PR
PR
18_zdzlmjg2ytnjzmmwn

やまとこころを育む読書会

受付は1月31日(金)12:45で終了しました。

392725_読書会ご案内チラシ(秋用)20171006
392725_66220786_2359750620949148_8561265058233974784_o
392725_読書会ご案内チラシ(秋用)20171006
392725_66220786_2359750620949148_8561265058233974784_o

このような方におすすめ

日本を愛する人たちとのコミュニティーができます

期待できる効果

茶道や能楽などの芸道と武道に親しむ機会があります

やまとこころを育む読書会


やまと言葉を楽しむ 日本の心を知るってすごく楽しい!

やまとこころを感じ、日本文化を語り、体験しながらやまとこころ溢れる日本を共に創っていきましょう。

やまとこころの現れは、少なくとも8つあります。

・包みこむ心

・想いやる心

・すべては尊いと思う心

・感謝する心

・形のない美を感じる心

・有限と無限を感じる心

・自分の軸を感じる心   

・良心を意識する心

この8つのこころを感じながら日常を生きる読書会です。

<読書会の目的> 五感を通してやまとこころを感じ合い、日本文化を語り合い、実践する人たちを育み合うことで、やまとこころあふれる日本を再興することを目的としています。 読書会では、参加者が輪読をし、それぞれの想いを語り合うことで、異なる世界観や美意識が感じられます。


【初級 やまとことば(全6回)】
「幸せになる言葉 幸せにする言葉」著者 出口 光 水王舎 1,400円(税別)

9月30日(月)10時~12時 (こちらが前回の様子です
10月8日(火)13時~15時
11月20日(水)13時~15時(紅葉のお庭を御覧ください)
12月9日(月)10時~12時 13時~15時
1月31日(金)10時~12時 13時~15時
2月17日(月)10時~12時 13時~15時


参加費 2000円 一括払いの方10000円
(入金410円別途必要)

本の購入が必要です
【初級 やまとことば(全6回)】
「幸せになる言葉 幸せにする言葉」著者 出口 光 水王舎 1,400円(税別)

場所 無鄰菴にて

無鄰菴は、明治27年(1894)~29(1896)年に造営された明治・大正時代の政治家山縣有朋の別荘です。
庭園と母屋・洋館・茶室の3つの建物によって構成されており、庭園は施主山縣有朋の指示に基づいて、七代目小川治兵衛により作庭された近代日本庭園の傑作。
それまでの池を海に、岩を島に見立てる象徴主義的な庭園から、里山の風景や小川そのもののような躍動的な流れをもつ自然主義的な新しい庭園観により造営されました。
南禅寺界隈別荘群の中で唯一通年公開されている庭園で、昭和26年(1951年)に国の名勝に指定されています。
洋館の2階には、伊藤博文らと山縣有朋が日露開戦に向けて話し合った「無鄰菴会議」に使われた部屋があり、当日の様子を今に伝えます。

四季の移ろいを目で肌で感じながら読書会を楽しみませんか?

母屋の2階を貸し切らせてもらいました。

読書会の後はお庭散策。お抹茶などご自由にお楽しみください。















開催要項

開催日時
2020年1月31日(金)
開場 9:45
開始 10:00
終了 15:00
場所

無鄰菴

京都府

〒606-8437 京都府京都市左京区南禅寺草川町31番地

ホームページ

参加費

やまとごころを育む読書会 参加費  2,000 円

キャンセルポリシー

参加費 各回2000円 

6回一括払いの方 1万円

別途本代金必要 1540円

別途入園料金必要

お支払方法
定員

10 名

申込受付期間

2019/11/21(木) 12:23 ~ 2020/1/31(金) 12:45まで

主催者

小管貴子

お問い合わせ先

小管 貴子

お問い合わせ先電話番号

09036167686

お問い合わせ先メールアドレス

gmail.com@reservestock.jp

和の美へ導く

和の美へ導く

◆実績
2009年よりきものの販売・着付けレッスン・コーディネートのアドバイス、きよう会の主宰を行っています。

和文化教授
中今の言霊診断士
言本師
着付け講師
着付け師
福岡に生まれる。幼いころから本が好き。福岡女子大学では、国文学を専攻。
「人間の本質とは、女性の美しさとは」と問い続けていました。元全日本空輸キャビンアテンダント(客室乗務員)。

結婚して、京都に住むようになりきものの美しさ、日本の美を再認識しました。
きものを着る機会が増えるにつれ、もっとたくさんの女性にきものを着て輝いてほしいと思うようになりました。


2014年【きもの㐂陽音】呉服店 店長となり、きものに更に深くかかわるようになります。

年齢を重ねるほど美しいきもの姿をという思いから【きもの美人への道】を主宰。
体の軸を整えるようにきものを着ていくと、美しさのみならず、もともと日本人が大切にしてきた目に見えないもの、今・ここを感じるセンサーにスイッチオンできます。

「着物を着て和文化を再発見!」というところから、「絵本やまとことば神話」「やまとこころを育む読書会」「ほっと一服茶」「娘に伝えるやまとの暮らし」の講座を開催しています。