Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketukecyuu
説教1「魂という神殿について」①
エックハルトを読む会
H_taisho
マイスター・エックハルトを読みたい、神学に触れたい、イエスは神殿でなぜ怒ったのか
H_kitai
マイスター・エックハルトに触れることができる
363896_img_3986[1]
363896_エックハルト像

天使のトリヴィアで登場する

マイスター・エックハルト。

 

中世ドイツのキリスト教神学者であり

ドミニコ会の総長代理を務めたり

修道院長、管区長など教会内の重職を

歴任している司教。

 

神について説教しているけれど、

彼の神学はキリスト教を越える普遍的な哲学。

ヘーゲルやニーチェ、ユング等

中世末期のみならず近代以降の思想家にも、

強い影響を残している。

 

残念ながら異端宣告を受けたため

ほとんど著作が残っていない…という辺りは

『天使のトリヴィア』に出てきましたねー。

 

神と人との関係

言葉と言(ことば)について

神の圧倒的な愛

についてエックハルトが語る

3次元の言葉で、

魂にワイヤーが入ります。

 

 

 

 

前回のレポート

 矢印 神は取り引きしない

 

 

『決して外には現れない言葉であるが、

 それは語るもののうちに永遠にとどまるのである。

 それは語る父の内にあり、絶えず誰かに受け取られ、

 そしてなおうちに在り続ける。

 私たちがいつでも、その言葉の傍らでひとつの「bîwort」として

 在り続けられますように。』

 

 

 

※参加には条件が2つあります。

 1.『天使のトリヴィア』を受講していること

 2.​​​テキストとして

 マイスター・エックハルトの「説教集」

 説教1を読んでおくこと。

 当日は本を読みながら講義が進みますので、

 各自ご用意の上、必ずお持ちください。

 

 

※この講座は①とある通り、2回に分けて読んでいきます。

 

 

 

 

 

開催日時
2019年9月26日(木)
開場 13:00
開始 13:15
終了 16:15
場所 波止場会館
神奈川県 横浜市中区海岸通1-1
ホームページ
Releaf_touroku
拡大地図
参加費

3,000円

 

支払方法

当日現金にてお支払いください。

 

 ▼原則的なキャンセルポリシー

 ◎前日~当日キャンセル
   キャンセル料として参加費全額を申し受けます。

定員 12  名
申込受付期間2019/7/27(土) 21:53 ~ 2019/9/26(木) 13:00まで
主催者宮下久美
お問い合わせ先インラケッチ 久美
お問い合わせ先電話番号090-5446-4626
お問い合わせ先メールアドレスinfo@inlakech.jp
Releaf_touroku
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
Time is Artナビゲーター

宮下久美

Mission
全ての人が、本来の自分で人生を楽しめるように。
Senmon

銀河のマヤ暦/混乱を交通整理する/嗅覚反応分析

【提供しているもの】
銀河のマヤ暦講座
インラケッチセッション
こよみとき
嗅覚反応分析

【プロフィール】
銀河のマヤ暦やLDMで学んだエッセンス等を活用し,
『その人本来の輝きで歩む』サポートをしている。
 
失恋をきっかけに自分が大嫌いになり、
“自分ではないもの”になろうと頑張った20代。
ますます生きて行くのが苦しくなり、
30代40代にかけどんどん自分を見失っていく。

結婚10年目に夫から奴隷呼ばわりされ、離婚を決意する。
離婚後自分探しをする中で、
銀河のマヤ暦と出合い、自身の
“魂の刻印記憶”を知る。
そこからそれまでの人生の全てに無駄はなく
宝物であることに氣づき、
ただ自分であることの心地よさを思い出す。

現在は「かつての自分のように、
自分を見失ってしまった人が、
自分を取り戻すきっかけになれば」という思いで、
手法を限定せず、セッションやセミナーを提供している。

  kumi98
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock