Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
病気と仲直りして、人生を輝かせる「卒病ワークショップ」
=もしも病気があなたのヒーローだったなら?=
H_taisho
病気からのメッセージを受け取り、病人としてではなく、本来の自分として人生を輝かせたいあなたへ。
H_kitai
本来の自分を生きるためのヒントをお受け取りいただけます
Professional_s
 
 
株式会社Magic Wand 心理カウンセラー
うさこ(古庄由佳)
 
心屋リセットカウンセリング認定カウンセラー
心屋塾初級セミナー/上級ワークショップ/マスターコース認定講師
目の難病と共に生きてきた私は、劣等感の塊。頑張っているのに、人間関係も体も心も壊してしまう。そんな苦しさから抜ける道をやっと見つけました。「本当はたっぷりある、その人だけの魅力」それを解き放つお手伝いをしています。
 

 

病気と仲直りして、人生を輝かせる

「卒病ワークショップ」

=もしも病気がヒーローだったなら?=

 

*「卒病」とは、
「病人を卒業して自分の人生を輝かせる」こと。

私が勝手に作っている造語です^^

 

 

病気に振り回される人生、
そろそろ卒業しませんか?

 

私・うさこは、幼少期より

網膜色素変性症という

現在はまだ治療方法が確立されていない

進行性の難病を抱えて生きております。

 

が、

 

「卒病しよう!」と決めたのは、

ここ数年のことです。

 

2ー3年前より

謎の体調不良に悩まされ、

副腎疲労という診断がついたのが

昨年のこと。

 

 

その頃に

心理カウンセリングのアプローチで

病人をやめることを決めました。

 

 

それまでの私は、

 

やりたいことがあっても、

それは、病気がある私でも

できることだろうか?

 

やりたいことをやって

病気が悪くなってしまわないだろうか?

 

そんな「病気軸」で

ずっとずっと生きてきたことに

やっと気づいたからです。

 

 

そこに気づいてからは、

 

「病気に振り回されるのではなく、

病気が伝えてくれているメッセージを

受け取りながら、

私は私らしく人生を楽しむ」


そんな生き方へ変えていこう、と決めました。

 

こんなふうに気づき、決めることができたのは、

 

心屋塾の講師として

問題の根本原因を見つめるアプローチを

続けてきたことも大きいですが、

 

加えて、

 

梯谷幸司さんの「病気をやめる18の心理技術」を

学んだことも

人生の大きな転機となりました。

 

 

(参考)

梯谷幸司さん著書

「本当の自分に出会えば、病気は消えていく」

http://urx.space/Yrkw

 

 

梯谷先生は、

心理のアプローチから

日常の思考や言葉の使い方を変えていくことや

本来の自分らしい生き方を取り戻していくことで

病気をやめるサポートをされています。

 

その結果として、

ガンが消えていった方、

治らないと言われていた難病を克服された報告も

多数届いているそうです。



私自身も

2019年より

心屋のアプローチと梯谷先生の病気をやめる心理技術を

組み合わせながら、

マンツーマンでの「卒病カウンセリング」を

行ってまいりました。

 

さまざまな方が、

病気というきっかけを入り口としながら、

自分と仲直りし、自分らしい生き方や本当の望みを

見つけていくサポートをさせていただきながら、

 

もっともっとたくさんの方に

この考え方をお伝えしたいなあと思いましたので、

 

この度、少人数での
ワークショップを開催いたします。

 

少人数でのグループ形式で
ひとりひとり病気に対する思いをシェアしていただきながら、

自分らしく生きるヒントを
お持ち帰りいただくワークショップです。

 

 

そろそろ、

「病気軸」を卒業して

自分らしく生きる人生を

始めませんか?

 

 

体からのメッセージを受け取り、

人生を輝かせてみませんか?

 

 

こんな方にオススメです

 

・病気になって落ち込んでいる

・病気の進行や再発が心配で、やりたいことにチャレンジできない

・障害が自分の人生を狭めていると感じている

・病気をきっかけに人生を楽しめなくなってしまった

・体からのメッセージを受け取ってみたい

・病気をきっかけに生き方について考えるようになった

・自分らしく生きることを始めたい

・卒病に興味がある

 

 

 

このワークショップでお伝えしたいこと

 

・体からのメッセージの受け取り方

・病気が教えてくれる、あなたのセルフイメージとは?

・ネガティブなセルフイメージや信じ込みのひっくり返し方

・病人を卒業していく、言葉と思考の使い方

・病気と仲直りして、自分らしく人生を輝かせる方法

・病気(障害)ごと自分を愛していく「魔法の言葉」

 

 

このワークショップで目指すこと

 

・病気があなたに伝えたいメッセージを受け取っていただきます

・いままで閉じ込めてきた本来の自分に気づいていただきます

・丸ごとの自分を許し、本来の自分として生きるヒントを見つけていただきます

 

 

=====

 

私うさこが

卒病に関しておしゃべりしている動画です♪

よかったらどうぞ♡

⬇︎⬇︎

 

●うさこと病気くんの卒病チャンネル第1回目!「もしも病気がヒーローだったら?」

https://www.youtube.com/watch?v=9o6vG-WP4Fo&t=73s

 

●「病気が味方ってどういうこと?」 うさこと病気くんの卒病チャンネル【第2回】


https://www.youtube.com/watch?v=iAeSK4bftgA&t=33s



====

 

 

*「病気は何かを許していない自分の表現である」との考えから、

病気の背景にある自分自身の信じ込みや偏りに気づき、許していく

ワークショップです。

 

生き方を変えずに、

単に『病気だけを何とかして欲しい』という方のサポートは

できかねます。ご了承ください。

 

 

*うさこ作成のオリジナルテキストに沿って

自分と向き合っていただくお時間のほか、

ご自身の病気に関する思いをシェアしていただく

お時間もご用意する予定です。

 

*本ワークショップは、卒病を目指すご本人のみ

ご参加いただけます。

(体の病、心の病、他、ご病気の種類は問いません。
予防目的の参加も可能です。
ただし、ご自分以外の方の卒病を目的としてのご参加は、
今回はご遠慮くださいませ)

 

*今回はじめて開催するワークショップとなります。

当日の進行状況によって

延長する場合が、あります。

お時間に余裕を持ってご参加ください。

 

 

 

開催日時
2020年2月 2日(日)
開場 12:45
開始 13:00
終了 18:00
場所 エイムアテイン 大博通り貸会議室 4D
福岡市博多区博多駅前1-11-27 峰ビル
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

20,000(税込)
初回限定価格15,000(税込)

支払方法

●銀行振込、または、クレジットカード(PayPal)での決済をお願いいたします。

 
1、銀行振り込みの方 
 

→開催直前のため、当日現金にて、受付での
お支払いをお願いいたします。

 

2、カード決済(PayPal)での決済をご希望の方

後ほどこちらよりお手続きのメールをお送りさせていただきます。

 

【キャンセルポリシー】お客様都合によるキャンセルの場合、入金後のご返金には対応いたしかねます。

定員 6  名
申込受付期間2020/1/20(月) 00:00 ~ 2020/2/ 2(日) 12:30まで
主催者うさこ(古庄由佳)
こちらのイベントもオススメです
病気と仲直りして、人生を輝かせる「卒病ワークショップ」、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
心理カウンセラー

うさこ(古庄由佳)

Senmon
心屋流心理カウンセリング

心屋リセットカウンセリング認定カウンセラー
心屋塾初級セミナー/上級ワークショップ/マスターコース認定講師
目の難病と共に生きてきた私は、劣等感の塊。頑張っているのに、人間関係も体も心も壊してしまう。そんな苦しさから抜ける道をやっと見つけました。「本当はたっぷりある、その人だけの魅力」それを解き放つお手伝いをしています。

B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock