Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
【第2回】自分至上最高パフォーマンスを引き出す集中力の高め方
2月2日(日)18時〜
H_taisho
試合や練習の場面で集中して、高いパフォーマンスでプレーをしたい方。
H_kitai
自分の集中できない理由がわかる。集中力を高めるための方法がわかる。
人生の目的・「スポーツを通じて『人の幸せに貢献』する。」 コーチングの使命『全ての人が自分の可能性に従って生きていける社会』を創ること。」
Expert_s
 
 
Re-Departure合同会社 プロスポーツメンタルコーチ
鈴木颯人
人生の目的・「スポーツを通じて『人の幸せに貢献』する。」 コーチングの使命『全ての人が自分の可能性に従って生きていける社会』を創ること。」
 
1983年イギリスで生まれ、日本人の父とフィリピン人の母との間に生まれました。幼少から野球をやってました。東京の駒澤高校にスポーツ推薦で入学するも1度もメンバーに入る事が出来ませんでした。なぜ活躍出来なかったのか?原因を探る為に脳科学や心理学を学び、様々な競技で活躍する選手を研究し、そのノウハウを生かしたコーチングを極限の集中力を要するトップアスリートを中心に提供しております。現在はトライアスロンを通じて一生現役でトップアスリートを支援してます。
最新の脳科学、心理学を駆使したコーチングを提供しております。


☆コーチング実績☆
リオオリンピック陸上選手
U-18アイスホッケー日本代表(男子)
ロンドンオリンピック競泳選手
プロサッカー選手
大学野球(日本代表)
トライアスロン(日本代表)
陸上競技
プロゴルフetc..
 

一流の選手が体験するゾーン

 

「ゾーンに入った」

「無我夢中だった」

 

自分の限界に日々挑戦し続ける選手の方々は、

一度は耳にしたことがある言葉かもしれません。

そして、もしかすると体験したことがある

という方もいるのではないでしょうか。

 

超集中状態とも呼べるゾーン。

 

この状態に入ることが最高のパフォーマンスを

発揮するための鍵であると

近年では様々な研究が行われています。

 

プロやオリンピック選手など

競技レベルが高くなればなるほど、

自分の最高のパフォーマンスを

発揮し続けることを求められる。

 

そのようなことを考えると、

集中力はアスリートにとっては

非常に重要なスキルの一つといえるでしょう。

 

集中できない悩み

 

選手にメンタルコーチングをしていく中で、

このような悩みを相談してくれる方がいらっしゃいます。

 

「集中が続かなくて困ってます…」

「気が散ってうまく力を発揮できません…」

 

私自身もサッカーやアメフトなどを経験してきましたが

集中力が高かったかといわれると実はそうではありません。

 

試合どころか練習でさえ緊張していましたし、

そのような中で集中力を保つことは非常に困難でした。

 

時には付け焼き刃で瞑想などの方法を試したこともあります。

多少の変化はあったものの、

根本的な解決にはならなかった覚えがあります。

 

集中力がない…そんな風に思っていませんか?

 

思ったようなパフォーマンスを発揮できないもどかしさは

本人にしかわからない悩みです。

 

ではそのような相談の背景には何があるのでしょうか。

 

深く聞いていくと少しずつ共通点が見えてきました。

 

お前には集中力がないと指導者に言われたから…

昔から集中できないことばかりだから…

 

そのような経験から

「自分は集中力がない」

と思ってしまっていることが多く見受けられます。

 

しかしメンタルコーチとして選手の話を聞いていくと

その多くの方々が

「今この瞬間に集中する方法」や

「自分の持っている集中力を育てる方法」を

知らないだけということがわかってきます。

 

自分史上最高のパフォーマンスを
手に入れる

 

私がコーチングを行なった選手の中には

集中する力を身につけることで

素晴らしい結果を残された方々がいます。

 

 

コーチングを始めて4ヶ月で初優勝を経験し、
国内トップクラスにクラスアップしたプロモータースポーツ選手。 

 

怪我からの劇的復帰で一気にチームの要になり
県内一部リーグ昇格へ導いた高校サッカー選手。

 

試合での緊張感を乗り越えここ一番の場面で
チャンスを演出するヒットを放った高校野球選手。

 

その他にも多数の選手が

自分のこれまでを大きく超えたパフォーマンスを

発揮することができました。

 

この講座でお伝えする内容

 

この講座でお伝えする内容は

 

・集中できない人の特徴

・何に集中するのか

・集中を妨げる心の要因とは?

・集中力を高めるための方法とは

 

です。

 

これまでメンタルコーチとして選手と向き合ってきた事例や

そして集中に関して科学的な観点からお伝えします。

 
このセミナーが対象としている方々
・集中力を身につけて、自分のパフォーマンスを引き出したい方
・自分には集中力がないと思っている方
・練習や試合で気が散ってしまう方
・普段の生活でもなんとなく集中できない方

 

 
 
 
 
開催日時
2020年2月 2日(日)
開場 17:45
開始 18:00
終了 19:30
場所 弊社等々力オフィス
参加者のみにお伝えします。
ホームページ
参加費

¥5,500

支払方法
口座振込
 
楽天銀行 
第二営業支店 店番号252 
普通 口座番号 7684261 
リデイパーチヤーゴウドウカイシヤ
 
※振込手数料はご負担願います。
※お支払い後の返金は原則不可です。
定員 6  名
申込受付期間2019/12/16(月) 15:09 ~ 2020/2/ 2(日) 17:45まで
主催者橋本勇郎
こちらのイベントもオススメです
【第2回】自分至上最高パフォーマンスを引き出す集中力の高め方 2月2日(日)18時〜 、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Expert_s
プロスポーツメンタルコーチ

鈴木颯人

Mission
人生の目的・「スポーツを通じて『人の幸せに貢献』する。」 コーチングの使命『全ての人が自分の可能性に従って生きていける社会』を創ること。」
Senmon
脳科学 心理学 メンタルトレーニング スポーツメンタルコーチ スポーツメンタルトレーニング

1983年イギリスで生まれ、日本人の父とフィリピン人の母との間に生まれました。幼少から野球をやってました。東京の駒澤高校にスポーツ推薦で入学するも1度もメンバーに入る事が出来ませんでした。なぜ活躍出来なかったのか?原因を探る為に脳科学や心理学を学び、様々な競技で活躍する選手を研究し、そのノウハウを生かしたコーチングを極限の集中力を要するトップアスリートを中心に提供しております。現在はトライアスロンを通じて一生現役でトップアスリートを支援してます。 最新の脳科学、心理学を駆使したコーチングを提供しております。


☆コーチング実績☆
リオオリンピック陸上選手
U-18アイスホッケー日本代表(男子)
ロンドンオリンピック競泳選手
プロサッカー選手
大学野球(日本代表)
トライアスロン(日本代表)
陸上競技
プロゴルフetc..

  xrkxw649
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Re-Departure, LLC. All Rights Reserved.
Powered by reservestock