Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
【使命を知り、自分と日本を好きになる】日本語50音のすべての意味を学べる「名前のことだま®」50音講座
このような方にオススメ
「自分らしく生きる(使命を生きる)」ことに興味がある方。日本が好きで、日本語に興味がある方。
期待できる効果
「自分らしく生きるヒント」を知ることが出来ます。日本語50音のことだまのすべての意味を学べます。ことばを通して日本文化や和の精神についても造詣を深めることが出来ます。
405187_10363914_839545259416602_2954400571801859149_n
405187_10944062_1539245939676859_1857194173_n
Professional_s
 
 
アーティストフォーラム ソングレターアーティスト
安達 充
 
・ソングレターアーティスト
 プレジデント社『僕が生まれた時のこと(CDブック)』著者
 被災地支援活動がNHK『ニュースウォッチ9』で放映
・ボイストレーナー(音響芸術専門学校非常勤講師)
・ことだま師(命名言霊学協会認定講師)
1979年生まれ。千葉県出身。立教大学文学部卒。一般的には「ピアノ弾き語りシンガーソングライター」だが、自らを音楽の専門家(ミュージシャン=音楽家)ではなく、音楽という“芸”を人を輝かせる“術”として使う専門家(アーティスト=芸術家)と定義。

「歌だから伝えられることがある」という信念から、メインの活動は、たった一人の想いを、世界に一つだけのオリジナル曲に「翻訳」する「ソングレター(R)」。作詞作曲ができなくても、歌でその想いを代弁してもらえると話題を呼び、結婚式や記念日など人生の様々なシーンでの依頼が後を絶たない。
 

突然ですが・・・

あなたにとって、「天命」とは何ですか?

あなたにとって、「天職」とは何ですか?
以上の質問にスパッと答えられる方は、なかなかいないのではないでしょうか?

「長年、それを探し続けているけれど、いまだに見つからないんだよ」
「これかな?と思うことはあるけれど、コロコロ変わってしまって…」
そんな声が聞こえてきそうです。

それでは、質問を変えてみましょう。

「あなたのお名前は何ですか?」
「あなたのお名前は、50音のどの音を使いますか?」


これなら、どんな方も迷うことなく答えられることと思います。


その答えは、名前の中にある

では、ここからが本題です。


2つの質問を踏まえた上で、
【「天命」「天職」の答えは、あなたの「名前」の中にあるんです】

と言われたら、どう思いますか?

「・・・何、言ってるの?」「・・・全然、違う質問じゃない!」
と思われたかもしれません。

でも、そのことを専門に研究され、「名前のことだま」として体系的にまとめ、
十年以上に亘って普及されている方がいます。

それが、命名言霊学協会代表の山下弘司先生です。

※山下先生は、『名言セラピー』著者のベストセラー作家ひすいこたろうさん
との共著で『人生が100倍楽しくなる名前セラピー』『名言なぞり書き
50音セラピー』という2冊の著書を発刊された方です。

名前のことだま

たとえば、安達充の場合、「み」「つ」「る」という3つのことだまをもっています。

「み」は「水」を表すことだまで、古代の日本人が体の汚れを川、池、海で洗い
流し、「水」を身を清める「禊(みそぎ)」に活用していたことから、体だけでなく
心も洗い流して清める働きを持ちます。

そして、そこから【原石を磨いて宝石の輝きを与える「み」の働きから、
「人を輝かせる」使命を持った人】と紐解くことができた時、
『まさに、音楽を使って人を輝かせるのが、自分の仕事だ!』
と深く感動しました。

「自分が毎日やっていることは、実は名前に織り込まれた使命だった」
そう思えてから、活動も加速度的に広がっていきました。


最も多く口にし、耳にする言葉

このことを、少し補足しましょう。
あなたが、一生のうちに、最も多く口にする言葉であり、最も多く耳にする
言葉は何でしょうか?

いうまでもなく、その答えは、「名前」です。

つまり、人は自分の名前を言い、呼ばれるたびにそのイメージが何度も
何度も深く染み込み、強く刻まれ、人生の方向を大きく左右していると
いうことです。

それが、名前について無頓着であれば、そのまま。

 

しかし、名前について何がしかの意味を込めていれば、その効果は
潜在意識に深く作用して、あなたの人生を変えていきます。


無頓着ならまだしも、自分の名前を嫌いでいたりすると、1日のうちに
何度も何度も自分を悪い状態にする言葉に触れることになります。

 
対して、名前を好きになれば、それだけで1日のうちに何度も何度も
自分を良い状態にするスイッチを入れることになります。


それくらい、「名前が持つ影響力」は計り知れないものがあるのです。


祈り=意乗り(いのり)

ですから重要なのは、【自分がどんな名前か】ということよりも、
【自分の名前に、どんな意味を込めるのか】ということ。

「祈り」という言葉は「意味を乗せる」=「意乗り(いのり)」
ということから来ているとも言われるそうです。

「自分の人生こうでありたい!」と祈ることは、まさに「自分の名前に
意味を乗せる」行為のことでしょう。


宝=他から(たから)

また、大切なものを「宝」=「他から(たから)」と言います。

大切なものは、みな自分以外の誰かからのいただきもの、という意味
でしょう。

一生ものの持ち物であるにも関わらず、人からいただく最たるもので
あるのがこの名前だと言えます。

そういうことでいえば、【最も大切な宝物である「名前」にどんな意味を
乗せるか】ということは、人生を根本的に変える力を持っており、そこ
から自分の天命・天職を紐解いたならば、たちまち現実世界に大きな
変化が現れるということもイメージがわくのではないでしょうか。


名前のことだま50音講座

今回、<1月26日(日)、2月9日(日)>の2日間の日程で、
その「名前のことだま」の世界を深く学べる
【名前のことだま50音講座(全12時間)】を開催することになりました。

※時間は両日共に11:00〜18:00となります。(途中1時間休憩あり)
※受講対象者は2日間参加できる方となります。

50音講座を学ぶと、日本語50音のことだまのすべての意味がわかる
ので、自らの使命はもちろん、家族や友人など親しい人の使命も
伝えることが出来るようになります。

 

 ※お仕事としての有料鑑定は、その先の鑑定講座の受講が必要です。
(鑑定講座を受講するためには、50音講座の修了は条件です)

 

また、ことばを学ぶことは文化を学ぶことですので、日本の文化や
和の精神についても造詣を深めることが出来ます。

 

「なぜ、今日本人の精神性が世界から注目されているのか?」

その理由が腑に落ちた時、「日本に生まれて、よかった!」と、
日本人としての誇りを強くすることが出来ると思います。


私、安達充の人生を大きく変えた「名前のことだま」の世界を、
ぜひ体験していただけたらと思います。


あなたの人生を大きく変える二日間となりますことを、願っています!

================================

 

~以前の参加者のご感想~

 

毎回あだちさんの講義は、おもしろく、深く、そしてラストには、
文字通り「おぉ~」と、感動させられます。
ひとことでいうなら、「日本人にうまれてよかった」です。
さらに日本について学びたいと思うとともに、これからは、
今までのように学んで感動しておわりではなく、自分も何か、
外へと発信していかなければならないのだろうということを
感じました。
自分の名前の意味を知ることにより、また今日からも希望と喜びを
持って前へ進んでいこうと思いました。


二日間、本当にありがとうございました。ここで学べたという
ご縁に感謝です!
体の奥の、しかも魂のレベルで、感動し、力がみなぎり、日本人で
良かったと痛感しました。
それぞれに驚くところがたくさんありましたが、やはり最後の
「わ」の所、鳥肌が立ちました。
以前出た本を散々読んで来ましたが、実際に充さんから伝えて頂くこと、
また一緒に参加した方々と同じ空間で学ぶことで得られたものは本とは
比べものになりませんでした!


きっかけは自分の名前について知りたいと思ったことでしたが、
それが日本の文化・精神や時代背景と関係があり、つながっていると
いうことが分かって、改めて今という時代の日本という国に生まれた
意味を考えさせられました。


50音の意味を学んで、日本語(大和言葉)が、それぞれの音の意味を
組み合わせて単語が成り立っているということもよく分かり本当に
面白かったです。
これからも学び続けて、考え続けて、そして自分から発信していける
ようにならなければ!と思いました。


名前のことだまを学びに受講したのに、日本文化のすばらしさ日本人の
ふところの深さにびっくりしました。
講義中に気付いた事で新しい発見?もあったような展開もあり、時間が
あっ!という間にすぎてしまいました。
笑いありの楽しい講義でした。ありがとうございました。

 

深い!!!!!日本人として、人としての本質的な学びをさせていただきました。
魂が喜んでます。
日頃から接する言葉に力があることは生活の中で(自分の心がけで)
実感はしていましたが、一つ一つの音に意味があり、その音を使っている
私達日本人の使命、個人の使命をとても丁寧に詳しく知ることができました。

 

もっともっと学びたくなります。そしてそれを周りの人、これからの子ども
たち、子どもに関わる大人たちに伝えていきます。
型を守りながら創意工夫をして、まだまだ学びを深める必要ありですね。
貴重な学びをありがとうございました!! 

 

================================

405187_img_2520
405187_image
開催日時
2020年1月26日(日) ~ 2月 9日(日)
開場 10:50
開始 11:00
場所 人材教育ドットコム セミナールーム
墨田区両国4-37-2 TKF会館3階
ホームページ
参加費

受講料:¥88,000 (テキスト代+修了証代込み)
再受講:¥8,000(1日のみの場合は4,000円)

支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

クレジットカード(PayPal)、銀行振込

定員 6  名
申込受付期間2020/1/13(月) 21:45 ~ 2020/1/26(日) 09:50まで
主催者安達充
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional_s
ソングレターアーティスト

安達 充

Senmon
ソングレター、ボイストレーニング、名前のことだま

・ソングレターアーティスト
 プレジデント社『僕が生まれた時のこと(CDブック)』著者
 被災地支援活動がNHK『ニュースウォッチ9』で放映
・ボイストレーナー(音響芸術専門学校非常勤講師)
・ことだま師(命名言霊学協会認定講師) 1979年生まれ。千葉県出身。立教大学文学部卒。一般的には「ピアノ弾き語りシンガーソングライター」だが、自らを音楽の専門家(ミュージシャン=音楽家)ではなく、音楽という“芸”を人を輝かせる“術”として使う専門家(アーティスト=芸術家)と定義。

「歌だから伝えられることがある」という信念から、メインの活動は、たった一人の想いを、世界に一つだけのオリジナル曲に「翻訳」する「ソングレター(R)」。作詞作曲ができなくても、歌でその想いを代弁してもらえると話題を呼び、結婚式や記念日など人生の様々なシーンでの依頼が後を絶たない。

  songletter
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Mitsuru Adachi All Rights Reserved.
Powered by reservestock