Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
受付は終了しました
【zoomでお茶会】えつはしりえと話そう♪
私もあなたも話して軽くなろう!マイナスな感情のセルフケア
このような方にオススメ
明日の朝が楽しみになる
期待できる効果
心にたまっている感情のオリを減らせる、流せる、私はきっと大丈夫だと安心できる
527_img_3218
怒りんぼさんが、イライラに負けない自分になるお手伝いをしています。合言葉は、「どんな自分も大好きです!」
Professional
 
 
makala&malolo やさしさを自己肯定感に変える専門家
越橋 理恵
怒りんぼさんが、イライラに負けない自分になるお手伝いをしています。合言葉は、「どんな自分も大好きです!」
 
<保有資格>
精神保健福祉士、介護福祉士、教員免許状(幼稚園・小学校・中学校・特別支援学校)、行動習慣ナビゲーター®(国際ナイン・マトリックス協会)、クラニオ・セイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)ベーシック修了

<講演・研修実績>
エリア:北海道内(留萌・滝川・札幌・函館及びその近郊)、道外(西相模原、青森、浦安など)
業種(敬称略):小学校・中学校保護者学習会、小学校・中学校・特別支援学校職員研修会、養護教諭研修会、公立病院職員研修、高齢者施設職員研修、シニア健康教室、社会福祉協議会、まちづくりセンター/女性センター市民公開講座、公共機関メンタルヘルス講座、市内ロータリークラブ、海上自衛隊ほか
【函館・北海道・全国オンライン】
やさしさを自己肯定感に変える専門家 
えつはしりえです。


こんにちは^^


私は、ストレス社会で生きるお子さんと大人のみなさまが
マイナスな感情とうまくつき合えるようになるための
レッスンやカウンセリングを提供しています。


大人も子どもも

落ち込むこともありますが

それでも

「どんな自分も大好きです」と


心から言える毎日を送ってほしい


そんな思いで、活動しています。


私が「マイナスな感情」を意識するきっかけとなったのは、
自分や周囲の怒りに巻き込まれてクタクタになっていた時に、
新聞のコラムで「アンガーマネジメント」という
心理トレーニングを知ったことでした。


その後、「怒り」という一般的には
マイナスなイメージの感情とのつきあい方を
お子さん達に伝えたいと強く思うようになりました。


これには転機があります。


2017年傷害致死事件の裁判員を経験しました。


この経験から

お子さん達に
暴力や暴言以外の方法で
怒りを表現する方法を伝えたい!
それが、大人の自分としての役目だと肚が決まりました。


2020年春からは、新プログラムをスタート!
「自信がない…」そんな大人とお子さん達へ


見せかけだけじゃない!
真にポジティブな自信の育て方は、
自分への思いやりを育むことがポイントです^^


得意なことは、
◆お子さんの良い所を見つけること
◆自分の怒りの感情とうまくつきあうこと
◆ネガポジ変換

”イライラは、自分からのサイン”
まずは、自分を知ることから始めてみませんか?
 
女性が元気になると、世の中も明るくなる

最近、ちょっといいことありましたか? 
何のんきなこと言ってるのよ~!
毎日ヘトヘトで、いいこと探しなんて、してる暇がないの!
本当は、したいけど・・・。
 
 
と、思っておられませんか?
 
 
そんな女性に、元気になってほしい!
と、思ったので、【zoomお茶会】やります^^
 
 

怒りは第二次感情
こんな方におススメです
  • 1 疲れた/くやしい/悲しい/むなしい/困った/不満だ・・・そんな感情で心のコップがあふれそうになっている方
  • 2 「こうなってほしい!」のに、そうならないからイラっとすると、気づいている方
  • 3 「自分の理想通りじゃないんだよね~でも、譲れなくて・・・」イラっとしちゃう方
  • 4 家族とおだやかに暮らしたいから、自分はどうしたらいいのか知りたい方
  • 5 ママさん、ママじゃないけど女性であれば大歓迎、保育士・教員の方もどうぞ♪
  • 守秘義務は固く守ります


想像してみてください^^
誰にでも、心にコップがひとつあります。
そのコップには、マイナスな感情が水のようにたまります。
 
 
・わかってもらえていないように感じて「悲しい」
・見下されているようで「くやしい」
・大切にされていないようで「不満だ」
・締め切りが迫ってきて「あせる」
・自分はこのままでいいのかな?「不安だ」

 



マイナスな感情でコップが一杯になっていると、
何かのきっかけで、水がブワッとこぼれます。


これが、怒りが発生する瞬間です。

コップにたまっているマイナスな感情には、

名前がついていて

第一次感情と言います。

 

 

第一次感情がたまって、たまって、発生するのが

第二次感情としての怒りです。

 

心のコップの水を抜くには・・・

自分の内側にあるモヤモヤやイライラを吐き出すことが近道です。


「わたし、結構、グチっているから!ダイジョウブ!吐き出せてます!」
「物に当たっているから、たまっていません!」
「ダンナにぶつけて解消しているから、全然平気~!」


という方、おられますか?


\ ちょっと待った~ /


これらは、全部、勘違い!誤解です。
スッキリしたと思い込んでいるだけで、根本的な解決にはなっていませんね。


本来、イライラやモヤモヤは、
その正体に気づいて、
誰かにわかってもらえて、
安心するから、スッキリします。


先の3例は、スッキリしたことにしているだけで、こういう解消法だと、また同じことが巡ってきますね。


心のコップの水を抜く「吐き出し方」には、必要な条件があります。
◆安心、安全な場
◆聴いてくれる相手または、自分で心の声を聴くテクニック
◆吐き出すことで、自分が得たい未来像


この3条件がそろった【zoomお茶会】で、
あなたの心のコップの水を抜いてみませんか?



【zoomでお茶会】怒りんぼさんの心のコップが軽くなる 
~グチから始める 怒りの感情のセルフケア~




場所:オンライン(会議用アプリzoom)
定員:4名(先着順)おひとりでも開催します^^

 

内容:各自で、好きな飲み物を飲みながら
最近、イラっとすることを吐き出しあいましょう。

他人攻め防止のため、
えつはしりえが適宜、質問します。
答えながら、吐き出してくださいね。


ご自宅や車の中など、
スマホが使える環境であれば
どこからでもご参加いただけます。


ただし、無料だからと言って
無断欠席やドタキャンは困ります。
★以前に、無断欠席やドタキャンされた方はお申込みをお断りすることがあります★


持ち物 注意事項 など
  • 1 飲み物ご自由に。
  • 2 特に資料はありませんので、メモを取りたい方はご用意ください。
  • 3 お互いに、【zoomお茶会】で知りえた情報は、この場だけのものとします。
最後にひとことだけ^^

”イライラしない自分になりた~い!”そのためには、自分の内側にあるマイナスな感情を見つけて認めて、サヨウナラ~する作業が欠かせません。


まずは、吐き出しましょう!
それから、次を考えましょう!

 


怒りの感情とうまくつきあうためのトレーニングを
1300人に、レクチャーしてきたえつはしりえが、
あなたのグチをお聴きします^^



やさしさを自己肯定感に変える専門家
えつはしりえ

 

開催日時
2020年6月19日(金)
開場 9:50
開始 10:00
終了 11:30
場所 オンライン(スマホ/PC/タブレットの前)
オンライン
参加費

無料

支払方法
Stripe_pay_solutions
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行
定員 4  名
申込受付期間2020/2/21(金) 00:00 ~ 2020/6/17(水) 09:00まで
主催者越橋 理恵
 
 
 
 
Profile
Professional
やさしさを自己肯定感に変える専門家

越橋 理恵

Mission
怒りんぼさんが、イライラに負けない自分になるお手伝いをしています。合言葉は、「どんな自分も大好きです!」
Senmon
イライラ 自己肯定感 ストレス解消 幸せ 心配性克服

<保有資格>
精神保健福祉士、介護福祉士、教員免許状(幼稚園・小学校・中学校・特別支援学校)、行動習慣ナビゲーター®(国際ナイン・マトリックス協会)、クラニオ・セイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)ベーシック修了

<講演・研修実績>
エリア:北海道内(留萌・滝川・札幌・函館及びその近郊)、道外(西相模原、青森、浦安など)
業種(敬称略):小学校・中学校保護者学習会、小学校・中学校・特別支援学校職員研修会、養護教諭研修会、公立病院職員研修、高齢者施設職員研修、シニア健康教室、社会福祉協議会、まちづくりセンター/女性センター市民公開講座、公共機関メンタルヘルス講座、市内ロータリークラブ、海上自衛隊ほか
【函館・北海道・全国オンライン】
やさしさを自己肯定感に変える専門家 
えつはしりえです。


こんにちは^^


私は、ストレス社会で生きるお子さんと大人のみなさまが
マイナスな感情とうまくつき合えるようになるための
レッスンやカウンセリングを提供しています。


大人も子どもも

落ち込むこともありますが

それでも

「どんな自分も大好きです」と


心から言える毎日を送ってほしい


そんな思いで、活動しています。


私が「マイナスな感情」を意識するきっかけとなったのは、
自分や周囲の怒りに巻き込まれてクタクタになっていた時に、
新聞のコラムで「アンガーマネジメント」という
心理トレーニングを知ったことでした。


その後、「怒り」という一般的には
マイナスなイメージの感情とのつきあい方を
お子さん達に伝えたいと強く思うようになりました。


これには転機があります。


2017年傷害致死事件の裁判員を経験しました。


この経験から

お子さん達に
暴力や暴言以外の方法で
怒りを表現する方法を伝えたい!
それが、大人の自分としての役目だと肚が決まりました。


2020年春からは、新プログラムをスタート!
「自信がない…」そんな大人とお子さん達へ


見せかけだけじゃない!
真にポジティブな自信の育て方は、
自分への思いやりを育むことがポイントです^^


得意なことは、
◆お子さんの良い所を見つけること
◆自分の怒りの感情とうまくつきあうこと
◆ネガポジ変換

”イライラは、自分からのサイン”
まずは、自分を知ることから始めてみませんか?

B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2018- makala&malolo えつはしりえ  All Rights Reserved.
Powered by reservestock