Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
イライラしても子どもに当たらないママになる!ママの自己肯定感を高めるワークショップ
~眉間のしわより、笑いじわを増やそう(≧▽≦)~
H_taisho
イライラ、モヤモヤ、ネガティブな感情に振り回されずに、笑顔でいたいママさん
H_kitai
子どもや周りに、不要にイライラをぶつけなくなります^^ それにより子どもの自己肯定感まで上げちゃうかも♪
360601_50860496_279908036017432_7200615789613809664_n
360601_50855118_380931175789633_5412415231190106112_n
誰かのためでなく自分のために生きたい人を応援することで、世界を平和にすること
Professional
 
 
ライフコーチみつはしあきこ 
みつはしあきこ
誰かのためでなく自分のために生きたい人を応援することで、世界を平和にすること
 
国際コーチ連盟アソシエイト認定コーチ(ACC)
ライフコーチワールド認定ライフコーチ
日本親子コーチング協会認定コーチ
ピットインカードマスターインストラクター
誰かのためでなく、自分のために生きたいあなたのライフコーチ

1974年生まれ。小学校入学当日、父親のアルコール依存症が原因で両親が離婚。母親は家を追放され、代わりに父親の標的となる。
別離した母親と昼夜働き養育する祖父母に心配をかけぬよう、周囲から「悩みがなさそう」と言われる明るい子に育つ。
高校卒業後は、祖父母の負担を減らそうと進学・就職をあきらめ家業へ。
しかし、24時間父親といる状態に耐えきれず半年で転職。派遣で入社した世界5大国際ブランドのカード会社で、契約・正社員の試験に合格。そして4度目の挑戦で主任に昇格。
一方で、価値観の異なる夫との関係に苦悩する。
祖父母・父母・夫のために生きてきた人生を振り返り「誰かのためでなく、自分の人生を歩みたい」と切望しライフコーチングに出逢う。
その後、離婚を決意。「全ては自分の選択。未来は自分で創れる」と知った時、全てを受け入れてくれるパートナーに出逢い再婚。念願の結婚式、ハワイ旅行、40歳で第三子出産、都内に新居建設を叶える。

2016年10月、ライフコーチとして独立。ライフコーチングのクライアント数のべ90名。ママと子どもの自己肯定感を育てるママ向け講座受講数のべ200名以上。

2017年8月、子どもコーチクラブ認定コーチを取得。ピットインカードを使った子どもへのコーチングサポートも開始。
2017年10月、ピットインカードインストラクターとしてもピットインカード体験会を開催。
2019年4月、ピットインカードマスターインストラクターを取得し、認定コーチコース開催をスタート。コーチ育成にも力を注いでいる。
2019年8月、国際コーチ連盟アソシエイト認定コーチ(ACC)取得


その他、ママの自己肯定感を高めるワークショップ、親子向けワークショップ、講師活動、ラジオ出演など、幅広く活動し..
 
 

ママのためのワークショップ開催します!!

 
 

わかりやすく「ママ」と言っておりますが

先にお伝えしたいことがあります!(いきなりなんだ??(笑)

 

 

「ママ」だって

「〇〇ちゃん、〇〇くんのママ」の前に、1人の女性。

1人の人間であり、自分を大切にしていいはず。

 

 

それでも

「こどものため・・・」

「旦那様のため・・・」

「家族のため・・・」

「親のため・・・」

そんなママとしての役割に縛られて

自分自身の将来や、自己表現をあきらめてはいませんか?

 

 

 

 

「子どもが小さいから・・・」

「時間がないから・・・」

「お金がないから・・・」

「自信がないから・・・」

 

 

うんうん、よーくわかります。私も同じでしたから・・・

 

 

でもね、はっきり言います!

これらはただの言い訳です!

 

 

あきらめる自分を正当化して、あきらめる理由を探しているだけ・・・ではありませんか??

 

 

自分自身が不満を持っている状態で

子どもに優しく接することができると思いますか?

 

 

「うっ!(図星)」と思ったあなたへ聞きたいのです。

「ママだから無理」と「ママだからこそできる」と、どちらを選びますか?

 
 
 
 

「イライラして、子どもに当たってしまう」この背景にあるものは?

 

「何だかイライラして、子どもに当たってしまうんです・・・」

「仕事がうまくいかないと、ついつい子どもへの当たりがきつくなってしまって・・・」

「自分が原因ってわかってるんです・・・、でも、ついつい子どもに当たってしまって・・・」

 

 

これらは、実際に私がこの2半年で

1000名ほどのママ達と出逢い、耳にしてきたことです。

 

 

あなたもきっと、どこかで気付いているハズ・・・。

 

 

本当は、子どもが悪いのではなく、自分自身の問題であることを。

 

 

「イライラして子こどもに当たってしまうこと」の

行動だけにフォーカスしてしまうと

 

 

ママとして失格なんだ・・・とか

当たられるような事をする子どもが悪いんだ・・・とか

本来大切にしたいことからずれていきます。

 

 

もちろん、いつも温和で子どもに当たることなんてないママでいられたらいいけれど

人間ですから、そうでない時もありますよね。

 

 

それを、良い悪いのジャッジをするのではなく

大事なのは、なぜイライラしてしまうのか?

なぜ子どもに当たってしまうのか。

 

 

あなたの心の状態がどうなっているのかに、気付くことなんです。

 

 

イライラしているのは、そもそも自分の問題なのか?

子どもの問題なのか??

(この辺り、私自身のイライラ経験談をブログにも綴っておりますのでご覧ください^^)

 

 

 

 

 

子どもの自己肯定感、あきらめない心、折れない心、自分を信じる心の育み方

 

少し話は変わりますが

子どもの自己肯定感、あきらめない心、折れない心、自分を信じる心・・・

 

 

これらを育むために必要なことって何だと思いますか?

 

 

いろあると思いますが、私が一番大切だと思っていること。

 

 

それは、ママ自身(パパ)の自己肯定感、あきらめない心、折れない心、自分を信じる心、だと思うのです。

 

 

もしママ(パパ)の日々の生活の満足度が低かったらどうなるでしょうか?

やりたくない仕事に行くのに不満をもらし

 

 

「あー、今日もパート行きたくないわぁ。だってね、パートの〇〇さんがね・・・。お客さんに怒られてばっかりの仕事だし、疲れるし・・・。異動になってやりたくない仕事させられて・・・。部下がやる気なくて困ってるんだよ・・・」

なんて愚痴をもらす。

 

 

(すみません、多少オーバーに表現しております(;^ω^)。こんな方ばかりではないでしょう)

 

 

これを聞いている子どもはどう思うでしょうか?

 

 

本当はやりたいこと、勉強したいことがあるのに

「どうせもう年だし、お金かかるし、できるかわからないし・・・」なんて呟く・・・

 

 

これを聞いている子どもはどう思うでしょうか?

子どもは親の鏡です。(ドキッ・・・)

 

 

他人の愚痴ばかりこぼしていたら、きっと子どもは他人を信用できなくなる。

 

 

大人ってやりたくないこと無理してやらなくちゃいけないんだ

大人になんかなりたくないって、そう思うかもしれません。

 

 

「どうせ・・・」が口癖のお母さんの子どもは

「どうせ私なんて・・・僕なんて・・・」が口癖になるかもしれない。

そう、思いませんか?

 

 

我が家の4歳になる三男。

以前、保育園にお迎えに行くとこんなことを聞いてきました。

 

 

「かか、きょーもおしごと、たーしかった?(*^▽^*)」(お仕事、楽しかった?)

 

 

これは、私の口癖です。「今日お仕事楽しかったぁ~♡」って。

 

 

まぁ、ちょっときつい時、嫌なことがある時、失敗して落ち込んでいる時もありますけどね(笑)

 

 

ある時から「かか、きょーもおしごと、たーしかった?」

そう、保育園にお迎えに行くと聞いてくるようになりました。

 

 

そして、「お仕事楽しかった~。」の後には

必ず「保育園で待っててくれてありがとう♡」と伝えています。

 

 

そうすると、照れたような笑顔で「うん(#^^#)」って答えてくれるんです。

 

 

さらに、今年中学3年になった次男。

以前、私がPTAの副会長を引き受けてきた時のこと。

 

 

多くの方が、どうやって役をやらずにすませようかと必死になっている時

自ら手を挙げて、副会長になり、何かから逃げるような人生はいやだな、と言った私を見て

「お母さん、かっこいいよ」って、言ってくれました。

 

ここから、あなたは何を感じてくれるでしょうか?

 

 

子ども達は、自己実現していないママ・パパに

あれやこれやと叱られても聞く耳を持っていなかったりするかもしれません。

 

 

「ママだって文句ばっかり・・」

「そんなのただの八つ当たりじゃん。」

「パパだって仕事行きたくないって言ってるじゃん。」

「僕だって・・・私だって・・・やりたくないよ。大人って自分のことは棚に上げて・・・」

 

 

なんて、こどもの気持ちもごもっとも(笑)

 

 

でもね、ママだって、パパだって

生きているうちは成長の過程にあるのですから。

失敗だってするし、逆にまだまだ成長だってできるわけです!

 

 

今からだって、新しい一歩を踏み出せるのです!

 

 

 

 

世のママ達は、こどもを愛するが故、距離感が近くなりがちです。

 

 

自分を犠牲にしてでも、子ども達に良い環境を与えたいと思う。

この気持ちはとても自然なことで、愛があってこそですよね(#^^#)

 

 

それでも、ついつい「子どものため」と言いながら

子どもをコントロールしていませんか?

 

 

自己犠牲をして、それを美学として、子どもには頑張れと言ってしまう・・・

 

 

さらには、思い通りに動かないことにイライラ・・・

 

 

これだけ私が我慢してるのに!これだけあなたのことを思って言っているのに!

 

 

なんて、結局八つ当たりのように怒ってしまう・・・

こんなこと、ありますよね(大きな声では言えませんが、私だってありますよ)

 

だったら、イライラして子どもに当たってしまう前に、

ママ自身が自分の人生を歩んでみせませんか?

 

 

自分自身の満足度が変わると

結果として「イライラする」「子どもにあたる」行為は減るかもしれません。

(私は確実に減りました!どんだけひどかったのか・・・とも思いますが)

 

 

そして、「イライラ」の裏側にある、本当願いを見つけませんか?

 

 

あなたの後姿を見て、

「ママかっこいい!」「ママみたいになりたい!」な~んて言わせてみせませんか?(笑)

 

 

イライラを0にはできないけど、今よりグッと減らしてみませんか?

そんな自分を見てみたくないですか?

 

 

というわけで!

 

 

ママ達には「イライラしても、子どもに当たらないママ」を手に入れるためにも

 

 

自分のいいところ発見!やら、自分の隠れた本音をチラ見する( ̄ー ̄)なんてことをしてみたり

自分のイライラ分析なんかも、ワークを通して行っていきたいと思います♪

 

 

さらに、こどもの気持ちもちょっとだけ体験できちゃうかも~。

ただし!ワークの内容は当日までのひ・み・つ( *´艸`)

 

 

前置きが長くなりましたが(笑)

2時間半たっぷり、みんなで楽しみましょう!

 

 

 

 

こんなあなたにオススメですヾ(*´∀`*)ノ

☑イライラしてつい子どもに当たってしまう

☑なんでイライラするのか自分でもわからない

☑子どもが話を聞いてくれない

☑自分ばかり我慢していると思っている

☑なんだかモヤモヤして何がやりたいかわからない

☑自分にダメ出しばかりで、自分のことが好きになれない

☑自分に自信がない

☑「どうせ私なんて・・・」が口癖

 

 

 

<<ワークョップ詳細はこちら>>


◆7/27(土)


9:45~開場

10:00開始

12:30終了



◆東京都西東京市中町 みつはし家

「西武池袋線保谷駅」「西武新宿線田無駅」「JR三鷹駅」「JR吉祥寺駅」からバス

※お子様連れご相談可能です(^^)

※住所の詳細はお申し込みをいただいた方にご案内いたします



◆参加費 ¥5,000(税込)

※7/24(水)までのお振込みは、早期割引で¥1,000 OFFしちゃいます♪

※事前の銀行振り込みをお願いしています



◆4名様 ※2名様以上で開催いたします


 
 
開催日時
2019年7月27日(土)
開場 9:45
開始 10:00
終了 12:30
場所 みつはし自宅
西東京市中町
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

参加費:¥5,000

7/24までのお振込みで、¥4,000

支払方法

※事前の口座振込をお願いします

定員 4  名
申込受付期間2019/7/13(土) 00:00 ~ 2019/7/26(金) 18:00まで
主催者みつはしあきこ
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
イライラしても子どもに当たらないママになる!ママの自己肯定感を高めるワークショップ、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional

みつはしあきこ

Mission
誰かのためでなく自分のために生きたい人を応援することで、世界を平和にすること

国際コーチ連盟アソシエイト認定コーチ(ACC)
ライフコーチワールド認定ライフコーチ
日本親子コーチング協会認定コーチ
ピットインカードマスターインストラクター 誰かのためでなく、自分のために生きたいあなたのライフコーチ

1974年生まれ。小学校入学当日、父親のアルコール依存症が原因で両親が離婚。母親は家を追放され、代わりに父親の標的となる。
別離した母親と昼夜働き養育する祖父母に心配をかけぬよう、周囲から「悩みがなさそう」と言われる明るい子に育つ。
高校卒業後は、祖父母の負担を減らそうと進学・就職をあきらめ家業へ。
しかし、24時間父親といる状態に耐えきれず半年で転職。派遣で入社した世界5大国際ブランドのカード会社で、契約・正社員の試験に合格。そして4度目の挑戦で主任に昇格。
一方で、価値観の異なる夫との関係に苦悩する。
祖父母・父母・夫のために生きてきた人生を振り返り「誰かのためでなく、自分の人生を歩みたい」と切望しライフコーチングに出逢う。
その後、離婚を決意。「全ては自分の選択。未来は自分で創れる」と知った時、全てを受け入れてくれるパートナーに出逢い再婚。念願の結婚式、ハワイ旅行、40歳で第三子出産、都内に新居建設を叶える。

2016年10月、ライフコーチとして独立。ライフコーチングのクライアント数のべ90名。ママと子どもの自己肯定感を育てるママ向け講座受講数のべ200名以上。

2017年8月、子どもコーチクラブ認定コーチを取得。ピットインカードを使った子どもへのコーチングサポートも開始。
2017年10月、ピットインカードインストラクターとしてもピットインカード体験会を開催。
2019年4月、ピットインカードマスターインストラクターを取得し、認定コーチコース開催をスタート。コーチ育成にも力を注いでいる。
2019年8月、国際コーチ連盟アソシエイト認定コーチ(ACC)取得<..

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock