Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
ありがとう
満員御礼
今後のイベント案内を受け取る
医師/鍼灸師のための皮膚生理学講座 Ver.ニキビ
ニキビ治療に必要な東洋医学と西洋医学、治療法を学ぶ
このような方にオススメ
医師/鍼灸師/鍼灸学生
ニキビ治療に自信がない方
皮膚生理学や解剖学知識を更に深めたい方
期待できる効果
ニキビ治療を習得できる
ニキビ治療の提案を自信をもってできる
ニキビの本治方が学べる
鍼灸師の社会的地位の向上と社会貢献
Professional_s
 
 
株式会社SHELPA 美容鍼灸王子®
井上 公佑
鍼灸師の社会的地位の向上と社会貢献
 
鍼灸師
上級認定美容鍼灸師
上田式美容鍼灸®認定講師
経絡顔筋マッサージ アキュレッチ®認定講師
一般財団法人日本美容鍼灸マッサージ協会 九州支部長
病鍼連携連絡協議会 九州支部長
福岡美容鍼灸サロンCannaグループ 院長
株式会社SHELPA 取締役/コンサル部門代表
NAKAMIZOクリニック 鍼灸部門担当
福岡市西区在住、大分県別府市出身。二児の父。
民間療法、西式健康法、断食道場を生業とする両親のもとに生まれ、幼少期から医学や身体のことに興味をもつ。

栄養学や食事療法、特に気功に興味を抱き中学生から中国武術、太極拳の錬武に励む。
また、栄養学や人体のことをもっと深く学びたいと考え薬剤師、看護師を目指し学生時代を過ごす。

同時期に行っていた日本赤十字社のボランティア活動で高齢者医療や介護の現場を体験。
その現場で、痛みや痺れに苦しむ患者を薬ではなく鍼灸のみで改善させていたことに衝撃を受ける。また、中国武術の師からの勧めもあり、高校を卒業と同時に東洋医学のエキスパート、鍼灸師を志す。

鍼灸師の免許取得後は医師と連携して、高齢者医療、終末期医療の現場に従事。
福岡県内、佐賀県を往診で回る日々を送り、若干22歳で鍼灸院の院長に就任。
脳梗塞後遺症やパーキンソン病などの難病症例も経験し、年間2,500件以上の施術を行う。多くの看取りも経験。

ただ、保険診療内でできることの壁や、西洋医学の治療方針に限界を感じ始める。
自身のやりたかった治療、地域医療は本当にこの形だったのかという想いから24歳で独立。
地域に根ざした統合医療を目指す。

そんな中、難病による容姿の問題で外出を控える患者と出会う。
自身の知識、技術では対応しきれなかったことに悔しさ、未熟さを感じ、同時期に知り得た
(財)日本美容鍼灸マッサージ協会理事、上田隆勇にいちから技術、心得を学び直す為、師事。

同協会で学んだ技術、上田式美容鍼灸®を上記の患者に施したところ、
容姿の問題が改善されただけではなく、体調の改善までもがみられ、外出頻度が著しく向上。
上田式美容鍼灸®の再現性や施術効果の高さに改めて感銘を受ける。

以後もシワやたるみ等、お顔の症状に悩む多くの女性や..
 

美容鍼灸というとリフトアップや

ムクミ改善のイメージが定着しつつありますが、

ニキビの治療も美容鍼灸、鍼灸治療の得意とする領域です。

 

「ニキビと言えば皮膚科へ」

 

こんなフレーズを聞いたことがないでしょうか?

 

私の運営する鍼灸院も年代問わず

ニキビでお悩みの患者様が来院されますが

その多くの方は既に皮膚科を受診されています。

確かに皮膚科でニキビは治療できますが

皮膚科だけでは足りないのも事実なのです

 

ニキビは皮膚だけの問題だけでなく

生活習慣、食事習慣、スキンケア方法

自律神経の問題等、多くの原因が関係します。

 

皮膚科がダメというわけではありません。

私も皮膚科の先生を紹介することもありますし

検査が必要な場合や鑑別が難しい場合は

ご高診願いを発行して医師に診察を求めることもあります。

 

しかし、実際に皮膚科を受診しても

何年も受診してもなかなか治らないという

患者さんがいるということを認識し

我々鍼灸師にできることを考える必要があるのです。

 

美容鍼灸はエステや華やかなイメージが強いため

業界や医師からも毛嫌いされる場合がありますが

美容鍼は本来、身体の治療ありきの養生法です。

 

症状が現れている部分が顔面部というだけであり

アプローチすべきは身体

 

私も、当院のスタッフも

美容鍼灸=治療

という認識で行っていますし

その考えでされている先生も多いと思います。

 

しかし、実際のところ、どこまで顔面部

ニキビに対して身体のアプローチができているでしょうか?

 

例えば東洋医学的鑑別では

ニキビは大きく分けて

実熱性と虚熱性に分類されます。

そこをどのように鑑別し

アプローチを加えていくか

 

更に、五行説に当てはめてニキビを治療する場合

どういう考えで行えばよいのか

気学論における腠理の開閉とは

どのような意味なのかを理解して

選穴、治療をしなければいけないのか

 

また、ニキビの病態はどうなっているのか

ここを理解して対処する力も求められます

 

日本における鍼灸師は

東洋医学、西洋医学、両方の専門家です。

 

もちろん東洋医学の治療だけでも

ニキビの治療は可能です。

 

しかし、皮膚で起きている

ニキビの症状への理解があると

普段の生活で何に気を付けなければいけないのか

スキンケア方法はどうすればいいのか

このような答えが

見えるようになってきます。

 

その為にはニキビが発生する機序

皮膚科学、解剖生理学の観点からみる

ニキビの成り立ちや、病理学から考える

アクネ菌を始めとする原因菌への理解が求められます

 

なぜ皮膚の常在菌であるアクネ菌が

ニキビの原因となり得るのか

アクネ菌が増殖する

理由、行動、きっかけとは何なのか

皮膚科処方薬はなぜベピオゲルが処方されるのか

ベピオゲル使用患者を診る際に

鍼灸師も知っておかなければならない

薬理作用とは何なのか

 

そこが理解できれば患者さんにしてもらう行動や

スキンケアは自然とみえてくるのです

 

鍼灸は全科対応型の医療とも呼ばれ

非常に多くの症状や悩みに対処できます

 

しかし、幅広い症状に対処できるが故に

ひとつの領域に対する専門知識が

薄れがちな現実もあります

 

顔に鍼をすること

これは鍼灸師、医師であれば誰でもできます

 

しかし、なぜそこに鍼をするのか

なぜニキビが現れているのか

なぜツボはそれを用いているのか

 

そこまで理解、学んで施術をしている鍼灸師は

決して多くないでしょう

 

しかし、だからこそ患者さんに支持され

ニキビの悩みが解消され

ニキビが現れない健やかな毎日を

提供することができているのです

 

私には願いがあります。

「美容鍼灸に期待していたけど、

 思っていたより大したことなかった」

そんな患者さんを一人でも減らし

生み出さないようにすることです

 

美容鍼灸、特にニキビへの治療に鍼灸治療は

非常に大きな変化を起こすことができます

 

しかし、どれだけ優れた技術を提供しても

患者さんの誤ったスキンケア方法や

生活習慣が変わらなければ

その効果を十分にひきだすことはできません

 

ニキビへの理解や

患者さんに理解してもらう説明能力

そして鍼灸師の治したいという想いを伝える

カウンセリング能力が必要です

 

知っているか知らないか

学んでいるか学んでいないか

それだけで結果は変わります

 

今回の講義では私の運営する

福岡美容鍼灸院Cannaで提供している

ニキビの治療法やその知識

考え方をすべてお伝えします

 

世の中のニキビで悩む患者さんに

「美容鍼、鍼灸治療を受けてよかったです」

「先生に出会えて私の人生は救われました」

そう言ってもらえる存在になりましょう

 

井上 公佑

 

日時 

2020年1月13日(月/祝)

10:00 ~ 14:00

 ※9:40会場解放

 ※途中入室不可 

 ※9:55までにはお着席ください

 ※15:00~は鍼灸院経営講座も開催 

            詳細はこちら

 

会場 

エイムアテイン博多駅前会議室

   

住所 

福岡市博多区博多駅前3-25-24八百治ビル6F

 

費用 

【早割】1/6までの申込と入金

早割は終了いたしました。

 

【通常申込】1/12までの申込と入金

・医師/鍼灸師¥19,800(税込)

・JFACe会員  ¥9,900(税込)

・鍼灸学生     ¥9,900(税込)

・オンライン受講 ¥23,800(税込)
※当日の講義をすべて収録し、1週間限定で配信します。
※当日はzoomを用いて行います。設定サポートはありません。
※講義資料はPDFデータでお渡しいたします。
※復習用動画配信期間 1/13~1/20の23:59まで
※当日会場に来れない先生はオンライン受講にてお申し込みください。

 

支払 銀行振込 or クレジットカード決済

 

定員 6名

 

第1部 患者の意識を治療に入れる問診技法/概念

 美容意識を治療意識に変える方法

 ニキビに対する鍼灸師としての心構え

 皮膚の基礎医学

 リピート対策

 

第2部 医師/鍼灸師の為の皮膚東洋医学概論

 東洋医学における皮膚とは

 五行説、気学説から見る皮膚とは

 ニキビの本治法 ~ニキビの実熱と虚熱~

 

第3部 医師/鍼灸師の為の皮膚西洋医学概論

 ニキビができる仕組みと原因

 近年のニキビ処方薬の理解と仕組み

 処方薬以外の治療法と副反応

 

第4部 治療に必要な知識と理解

 ニキビ患者へのスキンケアアドバイス方法

 日焼け止め、毛穴ケアの知識と概論

 

第5部 治療の実際、実技紹介

 ニキビへの鍼治療 アクネ鍼 紹介

 本治法の実技デモ(簡易版)

 

※15:00~は鍼灸院経営講座も開催 

          詳細はこちら

 

福岡市在住、大分県別府市出身。二児の父。 断食道場を生業とする両親のもとに生まれ、幼少期から医学や養生法を身近に感じながら幼少期を過ごす。 栄養学や食事療法、武術に興味を抱き中学生から中国武術、太極拳の錬武に励む。 また、日本赤十字社での活動で高齢者医療や介護の現場を経験。 その現場で、痛みや痺れに苦しむ患者を薬ではなく鍼灸のみで改善させていたことに衝撃を受ける。 また、中国武術の師からの勧めもあり、高校を卒業と同時に東洋医学のエキスパート、鍼灸師を志す。

 

鍼灸師の免許取得後は医師と連携して、高齢者医療、終末期医療の現場に従事。 福岡県内、佐賀県を往診で回る日々を送り、若干22歳で鍼灸院の院長に就任。 脳梗塞後遺症やパーキンソン病などの難病症例を中心に、年間2,500件以上の治療を行う。 健やかな最期を迎える人生を支える鍼灸師として活動し、多くの看取りも経験。

ただ、保険診療内でできることの制限や、西洋医学の治療方針に限界を感じ始める。 自身のやりたかった治療、地域医療は本当にこの形だったのかという想いから23歳で独立。 地域に根ざした統合医療を目指す。

 

そんな中、難病による容姿の問題で外出を控える患者と出会う。 自身の知識、技術では対応しきれなかったことに悔しさ、未熟さを感じ、同時期に知り得た (財)日本美容鍼灸マッサージ協会理事、上田隆勇氏にいちから技術、心得を学び直す為、師事。

 

同協会で学んだ技術、上田式美容鍼灸®を上記の難病患者に施したところ、 容姿の問題が改善されただけではなく、体調の改善までもがみられ、外出頻度が著しく向上。 上田式美容鍼灸®の再現性や施術効果の高さに改めて感銘を受ける。

 

以後もシワやたるみ等、容姿に悩む多くの女性や、難病に苦しむ患者を中心に施術を行い、 地域の医師とも提携しつつ、地域医療に貢献。 幼少期より学んでいた、食事療法や民間療法も交え、鍼灸を中心とした地域統合医療を目標に施術に励む。 九州唯一の認定治療院、適切な食事やライフスタイルなどへのアドバイスが口コミを呼び、 福岡市内を中心に遠くは県外からもわざわざ施術を受けに来るクライエントも多い。

 

その活動実績が評価され、同協会代表理事 上田隆勇氏より九州地区の支部長に任命。各地の美容鍼灸師への技術指導も任せられる。各鍼灸師の指導、サポートにも携わり、業界の活性化、地域社会貢献に尽力。

 

また、全国で9人のみの㈶日本美容鍼灸マッサージ協会公認 初代インストラクターにも抜擢され 現在は施術の傍ら、専門学校での講演活動、後進の専門家育成・指導、地域での健康講座や講演活動にもあたっている。その指導範囲は鍼灸師だけにとどまらず、歯科医師やエステテシャン等にも安全で効果の高い技術を指導するまでにも成長。九州No1の美容鍼灸の専門家として日々奮闘している。

397946_dsc_01956
397946_dsc_0079
開催日時
2020年1月13日(月)
開場 9:40
開始 10:00
終了 14:00
場所 エイムアテイン博多駅前会議室6C
福岡市博多区博多駅前3-25-24八百治ビル6F
ホームページ
参加費

※受講生には1月13日夜~1月20日23:59まで収録した講義内容をYouTubeにて限定配信いたします。
※当日会場に来れない先生はオンライン受講枠でお申し込みください。

 
支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

事前振込 or クレジットカード決済

定員
 10  名
満員御礼
申込受付期間2019/12/11(水) 22:40 ~ 2020/1/13(月) 13:45まで
主催者株式会社SHELPA
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional_s

井上 公佑

Mission
鍼灸師の社会的地位の向上と社会貢献
Senmon
美容鍼灸 鍼灸 セミナー 経絡治療 治療院経営 井上公佑

鍼灸師
上級認定美容鍼灸師
上田式美容鍼灸®認定講師
経絡顔筋マッサージ アキュレッチ®認定講師
一般財団法人日本美容鍼灸マッサージ協会 九州支部長
病鍼連携連絡協議会 九州支部長
福岡美容鍼灸サロンCannaグループ 院長
株式会社SHELPA 取締役/コンサル部門代表
NAKAMIZOクリニック 鍼灸部門担当 福岡市西区在住、大分県別府市出身。二児の父。
民間療法、西式健康法、断食道場を生業とする両親のもとに生まれ、幼少期から医学や身体のことに興味をもつ。

栄養学や食事療法、特に気功に興味を抱き中学生から中国武術、太極拳の錬武に励む。
また、栄養学や人体のことをもっと深く学びたいと考え薬剤師、看護師を目指し学生時代を過ごす。

同時期に行っていた日本赤十字社のボランティア活動で高齢者医療や介護の現場を体験。
その現場で、痛みや痺れに苦しむ患者を薬ではなく鍼灸のみで改善させていたことに衝撃を受ける。また、中国武術の師からの勧めもあり、高校を卒業と同時に東洋医学のエキスパート、鍼灸師を志す。

鍼灸師の免許取得後は医師と連携して、高齢者医療、終末期医療の現場に従事。
福岡県内、佐賀県を往診で回る日々を送り、若干22歳で鍼灸院の院長に就任。
脳梗塞後遺症やパーキンソン病などの難病症例も経験し、年間2,500件以上の施術を行う。多くの看取りも経験。

ただ、保険診療内でできることの壁や、西洋医学の治療方針に限界を感じ始める。
自身のやりたかった治療、地域医療は本当にこの形だったのかという想いから24歳で独立。
地域に根ざした統合医療を目指す。

そんな中、難病による容姿の問題で外出を控える患者と出会う。
自身の知識、技術では対応しきれなかったことに悔しさ、未熟さを感じ、同時期に知り得た
(財)日本美容鍼灸マッサージ協会理事、上田隆勇にいちから技術、心得を学び直す為、師事。

同協会で学んだ技術、上田式美容鍼灸®を上記の患者に施したところ、
容姿の問題が改善されただけではなく、体調の改善までもがみられ、外出頻度が著しく向上。
上田式美容鍼灸®の再現性や施術効果の高さに改めて感銘を受ける。

以後もシワやたるみ等、お顔の症状に悩む多くの女性や、難病に苦しむ患者を中心に施術を行い、
地域の医師とも連携しつつ、地域医療に貢献。幼少期より学んでいた、食事療法や民間療法も交え、鍼灸を中心とした地域統合医療を目標に施術に励む。

安全に受けられる美容鍼灸、適切な食事やライフスタイルなどへのアドバイスが口コミを呼び、
遠くはオーストラリア等海外、県外からも施術を受けに来る患者も多い。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock