Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
ありがとう
満員御礼
キャンセル待ちを申し込む
<増席!>だったら、自分が死ぬ日を
決めればいい! 
【ざ・与命ワーク】
死ぬ日がわかれば、今何をすればいいかがわかるようになる。
このような方にオススメ
自分の人生を自分でコントロールして、生きていきたい方へ
期待できる効果
悩みを抜けて、この世界に生まれた理由がわかり、それを生きていくことが出来るようになる
ココロ・カラダ・タマシイを統合し、個性・能力を開花して自己実現していく人を増やすことを使命としています
Expert_s
 
 
バイオサウンド研究所 A.U.WA 
バイオサウンド研究所 A.U.WA
ココロ・カラダ・タマシイを統合し、個性・能力を開花して自己実現していく人を増やすことを使命としています
 
バイオサウンド調律師
(イーマ・サウンド®シニアプラクティショナー)

柔道整復師
1979年新潟県出身 

中学時代の自律神経失調症が、指圧で快癒したのをきっかけにその指圧師に師事。  施術を志す。

柔道整復師として整形外科リハビリテーション科、接骨院に勤務し、 延べ15,000人以上の人生を垣間見てきた。
そのなかで、人は「健康的な食事や運動習慣だけでは、健康になれない」ことに気づく。

結婚、出産、育児のなかで、慢性疲労性症候群(副腎疲労症候群)を罹患し、自力で快癒。

2015年、イギリスから日本に音響振動療法(サイマティクス・セラピー)を伝えた松下幸訓氏に師事。
音の原理とバイオサウンドによる心身の調律施術を学び、実践するなかで
 「ココロとカラダは、目的をもって病気をする。」
 「自分という個性を表現するために、人は生命を鼓舞し、生きている」 と気づくようになる。

現在は、会社を設立し、音が人体や環境に与える影響を研究するほか、
「人生の低迷」「病気」「転職」などに悩む人々に対しバイオサウンドを使った施術と心理カウンセリングによる、個人向けのコンサルティングを行っている。

「ガン」「アトピー」「糖尿病」「うつ」「バセドウ病」「アルコール依存症」「ギャンブル依存症」など
クライアント(またはクライアントの家族)が自ら病気をやめた例は多い。改善率は83%。

起業、売上低迷など個人向けのマインドコンサルティングでは、わずか数カ月で月商100万を簡単に超える事例を数多く持つ。
 
☑仕事に行くのが辛い。やめたいと思いつつも、なかなか行動できない
☑やりたいことがあるけど、「しなくてはいけないことが終わってから」
 と考えている
☑難病や末期ガンである
☑余命宣告された
☑何のために生きているのかわからない。
 もっと私らしく、輝きたい!
 
どれか一つでも当てはまるものがありますか?
もしあてはまるのなら、
そんなあなたに、お伝えしたいことがあります。
 

 

こんにちは。西村靖子です。佐賀で内科医をしています。

西村医院には、診療の合間に、

遠くからがんや難病と診断された方が受診されます。

その方々の共通点は、『余命』。
『余命』というキーワードに振り回されているのです。

 

ある日、病名と共に、『余命』を告げられる。

驚き、否定し、落ち込み、その反応が、心理的に重くのしかかります。

"わたしが何をしたの?"

"わたしの何が悪かったのか?"

"あれをすればよかった…"

"やっぱり、こうしておけばよかった…"

 

そうやって過去のことばかり考え、なかなか未来のことを考えようとしません。

 

しかも、わたしは死ぬんだという恐怖のみが脳の大半を占めるので、

日常生活の大事な部分がおざなりになってしまい、

本来の『生』に向き合えていないことに気づきました。

 

 

そんな中、余命を告げられた方が発する後悔の言葉がとても気になり、

「それなら、それを行動に移せばよいのになあ…」と思うことが続いたのです。

 

「どのようにしたら気づいてもらえるのか?」を考えたとき、

自ら自分の立ち位置を見える化できないかを模索し、

それが形となったのが『ざ・与命ワーク』です。

 

 

 

人生において、時に傷つき、泥だらけになることもあります。

傷つきたくないから、生きたいテーマをやめてしまう。

嫌われたくないから、我慢の人生を生きてきた。

いい人に見られたいから、したくないことをやり続けてきた…。



他人からどういう風に見られるかを気にしながら生きてきた結果、

『がん』や『難病』になったり

人生に満足感を得られないのは

ココロが嘘つきなため、カラダがそれを受けとめてきた結果でもあるのです。

だったら、今一度カラダからの声に耳を傾け、

わたしがしたいことを思いだし、行動を始めてみませんか?

