Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
CSA専科・
異文化間
コミュニケーション
H_taisho
日本語教師、外国語教師、また海外でビジネスをするなど、普段から異文化と接触のある方
H_kitai
特定の文化、特に東洋と西洋に見られる違いを理解することができます。

 

この講座でできるようになること 

 

 文化が人間のコミュニケーションに与える影響を理解することは、日本語教師、外国語教師、また海外でビジネスをする方など、普段から異文化と接触のある方に必須の知識です。

 

 あなたは文化を一言で説明できますか?文化って日本語ではいろんな使われ方をしますので難しいですね。大阪はしょうゆ文化とか着物文化とか、「南米には〇〇を食べる文化がない」とか…

 

 異文化間コミュニケーションとは、異なる文化的背景を持つ人たちとの間で行われるコミュニケーションがもたらす問題を文化的特徴により理解、対処する分野です。

 

 特定の文化、特に東洋と西洋に見られる違いを理解し、個別の文化を観察します。

 

 テーマに合わせたディスカッションを通して、コミュニケーションが本質的にどういった役割を果たしているかを学ぶことができます。

 

 これまで以上に外国人との接触が多くなることは目に見えています。グローバルに働くために不可欠な世界基準の知見を広めましょう。

 

日程・内容 

 

オンライン講義:2時間×3回

講座内容(計6時間)

1回目:8月21日(水)20:05~22:05

 文化の本当の姿 ~日本語の「文化」という単語との違い~

 ・日本文化の特徴

 

2回目:8月28日(水)20:05~22:05

 文化がもたらす問題

 ・カルチャーショックを深く考える

 

3回目:9月4日(水)20:05~22:05

 異文化理論

 ・不確実性減少理論

 ・アイデンティティー交渉理論

 ・異文化トレーニング

 

受講方法 
 
3回の講義はオンライン会議システムZOOMを使います。送られてくるURLをクリックするだけ!
 
 

全3回を受講した方には、認定証を郵送します(CSA専科・2級・異文化間コミュニケーション)

欠席するときは、前日までにメールでお知らせください。1回のみ録画を送ります(出席扱い)。
連絡なく欠席された方には録画の送付はしませんのでご注意ください。

 

受講規約(必ずご覧ください)

プライバシーポリシー

 
 
開催日時
2019年8月21日(水)
開場 19:45
開始 20:05
終了 22:05
場所 オンライン
オンライン
ホームページ
Releaf_touroku
参加費

32,400円

(受講料 30,000円 消費税 2,400円)

支払方法

①銀行振込み

②クレジットカード払い(1~24回):GMOペイメントゲートウェイ株式会社へ委託

 

※②を選ばれた方へは別途決済用URLを送ります。分割回数はカード会社によって異なります。

定員 10  名
申込受付期間2019/8/ 2(金) 09:00 ~ 2019/8/20(火) 22:00まで
主催者野中アンディ
お問い合わせ先野中アンディ
お問い合わせ先電話番号050-5897-8213
お問い合わせ先メールアドレスmail@commskill.net
Releaf_touroku
論理的に、かつ鮮やかな言葉で自分の考えを強く伝える人を育てます。
Expert
 
 
一般社団法人コミュニケーションスキル協会 コミュニケーションスキル協会 代表理事、㈱コムスキル 代表取締役
野中アンディ
論理的に、かつ鮮やかな言葉で自分の考えを強く伝える人を育てます。
 
日本コミュニケーション学会元理事(副学術局長)
TOEIC 990点
元大学准教授
博士号(専門:コミュニケーション学)
福岡県春日市出身。

専任教員として関東学院大学(講師)、中村学園大学(准教授)で対人コミュニケーション、パブリック・スピーキング、ビジネス英語などを教える。

・プレゼンテーション福岡主宰
・TED Talks 通訳翻訳チーム
・TEDx Fukuoka スピーカー部門チーム
・2018年度国立工業高等専門学校英語プレゼンテーション九州大会審査委員長
・福岡県タレント発掘事業ロジカルプレゼンテーション担当(小学校5-6年生アスリート)
・大学入試センター試験英語問題作成委員(2007-2008年度)

また非常勤講師としてもフェリス女学院大学、西南学院大学、福岡大学他で教えるなど経験豊富。趣味はゴルフと料理。

大学時代にアメリカに交換留学生として留学したのですが、そこで最初に受けた授業がコミュニケーション学の基礎であるパブリックスピーキングの授業、俗にいうプレゼンテーションでした。
その時私は大きな衝撃を受けたのです。なぜならアメリカ人は言葉を使って人を説得するために論理を駆使し表現を工夫し非言語を最大限に使う訓練をその授業でやっていたからです。このパブリックスピーキングを日本に広めなければ日本人は世界に負けてしまう!そう強く感じた私は日本に帰り、大学でこの科目を教える教員になろうと決心したのでした。
そのため再度アメリカに戻りコミュニケーション学で修士号を、そして日本に戻り博士号を取得しました。現在は大学を辞め、パブリックスピーキング(例えばスティーブ・ジョブズがやったようなプレゼン)を通して言葉のセンスを一気に伸ばす講座を展開しています。
 
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Expert
コミュニケーションスキル協会 代表理事、㈱コムスキ..

野中アンディ

Mission
論理的に、かつ鮮やかな言葉で自分の考えを強く伝える人を育てます。
Senmon

言葉 プレゼンテーション 話し方 パブリックスピーキング コミュニケーションスキル

日本コミュニケーション学会元理事(副学術局長)
TOEIC 990点
元大学准教授
博士号(専門:コミュニケーション学) 福岡県春日市出身。

専任教員として関東学院大学(講師)、中村学園大学(准教授)で対人コミュニケーション、パブリック・スピーキング、ビジネス英語などを教える。

・プレゼンテーション福岡主宰
・TED Talks 通訳翻訳チーム
・TEDx Fukuoka スピーカー部門チーム
・2018年度国立工業高等専門学校英語プレゼンテーション九州大会審査委員長
・福岡県タレント発掘事業ロジカルプレゼンテーション担当(小学校5-6年生アスリート)
・大学入試センター試験英語問題作成委員(2007-2008年度)

また非常勤講師としてもフェリス女学院大学、西南学院大学、福岡大学他で教えるなど経験豊富。趣味はゴルフと料理。

大学時代にアメリカに交換留学生として留学したのですが、そこで最初に受けた授業がコミュニケーション学の基礎であるパブリックスピーキングの授業、俗にいうプレゼンテーションでした。
その時私は大きな衝撃を受けたのです。なぜならアメリカ人は言葉を使って人を説得するために論理を駆使し表現を工夫し非言語を最大限に使う訓練をその授業でやっていたからです。このパブリックスピーキングを日本に広めなければ日本人は世界に負けてしまう!そう強く感じた私は日本に帰り、大学でこの科目を教える教員になろうと決心したのでした。
そのため再度アメリカに戻りコミュニケーション学で修士号を、そして日本に戻り博士号を取得しました。現在は大学を辞め、パブリックスピーキング(例えばスティーブ・ジョブズがやったようなプレゼン)を通して言葉のセンスを一気に伸ばす講座を展開しています。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
https://analytics.google.com/analytics/web/?hl=ja#embed/report-home/a101732771w149037491p153932509/
Copyright (c) 2010-2017コミュニケーションスキル協会・ 株式会社コムスキル. All Rights Reserved.
Powered by reservestock