Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_zdy2ywm5njljodi5n

ゆみザップ1年コース2020 <35歳以上女性限定>自己最高の健やかで美しいカラダを手に入れ、キープする

自己最高の健康と美を手に入れる ハートパワーのボディメイク
参加受付中
あと 3 名
このような方にオススメ
<35歳以上女性限定>自己最高の健やかでしなやかなカラダを手に入れ、キープする
期待できる効果
ウエストがくびれる、心身の健やかさと柔軟性が増す、バストとヒップがアップする、似合う服が増える、見た目が若くなる
404486_51028_img_4632
404486_51028_121309
「ゆみザップ」に参加した女性全員のウエストがくびれました!
「女性が最高に美しく健康な体を保ち続け、60歳で人生本番デビューして生涯活躍すること」に尽力します。
ALOHA  ハワイ島のきくちゆみです。

私がハワイに移住したのは2011年3月、東日本大震災の直後。

当時私は49歳。千葉県鴨川の山間地で家族で自給自足を目指していて、子どもは9歳と10歳でした。

決して若くはない私が、家族や親戚もいない、仕事もなかったハワイへ家族で移住するのは大変な勇気が必要でした。日本語教育しか受けてない子どもたちは英語は全くできませんでしたから、新天地で1からの、いや、ゼロからの出発でした。

移住の目的は:

1、子どもを被曝させないこと(健康を最優先すること) 

2、子どもをバイリンガルに育てること

の2つでした。

1に関してはまだ判断がつきませんが、あのまま千葉に暮らし続けたよりは内部被曝量は少ないと思っています。2に関しては、なんとか満足できるレベルに達しました。

あの時、私にとって最も大切なのは子どもたちが心身ともに健やかな人間に成長することでした。これは今でも私が一番大事にしていることで、おそらく多くの親が切望していることだと想像します。

ハワイ移住を決めてからは、困難に直面するたびに「コネクション・プラクティス(コネプラ)」というスキルを使って一つ一つ解決してきました。課題は常に、次々とありました。特に最初の数年間は経済的にとても厳しくて生きることに必死でした。

それでも今はグリーンカード(永住権)も取れて、米国(ハワイ)に暮らすことができています。子供は二人ともアメリカの大学生になりました。コネプラを知らなければ、到底困難を乗り越えられなかったと思います。(*コネプラに関しては、2017年に一般社団法人ラスールジャパンを創設し、帰国時には「コネクション・プラクティス基礎コース」を日本各地で開催して普及に尽力しています。参照:http://rasurjapan.com

 

前置きが長くなりました。ここから本題です。

ハワイの暮らしがやっと落ち着いた頃、私は地元のフィットネスクラブPIFの会員になりました。そこで生まれて初めてZUMBAとヨガを習い始めました。楽しくて、今ではクラスの常連です。

2018年4月26日に「デイリーコヒーランス」を始めて毎日コヒーランスをグループで練習するようになってから、私の運動能力が急に高まりました。以前できなかったことが、できるようになったのです。

例えばヨガの先生と一緒に撮った写真のスプリット(前後開脚)。あんなことは今生では絶対不可能だと思っていましたが、できるようになりました。

私を見て、「なんでそんなに元気なの?」「どうやってその体型をキープしているの」「あなたは何を食べているの?」「あなたはZUMBAの先生なの?」と、聞かれることが増えました。

なぜ? 何? どうやって?

です。

聞かれるまであまり考えていませんでしたが、私が当たり前にやっていることを他の人たちはやっていないことに気づきました。例えばコヒーランスを毎日グループでやっている人をあまり知りません(日本には現在、仲間が50人ぐらいいます)。そして日本の伝統的自然療法を、生活全般に生かしている人もあまりいません。

私がやっていることは、インターネットなどで調べても、あまり出てこないことが多いです。その多くのことは私の暮らしの中に自然に組み込まれていますが、そのためにわざわざ時間を取ることは少ないです(例外はグループコヒーランス。これは毎日30分間を費やします)。

今回、私はそれらを初めて体系立てて1年間で伝授します。

私は長年、玄米・穀物菜食(マクロビ)やローフードの料理を教えてきましたが、ローフーディストでもベジタリアンでもヴィーガンでもありません。何でも食べるし、和菓子職人の娘だったので甘いものは大好き。ビュッフェにいくと、ほぼ全部の料理を食べてしまうことを、私と同席した人は知っています。

その時、誰もが私の食欲に驚き、「そんなに食べてよく太らないね」と言います。

 

はい、太りません。

それは私が自分の内臓(特に、ある臓器)を大事にしていて、たくさん食べても太らない食べ方を実践しているからです。

さて、どの臓器でしょう?(12月24日の説明会に来てくれた人に、その臓器とそれを健康に保つ秘訣を教えます)

その臓器を健康に保つ方法を「知っている」か「知らない」かが大きな差を生みます。

「食べても太らない体」を手に入れるにはこの臓器の健康が不可欠です。

どんなダイエットをしてもこの神秘的な臓器が機能していないと、ダイエットをやめた途端に元のカラダに戻ってしまいます。そして食べ方、食べ合わせ、食べる順番も重要で、それを知っていて実践しているかしていないかで差が出ます。

 

私は子供を4人産み、母乳育児をした後、しばらくバストが萎んだ風船のようになりました。悲しくて惨めでした。しかし最近またバストが上向きになりました。コヒーランスと毎日やっている簡単な数分の(数秒の)体操が奏功しています。私は自然派なので、バストサプリや手術などはしません。

ウエストはあと3センチ細くなると、子供を産む前のサイズになります。ゆみザップ2020年に受講生のみなさんと一緒に目標を達成する予定です。同時にヒップの位置も上がってきた(以前は扁平なお尻が下の方に垂れ下がっていました)ので、スリムなジーンズを履けるようになりました。

 

私は20代から自然療法「快医学」を学び、実践し、自然な出産と育児、自然な食(ゴミを出さない調理法や暮らし)を続けてきました。ハワイ移住後はボディメイク(メリハリのある体づくり)、ボディトーニング(体調を整えること)、ボディスカルプト(体の彫刻、特にパーツごとに鍛えること)を学び、実践し、成果のあるものだけを取捨選択して統合した結果、現在の体になりました。

自分の命(健康)への投資を本当にたくさんしました。効率がとても大切なので、「ライザップ」のような筋トレや長時間の運動などはしていません。1日3分程度の簡単なエクササイズを数回(少ない時は1回)します。それでも教えた人には効果が出ていますので、忙しくて時間が取れない人に「ゆみザップ」は向いています。

最近では朝起きるとエネルギーがみなぎっていて、子どものようにベッドから飛び起きます。これまでの人生で、今ほど生き生きと健康な時はありません。体型も今が自分史上最高です。

私が当たり前にしていることを、「自己最高の健康美を手に入れる」「太らない体を手に入れる」ことに本気でコミットした35歳以上の女性に、今回初めて余すことなく伝授します。

35歳というのは女性の体が変わり始める年齢です。ホルモンの変化や体内酵素が急激に減り始め、肉体が衰え始める時だからです(ベジタリアンの人はもう少し遅く、40〜45歳ぐらい)。

 

そして、私がやっていることは難しくはありませんが、習慣にするまで続ける必要があります。

 

現在歳を聞かれると「43歳。50歳で折り返したので」と答えています。アメリカでは「50歳で折り返したので」を言わなくても疑われないし、もっと若く見られることもあります。例えば踊っている時は20〜30代に間違われます。

実際、私と同じ年頃の人でこれほどよく働き、動き、疲れ知らずの女性をあまり知りません。最近はウエストが引き締まり、振袖(二の腕に垂れ下がるブヨブヨ)が減り、授乳後なくなっていたバストの張りが戻ってきて、下に垂れ下がっていたヒップまで上がってきたので、「え〜、この年齢でも変わるんだ!!」と自分の体の変化に驚き、希望と喜びが満たされています。

 

「あり得ない!」と思いますか?

しかも辛い、激しい運動や筋トレなどはやっていません。

 

しかし・・・・

自分の体の認識(現実)と、いつまでにどんな体型になりたいかを明確に描くことは必須です。

 

日本で行った「ハーモニクスヒーリング(別名ゆみザップ)」でその一部を伝えたところ、受講生全員のウエストサイズが2泊3日間で2〜8センチ減りました。全員です!

目標を明確に定めたら、「始めること」と「続けること」ができれば、目標に到達できます。

そして新しいことを続けるには環境と仲間が必要なことも、三日坊主の私は知っています。例えば私はビジネスやマーケティングについて米国人コーチから学んでいますが、自分ができていないことを学ぶ時、やはり自分より秀でたコーチやコンサルタント、そして志の同じ仲間を持つことが役立ちます。

私は「あなたが自己最高の健康で美しい体を2020年に手に入れること」にコミットします。

「女性が最高に美しく健康な体を保ち続け、60歳で人生本番デビューして生涯活躍すること」は、私自信が実現したいことで、私の使命であり喜びでもあります。「ゆみザップ1年コース」であなたとお会いできることを楽しみにしています。

 

無料説明会の動画をここにアップしました。

 

<年間スケジュールと会員別プログラム>

アロハ・マハロ・ハワイ会員:  新月と満月(前後)にオンラインクラス(全25回)

                1月10日(レッスン1)までに個人健康相談(1回)

マハロ会員:2ヶ月に一度の個人健康相談(LETを森田玄と実施し、あなたの体の声をお伝えします。全6回)、日本国内合宿(2泊3日)に参加

ハワイ会員:毎月一度の個人健康相談(全12回)、日本国内(2泊3日)、ハワイ合宿(1週間)に参加

 

オンラインクラス予定日:1月10・25日、2月9・24日、3月10・24日、4月8・23日、5月7・23日、6月6・21日、7月6・21日、8月4・19日、9月2・17日、10月2・17・31日、11月15・30日、12月15・30日 以上、25回開催予定(新月と満月)。私のスケジュールで日時は変更になる可能性があります。

 

あなたの体はあなたが描いた通りになる
35歳以上女性限定!ゆみザップに入ると:
 
  • 1、ウエストが今より細く、くびれます(ウエストが細くなると似合う洋服が増えます)
  • 2、体が軽くなり、動きが機敏になります
  • 3、疲れ知らずになります
  • 4、バストとヒップがアップします
  • 5、年齢より若く見られます
  • 6、体と心の柔軟性やキャパシティ(許容量)、持久力(忍耐力)が増します
  • 7、免疫力が高まり、より健康になります
  • 8、クヨクヨする時間が減り、笑顔が増えます
  • 9、もっと自分が好きになります



ゆみザップで会いましょう!
費用の心配がある方はご相談ください。
一緒に参加できる方法を考えましょう!
 
持ち物 注意事項 特典 など
  • 1 ZOOMが見られる環境(パソコンかスマホ)が必要。
  • 2 運動ができる服装
  • 3 参加費用は事前にお振込みください
  • 4 途中解約はできません(すべての動画をお届けします)
  • 5 個人健康相談もZOOMで行いますので、日時をリクエストしてください。
最後にひとこと

ゆみザップで自分史上最高のカラダを創り、一緒にキープしましょう。

 

404486_51028_img_4551
404486_51028_unknown
開催日時
2020年1月10日(金) ~ 12月30日(水)
開場 6:55
開始 7:00
場所 オンライン(ZOOM会議室)とハワイリトリート(オプション)、日本国内リトリート(オプション)
未定
参加費
ゆみザップ1年コース2020 アロハ 会員一括払い (1000 ドル(米))
ゆみザップ1年コース2020 マハロ会員一括払い (3000 ドル(米))
ゆみザップ1年コース2020 ハワイ会員一括払い (5000 ドル(米))

初回(オリエンテーション):2020年1月10日

第2回 2020年1月25日(予定)

Aloha会員 $1000または111000円(毎月1万円=12万円)25回の講座と個人健康相談1回

Mahalo会員 $3000 または333000円(毎月3万円=36万円)25回の講座と個人健康相談6回、日本国内の2泊3日合宿

Hawaii会員 $5000 または555000円(毎月5万円=60万円)25回の講座と個人健康相談12回、ハワイリトリート1週間

*オプション(別途)

アロハとマハロ会員はハワイリトリート(1週間)参加の権利があります(ハワイ会員は参加費に含まれています): $2000

個人健康相談(予約制)1回$200(オンライン、オフラインで1時間まで)

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

日本の銀行口座に振り込み

または

Paypal支払い

(申し込みのあった方に詳細を知らせます。支払い完了順に座席が確定します)

定員 12  名 【残 3 席】
申込受付期間2019/10/ 3(木) 05:50 ~ 2020/12/30(水) 08:00まで
主催者きくちゆみ
お問い合わせ先きくち
お問い合わせ先電話番号080-6540-1047
お問い合わせ先メールアドレスyumianamana@gmail.com
つながりと平和のスキルを普及する。
Professional
 
 
Harmonics Life Center Hawaii 共同創設者
Yumi & Gen Morita
つながりと平和のスキルを普及する。
 
快医学プラクティショナー (1990年〜)
コネクションプラクティス認定講師「マスターラスール」(2014年〜)
ハートマス認定トレーナー(2017年〜)
Bay NVCリーダーシッププログラム修了(2010年度、2011年度)
東京生まれ、ハワイ在住。玄は早稲田大学理工学部卒、ゆみはお茶の水女子大学文教育学部卒。1998年から千葉県鴨川市山中の築200年の農家で自給自足を目指しながら、日本の伝統的医療「快医学」を創始者瓜生良介師から直々学び、伝える。持続可能な暮らしと健康増進を学ぶ場「ハーモニクスライフセンター」を設立し、ヘルスコンサルタントとして活躍中。”心の健康と平和”を探求する途上でコスタリカのコネクション・プラクティス、ハワイのホ・オポノポノ、アメリカのNVC(非暴力コミュニケーション)と出会い、学び、実践し、伝えている。

3.11東日本大震災(2011年)以後、拠点をハワイに移し、「ふくしまキッズハワイ」を立ち上げ、毎年福島の子供たちを保養と学びのためにハワイに招待している。2014年コネクション・プラクティス創始者リタ・マリー・ジョンソンの誘いで認定トレーナー「ラスール」認定を受け、日本人初のRFI(ラスールファンデーションインターナショナル)認定トレーナー「ラスール」になる。

2015年、NVC仲間の川口久美子と3人で「ラスールジャパン」を設立し、日本でコネプラを教え始める。2016年、コネプラの創始者リタ・マリー・ジョンソンの著書『完全につながる』を翻訳、出版。2017年、日本人ラスールを養成する社団法人ラスールジャパンを設立して、コネプラの普及に尽力中。

二人の著書に『ハーモニクスライフ』、玄の著訳書『宇宙生命論』『マシューブック』、ゆみの著書に『地球と一緒に生きる』『地球を愛して生きる』『バタフライ』他、多数。2019年5月、日本人のためのコネプラ本「地球とハートでつながる」を出版。

 
 
 
 
 
Profile
Professional
共同創設者

Yumi & Gen Morita

Mission
つながりと平和のスキルを普及する。
Senmon
コネクション・プラクティス、NVC、自然療法、ハートマス

快医学プラクティショナー (1990年〜)
コネクションプラクティス認定講師「マスターラスール」(2014年〜)
ハートマス認定トレーナー(2017年〜)
Bay NVCリーダーシッププログラム修了(2010年度、2011年度)
東京生まれ、ハワイ在住。玄は早稲田大学理工学部卒、ゆみはお茶の水女子大学文教育学部卒。1998年から千葉県鴨川市山中の築200年の農家で自給自足を目指しながら、日本の伝統的医療「快医学」を創始者瓜生良介師から直々学び、伝える。持続可能な暮らしと健康増進を学ぶ場「ハーモニクスライフセンター」を設立し、ヘルスコンサルタントとして活躍中。”心の健康と平和”を探求する途上でコスタリカのコネクション・プラクティス、ハワイのホ・オポノポノ、アメリカのNVC(非暴力コミュニケーション)と出会い、学び、実践し、伝えている。

3.11東日本大震災(2011年)以後、拠点をハワイに移し、「ふくしまキッズハワイ」を立ち上げ、毎年福島の子供たちを保養と学びのためにハワイに招待している。2014年コネクション・プラクティス創始者リタ・マリー・ジョンソンの誘いで認定トレーナー「ラスール」認定を受け、日本人初のRFI(ラスールファンデーションインターナショナル)認定トレーナー「ラスール」になる。

2015年、NVC仲間の川口久美子と3人で「ラスールジャパン」を設立し、日本でコネプラを教え始める。2016年、コネプラの創始者リタ・マリー・ジョンソンの著書『完全につながる』を翻訳、出版。2017年、日本人ラスールを養成する社団法人ラスールジャパンを設立して、コネプラの普及に尽力中。

二人の著書に『ハーモニクスライフ』、玄の著訳書『宇宙生命論』『マシューブック』、ゆみの著書に『地球と一緒に生きる』『地球を愛して生きる』『バタフライ』他、多数。2019年5月、日本人のためのコネプラ本「地球とハートでつながる」を出版。

  kikuchiyumi
B_facebook
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock