Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
はじめてのアーユルヴェーダ講座@みかげコルヌコピア
目に見えないアーユルヴェーダ体質論を目で見て実感する
H_taisho
以前からアーユルヴェーダが気になっていた方に気軽に参加して頂けます。
H_kitai
西日本に一台しかないアーユルヴェーダ脈測定器によって自分の体質がわかる
世界の医療のパラダイムシフトに貢献する
Professional
 
 
アムリタムシュッディ 
アルチャヤティさとみ
世界の医療のパラダイムシフトに貢献する
 
2005年より、インドのアーユルヴェーダクリニック5か所にて研鑽を積む

2010年より、インドのアーユルヴェーダドクター来日を4回サポート

2017年より、南インドのアーユルヴェーダ施設提携を組み活動

2018年より、エドガーケイシー関連セミナーを3度サポート

日本に一台しかないアーユルヴェーダ脈測定器を用いた心身魂のつながりから考えるヘルスケア
カウンセリング実績800名を超える
18年程前、パニック障害を発症し、心療内科の対応に不信感を抱いた事がきっかけで、様々なヒーリングメソッドを探し試すようになりました。わたしの場合、心療内科に頼らず、自分が選んだ数々の手法がほとんど当たりで、わずか半年ほどで、休職状態から社会復帰を考えるまでに至りました。

その内容とは、身体だけのケアではなく、精神、さらには、魂へのアプローチを得意とする、数々のメソッドを試しました。

アーユルヴェーダのヴァータ性疾患(風のエネルギーの悪化)の解剖生理を知った時、なぜ?自分がパニック障害を発症したのか?が明確に理解できたのです。

食事の偏り、徹夜、そして何よりメンタルの問題が、全部ヴァータを極限まで悪化させる生活を2年ほど送っていたからだと理解しました。


心療内科の薬を飲まず、ヴァータを緩和する食事、充分すぎる程の睡眠、様々なメンタルヒーリング、魂へのアプローチを受け、自分の判断で、短期に社会復帰しました。


そのセオリーを知っただけで、自分の病を自分で治せる。その恩恵に感謝し、アーユルヴェーダの全体像を学びたい!という想いでインドへの渡航を始めてから気が付けば15年ほどの歳月が流れ去りました。


アーユルヴェーダを学ぶ過程で、様々な人達と友人になりました。そのご縁で、ファーストクラスのアーユルヴェーダドクターの来日をボランティアとしてサポートする事になりました。


ドクター来日時のお迎え、かばん持ち、書記などのお手伝いをさせて頂き、その神業の脈診や、医療占星術を駆使した、この世の御業とは思えぬ診察を観る機会をたくさん頂きました。


その先生のインドの病院は、がん研究で有名な病院だったので、日本でのご相談も、がん患者さんが結構いらっしゃいました。先生がインドに帰ってしまわれた後、その患者さん達からご質問など頂く事が度々..
 
古来からの叡智をより豊かで幸せな人生を歩む一助となるようお伝えします
Professional
 
 
みかげコルヌコピア 
伊藤 史惺后
古来からの叡智をより豊かで幸せな人生を歩む一助となるようお伝えします
 
栄養士
日本フットケア協会資格認定講師
Astro Sophia Society Astrology Advanced&Horoscope reading
Astroratio USA LLG Astrology Essence Class Part 1

1998年オープン
神戸御影にて
豊かさと喜び溢れる人生のパワースポット
となるサロンを目指し日々楽しく様々な活動をしています。

沖縄の仙人さんに教えていただいたことや、
アガスティア葉に書かれていた

5000年前から
占星術と爪のケアと眼力を使って
ケアしてきた過去生の才能を使いつつ

音楽や芸術
おもてなしの心と
癒しの場を作る才能

これらを発揮して
今世も
人々の役に立つことを志とし


ホロスコープを
本来持っている
願力と未来を観る眼力で読む事で
全惑星意識と繋がり
言葉に乗せてパワーを送る事で
その方の元気とやる気のスイッチを押す
という役目と

いにしえの手わざを通じて
子ども達の
手足からパワーを発揮できる身体にする方法を
これからお母さんになる方や
子育て中のお母さん
にお伝えする事の役目

全惑星意識と繋がりを持てる
身体を作るケアと
爪ケアをお伝えする役目

すべての女性・子供たちを輝かせ
才能を引き出し、気付きを与える役目

に励みます



~主宰者経歴~
1996年商社OLを退職間近、妊娠と同時に約10か月の入院生活
1997年出産後、子供の入院と自分のリハビリ生活スタート
1998年日本フットケア協会にてフットケア基礎講座修了
同年フットケアリラクゼーションサロンITO大阪サロンオープン
2001年フットケアリラクゼーションサロンITO御影サロンオープン
2009年資格認定講師取得
2011年店名をSYUHARIにリニューアル
2016年星詠み師としてもデビュー
2018年10月1日をもってサロン名「みかげコルヌコピア」へ
 
阪神御影からほど近い、喜びと豊かさの溢れるスポット みかげコルヌコピアさんで、
アーユルヴェーダ講座行います。
 
場所:
みかげコルヌコピア 
 
日時:
11月14日(木)
10:00~13:00
・はじめてのアーユルヴェーダ講座 3,000円
 
 
*オプション
・アーユルヴェーダ脈測定 60分 6,000円
 
 
 
【はじめてのアーユルヴェーダ講座】
 
アーユルヴェーダって言葉、聞いたことあるけど一体なんだろう?
少しかじったことはあるけれど、実際には活かせていない…
そして、アーユルヴェーダという言葉を聞いたことがない人も。
 
アーユルヴェーダとは、記録に残る最古の治療体系です。
インドを発症の地として世界中へと伝播され、今日にも医療の基となっています。
そして医学だけではなく、生命科学・哲学を含み、病気の治療と予防だけではなく、より善い人生と幸福な人生を目指すものです。
 
アーユルヴェーダの基礎理論は、目に見えない概念が多く含まれています。
例えばヴァータ(風のエネルギー)や、ピッタ(火のエネルギー)など。
これらは頭で理解するのも、ましてやしっかりと腑に落とすのも現代人にとって難しいことだと言えます。
 
アムリタムシュッディの講座では、まず、西日本に一台しかないアーユルヴェーダ脈測定器を使って、これまで900人を超えるカウンセリング歴を持つアルテャヤティさとみが、一人一人の脈読みをします。
そして、ご自身の心身の調子と照合しながら理論を学んでいくことで、体感的にアーユルヴェーダを学び理解していくことができます。
 
15年以上にわたって、インドやアメリカの数多くのアーユルヴェーダ学校や病院で学び、著名な医師と連携して治療をサポートしてきたアルテャヤティさとみから、正しいアーユルヴェーダの知識を学んでみませんか?
ご自身や家族の健康管理に役立てたい方や、クライアントを持つヨガインストラクター・セラピスト・看護師のような方にも、実際に使える知識・技術として身につけることができ、好評をいただいている講座となります。
 
アムリタムシュッディでは、基礎理論クラスから、個人のセルフケアを習得できるクラスまで、学びの段階とご要望に分けた講座と各種トリートメントを多数ご用意しております。
 
心身の不調や、健康管理にアーユルヴェーダを取り入れてみたい、まずはどんなものかが知りたい方は、まずはこの「はじめてのアーユルヴェーダ講座」からどうぞ。
 
•持ち物:メモ
 
※ご予約の二時間前までにお食事を済ませて来てください。
脈がとりにくい場合は、足首でとりますので、ストッキングなどをはかずに足首を出しやすいお足下でお越し下さいませ。
……………………………………………………………
測定とカウンセリングイメージを動画でご覧ください。
https://youtu.be/7doAKHBjs7Y
 
体験談は、下記のページでご覧ください
http://amritam-kobe.jp/hoso-experience/
 
実際の測定結果イメージは、こちらでご覧ください。
http://amritam-kobe.jp/output-of-pulse/
……………………………………………………………
 
【プロフィール】
至福の浄化 アムリタムシュッディ代表 アルチャヤティさとみ
https://amritam-kobe.jp/
 
2005年より、インドのアーユルヴェーダクリニック5か所にて研鑽を積む
2010年より、インドのアーユルヴェーダドクター来日を4回サポート
2017年より、南インドのアーユルヴェーダ施設提携を組み活動
2018年より、エドガーケイシー関連セミナーを数回サポート
日本に一台しかないアーユルヴェーダ脈測定器を用いた心身魂のつながりから考えるヘルスケアによるカウンセリング実績800名を超える。
 
18年程前、パニック障害を発症し、心療内科の対応に不信感を抱いた事がきっかけで、様々なヒーリングメソッドを探し試すようになりました。わたしの場合、心療内科に頼らず、自分が選んだ数々の手法がほとんど当たりで、わずか半年ほどで、休職状態から社会復帰を考えるまでに至りました。
 
その内容とは、身体だけのケアではなく、精神、さらには、魂へのアプローチを得意とする、数々のメソッドを含んでいました。
 
アーユルヴェーダのヴァータ性疾患(風のエネルギーの悪化)の解剖生理を知った時、なぜ?自分がパニック障害を発症したのか?が明確に理解できたのです。
 
食事の偏り、徹夜、そして何よりメンタルの問題が、全部ヴァータを極限まで悪化させる生活を2年ほど送っていたからだと理解しました。
 
心療内科の薬を飲まず、ヴァータを緩和する食事、充分すぎる程の睡眠、様々なメンタルヒーリング、魂へのアプローチを受け、自分の判断で、短期に社会復帰しました。
 
そのセオリーを知っただけで、自分の病を自分で治せる。その恩恵に感謝し、アーユルヴェーダの全体像を学びたい!という想いでインドへの渡航を始めてから気が付けば15年ほどの歳月が流れ去りました。
 
アーユルヴェーダを学ぶ過程で、様々な人達と友人になりました。そのご縁で、ファーストクラスのアーユルヴェーダドクターの来日をボランティアとしてサポートする事になりました。
 
ドクター来日時のお迎え、かばん持ち、書記などのお手伝いをさせて頂き、その神業の脈診や、医療占星術を駆使した、この世の御業とは思えぬ診察を観る機会をたくさん頂きました。
 
その先生のインドの病院は、がん研究で有名な病院だったので、日本でのご相談も、がん患者さんが結構いらっしゃいました。先生がインドに帰ってしまわれた後、その患者さん達からご質問など頂く事が度々あり、単なるOLであり医者でない私のできる事は、アフター5に、カフェなどで、ただただ、患者さん達の人生のお話に、誠意を持って耳を傾ける事だけでした。
 
この経験で、わたしは、大きな気づきがひとつありました。自分には、何もできないけれど、患者さんのお話を一生懸命聞くだけの事で、その方の表情がとても明るくなること、喜びの涙を流される事。ご気分がとてもよくなられる事。わたしは、気分が良くなるということは、免疫力も上がるようだ。という事に気づいたのです。
 
自分でもお役にたてる事がある!そう思えた宝石の様な経験となりました。
それが、今の道なき道のような仕事を支えていると思います。
 
理由を聞かれても答えようのない衝動とトキメキに突き動かされて、アーユルヴェーダを起点として、ここまで歩んで来ましたが、脈測定器との出会いが、アーユルヴェーダ意外のセルフケアに有効なホリスティックな手法への道も開きました。
 
みなさまが、自然療法を使った日常のケアを通して、生命の質を向上させてゆく様を見せて頂いていることが、わたしにとって、至福の人生です。
 
【Mission】
日本に一台しかないアーユルヴェーダの脈測定器による
カウンセリングの経験を通じて必須だと感じた
心身魂のつながりから考えるヘルスケアの発展に貢献します。
 
【Vision】
アーユルヴェーダを超えて、より広く、世界の医療のパラダイムシフトに貢献します。
 
#アーユルヴェーダ
#ドーシャ
#脈
#インド
#ヘルスケア
#体調不良
#セルフケア
#みかげ
#御影
開催日時
2019年11月14日(木)
開場 9:45
開始 10:00
終了 13:00
場所 みかげコルヌコピア
神戸市東灘区御影本町8-11-23
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

・はじめてのアーユルヴェーダ講座 3,000円

*オプション

・アーユルヴェーダ脈測定 60分 6,000円
 
支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

現金

クレジットカード

定員 7  名
申込受付期間2019/10/23(水) 16:53 ~ 2019/11/13(水) 23:00まで
主催者アルチャヤティさとみ
こちらのイベントもオススメです
はじめてのアーユルヴェーダ講座@みかげコルヌコピア、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional

アムリタムシュッディ

アルチャヤティさとみ

Mission
世界の医療のパラダイムシフトに貢献する
Senmon
眠れない ダイエット DNA 自律神経 頭痛

2005年より、インドのアーユルヴェーダクリニック5か所にて研鑽を積む

2010年より、インドのアーユルヴェーダドクター来日を4回サポート

2017年より、南インドのアーユルヴェーダ施設提携を組み活動

2018年より、エドガーケイシー関連セミナーを3度サポート

日本に一台しかないアーユルヴェーダ脈測定器を用いた心身魂のつながりから考えるヘルスケア
カウンセリング実績800名を超える
18年程前、パニック障害を発症し、心療内科の対応に不信感を抱いた事がきっかけで、様々なヒーリングメソッドを探し試すようになりました。わたしの場合、心療内科に頼らず、自分が選んだ数々の手法がほとんど当たりで、わずか半年ほどで、休職状態から社会復帰を考えるまでに至りました。

その内容とは、身体だけのケアではなく、精神、さらには、魂へのアプローチを得意とする、数々のメソッドを試しました。

アーユルヴェーダのヴァータ性疾患(風のエネルギーの悪化)の解剖生理を知った時、なぜ?自分がパニック障害を発症したのか?が明確に理解できたのです。

食事の偏り、徹夜、そして何よりメンタルの問題が、全部ヴァータを極限まで悪化させる生活を2年ほど送っていたからだと理解しました。


心療内科の薬を飲まず、ヴァータを緩和する食事、充分すぎる程の睡眠、様々なメンタルヒーリング、魂へのアプローチを受け、自分の判断で、短期に社会復帰しました。


そのセオリーを知っただけで、自分の病を自分で治せる。その恩恵に感謝し、アーユルヴェーダの全体像を学びたい!という想いでインドへの渡航を始めてから気が付けば15年ほどの歳月が流れ去りました。


アーユルヴェーダを学ぶ過程で、様々な人達と友人になりました。そのご縁で、ファーストクラスのアーユルヴェーダドクターの来日をボランティアとしてサポートする事になりました。


ドクター来日時のお迎え、かばん持ち、書記などのお手伝いをさせて頂き、その神業の脈診や、医療占星術を駆使した、この世の御業とは思えぬ診察を観る機会をたくさん頂きました。


その先生のインドの病..

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock