Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketukecyuu
4007_ndnhmtu4nzrmmwuzz

セッションギバー
トレーニング

H_taisho
数々の技法を総合的に使うダソのセッションを受けることで技を学び取ろうというガッツのある人へ。
H_kitai
自分自身の内的プロセスを見守られながら、セッション提供者としての自信をつけていけます。
373164_dsc_1401

Session Giver Training

セッション・ギバー・トレーニング

 

このトレーニングは、セッション提供者としての基本姿勢を確立するための少人数制トレーニングで、任意の日程が組めるのが魅力です。(設定の日時は便宜上のもの)

 

3つの基本姿勢

1)相手の領域に介入しないやり方で、クライアント自身が自分で答えを見つけて行く手助けをする。
  クライアント側;自分の考え・願望・困っていることなどを口にするときに自由な感覚を持てる。
  

2)慈愛を持って意識的に空間をホールドする。
  クライアント側;守られた環境の中で自分の問題・課題を自分のペースで見つめてゆける。

3)何であれその人自身の選択に対する尊重を持ってかかわる。
  クライアント側;困難な道を選んでいたとしても、そのことに誇りを持てる。

結果として

自分の責任で自分の道を選択することが、クライアント自身を強くする。セッション提供者は、それを見守ることができるだけで、不必要な介入がない分、お互いの立ち位置を健全に保てる。相互依存にならない。

自分のプライベートな時間は自分自身のケアをするという健康的な生活スタイルを保てることで、よりエネルギッシュに仕事にも打ち込めるようになる。

自分のやりたいこと・家族との関係性と、仕事・社会性とのバランスが取れることで、よりリラックスした幸せなライフスタイルになる。

ーーどんな人もほんとうはそのような結果を望んでいながら、うまく切り替えができずに、仕事とプライベートの間で疲れ切ってしまい、負のサイクルから抜け出せなくなっているケースを多く目にします。それではほんとうに良いセッションを提供するのはむずかしくなってしまいます。

※これは「セッションギバー(セッションを提供する立場の人)」に特化したトレーニングですが、実のところどのようなお仕事にも適応すると思います。


 

上記3つの基本姿勢を育むためのツールとして、「自己想起」と「人間の本質のストラクチャーの理解」があります。以下の図を見てください。あなたが学んできた技法はどこに位置しますか? そしてそれを学んでいるあなた自身はどこにいますか?

 

 


    
あなたがセッション提供者だったり、チーム・リーダーやコーチのように人々に指示を出す立場でいるとき、あなたはこれまで自分が習得してきたことの上に立っています。足元にはこれまで習得したたくさんのこと、経験、知識など豊富なリソースがあるのですが、それを見ている/知っているのは、あなたの人格の部分です。

残念ながら、そこには自分の【本質】に対する認識・理解が欠けていて、言わば、あなたのエゴがトップにいる状態です。それは実のところとてもしんどい状況です。というのも、あなたの関心事は一次元的に横に広がっていくか、無意識層に潜って行って、もっと役立つものを、もっと能率的に得ようとする方向に向かうことになるからです。

次から次へと面白そうな技法に興味が行ってしまうのも、そのためです。習得した技法を実践して経験値をあげることや、自分自身の内的成長につながるような働きかけなど、肝心なことがおろそかになり、やがては枯渇して自分の能力に自信が持てなくなるでしょう。あるいは他者との競争の中に自分を見失ってしまうのです。

 

では、どうすれば良いのでしょう?

自分がほんとうはだれなのか? 何者なのか? どんなふうに生きたいのか? あなたが大切にしている真実は? など、十分な時間を取って、自分自身にもっと本質的な問いかけをしてみることです。これが自己想起と呼ぶものです。

そうでなければ、可哀そうなあなたのエゴは、すべてを自分の責任として受け取ってしまいます。

自己想起というとき、二つの入り口があります。瞑想で気づき・目覚める力(アウェアネス)をつけること、そしてそのアウェアネスを使って、インクワイアリー(自分に問う)をすることで自分の思考のマスターになること。このことであなたは自分の内側に人格以外のもの――愛・信頼・勇気などといった本質があることに気づくようになります(上図の空白の部分がつながる)。

 

【実際に何を習得するのか?】

1)クリーン・ランゲージのクリーンな問い

セッションをはじめるときに大切なラポール(信頼関係)を築くために、クリーン・ランゲージのクリーンな問いというのを活用できます。これは他のさまざまな場面に応用できるので、ツールボックスに入っていると安心できるものです。

2)家族の座と呼ぶ家族セラピーの3つの技法

セッションの内容には、かならず本人と関係する課題(仕事・親密な関係にある相手・お金など)が出て来ますが、その課題と自分の位置関係を見るのに、家族の座と呼ぶ家族セラピーの3つの技法がとても役に立ちます。その課題との間に距離を持つことで、新しい視点で課題を見つめることを可能にします。

3)瞑想とインクワイアリー

この二つはダソのセッションを受けながら習得していくことになりますが、技や在り方をモデリングするというよりも、自分自身の気づきの体験による理解があなたの中に浸透してゆくプロセスです。


 

【トレーニング期間と参加費】

3か月/30万(分割払い可)

※家族の座はかならず1度は参加者として受ける必要があります(別途払い)が、2回目以降はNo Mind主催「家族の座」は無料でヘルパー参加でき、その中でも学んでいけます。

 

【トレーニングの進み方】

1)クリーンな問いの使い方(3時間)
実例を含む定期的なレッスン

2)家族の座の技法を習得(3~5時間)
おじぎ、自分のいる場所に対する気づきなどシンプルな技法を習得。

3)瞑想(3時間)

いっしょに1時間の瞑想をした上で、人にどんなふうに紹介できるかの瞑想指導の要点を細かく教えます。そのことによって、あなた自身も瞑想への理解が深まるし、望むなら瞑想会を企画していくこともできる。また日常でできる気づきのレッスンなど、まずは自分で、それから知人友人とできるような瞑想法を知ることができます。

4)インクワイアリー・セッション(3時間)

定期的に30分のインクワイアリー・セッションを受ける。このことで、自分の思考を見つめやすくなります。

5)本質の基本的理解(3~5時間)

エゴのストラクチャーと本質との関係性に気づきを向けることによって、自分の思考パターンがつかみやすくなると同時に、人のことがよくわかるようになります。

 


 

【3人1組グループ・メンバー募集中】

グループを作る利点として以下があげられます。

  • グループインクワイアリ-をサポートとして使える。
  • 自分のセッションに短い瞑想を取り入れる方法が習得でき、すぐに使えるので、フィードバック、シェアリングが可能になる。
  • 定期的に会えるので、経験がフレッシュなうちに質問して確認できる。

※現在グループ1は進行中。グループ2は、11月~12月スタートの予定です。

 

【スケジュール】

  • Daso主催の家族の座にスタッフ参加(無料)でき、メンバーは昼食時間と終了後にディスカッションタイムが持てる。グループ終了後、数日経ってから講義・実技の半日レッスンを予定する。

  • 月初めの「はじめての瞑想会」は無料参加できるので、初心者がいればその人にどんな説明をしているかがモデリングできるし、その人が帰ってからの時間を講義にあてることも可能。

  • 4)のインクワイアリー・セッションはグループでもやるが、Dasoとはマンツーマンでやるので、個別に調整する。30分を6回とること。

  • 以上をベースにして、メンバーの都合の良い日を相談しながら決める。4)以外の全16時間の行程を3か月の間に3~4日間でできるとベスト。

  • 他に質問があったら遠慮なく聞いてください。

 

 

開催日時
2019年11月17日(日) ~ 2月 1日(土)
開場 10:00
開始 12:00
場所 No Mind Incオフィス
東京都 江東区深川2‐23‐4‐4502
Releaf_touroku
拡大地図
参加費
定員 3  名
申込受付期間2019/9/ 3(火) 00:00 ~ 2019/11/30(土) 23:00まで
主催者斉藤 ダソ
お問い合わせ先斉藤 ダソ
お問い合わせ先電話番号090-7599-3693
お問い合わせ先メールアドレスdaso@no-mind.co.jp
Releaf_touroku
自分を愛し、そして見守るーー今日、明日、いつの日であろうと。
Professional_s
 
 
NoMind株式会社 瞑想リーダー・クリーン・ランゲージ・トレーナー
斉藤 ダソ
自分を愛し、そして見守るーー今日、明日、いつの日であろうと。
 
Osho瞑想リーダー

===============
81年インド、プネーで1年間瞑想に励む。83年アメリカ、オレゴン州に移転した瞑想コミューンにも参加。96年から6年間、OSHOインターナショナル瞑想リゾート内マルティバーシティで瞑想をベースにした数々のセラピーを習得するとともに「瞑想としてのワーク」プログラムに参加。ヒプノシス、NLP、クリーン・ランゲージ、家族の座のファシリテイター資格を持つが、2012年からはクリーン・ランゲージ・トレーナーとして活躍している。

OSHO瞑想リーダー、アウェアネス・インテンシブ・ファシリテイターでもあり、21日間独りで坐る「究極のリトリート」と呼ばれたプログラムに2度参加し涅槃の境地を体験するなどコアな瞑想経験を持つ。
 
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
瞑想リーダー・クリーン・ランゲージ・トレーナー

斉藤 ダソ

Mission
自分を愛し、そして見守るーー今日、明日、いつの日であろうと。
Senmon

瞑想リーダー

Osho瞑想リーダー

=============== 81年インド、プネーで1年間瞑想に励む。83年アメリカ、オレゴン州に移転した瞑想コミューンにも参加。96年から6年間、OSHOインターナショナル瞑想リゾート内マルティバーシティで瞑想をベースにした数々のセラピーを習得するとともに「瞑想としてのワーク」プログラムに参加。ヒプノシス、NLP、クリーン・ランゲージ、家族の座のファシリテイター資格を持つが、2012年からはクリーン・ランゲージ・トレーナーとして活躍している。

OSHO瞑想リーダー、アウェアネス・インテンシブ・ファシリテイターでもあり、21日間独りで坐る「究極のリトリート」と呼ばれたプログラムに2度参加し涅槃の境地を体験するなどコアな瞑想経験を持つ。

B_facebook
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock