Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
2019年を振り返り、最高の2020年を受け取るワークショップ
音楽とことだまと手紙の力で、理想の未来を予祝する
このような方にオススメ
2020年、最高のスタートを切りたいあなたへ
期待できる効果
来年のテーマとキーパーソンがわかり、そこに向かうための心の準備が整います
397563_adachi mitsuru
397563_adachi-1024x683
Professional_s
 
 
アーティストフォーラム ソングレターアーティスト
安達 充
 
・ソングレターアーティスト
 プレジデント社『僕が生まれた時のこと(CDブック)』著者
 被災地支援活動がNHK『ニュースウォッチ9』で放映
・ボイストレーナー(音響芸術専門学校非常勤講師)
・ことだま師(命名言霊学協会認定講師)
1979年生まれ。千葉県出身。立教大学文学部卒。一般的には「ピアノ弾き語りシンガーソングライター」だが、自らを音楽の専門家(ミュージシャン=音楽家)ではなく、音楽という“芸”を人を輝かせる“術”として使う専門家(アーティスト=芸術家)と定義。

「歌だから伝えられることがある」という信念から、メインの活動は、たった一人の想いを、世界に一つだけのオリジナル曲に「翻訳」する「ソングレター(R)」。作詞作曲ができなくても、歌でその想いを代弁してもらえると話題を呼び、結婚式や記念日など人生の様々なシーンでの依頼が後を絶たない。
 
2019年を振り返り、最高の2020年を受け取るLIVEワークショップ
~音楽とことだまと手紙の力で、理想の未来を予祝する~
間もなく2019年が終わりますが、あなたにとって
今年1年はどんな1年だったでしょうか?

元号が「令和」と改まり、天皇一代につき1回だけ行われる大嘗祭も行われ、
新たな時代のエネルギーを感じている方も多いのでは。

来年2020年は東京オリンピックの年ですから、
きっと今年以上にドラマチックな年になることでしょう。


そんな2020年を間近に控えたこのタイミングで、
今年1年を振り返り、来年を最高の1年にするための時間を一緒に過ごしませんか?

今回、安達充がそのためのツールとして

・音楽 ・ことだま ・手紙

の3つのツールでナビゲートします。


もうちょっと詳しく言うと、

【1】ワーク中は、即興ピアノ伴奏つき

振り返りのワークや、来年の夢を語って宣言するときに、
即興作曲の名手である安達充が伴奏でサポートします。

【2】名前のことだまの「十年運気」ワーク

名前のことだまの発展形である
「今年の出会いから来年の運気を紐解く運気発見ワーク」を提供します。

【3】2020年の自分からの手紙を書いて宣言する

理想を叶えた来年の自分になり切って「予祝」し、
今の自分へ手紙を書き、音楽に乗せて宣言します。

ということを一気に行う1日です。

【1】ワーク中は、即興ピアノ伴奏つき

いろいろなセミナーや自己啓発では「自分と向き合う」
ワークってたくさんありますよね?

でも、それによって大きな気づきを得ることもあれば、
その時だけ何か得られた気がしたものの、
振り返ると何も残らないということも意外と多いのではないかと。

実はこういうワークって、「何をやるか」よりも
「どんな心の状態(感情)でやるか」が大事なんです。


講師の人たちは、その状態を整えるために、

・環境にこだわる(高級な会場や、非日常空間を用意)
・導入にこだわる(ワーク前にマインドセットを作る)
・仲間にこだわる(ワークをするメンバーを厳選する)

ということをやっています。


でも、感情に働きかけるための最強のツールって
一体何だと思いますか?

実はそれが「音楽」

音楽で心の琴線が刺激され、感動の涙を流したことがない方は
一人としていないはずです。


なので、このセミナーではペーパーワーク(書くワーク)中に、
安達充が即興でその場の空気感を感じながら音楽を奏でます。

既存の曲を流すだけでは得られない、その場の空間と調和した
オリジナルミュージック。

2019年、自分が見落としてきた
「うれしかったこと」「がんばったこと」「なしとげたこと」
を思い出し、自分自身に拍手を贈れる時間になることと思います。

【2】名前のことだまの「十年運気」ワーク

日本語の1音1音の意味を通して、氏名から使命を紐解く。

それが、山下弘司先生が提唱する「名前のことだま」。

山下先生は、今年『50音セラピー』という新刊を、
ベストセラー作家のひすいこたろうさんとの共著で発刊し、
今まで以上に多くの人から注目を集めています。


ところが、実はその発展形に

【今年の出会いから来年の運気を紐解く「十年運気」】

というものがあることは余り知られていません。


それもそのはず、これは名前のことだまの鑑定講座
(中級講座)という121,000円の講座を受けないと
学べない内容だからです。

この十年運気では、「今年は“あ行”の年」「今年は
“ま行”の年」など日本語の10の行で運気を紐解いて
いくのですが、

それによって「その年のテーマ」だけでなく
「その年のキーパーソン」まで分かってしまうという
スグレモノなんです!


私、安達充はもう2010年からずっとこの十年運気を意識していますが、
2019年は“は行”の年でした。

“は行”の年は「発信」がテーマということで、
クラウドファンディングで新たにCDを作ったり、
今までの活動をまとめたパンフレットを作ったり、

今までとは違ったチャレンジを1年かけてしてきました。


今年出会った人の名前が、
実は来年の自分に必要なメッセージを
くれているってすごいことですよね。

毎年、1年に1回だけ山下先生に許可をもらって
開催しているものなので、
次回は2020年の年末になります。

2019年を振り返る上でも、2020年を描く上でも
ものすごく役立つツールなので、是非タイミングの合う方には
受けてもらえたらと思っています!


※また、今回は名前のことだまの使命の話はできないので
参加者全員に特典として鑑定書をプレゼントします

 



【3】2020年の自分からの手紙を書いて宣言する

さて、音楽と共に2019年を振り返り、
ことだまと共に未来を描いたら、
いよいよ理想の2020年を宣言しましょう。


今回のワークでは、
「2020年、理想を叶えた自分になりきって、
自分自身に向けて」
手紙を書いてもらいます。

今いろいろなところで話題になっている「予祝」の考え方で
時空を超えるためのワークです。


そしてその手紙をどうするかというと…
自分で読み上げてもらいます!!

そして、その模様を「動画レター」として撮って、
いつでも見られるように本人にプレゼントします。


とはいっても、なかなか自分で手紙を読み上げるのは
恥ずかしかったりするもの。

そこで、またまた音楽の出番です。

あなたが自由に2020年の夢を語っている時、
となりで安達充が即興のBGMをオリジナルで奏でます。


あなたが2020年、くじけそうになったり、
心が弱ったりした時に、その動画を見返してください。

それは本当に「未来からの動画レター」として、
あなたを励まし続けるかけがえのない宝物になります。

あなたの一番の応援者は、未来のあなたです!

 

 

イベントの詳細について
  • 【日程】2019年12月21日(土)13:00~17:00
    ※17:00~18:00まで会場にて簡単な懇親会を
     予定しています。(実費のみ)

    【場所】人材教育ドットコムセミナールーム
    ※JR両国駅徒歩3分

    【内容】
    ・今年1年の振り返りワーク(BGMつき)
    ・今年の出会いから来年の運気をひもとくワーク
    ・2020年の自分からの予祝宣言

    【特典】
    ・オリジナルBGMつき動画レターのプレゼント
    ・運気鑑定ワークシート
    ・名前のことだま鑑定書

    【料金】18,000円

    【定員】6名

最後にひとこと

さて、そんな構成でお送りする今回のワークショップですが
少人数で濃くやりたいので、人数はあえて【6名限定】です。

また、プライベートな内容も出てくる可能性があるため、
ここで話す内容については本人の承諾なしに他言しない、
ということを守れる方のみ参加を受け付けます。

安心安全な場で、自分自身と深くつながる時間を過ごしてもらえたらと思っています。

開催日時
2019年12月21日(土)
開場 12:45
開始 13:00
終了 17:00
場所 人材教育ドットコム セミナールーム
墨田区両国4-37-2 TKF会館3階
ホームページ
参加費

18,000円

支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

銀行振込

クレジット払い

定員 6  名
申込受付期間2019/12/10(火) 00:00 ~ 2019/12/21(土) 00:00まで
主催者安達 充
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional_s
ソングレターアーティスト

安達 充

Senmon
ソングレター、ボイストレーニング、名前のことだま

・ソングレターアーティスト
 プレジデント社『僕が生まれた時のこと(CDブック)』著者
 被災地支援活動がNHK『ニュースウォッチ9』で放映
・ボイストレーナー(音響芸術専門学校非常勤講師)
・ことだま師(命名言霊学協会認定講師) 1979年生まれ。千葉県出身。立教大学文学部卒。一般的には「ピアノ弾き語りシンガーソングライター」だが、自らを音楽の専門家(ミュージシャン=音楽家)ではなく、音楽という“芸”を人を輝かせる“術”として使う専門家(アーティスト=芸術家)と定義。

「歌だから伝えられることがある」という信念から、メインの活動は、たった一人の想いを、世界に一つだけのオリジナル曲に「翻訳」する「ソングレター(R)」。作詞作曲ができなくても、歌でその想いを代弁してもらえると話題を呼び、結婚式や記念日など人生の様々なシーンでの依頼が後を絶たない。

  songletter
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Mitsuru Adachi All Rights Reserved.
Powered by reservestock