Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
冬のお茶会☆伝統医療とテクノロジーのハイブリッドなホリスティックケア
@みかげコルヌコピア
このような方にオススメ
アーユルヴェーダや最新テクノロジーを使ったホリスティックケアについて知りたい方へ
期待できる効果
心身に関するお悩みや疑問をホリスティックな方法で解決するきっかけを得ることができます
402349_8c3ec98d248cdf51257e299c7867881a_s
402349_8c3ec98d248cdf51257e299c7867881a_s
世界の医療のパラダイムシフトに貢献する
Professional
 
 
アムリタムシュッディ 
アルチャヤティさとみ
世界の医療のパラダイムシフトに貢献する
 
2005年より、インドのアーユルヴェーダクリニック5か所にて研鑽を積む

2010年より、インドのアーユルヴェーダドクター来日を4回サポート

2017年より、南インドのアーユルヴェーダ施設提携を組み活動

2018年より、エドガーケイシー関連セミナーを3度サポート

日本に一台しかないアーユルヴェーダ脈測定器を用いた心身魂のつながりから考えるヘルスケア
カウンセリング実績800名を超える
18年程前、パニック障害を発症し、心療内科の対応に不信感を抱いた事がきっかけで、様々なヒーリングメソッドを探し試すようになりました。わたしの場合、心療内科に頼らず、自分が選んだ数々の手法がほとんど当たりで、わずか半年ほどで、休職状態から社会復帰を考えるまでに至りました。

その内容とは、身体だけのケアではなく、精神、さらには、魂へのアプローチを得意とする、数々のメソッドを試しました。

アーユルヴェーダのヴァータ性疾患(風のエネルギーの悪化)の解剖生理を知った時、なぜ?自分がパニック障害を発症したのか?が明確に理解できたのです。

食事の偏り、徹夜、そして何よりメンタルの問題が、全部ヴァータを極限まで悪化させる生活を2年ほど送っていたからだと理解しました。


心療内科の薬を飲まず、ヴァータを緩和する食事、充分すぎる程の睡眠、様々なメンタルヒーリング、魂へのアプローチを受け、自分の判断で、短期に社会復帰しました。


そのセオリーを知っただけで、自分の病を自分で治せる。その恩恵に感謝し、アーユルヴェーダの全体像を学びたい!という想いでインドへの渡航を始めてから気が付けば15年ほどの歳月が流れ去りました。


アーユルヴェーダを学ぶ過程で、様々な人達と友人になりました。そのご縁で、ファーストクラスのアーユルヴェーダドクターの来日をボランティアとしてサポートする事になりました。


ドクター来日時のお迎え、かばん持ち、書記などのお手伝いをさせて頂き、その神業の脈診や、医療占星術を駆使した、この世の御業とは思えぬ診察を観る機会をたくさん頂きました。


その先生のインドの病院は、がん研究で有名な病院だったので、日本でのご相談も、がん患者さんが結構いらっしゃいました。先生がインドに帰ってしまわれた後、その患者さん達からご質問など頂く事が度々..
 
古来からの叡智をより豊かで幸せな人生を歩む一助となるようお伝えします
Professional
 
 
みかげコルヌコピア 
伊藤 史惺后
古来からの叡智をより豊かで幸せな人生を歩む一助となるようお伝えします
 
栄養士
日本フットケア協会資格認定講師
Astro Sophia Society Astrology Advanced&Horoscope reading
Astroratio USA LLG Astrology Essence Class Part 1

1998年オープン
神戸御影にて
豊かさと喜び溢れる人生のパワースポット
となるサロンを目指し日々楽しく様々な活動をしています。

沖縄の仙人さんに教えていただいたことや、
アガスティア葉に書かれていた

5000年前から
占星術と爪のケアと眼力を使って
ケアしてきた過去生の才能を使いつつ

音楽や芸術
おもてなしの心と
癒しの場を作る才能

これらを発揮して
今世も
人々の役に立つことを志とし


ホロスコープを
本来持っている
願力と未来を観る眼力で読む事で
全惑星意識と繋がり
言葉に乗せてパワーを送る事で
その方の元気とやる気のスイッチを押す
という役目と

いにしえの手わざを通じて
子ども達の
手足からパワーを発揮できる身体にする方法を
これからお母さんになる方や
子育て中のお母さん
にお伝えする事の役目

全惑星意識と繋がりを持てる
身体を作るケアと
爪ケアをお伝えする役目

すべての女性・子供たちを輝かせ
才能を引き出し、気付きを与える役目

に励みます



~主宰者経歴~
1996年商社OLを退職間近、妊娠と同時に約10か月の入院生活
1997年出産後、子供の入院と自分のリハビリ生活スタート
1998年日本フットケア協会にてフットケア基礎講座修了
同年フットケアリラクゼーションサロンITO大阪サロンオープン
2001年フットケアリラクゼーションサロンITO御影サロンオープン
2009年資格認定講師取得
2011年店名をSYUHARIにリニューアル
2016年星詠み師としてもデビュー
2018年10月1日をもってサロン名「みかげコルヌコピア」へ
 

冬も深まる1月の末。

阪神・御影駅からすぐの豊かさと幸せ溢れるラッキースポット・みかげコルヌコピアにて、気らくなお茶会の時間を催します♪

心と身体と魂のこと、アーユルヴェーダの深い叡智、生体共鳴の近未来的マシンのお話など、ホリスティックケアについて――
みなさんとざっくばらんにワイワイお話したいと思います。
ちょっとした疑問にも、おもしろい答えが返ってくるかも?

お茶会のあと、ご希望の方にはオプションとして以下のメニューを体験していただけます。

バイオレゾナンス(生体共鳴)【Newscan SWⅡ®(ニュースキャン)】
お顔リフトアップ

こちらはプライベートではなくオープンで、みなさんでご一緒に体験を共有します。

お気軽に、ご参加下さいませ♪

▽場所▽
みかげコルヌコピア
神戸市東灘区御影8-11-23

▽日時▽
1月30日(木)
お茶会:13:00~15:00
体験会:15:00~17:00

▽料金▽
お茶会:2,000円
体験会:1名30分3,000円
(バイオレゾナンス )

*******************
 ご予約は参加ボタンを押した上で
 下記の予約サイトからお願いします。
 https://resast.jp/events/400219
*******************

■バイオレゾナンス(生体共鳴)について■

ロシアの宇宙飛行士の健康管理にも採用されている、周波数をチェックし身体の健康状態を把握する【Newscan SWⅡ®(ニュースキャン)】は、これまでとは全く異なった理論とテクノロジーで作られている健康管理機器です。

心身のバランス状態を可視化するため、ロシア人の科学者の非常に独創的な理論とテクノロジーによって開発されました。 アーユルヴェーダ や東洋医学などの考えが広く取り入れられており、高度なテクノロジーと伝承医学の融合による心身のバランスをチェックします。

少し科学的な話になりますが、「リンゴ」「コップ」「ヒト」など、この世界に存在する全ての物質は、それぞれ固有の周波数(振動数)を持っています。
そして、それはノーベル物理学者のマックス・プランク博士 らによって証明されています。勿論、カラダにも固有の周波数が存在しており、その周波数(振動数)は、健康な時、体調を崩している時とでは大きく異なることが解っています。 Newscan SWⅡ®は、その周波数を読み取って健康状態を確認する独創的なテクノロジーが組み込まれた数少ない健康管理機器です。

ニュースキャンは今回のメニューだけでなく、かなり広範囲にわたってカラダの健康状態をチェックすることが出来ます。
初回120分コースでは頭から足まで隅々の波動をモニターチェックし、ご自身の目で各器官固有の波動周波の乱れを確認できます。

また、継続することで体調を本来の状態に戻していきたい方や、別のメニューも受けてみたい方にも、継続利用にお得な回数券をご用意しております。

そして、心身に対してお悩みを持つ方には、しっかりとそのお話を聞いてホリスティックでプライベートなアドバイスやメニューをご用意する、3ヶ月ホリスティックケアコースなどもございます。
↓全てのメニュー↓クリック↓
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/26779

体験キャンペーンやお得な情報は、メルマガでいち早くお伝えしています♪
↓登録はクリック↓
https://www.reservestock.jp/subscribe/110619

*ニュースキャンは、医師などの有資格専門家による診断を代行するものではなく、また医療機器として使用されることを前提として使用するものではありません。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
主催者 プロフィール
Archayati さとみ

2005年より、インドのアーユルヴェーダクリニック5か所にて研鑽を積む
2010年より、インドのアーユルヴェーダドクター来日を4回サポート
2017年より、南インドのアーユルヴェーダ施設提携を組み活動
2018年より、エドガーケイシー関連セミナーを3度サポート

日本に一台しかないアーユルヴェーダ脈測定器を用いた心身魂のつながりから考えるヘルスケア
カウンセリング実績800名を超える
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

18年程前、パニック障害を発症し、心療内科の対応に不信感を抱いた事がきっかけで、様々なヒーリングメソッドを探し試すようになりました。わたしの場合、心療内科に頼らず、自分が選んだ数々の手法がほとんど当たりで、わずか半年ほどで、休職状態から社会復帰を考えるまでに至りました。

その内容とは、身体だけのケアではなく、精神、さらには、魂へのアプローチを得意とする、数々のメソッドを試しました。

アーユルヴェーダのヴァータ性疾患(風のエネルギーの悪化)の解剖生理を知った時、なぜ?自分がパニック障害を発症したのか?が明確に理解できたのです。

食事の偏り、徹夜、そして何よりメンタルの問題が、全部ヴァータを極限まで悪化させる生活を2年ほど送っていたからだと理解しました。

心療内科の薬を飲まず、ヴァータを緩和する食事、充分すぎる程の睡眠、様々なメンタルヒーリング、魂へのアプローチを受け、自分の判断で、短期に社会復帰しました。

そのセオリーを知っただけで、自分の病を自分で治せる。その恩恵に感謝し、アーユルヴェーダの全体像を学びたい!という想いでインドへの渡航を始めてから気が付けば15年ほどの歳月が流れ去りました。

アーユルヴェーダを学ぶ過程で、様々な人達と友人になりました。そのご縁で、ファーストクラスのアーユルヴェーダドクターの来日をボランティアとしてサポートする事になりました。

ドクター来日時のお迎え、かばん持ち、書記などのお手伝いをさせて頂き、その神業の脈診や、医療占星術を駆使した、この世の御業とは思えぬ診察を観る機会をたくさん頂きました。

その先生のインドの病院は、がん研究で有名な病院だったので、日本でのご相談も、がん患者さんが結構いらっしゃいました。先生がインドに帰ってしまわれた後、その患者さん達からご質問など頂く事が度々あり、単なるOLであり医者でない私のできる事は、アフター5に、カフェなどで、ただただ、患者さん達の人生のお話に、誠意を持って耳を傾ける事だけでした。

この経験で、わたしは、大きな気づきがひとつありました。自分には、何もできないけれど、患者さんのお話を一生懸命聞くだけの事で、その方の表情がとても明るくなること、喜びの涙を流される事。ご気分がとてもよくなられる事。わたしは、気分が良くなるということは、免疫力も上がるようだ。という事に気づいたのです。

自分でもお役にたてる事がある!そう思えた宝石の様な経験となりました。
それが、今の道なき道のような仕事を支えていると思います。

#ニュースキャン
#バイオレゾナンス
#生体共鳴
#ホリスティック
#アーユルヴェーダ
#波動
#東洋医学
#自然療法
#原因不明
#体調不良
#目の疲れ
#眼精疲労
#不眠
#頭の疲れ
#ドライアイ
#集中力低下
#不安
#不定愁訴
#鬱

 

402349_26779_zdexntzmodcynte1n
402349_73ae1423-e98f-42d0-951b-db58f9e2cda4
開催日時
2020年1月30日(木)
開場 12:45
開始 13:00
終了 17:00
場所 みかげコルヌコピア
兵庫県神戸市東灘区御影本町8-11-23
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

お茶会:2,000円

バイオレゾナンスか脈読みの体験30分:3,000円

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

事前振込またはPayPal決済でお願いします。

1週間以内にご入金が確認出来ない場合は、キャンセルと

なりますので、ご了承ください。

定員 6  名
申込受付期間2020/1/ 2(木) 16:34 ~ 2020/1/28(火) 12:45まで
主催者アルチャヤティさとみ
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional

アムリタムシュッディ

アルチャヤティさとみ

Mission
世界の医療のパラダイムシフトに貢献する
Senmon
眠れない ダイエット DNA 自律神経 頭痛

2005年より、インドのアーユルヴェーダクリニック5か所にて研鑽を積む

2010年より、インドのアーユルヴェーダドクター来日を4回サポート

2017年より、南インドのアーユルヴェーダ施設提携を組み活動

2018年より、エドガーケイシー関連セミナーを3度サポート

日本に一台しかないアーユルヴェーダ脈測定器を用いた心身魂のつながりから考えるヘルスケア
カウンセリング実績800名を超える
18年程前、パニック障害を発症し、心療内科の対応に不信感を抱いた事がきっかけで、様々なヒーリングメソッドを探し試すようになりました。わたしの場合、心療内科に頼らず、自分が選んだ数々の手法がほとんど当たりで、わずか半年ほどで、休職状態から社会復帰を考えるまでに至りました。

その内容とは、身体だけのケアではなく、精神、さらには、魂へのアプローチを得意とする、数々のメソッドを試しました。

アーユルヴェーダのヴァータ性疾患(風のエネルギーの悪化)の解剖生理を知った時、なぜ?自分がパニック障害を発症したのか?が明確に理解できたのです。

食事の偏り、徹夜、そして何よりメンタルの問題が、全部ヴァータを極限まで悪化させる生活を2年ほど送っていたからだと理解しました。


心療内科の薬を飲まず、ヴァータを緩和する食事、充分すぎる程の睡眠、様々なメンタルヒーリング、魂へのアプローチを受け、自分の判断で、短期に社会復帰しました。


そのセオリーを知っただけで、自分の病を自分で治せる。その恩恵に感謝し、アーユルヴェーダの全体像を学びたい!という想いでインドへの渡航を始めてから気が付けば15年ほどの歳月が流れ去りました。


アーユルヴェーダを学ぶ過程で、様々な人達と友人になりました。そのご縁で、ファーストクラスのアーユルヴェーダドクターの来日をボランティアとしてサポートする事になりました。


ドクター来日時のお迎え、かばん持ち、書記などのお手伝いをさせて頂き、その神業の脈診や、医療占星術を駆使した、この世の御業とは思えぬ診察を観る機会をたくさん頂きました。


その先生のインドの病..

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock