Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
醤油のお話とマイ醤油作り
このような方にオススメ
日本の大事な調味料 醤油はどのように作られているのか知りたい方、自分で醤油を作ってみたい方
期待できる効果
醤油ができる過程のお話を聞くことで、本物の醤油はどういうものかわかります。我が家で醤油を造って味わうことができます。
手作り伝承発酵食を伝える
Professional
 
 
畑薬膳アカデミー 発酵伝承師
竹村享子
手作り伝承発酵食を伝える
 
薬剤師、陰陽調和料理認定講師、野菜ソムリエプロ、醸しにすと”極め”、
薬剤師であるが、子供のアトピー性皮膚炎、喘息により陰陽調和料理を教える梅崎和子氏を知り、一緒に料理教室の会社「いんやん倶楽部」を立ち上げる。10年間一緒に仕事をした後、奈良にUターンをして、重ね煮を奈良を中心に大阪、京都で教える。祖母や母に手作りの季節の漬物や、味噌造りを教わり、自分でも工夫を重ねて、次世代に繋げることを自分の使命として発酵食をいろんなところで教えている。
 

醤油は和食の調味料として、どこの家庭にも欠かせない一番大事なものです。

でも本物の醤油と出会ったことはありますか?

奈良県御所市の葛城山麓の風光明媚な場所で、昭和の初めに創業された片上醤油さんに来ていただいて、醤油にまつわるお話をしていただきます。

片上さんは醤油造りに日々真摯に取り組んでおられ、そのお醤油愛に溢れた杉桶の中の微生物の話に、思わず引き込まれます。

木の桶の中でいろんな微生物が,次々と交代しながら、おいしい醤油になっていくさまに奇跡の一滴だと感じます。
同じ様に造っていても桶によって違う味になるそうです。

お話の後、片上さんの麹室で造られた麦と大豆の醤油麹と塩水を、1,5ℓのペットボトルに入れてお持ち帰りいただきます。

持ち帰りいただいた醤油麹を家で育てていただくと、1年後にマイ醤油としてお使いできるようになります。

醤油を造っていただいた後は、重ね煮ランチをご用意しております。

開催日時
2020年4月19日(日)
開場 10:50
開始 11:00
終了 14:00
場所 S-tage(エステージ)
奈良市学園3丁目2-3
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

6,500円(ワークショップ後、重ね煮ランチをお出しいたします)

 

 

 

支払方法

銀行振り込み

定員 20  名
申込受付期間2020/2/11(火) 22:50 ~ 2020/4/18(土) 20:00まで
主催者竹村享子
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional
発酵伝承師

竹村享子

Mission
手作り伝承発酵食を伝える
Senmon
発酵食、伝承、手作り、重ね煮

薬剤師、陰陽調和料理認定講師、野菜ソムリエプロ、醸しにすと”極め”、 薬剤師であるが、子供のアトピー性皮膚炎、喘息により陰陽調和料理を教える梅崎和子氏を知り、一緒に料理教室の会社「いんやん倶楽部」を立ち上げる。10年間一緒に仕事をした後、奈良にUターンをして、重ね煮を奈良を中心に大阪、京都で教える。祖母や母に手作りの季節の漬物や、味噌造りを教わり、自分でも工夫を重ねて、次世代に繋げることを自分の使命として発酵食をいろんなところで教えている。

  harmonious_18
B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock