちろん今でも怒ってしまうことはたくさんあります。
イライラもします。
 
この夏休みの留学でも、娘とたくさんくだらないケンカをしました(体験記に書いています💦)。
子育て講座で学んで、ああ今までの自分は子供に対して取り返しのつかないことをしてしまったんじゃないか、とひどく落ち込みました。
 
だけど、たとえ間違ったことをしてしまっても、いつからでもやり直せる!そう信じています。
 
フィリピン人の先生に英語のレッスン中に教えてもらった言葉があります。
それが「Let's make up!」。
仲直りしよう!という時に使うんですって。
 
それ以来、私と娘、そして息子との合い言葉は「Let's make up!」になりました。
 
フィリピンに行くまでは、子供を激しく叱ってしまったとき、何度謝ってもしばらくは許してくれませんでした。
怒ったりケンカしたりした後、本当は仲良くしたいけどそのきっかけがつかめないとき、
「Let's make up!」と言ってハグ💕
これが私と子供達との習慣になりました。
 
フィリピンに行く前と後、何が変わったか?と言われたら、傍目には何も変わっていないかもしれません。
だけど、何があっても大丈夫、
私と子供は強い絆でつながっている、
そう確信できるようになったのは、フィリピンから戻ってきてからです。
 
大好きだった娘。
それが下の子が生まれたり、日々の忙しさに忙殺されることで、淋しさから来る小さな変化を気がついてあげることができなくなっていました。
いつの間にか心が離れてしまっていました。
 
それを、再びつなげてくれたのが、フィリピン親子留学で得られた一番の成果です。

まずは知ってもらいたい!
私は、フィリピン親子留学についての情報発信をしてきました。
ブログを通して、フィリピンに親子留学して人生観が変わったというお母さんたちの声を聴きました。
 
私だけじゃないんです。
フィリピン親子留学は、視野を広げ、自分が変わるきっかけを与えてくれるんです。

フィリピンは、日本にはない魅力で溢れています。

日々の生活でがんばりすぎているお母さん。
1週間でもフィリピンに来たら、肩の荷がふっと降りる瞬間を感じられるはずです

今まで見えなかった世界が広がっています。
そして外に出ることで、自分自身をじっくりと見つめ直すことができるのです。

それを知ってもらいたくて、フィリピン親子留学専門の留学エージェントを始めました。
 

参加費は無料です!

私がまず伝えたいのは親子留学ってとっても楽しいよ!ということです。

少しでも興味を持ったら、まずはお話会に参加してみませんか。

少人数でじっくりご説明します。

その後お申し込みをされても、仲介料や手数料はいただきません。

しつこい勧誘などもしませんので、安心して気軽にご参加ください。

こんな人に参加して欲しい
  1. 1 親子留学してみたいけど、どういう学校があるの?
  2. 2 私でも留学できるのか不安
  3. 3 留学したい!でも治安や衛生面が気になる
  4. 4 留学生活ってどんな感じ?
  5. 5 レッスンでは何をするの?
  6.  

こんなことをお話しします
  • 1 フィリピン親子留学の動向や特徴
  • 2 親子留学先としてフィリピンをおすすめする理由
  • 3 語学学校や現地での生活のようす
  • 4 注意すること
  • 5 私が留学した語学学校の特徴
  •  
その他、留学裏話や参加者の方の知りたいことにお答えします。

  • 気になるけど子供が小さいからまだ先かなというあなたへ
    私がおすすめする親子留学の留学タイミングは、

    ●育休期間中

    ●小学校入学前

    なんです。


    お話会ではその理由もご説明しますね。


    子供が小さい場合に適している留学先もあります。

    もちろん、小さい子供を連れいてく負担もありますので、メリットデメリットはそれぞれあります。

    ですが、チャンスがあるなら逃してほしくないなあというのが正直なところです。

 

注意事項
  • お話会ではZoomというツールを使用します。
  • Webカメラ/マイク機能の付いたPCまたはタブレット/スマホからご利用いただけます。
  • (PCまたはタブレットがお奨めです)。
  • 音声品質確保のため、イヤフォンがある方はご利用ください。
  •  
  • 初めて使用される方は事前に設定をお願いします。
  • https://zoom-japan.net/manual/zoom_how-to/
フィリピン親子留学はとにかく楽しいです🎶
1週間からででも留学できますし、
0歳からでも受け入れてくれる学校がありますよ。
お話会で待ちしています。
415244_20180923-142917-0
415244_20180914-152656-0
開催日時
2020年3月 4日(水)
開場 9:50
開始 10:00
終了 11:30
場所 オンラインZoom

参加費

無料でご参加いただけます。

定員
 4  名
満員御礼
申込受付期間2020/2/21(金) 00:00 ~ 2020/3/ 4(水) 00:00まで
主催者西尾みほ(モモシロ)
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional
フィリピン親子留学代理店&ラクラク★マイルインスト..

西尾みほ(モモシロ)

Mission
ちょっと疲れてしまったお母さんの心安まる居場所として旅や留学を楽しんでもらう
Senmon
フィリピン親子留学 マイル講座 子連れ旅行 海外旅行

●フィリピン親子留学代理店をしています
子供2人を連れて短期で行ったフィリピンへの親子留学が楽しすぎて、留学エージェントを始めました。
親子留学に興味がある方のご相談に乗り、お申し込みや留学のサポートをさせていただきます。
手数料は無料で、留学のお申し込みまでは料金はかかりません!

私自身が3回のフィリピン親子留学で人生観が変わるような素晴らしい経験をして、この留学をきっかけに日本に戻ってからの育児も楽しくなりました。
かつての私と同じように、育児でしんどさを感じていたり、疲れてしまっているお母さんにもこの経験をしてもらいたいと思っています。
子供ものびのびと過ごし、英語に興味を持ち、子供好きなフィリピンの先生やベビーシッターさんにたっぷり愛情を注いでもらい、自己肯定感が大幅にアップしました。

私が実際に母親目線で留学をして、自信を持っておすすめする語学学校をご案内します。
フィリピン親子留学では、単に英語の勉強をするだけでなく、お母さん自身が自分の時間を持ったり、お料理や洗濯の家事から解放されてリフレッシュしていただけます。

●マイル講座のインストラクターも始めました
また、マイルを貯めて飛行機代を抑え、親子留学の費用を節約するためにマイル講座のインストラクターも始めました。
マイルをたくさん貯めることができれば、フィリピンへの親子留学だけでなく、子連れでの海外旅行に気軽に行けるようになりますよ。

子連れでの飛行機移動は負担が大きいですので、時間や手間など、できるだけ最小限で移動できる手段もお伝えしています。

B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock