Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketukecyuu
4007_ymrlzji4ndvkmtqwo

母と子のインクワイアリー
妙高・瞑想キャンプ

はじめての自立
H_taisho
両親や社会から与えられた役割を演じるのではなく、家族の中の自分の正しい立ち位置を見出したい人へ
H_kitai
愛の根源につながりながら、同時に独りの豊かさの中にいる、その体験を日常に生かす術を手に入れます。
366794_28055665_1740262242660708_8436066407199869270_n
2019年は大阪、名古屋、東京、札幌で「家族の座とインクワイアリー」のコースを提供してきましたが、さらに自分自身の中に深くダイブしていくために3泊4日の「母と子のインクワイアリー・瞑想キャンプ」を開催します。この瞑想キャンプでは、OSHOアクティブ瞑想をサポート技法として使いながら、より本質的な方向へインクワイアリー(自分への問いかけ)を向けてゆきます。
 

母と子のインクワイアリー

 

はじめての自立

 

ずっと心に抱えてきた親子や夫婦間の課題・問題を紐解いてい行く過程で、不安・怖れ・怒りといった感情を手放せなかったり、手放すこと自体に罪悪感を持ってしまうなど、さまざまな抵抗に出会うこともしばしばです。

そういうときはエネルギーが低下し、あなたは悪い結果ばかりを考えてしまう。アタマに浮かぶことは、過去を悔やむか未来を嘆くか、根本的にそのどちらかでしょう。

 

家族の座というワークを長年提供してきて、つねに不思議だったことがあります。それは、何度か参加されるクライアントさんがいらして、その人は必ずと言っていいほど以前と同じテーマを話題にされることです。それだけ根が深いということはあるでしょうし、このワークの創始者へリンガー氏も、「本人が望むなら何度でも座を開けば良い」と言っています。

ただ、私の疑問は、ワークをして手放しが起こり、本人の口からも大きな気づきだったという感想があったにもかかわらず、「日常の忙しさの中でまた同じことをしている自分がいる。」と言って、同じ課題に戻って来られることでした。

 

コースの中では口を酸っぱくして「瞑想がサポートになるから、続けていくように」と伝え、みんなも「はい」と答えているにも拘わらず、ほとんどの人はまた無意識な習慣性のパターンに戻って行くという事実を見てきて、私たちのマインドの仕組みを、まず私自身がほんとうにわかっておく必要があるのだと気づいたのです。自分自身に問う「インクワイアリー」という手法を加えたのはそのためです。

 

また、宿泊付き瞑想キャンプを年に一度は開催するつもりでいますが、それは「独りの豊かさ」という空間にどっぷりと浸って、心身ともにいやされていただけるようにです。

殺伐とした現代社会からいったん距離を置いた時空の中で、あなただけが持っているリソース・本質とつながり始めると、あなたのハートにもともとある本心がおのずと表面に現れてきます。

そのときこそ、あなたは、家族の中の正しい立ち位置を見つけ、心からくつろぐとともに、このままの自分でいて良いのだという許可を自分に与えてあげられるのです。

私たちの瞑想キャンプは以下のインクワイアリーから始まります。

 

あなたの心の奥深くに隠れているあなたの真実について話してください

 

【家族の座とは?】

家族の座というワークは、あなたと、あなたの両親、パートナー、仕事、、、何であれあなたの課題を作り出している対象を「空間に置く」ということをします。すると、その場のエネルギーが、あなたが見るべき必要な情報をエマジェント(創出)させます。そして、その創出した情報自体が、あなたがその課題に巻き込まれていない、本来の自分に立ち戻れる「正しい立ち位置」を見出してゆきます。

【インクワイアリーとは?】

「私は何も知らない」というところから自分に問いかけてゆくインクワイアリーという手法は、けっこう昔から古今東西のスピリチュアルマスターに使われてきました。禅の伝統である「公案」というのも同じ系統のものですが、この瞑想キャンプでは参加者のプロセスに合わせて使い分けていくことになります。

インクワイアリーはペアワークです。あなたのパートナーは鏡のようにいて、無言のままあなたの話に耳を傾けています。話の内容に同意したり、口を挟んだりしません。そのことが今ここにとどまるためのアンカリングになります。5分交代で1ラウンド40分が過ぎる頃には、自分の内側を見つめることにだんだん慣れてきます。(※瞑想に入る前に詳しい説明がありますので、ご安心ください。)

 

誰にでも参加できますが、もしもあなたが、、、。

 

  • ダメな自分を笑えるようになりたい。

  • 愛が憎しみになる前に、何とかしたい。

  • 自分でできるエクササイズを見つけたい。

  • 即効性より確実性を求める。

  • 独りの時間を取ってゆっくりと自分を見つめ直したい。

  • 安心できる方法で感情を解放したい。

  • これまで一人で頑張って来たけど、今こそ助けが必要だ。

 そういうところにいるようなら、この瞑想キャンプは十分にあなたの期待に応えます。

 さらに、日常で使える実技も持って帰っていただける充実した3泊4日をお約束します。

 

これまでに2日間のワークに参加している方には特典があります。

 

日時:2020年5月2~5日(土日月火)

集合時間:2日14時
解散時間:6日14時
 
会場:妙高高原リゾートプロジェクト

 
定員:18名
 
参加費(税込み):正規77,000円
         早割55,000円(2019年末までにお申込み)22000円もお得!
 
         ※2020年からは消費税10%が加算されます。

※2019年度「母と子のインクワイアリー」2日間の参加者特典:
上記いずれの参加の場合も、Dasoのオンライン個人セッション60分が付いてきます。
 

 
 
【家族の座ファシリテーター:斎藤ダソ】
 
斎藤ダソは、1996年にこのワークの創始者バート・へリンガーから直接指導を受け、インド、プネーのOsho瞑想リゾートでは各国の訪問者にセッションをしてきました。2002年に帰国後、数多くのグループや個人セッションを提供してきた経験豊富なセラピストであり、アウェアネス・インテンシブという集中瞑想のリーダーでもあります。

 
 
開催日時
2020年5月 2日(土) ~ 5月 5日(火)
開場 13:30
開始 14:00
場所 リゾートプロジェクト妙高高原
新潟県 妙高市関川2441
Releaf_touroku
拡大地図
参加費
母と子のインクワイアリー 妙高瞑想合宿 参加費 (77000 円)
母と子のインクワイアリー 妙高瞑想合宿 早割(2019年12月末まで) (55000 円)
定員 18  名
申込受付期間2019/8/ 7(水) 00:00 ~ 2020/5/ 2(土) 00:00まで
主催者斉藤 ダソ
お問い合わせ先斉藤 ダソ
お問い合わせ先電話番号090-7599-3693
お問い合わせ先メールアドレスdaso@no-mind.co.jp
Releaf_touroku
自分を愛し、そして見守るーー今日、明日、いつの日であろうと。
Professional_s
 
 
NoMind株式会社 瞑想リーダー・クリーン・ランゲージ・トレーナー
斉藤 ダソ
自分を愛し、そして見守るーー今日、明日、いつの日であろうと。
 
Osho瞑想リーダー

===============
81年インド、プネーで1年間瞑想に励む。83年アメリカ、オレゴン州に移転した瞑想コミューンにも参加。96年から6年間、OSHOインターナショナル瞑想リゾート内マルティバーシティで瞑想をベースにした数々のセラピーを習得するとともに「瞑想としてのワーク」プログラムに参加。ヒプノシス、NLP、クリーン・ランゲージ、家族の座のファシリテイター資格を持つが、2012年からはクリーン・ランゲージ・トレーナーとして活躍している。

OSHO瞑想リーダー、アウェアネス・インテンシブ・ファシリテイターでもあり、21日間独りで坐る「究極のリトリート」と呼ばれたプログラムに2度参加し涅槃の境地を体験するなどコアな瞑想経験を持つ。
 
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
瞑想リーダー・クリーン・ランゲージ・トレーナー

斉藤 ダソ

Mission
自分を愛し、そして見守るーー今日、明日、いつの日であろうと。
Senmon

瞑想リーダー

Osho瞑想リーダー

=============== 81年インド、プネーで1年間瞑想に励む。83年アメリカ、オレゴン州に移転した瞑想コミューンにも参加。96年から6年間、OSHOインターナショナル瞑想リゾート内マルティバーシティで瞑想をベースにした数々のセラピーを習得するとともに「瞑想としてのワーク」プログラムに参加。ヒプノシス、NLP、クリーン・ランゲージ、家族の座のファシリテイター資格を持つが、2012年からはクリーン・ランゲージ・トレーナーとして活躍している。

OSHO瞑想リーダー、アウェアネス・インテンシブ・ファシリテイターでもあり、21日間独りで坐る「究極のリトリート」と呼ばれたプログラムに2度参加し涅槃の境地を体験するなどコアな瞑想経験を持つ。

B_facebook
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock