Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
ありがとう
満員御礼
今後のイベント案内を受け取る
晩秋の京都~裏アートトリップ
京都の画壇や江戸時代からの文化の遺構、そして晩秋の夜の特別拝観を堪能する
このような方にオススメ
古都・京都の魅力を知られざる美術館のアートを通して楽しみたい方
期待できる効果
日常から離れアートと食を通して五感を開く
387096_京都の秋~その2
387096_京都の秋~その4
大人の集うギャザリングで人生の愉しみ方や、あなたの創造性をナビゲートする
Professional_s
 
 
大人のギャザリング ギャザリングプロデューサー
田村 由香理
大人の集うギャザリングで人生の愉しみ方や、あなたの創造性をナビゲートする
 
アートナビゲーター(美術)検定3級取得
タロー・デ・パリ~認定リーダー登録 ID:100230
マインドシンボリックリーディングナビゲーター認定
イシス版マルセイユタロット:アドバンス修了
日商簿記検定2級取得


以前から美術・文学・映画・芝居などが好きで。自分の琴線に触れる美しいもの、それをキャッチする心を大切にしたいとの思いから、2013年の夏至の夜に「キャンドルナイト」のイベントを開催。
それを機に、Facebook上で【大人のギャザリング】というページを作り、美術展をナビゲーターと巡る『アートナビゲートツアー』や、お酒のイベント、『魔女のキャンドルナイト』というイベントなどの企画プロデュースを、5年間で100回以上、週末を中心に開催しております。

40代の半ばに乳がんを経験しそれと前後して、家族とは?結婚・夫婦とは?自分らしさとは?に、たくさんの疑問符がつき、答えを求めて何年間も彷徨いました。

そんな中、クリスタルヒーリングや占星術、アロマオイル、オラクルカード、数秘術などたくさんの新しい世界とも出会い自分の世界を拡げるきっかけとなりました。

大好きな芸術の世界には、たくさんの”未知の宝”が眠っています。

『アートと文化で繋がる大人のための会員制サロン』を運営するのが人生の目標。

芸術とお酒、大人同士の知的なお喋りから生まれる遊び
そんな機会を作る【大人のギャザリング】を目指しています。
 
太陽星座と火星・水星・金星が射手座
月星座が山羊座という自分のホロスコープを見ると
「遥か彼方に飛んで行ってないのは月のおかげかしら?」と思いながら?(笑)
ユングの云うところの”人生の午後”を過ごしている世代。
 

京都という場所は、日本人にとって特別なものを感じる処ですね。

明治維新で江戸が”東京”と名を改め
その後、「都」として定められるまで
約1,000年の間、日本の首都として平安京が置かれていました。
今も、古都としてその魅力は日本人のみならず多くの諸外国の人々をも魅了しています。

令和元年、「大人のギャザリング~アート遠足」1年の最後に企画するのは
【京都・裏アートトリップ】です。


2泊3日の予定で、京都のあまり知られていない美術館や
今秋にOPENしたばかりの美術館
江戸時代の文化の色合いを濃く残す美術館など
”ちょっと変わった”京都をめぐりながら、秋から冬へと景色を変えつつある季節を
堪能しましょう。

 

【ご案内する予定の場所】
何曜日に何処を巡るかは、その日の天気や交通事情などを鑑みながら組み合わせます。
又、移動の時間や閉館時刻によっては、全部を訪問することができない場合もありますので
予めご了承ください。


■『重森三鈴庭園美術館 』
京大に近い吉田神社のすぐ側にある石による枯山水庭園

松尾大社の石庭や、東福寺の方丈庭園など
沢山の寺の庭を手がけた、昭和の作庭家・重森三鈴(しげもりみれい) の旧邸で
書院前庭や茶庭、坪庭がつくられている新旧融合の特殊な場所です。

「拝観料:900円」

 

■『角屋もてなしの文化美術館』
島原・花街(下京区西新屋敷)にある揚屋建築の重要文化財建造物及び庭園

京都の”島原”と名づけられた花街にある、揚屋建築(江戸期の饗宴・もてなしの文化の場)の
唯一の遺構として、国の重要文化財に指定されている建物です。


ちょうど12/15まで財団30周年記念として「角屋名品展」を開催中。
ここは、かつて新選組も遊興を楽しんだことで知られていて
特に”芹沢鴨”との関わりは深く、鴨がつけたとされる柱の刀傷は今でも残り、
また、殺害される直前には、ここで宴席を開いていたと云われてます。

「拝観料:1,800円」

 

■『相国寺・承天閣美術館』

京都御苑の側にある
室町幕府3代将軍足利義満によって創建された臨済宗相国寺派の大本山

本山相国寺・鹿苑寺(金閣)・慈照寺(銀閣)・他塔頭寺院に伝わる美術品を
保存及び展示公開・修理・研究調査・禅文化の普及を目的として、昭和59年に『承天閣美術館』が建設されました。


ここは、云わずと知れた”伊藤若冲”の代表作「動植綵絵」三十幅が
寄進されたお寺でもあります。
40代の若冲が描いた金閣寺(鹿苑寺)の大書院障壁画の一部を再現した書院の間が
常設展示として観られます。

10月より来年の3月まで【茶の湯-禅と数寄】展を開催中。
「Ⅰ期:10/5~12/22」では、相国寺の持つ”天目茶碗”などが観られます。

「入館料:800円 (65歳以上:600円)」

 

■『何必館・京都現代美術館』
八坂神社に近い祇園四条通りにある小さな現代美術館

北大路魯山人、村上華岳、山口薫の作品を主に収蔵していて
「何ぞ必ずしも」と定説を常に疑う自由な精神を持ち続けたい、という意味合いで名づけられた
「何必館」というネーミングと、八坂神社の直ぐ側、祇園四条通りの賑やかな通りなのに
なんともひっそりと佇む建物とざわつきを寄せ付けないかのような内部が
とても好ましい、小さな美術館です。


現在は、没後60年記念として
【北大路 魯山人 展~和の美を問う】展を開催中。

「入館料:1,000円」

 

■『福田美術館』
2019年10月1日にOPENしたばかりの美術館
嵯峨嵐山に出来た、渡月橋からほど近くに開館する私設美術館です。

「100年続く美術館」をコンセプトに掲げるこの美術館は
江戸時代から近代にかけての主要な画家の作品で構成され、15年かけて収集したコレクションは約1,500点。

琳派から円山四条派、京都画壇の作品が中心で
円山応挙、与謝蕪村、伊藤若冲、竹内栖鳳、上村松園といった絵師たちの作品が観られます。

10月1日から2020年1月13日までは【開館記念展】を開催中

「入館料:1,300円」


***************

上記の美術館を中心にして

◎豊臣秀吉の正室・ねねが建立し、苔寺として有名な「高台寺」で
12/15まで『秋の特別展/秋の夜間特別拝観』をやっているので
夜、ライトアップされた様子を観て
「高台寺」の中にある、掌美術館で開催中の「高台寺の名宝・桃山の美」を鑑賞したり


◎宿泊するホテルから比較的近い、「青蓮院門跡」の夜間特別拝観に出かけてみたり
(青いライトアップがとても幻想的で美しいです)


◎時間と天気と余力があれば
『アサヒビール大山崎山荘美術館』まで足を伸ばして
三階建てのイギリス・チューダー様式のレトロモダンな本館と、
安藤忠雄氏が設計したコンクリート造りの新館との調和も魅力です。
印象派の巨匠クロード・モネの傑作《睡蓮》連作などを鑑賞したり


ということも考えています。

また、庭園の素晴らしいお寺も、もう1箇所、どこか巡りたいと検討中です。
***************

 

【旅行費用と参加費について~2泊3日の方用】
◎旅行代金①:65,800円 (2泊3日のお1人さま分)往復新幹線及び宿泊ホテル代
◎企画参加費:20,000円 (2泊3日の現地での田村によるアテンド・ガイド料)

合計85,800円

 

【旅行費用と参加費について~3泊4日の方用】
◎旅行代金②:85,200円 (3泊4日のお1人さま分)往復新幹線及び宿泊ホテル代
◎企画参加費:20,000円 (2泊3日の現地での田村によるアテンド・ガイド料)

合計105,200円


【費用に含まれないもの】
現地でのすべての飲食費・美術館等各施設の入館料・現地での移動交通費 などは
各自のご精算となります。

※朝食は食べない習慣の方もおりますし、ホテルで摂るよりも
早朝からOPENしている美味しい老舗カフェなども多いため
敢えて付けておりません。

 

【宿泊ホテル】
■ホテルリソル京都 四条室町

◎住所:京都市下京区室町通り高辻上ル山王町554
◎TEL:075-365-9269
◎アクセス:京都駅⇒京都市営烏丸線路で約3分「四条駅」下車~6番出口より徒歩2分

平安京の室町小路にあたる室町通、呉服店が立ち並び京らしさが今に残る地に2018年8月に
リソル2店舗目としてOPEN
京文化を感じさせるリビングロビー
和の心地よさとスタイリッシュな空間などの演出で「くつろぎを、デザインする」提案をしているホテルのようです。



HPはこちら
https://www.resol-kyoto-s.com/

※朝食はこちらにあるレストランでも7:00から¥1,500でいただけます。


【食事について】
11/29(金)の昼・晩
11/30(土)の朝・昼・晩
12/01(日)朝・昼の食事につきましては、幾つかお店の候補などを探しておきますし
ご案内したいお店もあるので、そこは予約を入れておくようにします。

 

【往路と帰路の新幹線について】

■《行きの列車》
11/29(金)出発 「のぞみ17号」 東京駅発08:30 → 京都駅着10:47
 ※品川発の方は08:37、新横浜発の方は08:49 となります。

東京駅から乗車:鹿野夫妻・土岐安規子さん
品川駅から乗車:高岸陽子さん・田村
新横浜駅から乗車;村井和子さん


■《帰りの列車》
12/01(日)出発 「のぞみ134号」 京都駅発16:35 → 東京駅着18:53
 ※品川着の方は18:46 となります。

12/1に帰るのは、鹿野夫妻・高岸陽子さん・田村の4名です。


12/02(月)出発 「のぞみ134号」 京都駅発16:35 → 東京駅着18:53(土岐安規子さん)
 ※新横浜着の方(村井和子さん)は18:34 となります。



晩秋の京都、皆で楽しんで旅してきましょう!
 

開催日時
2019年11月29日(金) ~ 12月 1日(日)
開始 8:30
場所 京都市内

参加費

JR東海の旅行プラン費用&現地アテンドガイド料
■2泊3日の方用:
お振込み:¥85,800(1名の場合)
お振込み:¥171,600(2名の場合)

支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

銀行振込又はPaypal決済

定員
 6  名
満員御礼
申込受付期間2019/10/29(火) 17:08 ~ 2019/11/20(水) 22:00まで
主催者田村由香理
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional_s
ギャザリングプロデューサー

田村 由香理

Mission
大人の集うギャザリングで人生の愉しみ方や、あなたの創造性をナビゲートする
Senmon
大人のギャザリング 人生はアート タロー・デ・パリ ギャザリングプロデューサー サロンBAR 田村由香理

アートナビゲーター(美術)検定3級取得
タロー・デ・パリ~認定リーダー登録 ID:100230
マインドシンボリックリーディングナビゲーター認定
イシス版マルセイユタロット:アドバンス修了
日商簿記検定2級取得


以前から美術・文学・映画・芝居などが好きで。自分の琴線に触れる美しいもの、それをキャッチする心を大切にしたいとの思いから、2013年の夏至の夜に「キャンドルナイト」のイベントを開催。
それを機に、Facebook上で【大人のギャザリング】というページを作り、美術展をナビゲーターと巡る『アートナビゲートツアー』や、お酒のイベント、『魔女のキャンドルナイト』というイベントなどの企画プロデュースを、5年間で100回以上、週末を中心に開催しております。

40代の半ばに乳がんを経験しそれと前後して、家族とは?結婚・夫婦とは?自分らしさとは?に、たくさんの疑問符がつき、答えを求めて何年間も彷徨いました。

そんな中、クリスタルヒーリングや占星術、アロマオイル、オラクルカード、数秘術などたくさんの新しい世界とも出会い自分の世界を拡げるきっかけとなりました。

大好きな芸術の世界には、たくさんの”未知の宝”が眠っています。

『アートと文化で繋がる大人のための会員制サロン』を運営するのが人生の目標。

芸術とお酒、大人同士の知的なお喋りから生まれる遊び
そんな機会を作る【大人のギャザリング】を目指しています。
 
太陽星座と火星・水星・金星が射手座
月星座が山羊座という自分のホロスコープを見ると
「遥か彼方に飛んで行ってないのは月のおかげかしら?」と思いながら?(笑)
ユングの云うところの”人生の午後”を過ごしている世代。

  yuriika3eureka3
B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock