Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
岩手県盛岡市「パンツの教室」体験会
このような方にオススメ
3歳から10歳のお子さんをお持ちのお母さん
期待できる効果
性教育って必要なの? 性教育ってなんだか恥ずかしい そんなイメージがガラリと変わり、「子どもに今すぐ伝えたい!」に変わります!
家庭内で性教育を伝えることを当たり前の世の中にしたい
Professional
 
 
 とにかく明るい性教育「パンツの教室」インストラクター
くぼた まさこ
家庭内で性教育を伝えることを当たり前の世の中にしたい
 
医療系や保育系といった特別な資格をもたない、どこにでもいる一主婦の私でもできる性教育、それが「パンツの教室」流性教育です。

大切なことだからこそ、きちんと子どもに伝えたい、
でも恥ずかしさが先に立ってなかなか伝えられない、
タイミングが分からない、

そんな風に悩むお母さんに、おうちで簡単にはじめられる性教育をお伝えする講座の講師をやっております。

100人いれば100通りある出産までの道のり。
私は2人の子どもを出産するまでに、
流産、2年間の不妊治療、5日間にも及ぶ本陣痛との戦いを経験しました。
いのちの誕生は簡単なことじゃない、と実感すると同時に
自分のカラダのしくみさえきちんと理解していなかった自分が情けなくもあり、恥ずかしくもあり、性教育の重要性を感じるようになりました。
だから我が子にはちゃんと伝えたい。
そう思っても、親からも学校からも十分に教わってきていない性教育を「どのタイミングでどんな風に始めたらいいの?」「そもそも医療系の知識がないのに伝えられるの?」
そんな疑問がふつふつと沸いてきた時に出会ったのが「パンツの教室」でした。

性教育ってカラダのこと、性行動のことを学ぶものだと思い込んでいた私に、「パンツの教室」は性教育がそれだけでなく、愛されて生まれてきたこと、自分のことを知ること、自分も他人も大切にすること、自分の身を守ることを教えてくれることを知りました。

子どもに伝えたい大切なこと。
それが性教育の中に詰まっていました。

性教育は愛と命の教育です。
自分は望まれて生まれてきたんだ、こんなに愛されているんだ、と
笑顔で過ごす子ども達を増やしたい。
そういう想いでインストラクターとして活動しています。 


熊本県熊本市出身 現在、青森県八戸市在住
夫、7歳の息子、3歳の娘の4人家..
 

全国で1万2千人以上が受講済み!

 

性教育の大切さに気づいている

お母さんが増えています。

 

 

NHK、TBS系「グッとラック!」に出演

朝日新聞ほか新聞各紙、

雑誌「VERY」「CHANTO」「サンキュ!」「AERA with kids」

などなどから取材殺到!

 

代表理事のじま なみ先生の書籍

『お母さん!学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!』

発行部数4万冊以上、Amazonベストセラー1位獲得!

 

 

子どもに

自分の身を自分で守れる子になってほしい

自分のカラダを命を大切にしてほしい

そう願うお母さん

 

親子関係をもっと深めたい

お母さんへ

  
 

 

こんにちは!

青森・岩手を中心に活動しています、

「パンツの教室」シニアインストラクターの 

くぼた まさこ です。

 

 

『とにかく明るい性教育 パンツの教室』

体験会にご関心頂きありがとうございます!
 


 

「5歳の息子がとんでもない動画を見ていたんです」

「小5の娘がある日突然、S〇Xってなに?と聞いてきました」

「うちの子、お股あたりをもぞもぞ触っているみたいなんです」

「男子トイレで息子がイタズラされてしまいました」

 

 

まさか・・・

うちの子に限って・・・

うちの子はまだ幼いから・・・

 

 

まさかの出来事は

ある日突然やってきます。

 

 

こんな時どう対応したらいいの?!

ママ友にも相談しづらい!

 

 

でも、正しい知識があれば

お母さんも突然の出来事に慌てることなく

3歳児さんでも自分の身を守れるようになるんです!

 

 



「性教育って大切だと思うから我が子に伝えたい、
だけど いつから、何を、どうやって??」

「そもそも性教育って必要なの?」

 

お母さんが抱えるそんなお悩みや疑問に

お答えします!

 

 

恥ずかしいこと

とタブー視されがちな性教育が


たった75分

「こんなに楽しいの?!」

「今すぐ我が子に伝えたい!」

に変わる 「パンツの教室」体験会を開催します!

  

 

 
 
 
◆体験会に参加すると・・・

チェック すぐに実践できる楽しい性教育の伝え方を持ち帰れる

チェック 小さい頃からの性教育の必要性が納得できる

チェック 学校では教えてくれない防犯に必要な知識を学べる

チェック クレヨンしんちゃんタイプ? 丸尾くん? しずかちゃん?

  我が子の性格に見合ったタイプ別防犯の声掛けの仕方を学べる

チェック 我が子に「知識というお守り」を身に付けさせることができる

チェック 親子の笑顔・コミュニケーションが増える

 

 

性教育の伝え方には3つのコツがあります。

 

このコツさえつかめれば

私のように親から性教育を受けたことがない、

医療に従事していない、

性の知識に自信がないお母さんも

 

楽しく伝えられるようになるのが

「パンツの教室」の性教育なのです!!

  

 

実践的なこともお伝えするので

お家に帰って

即やってみることができるのも特徴です。

 

 

 

◆体験会ではこんなことが分かります!
 

・いつから始める?!性教育

 3歳~10歳が適齢期ってなぜ?

 の疑問にもお答えします。

 

・どこまで伝える?!性教育

 性教育のゴールって何?!が分かると

 今やることが見えてきます。

・どうやって伝える?!性教育 

 お母さんの恥ずかしさを吹き飛ばす

 声掛けの仕方をお伝えします。

 

・性教育なのに防犯!?

 実は防犯と性教育って密接に関係しているんです。

 こんな時代だからこそ絶対に持っておきたい知識!

 お子さんの性格に合わせた声掛けと

 すぐにできる防犯のコツをお伝えします。

 

 

明るく楽しく体験してもらっています!

 

 

性は自分の人生を豊かにするもの

一方で、誰かを傷つけたり、自分を傷つけることにも繋がる

諸刃の剣でもあります。

正しい知識はお子さん自身を守ります。
 

 

そして、性を伝えることは

愛といのちの大切さを伝えること

   

「あなたのことが大好き」 
「あなたは大切な存在なんだよ。」

「ここにいるだけで素晴らしいんだよ」
「あなたは私の宝物だよ」

  

  

そんなお母さんの想いを

ごく自然に伝えることで

お子さんの自信にも繋がりますし、

お母さん自身の自己肯定感も上がります。

 

 


愛する我が子の笑顔と明るい未来を守るために
 
お母さまの笑顔を守るために
 
一歩を踏み出してみませんか?

 

 

会場でお会いできることを楽しみにしております!

 

明るく楽しい性教育を一緒に楽しみましょう ♪

 

 

子どもの笑顔を守るために!

 

 

 

*お子様の同伴につきましては

まだ歩かない抱っこの赤ちゃんのみ

とさせて頂いております。

 

性にまつわる言葉は大切な言葉だから

まずはお母さんから伝えてほしい。

そして、75分という貴重なお時間の中で

集中して学んでいただきたいと考えているためです。

ご了承いただきますようお願い申し上げます。

開催日時
2020年2月11日(火)
開場 12:20
開始 12:30
終了 13:45
場所 JR盛岡駅 徒歩圏内会議室 (お申し込み後に詳細をご連絡致します)
盛岡市
参加費

とにかく明るい性教育「パンツの教室」代表理事 のじま なみ先生が出演されたTV番組をご視聴いただいた方は無料となります。

定員 5  名
申込受付期間2020/1/20(月) 09:00 ~ 2020/2/10(月) 23:59まで
主催者くぼた まさこ
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional

とにかく明るい性教育「パンツの教室」インストラクタ..

くぼた まさこ

Mission
家庭内で性教育を伝えることを当たり前の世の中にしたい
Senmon
性教育 男児育児 女児育児 パンツの教室

医療系や保育系といった特別な資格をもたない、どこにでもいる一主婦の私でもできる性教育、それが「パンツの教室」流性教育です。

大切なことだからこそ、きちんと子どもに伝えたい、
でも恥ずかしさが先に立ってなかなか伝えられない、
タイミングが分からない、

そんな風に悩むお母さんに、おうちで簡単にはじめられる性教育をお伝えする講座の講師をやっております。

100人いれば100通りある出産までの道のり。
私は2人の子どもを出産するまでに、
流産、2年間の不妊治療、5日間にも及ぶ本陣痛との戦いを経験しました。
いのちの誕生は簡単なことじゃない、と実感すると同時に
自分のカラダのしくみさえきちんと理解していなかった自分が情けなくもあり、恥ずかしくもあり、性教育の重要性を感じるようになりました。
だから我が子にはちゃんと伝えたい。
そう思っても、親からも学校からも十分に教わってきていない性教育を「どのタイミングでどんな風に始めたらいいの?」「そもそも医療系の知識がないのに伝えられるの?」
そんな疑問がふつふつと沸いてきた時に出会ったのが「パンツの教室」でした。

性教育ってカラダのこと、性行動のことを学ぶものだと思い込んでいた私に、「パンツの教室」は性教育がそれだけでなく、愛されて生まれてきたこと、自分のことを知ること、自分も他人も大切にすること、自分の身を守ることを教えてくれることを知りました。

子どもに伝えたい大切なこと。
それが性教育の中に詰まっていました。

性教育は愛と命の教育です。
自分は望まれて生まれてきたんだ、こんなに愛されているんだ、と

B_facebook
B_ameba
Copyright (c) Masako Kubota. All Rights Reserved.
Powered by reservestock