Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1association Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
20217_zmziywiyowy1zmjjz
参加受付中
このような方にオススメ
批評的思考とストーリーテリングで人を惹きつける話し方をしたい方、自分の考えを言葉で伝えたい方
期待できる効果
あなた豊富な語彙と論理で情報伝達と説得のプレゼンテーションができるようになります。
412174_1級ヘッダー

CSA1級2020年4月生 (金曜クラス)

(4月24日開始)

 

CSA1級(プレゼンテーション) で出来るようになること

 

 

1級講座は2種類の本格的プレゼンテーションができるようになることを目的とします。

2種類のプレゼンテーションとは情報伝達説得です。

どちらにおいても論理語彙振る舞いを徹底的に指導し、言葉に対する感覚が大きく変わります。

 

 

情報伝達とは

 


話し手しか知らない知識について話すため観客の学びがゴールであることが最大の特徴です。
新しい知識を得たことによる満足があれば目的達成です。

 

説得とは


その先にある観客の意識と行動の変化を目的としています。
そのため、言葉に工夫をしないといけませんが、それには対人コミュニケーションの理論が生かされます。

プレゼンテーションがコミュニケーションであることを象徴しています。


最終的に身につくのは TED Talks で見るような本格的なプレゼンテーションスキルです。
見た目だけでなく、内側からあふれる存在感を身につけられます。

 

日程・内容 

 【CSA1級】

①4月24日(金)20:05~22:05【オンライン】


プレゼンテーションの本質/情報伝達プレゼンテーション原稿作成


②5月1日(金
)20:05~22:05【オンライン】

原稿チェック/修辞の徹底習得/非言語レッスン


③5月8日(金)20:05~22:05【オンライン】

情報伝達プレゼンテーション実践/ピアレビュー

 

プレゼンテーション実践【オンライン】

5月23日(土)15:00~17:00

オンライン会議室ZOOM

※詳細は参加者へ連絡します。 

 

④5月15日(金)20:05~22:05【オンライン】
言葉を磨く訓練/説得プレゼンテーション原稿作成


⑤5月22日(金)20:05~22:05【オンライン】

原稿チェック/エトス・ロゴス・パトス


⑥5月29日(金)20:05~22:05【オンライン】

説得のプレゼンテーション実践

プレゼンテーション実践【オンラインでの参加も可能】

6月13日(土)15:00~17:00【東京】

アットビジネスセンター東京駅八重洲通り602号室
〒104-0032 東京都中央区八丁堀1丁目9−8 八重洲通ハタビルhttps://goo.gl/maps/K3GfsCViAsmVeRySA

受講方法 
 
講義はオンライン会議システムZOOMを使います。送られてくるURLをクリックするだけ!
 
 

また、対面にてプレゼンテーションの実践をします。オンラインでの参加も可能です。

※認定の要件

以下のすべてを満たすことが必要です。

①全講座出席:欠席される場合は、次回の講座までに振替を申し込んでください。

(1回:4,000円・税別)

②基準を満たすプレゼンテーションの実践(オンラインでも可)

  

受講規約(必ずご覧ください)

プライバシーポリシー

 
412174_プレゼンのレシピ本画像
開催日時
2020年4月24日(金)
開場 20:00
開始 20:05
終了 22:05
場所 オンライン
オンライン
ホームページ
参加費
【一般】CSA1級認定講座2020年4月生(金曜・夜クラス) 参加費 (132000 円)
【一般・テキストあり】CSA1級認定講座2020年4月生(金曜・夜クラス) 参加費 (133100 円)
【学生】CSA1級認定講座2020年4月生(金曜・夜クラス) 参加費 (125400 円)
【学生・テキストあり】CSA1級認定講座2020年4月生(金曜・夜クラス) 参加費 (126500 円)
【再受講】CSA1級認定講座2020年4月生(金曜・夜クラス) 参加費 (19800 円)

 

・一般:132,000円

(受講料 120,000円 消費税 12,000円)

 

・学生:125,400円

(受講料 114,000円  消費税 11,400円)

 

再受講:19,800円

(受講料18,000円 消費税1,800円)

 

※テキスト代:1,100円(税込み・送料込み)
プレゼンのレシピ(廣済堂出版)をお持ちでない方は一緒に申し込んでください。

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

①銀行振込み

②Pay Pal(1回払いのみ・5%相当額のペイパル残高が還元されます)



③クレジットカード払い(1~24回):GMOペイメントゲートウェイ株式会社へ委託

※③を選ばれた方へは別途決済用URLを送ります。分割回数はカード会社によって異なります。

 

 

定員 5  名
申込受付期間2020/3/22(日) 11:34 ~ 2020/4/23(木) 20:00まで
主催者野中アンディ
お問い合わせ先野中アンディ
お問い合わせ先電話番号050-5897-8213
お問い合わせ先メールアドレスmail@commskill.net
論理的に、かつ鮮やかな言葉で自分の考えを強く伝える人を育てます。
Expert
 
 
一般社団法人コミュニケーションスキル協会 
コミュニケーションスキル協会
論理的に、かつ鮮やかな言葉で自分の考えを強く伝える人を育てます。
 
日本コミュニケーション学会元理事(副学術局長)
TOEIC 990点
元大学准教授
博士号(専門:コミュニケーション学)
代表理事 野中アンディ

福岡県春日市出身。

専任教員として関東学院大学(講師)、中村学園大学(准教授)で対人コミュニケーション、パブリック・スピーキング、ビジネス英語などを教える。

・プレゼンテーション福岡主宰
・TED Talks 通訳翻訳チーム
・TEDx Fukuoka スピーカー部門チーム
・2018年度国立工業高等専門学校英語プレゼンテーション九州大会審査委員長
・福岡県タレント発掘事業ロジカルプレゼンテーション担当(小学校5-6年生アスリート)
・大学入試センター試験英語問題作成委員(2007-2008年度)

また非常勤講師としてもフェリス女学院大学、西南学院大学、福岡大学他で教えるなど経験豊富。趣味はゴルフと料理。

大学時代にアメリカに交換留学生として留学したのですが、そこで最初に受けた授業がコミュニケーション学の基礎であるパブリックスピーキングの授業、俗にいうプレゼンテーションでした。
その時私は大きな衝撃を受けたのです。なぜならアメリカ人は言葉を使って人を説得するために論理を駆使し表現を工夫し非言語を最大限に使う訓練をその授業でやっていたからです。このパブリックスピーキングを日本に広めなければ日本人は世界に負けてしまう!そう強く感じた私は日本に帰り、大学でこの科目を教える教員になろうと決心したのでした。
そのため再度アメリカに戻りコミュニケーション学で修士号を、そして日本に戻り博士号を取得しました。現在は大学を辞め、パブリックスピーキング(例えばスティーブ・ジョブズがやったようなプレゼン)を通して言葉のセンスを一気に伸ばす講座を展開しています。
 
 
 
 
 
Profile
Expert

コミュニケーションスキル協会

Mission
論理的に、かつ鮮やかな言葉で自分の考えを強く伝える人を育てます。
Senmon
言語コミュニケーション プレゼンテーション 話し方 パブリックスピーキング コミュニケーションスキル

日本コミュニケーション学会元理事(副学術局長)
TOEIC 990点
元大学准教授
博士号(専門:コミュニケーション学) 代表理事 野中アンディ

福岡県春日市出身。

専任教員として関東学院大学(講師)、中村学園大学(准教授)で対人コミュニケーション、パブリック・スピーキング、ビジネス英語などを教える。

・プレゼンテーション福岡主宰
・TED Talks 通訳翻訳チーム
・TEDx Fukuoka スピーカー部門チーム
・2018年度国立工業高等専門学校英語プレゼンテーション九州大会審査委員長
・福岡県タレント発掘事業ロジカルプレゼンテーション担当(小学校5-6年生アスリート)
・大学入試センター試験英語問題作成委員(2007-2008年度)

また非常勤講師としてもフェリス女学院大学、西南学院大学、福岡大学他で教えるなど経験豊富。趣味はゴルフと料理。

大学時代にアメリカに交換留学生として留学したのですが、そこで最初に受けた授業がコミュニケーション学の基礎であるパブリックスピーキングの授業、俗にいうプレゼンテーションでした。
その時私は大きな衝撃を受けたのです。なぜならアメリカ人は言葉を使って人を説得するために論理を駆使し表現を工夫し非言語を最大限に使う訓練をその授業でやっていたからです。このパブリックスピーキングを日本に広めなければ日本人は世界に負けてしまう!そう強く感じた私は日本に帰り、大学でこの科目を教える教員になろうと決心したのでした。
そのため再度アメリカに戻りコミュニケーション学で修士号を、そして日本に戻り博士号を取得しました。現在は大学を辞め、パブリックスピーキング(例えばスティーブ・ジョブズがやったようなプレゼン)を通して言葉のセンスを一気に伸ばす講座を展開しています。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
https://analytics.google.com/analytics/web/?hl=ja#embed/report-home/a101732771w149037491p153932509/
Copyright (c) 2010-2017コミュニケーションスキル協会
Powered by reservestock