 

 

 

ざ・与命ワークで得られること

①人生に対して積極的になることが出来る。

実は寿命ではなく「受命」。
自分で決めて生まれて来た命だから、死ぬ日も自分で決めていいのです。
医師があなたの命の長さを決めるのではありません。
しっかりと自分で、自分のいのちの終わりを決めましょう。

それによって、積極的に人生を生きることが出来るようになります。

 


②自分の生まれて来た目的がわかることで、幸福感にあふれ、迷わず行動できるようになる。
死ぬ日を決めて、あなたは今どの地点にいるのかをしっかりと見つめることによって、

どう行きたいのか?何をしたいのか?何のために?が、自ずと決まってきます。

 

また、自分の人生の意味を決めることは、幸福度や健康に大きく影響するということが

海外の研究でも報告されています。

 

具体的には、人生に意味を持つ人は、持たない人に比べて

血中のビタミンD濃度が13%高く、

1週間のうちに、友人に会う割合が1.54倍高く

経済面でも、恵まれているそうです。

 

健康で幸福な人生を生きるためには、

今一度、あなたの人生の舵取りを自分がするという再決意を行う必要があります。

 


③「何でもできる」という確信が持てるようになる。
『ざ・与命ワーク』はネーミングから怖じ気づいてしまいますが、パワフルで楽しいワークです。

ジェットコースターとお化け屋敷がセットになったかのような感覚で、

終わってしまえば『わたし何でもできる!』と決心と確信を持てる体感を得られます。

なぜならば、迷いや誰かへの不満は消えていき、失敗をすることを避けてきた人生を、まっすぐに自分の人生に向かっていけるようになるからです。


 

 

 

人生は選択の連続です。

明日のあなたは今と同じあなたで生きるか?

それとも、より「あなたらしい」人生を歩むか?

このワークショップに参加するかしないかによっては

その分かれ道になるかもしれません!

 

もしあなたが、健康や経済的・精神的豊かさに溢れて

素晴らしい人生を歩みたいと思うのであれば

ぜひ参加してください。

 

 

 

 

講師・ファシリテーター

西村靖子

1969年生まれ 医師。佐賀市在住。

望診法指導師 内科医。

正食協会マクロビオティック師範

天城流湯治士補

JAEI認定性共育講師

NLPマスタープラクティショナー

PCMファシリテーター

イーマ・サウンドR調律師

 

 

キャンセルポリシー

開催2週間前までのご連絡…50%返金 

開催1週間前までのご連絡…20%返金

それ以降は返金をいたしません。

 



 

 

 

開催日時
2020年1月12日(日)
開場 13:00
開始 13:30
終了 16:00
場所 バイオサウンド研究所アウワ
大田区西嶺町13-16 アリス久が原101
ホームページ
参加費
ざ・与命ワーク 参加費(ペイパル利用料込)
11,436円
ざ・与命ワーク 参加費&グループコンサル(ペイパル利用料込)
20,552円

¥11,000(税込)

 

定員
 8  名
満員御礼
申込受付期間2019/12/12(木) 13:15 ~ 2020/1/ 9(木) 23:59まで
主催者西村靖子
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Expert_s

バイオサウンド研究所 A.U.WA

バイオサウンド研究所 A.U.WA

Mission
ココロ・カラダ・タマシイを統合し、個性・能力を開花して自己実現していく人を増やすことを使命としています
Senmon
自己実現 イーマ・サウンド®調律 サイマティクス 自己の統合と潜在能力開花

バイオサウンド調律師
(イーマ・サウンド®シニアプラクティショナー)

柔道整復師 1979年新潟県出身 

中学時代の自律神経失調症が、指圧で快癒したのをきっかけにその指圧師に師事。  施術を志す。

柔道整復師として整形外科リハビリテーション科、接骨院に勤務し、 延べ15,000人以上の人生を垣間見てきた。
そのなかで、人は「健康的な食事や運動習慣だけでは、健康になれない」ことに気づく。

結婚、出産、育児のなかで、慢性疲労性症候群(副腎疲労症候群)を罹患し、自力で快癒。

2015年、イギリスから日本に音響振動療法(サイマティクス・セラピー)を伝えた松下幸訓氏に師事。
音の原理とバイオサウンドによる心身の調律施術を学び、実践するなかで
 「ココロとカラダは、目的をもって病気をする。」
 「自分という個性を表現するために、人は生命を鼓舞し、生きている」 と気づくようになる。

現在は、会社を設立し、音が人体や環境に与える影響を研究するほか、
「人生の低迷」「病気」「転職」などに悩む人々に対しバイオサウンドを使った施術と心理カウンセリングによる、個人向けのコンサルティングを行っている。

「ガン」「アトピー」「糖尿病」「うつ」「バセドウ病」「アルコール依存症」「ギャンブル依存症」など
クライアント(またはクライアントの家族)が自ら病気をやめた例は多い。改善率は83%。

起業、売上低迷など個人向けのマインドコンサルティングでは、わずか数カ月で月商100万を簡単に超える事例を数多く持つ。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2019 A.U.WA LLC. All rights reserved.
Powered by reservestock