Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
4007_njaxyzq4mjbknjhin

セルフ・ヒプノ(自己催眠)をマスターする
6つのステップ

ZOOMオンライン座学+実践
参加受付中
このような方にオススメ
自分自身の心とからだを自分でケアする手法をしっかりと身につけ、心身ともに健康でいたい方へ
期待できる効果
最初にあなたのからだと対話することをマスターします。すると自分の思考ともともだちになれます。それらはコントロールするものではないのです。
391381_2019-01-14 21
ヒプノシス(催眠)には基本的に
セルフ・ヒプノ(自己催眠)があるだけと言われます。
 
その意味するところは、
ヒプノセラピストがどんな誘導をしても、
それを受け入れるかどうかを決めるのは
クライアントの無意識マインドだということです。
 
このことを体験的に理解することで、
あなたはもっともっと自分の無意識マインドを
信頼するようになります。
 
意識マインドと無意識マインドの間に橋を架ける
それがヒプノシスの力です。
 
 

セルフ・ヒプノ(自己催眠)とは?


たとえば、忙しい日々を送る人ならだれでも知っているはずのことをあげてみましょう。
帰宅してテレビをつけ、しばらくぼーっと画面を見ているとだんだん脳が楽になって行く。別に好きでもないスポーツをただ観戦するというのも、すごくリラックスします。たとえばテニスーーボールがあっちからこっちにポ~ン、ポ~ンと飛んでいくのをただ目で追っているというのは、とてもヒプノチックな体験です。
電車でスマホを眺めている人も、ゲームしながらそのうち寝てしまう人も、自己流催眠法を知っているのです。ある意味、セルフ・ヒプノとは脳の自動調整法の一つだと言えます。
 

意識マインドと無意識マインド

意識マインドと無意識マインドの関係を説明するのに用いられる氷山モデルーー水面上に現れている意識マインドは全体の7~10%、水面下が無意識マインドで、より大きな領域を占めています。

多くのリソース(能力・才能)がそこに隠れていると同時に、たくさんの処理しきれない問題もほおり込まれてしまっているため、人は無意識マインドの中を見ようとしない。つまりは「私」という存在の全体性を見ない、ゆえにそこに隠れている豊富な宝も見失ってしまうことになります。

何となくそんな気がして、実際に行動してみたら意外な発見があった。」ということがあります。このモデルでは、無意識マインドの声にしたがったということになりますね。

無意識マインドは実際かなり頻繁に意識マインドに対してメッセージを送り続けています。一般的に「からだの声」と言われるのも無意識マインドからのメッセージです。それと対話するというのは、要するに意識マインドと無意識マインドの間に橋を架けることなのです。

普段活性化している(ある意味ちっぽけな)意識マインドではどうしようもなくなったときに、意識的であれ無意識的であれ、人はヒプノシスを求めます。無意識マインドに助けを求めるのです。

そして、催眠の目論見のすべては、なんとかしよう・なんとかならないかと一生懸命働いてきた意識マインドを眠らせることで、無意識マインドを活性化し、その豊富な情報の中から、その人にとって必要なこと・手助けになることを見つけ出すこと、と言えるでしょう。

意識的にセルフ・ヒプノをマスターすると

前述したように、私たちの誰もが無自覚になっていることに対して意識的な気づきを向けるというのが、このコースの意図です。そうすることで、私たちはもっと有効なやり方で、自分にとって何が大切で、何が不必要なことかをわかって行動できます。

からだ、心、感情ーーこの3つの中では、つねに「今ここ」にあるからだにアクセスするのが簡単です。

始めは身体からスタートします。次に感情、そして心へと移って行きます。6か月間かけてオンラインの座学を受け、その間に一日だけは実践に参加していただきます。それは自己流に陥らないためです。

まずはご自身のために受けてみてください。とても地味なプロセスですが、実のところこの学びは、対人関係に大きく影響します。

  1. 自分の内面の声が聴けるようになることで、他の人が口にしている言葉と、内心(本心)は違うこともあるという理解が生まれます。また、からだの声(無意識マインドからのメッセージ)を繊細に受け止められるようになると、不思議と他の人のフィジオロジー(身振り手振り)をより感覚的に捉えるようになります。そうなると、相手の言葉だけに反応するのではなく、距離を持って「自分に起きていること」「他者に起きていること」というふうに見つめられるようになるのです。

 

6つのステップとは?

  1. 思考の本質について
    意識マインドと無意識マインドの役割。そして思考の本質を理解することで、それをうまく活用する方法を知ります。またからだと同じように思考も休める必要があることも、最初にしっかりと理解していただきます。

  2. セルフ・ヒプノの作用と効果の理解
    実践例を交えて解説した上で、さっそく日常でできる簡単なやり方を一つインストールします。また、潜在意識のコントロールに関してなど、ヒプノシスの間違った使われ方などについて注意を促します。
  3. 瞑想と催眠の違い
    たとえば「ガイド瞑想」はわかりやすい例なので、そのやり方を紐解いていきながら、瞑想と催眠の根本的な違いを理解します。その上で、どんなふうに使い分けるかのポイントを学びます。
  4. からだとの対話について
    シンボリック・モデリングという手法を使ってボディーに働きかける20分のセッションを体験していただきます。そうすることで、私たちのからだがどれほどのことを知覚しているかに意識的になれるのです。
  5. 想像力(イメージ)の力について
    催眠では想像力を上手に使うことを教えます。ただし、想像力というのは無意識マインドに属します。瞑想には不要であることも知っておくと役に立ちます。
  6. 無意識マインドのトレーニング
    私たちは無意識マインドの応答を「無垢な子供のよう」というふうに表現します。たとえば、シンプルなセルフ・ヒプノのやり方で、「△△すると〇〇がくつろぐ。」というふうに言うと、無意識マインドの応答は実に明快で、たとえば「△=深呼吸」「〇=おなか」だと、深呼吸をすると、おなかがくつろぐ、といったふうです。最初はシンプルなことから始めてゆき、だんだんに感情や心のコントロールにも活用できるようにトレーニングしていきます。

オンライン日時:
昼のクラス:13時半~14時半
夜のクラス:20時~21時
※昼か夜いずれかを選択します。

2月~7月・第4水曜日
6つのステップはかならず受講してください。

2月26日/3月25日/4月22日/5月27日/6月24日/7月22日
※抜ける場合はZOOM動画を送ります。
※途中からの参加者も以前の分を観れます。


実践コース
7月19日(日)10~17時
※これに参加できない人はオンライン参加か、後程ビデオを視聴することになります。

会場:清澄白河オフィス
※人数が増えた場合は南青山ウエスレーに移動する場合もあります。

参加費:7万7千円(税込み)
6つのステップ+実践1日

何が得られるのか?

身体的なくつろぎと、清々しさ。そして心の余裕です。そして、あなた自身の無意識マインドと親しくなるということは、あなた自身と親しくなるということです。
※どんな小さなことでもかまいません。気になることがあればいつでもお問い合わせください。

 

【講師:斎藤Daso略歴】

2003年頃、ロジャー・ベイジーとプラボディ・ミルデンベルグに師事し、ABH(米国催眠療法協会)認定ヒプノセラピストの資格を得る。2006年から二人の講師を招聘してヒプノシストレーニングをオーガナイズし、通訳を担当。その後、自身もセルフ・ヒプノのクラスを定期的に開催してきている。熟練した瞑想リーダーでもあることから、催眠と瞑想の違いについては精通している。

開催日時
2020年2月26日(水) ~ 7月29日(水)
開場 19:55
開始 20:00
場所 2~7月ZOOMオンライン+実践清澄白河オフィス
東京都 江東区深川2-23-4-4502
参加費

Paypal決算をご希望の場合は、お申込みの後ご一報ください。こちらから請求メールをお送りします。

定員 6  名
申込受付期間2019/11/15(金) 00:00 ~ 2020/2/25(火) 00:00まで
主催者斉藤 ダソ
お問い合わせ先斉藤 ダソ
お問い合わせ先電話番号0364588963
お問い合わせ先メールアドレスdaso@no-mind.co.jp
無心にゆだねる
Professional_s
 
 
NoMind株式会社 家族の座ファシリテーター
斉藤 ダソ
無心にゆだねる
 
Osho瞑想リーダー、家族の座ファシリテーター、ABH認定ヒプノセラピスト

===============
81年インド、プネー訪問。Oshoの弟子となる。83年アメリカ、オレゴン州に移転した瞑想コミューンにも参加。96年から6年間、OSHOインターナショナル瞑想リゾート内マルティバーシティで瞑想をベースにした数々のセラピーを習得するとともに「瞑想としてのワーク」プログラムに参加。OSHO瞑想リーダー、アウェアネス・インテンシブ・ファシリテイター、ABH認定ヒプノセラピスト、クリーン・ランゲージ・トレーナー、家族の座ファシリテイター資格を持つ。21日間独りで坐る「究極のリトリート」と呼ばれたプログラムに2度参加し涅槃の境地を体験するなどコアな瞑想経験を持つ。
 
 
 
 
 
Profile
Professional_s
家族の座ファシリテーター

斉藤 ダソ

Mission
無心にゆだねる
Senmon
瞑想リーダー,家族の座ファシリテーター,ヒプノセラピスト

Osho瞑想リーダー、家族の座ファシリテーター、ABH認定ヒプノセラピスト

=============== 81年インド、プネー訪問。Oshoの弟子となる。83年アメリカ、オレゴン州に移転した瞑想コミューンにも参加。96年から6年間、OSHOインターナショナル瞑想リゾート内マルティバーシティで瞑想をベースにした数々のセラピーを習得するとともに「瞑想としてのワーク」プログラムに参加。OSHO瞑想リーダー、アウェアネス・インテンシブ・ファシリテイター、ABH認定ヒプノセラピスト、クリーン・ランゲージ・トレーナー、家族の座ファシリテイター資格を持つ。21日間独りで坐る「究極のリトリート」と呼ばれたプログラムに2度参加し涅槃の境地を体験するなどコアな瞑想経験を持つ。

B_facebook
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock