Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
恋愛の話 シェアリング&問いかけ
恋愛を通して自分を知ろう
H_taisho
45歳以上の恋愛を通して自分を知りたい女性
H_kitai
自分の恋愛を知り、問いかけ、変容が起きる
356909_atamahana
みんながビリーフから解放され、本来の自由と幸福を生きる
Professional
 
 
 問いかけコーチ、ファシリテーター
いがらしかおり
みんながビリーフから解放され、本来の自由と幸福を生きる
 
バイロン・ケイティのザ・ワークの公認ファシリテーターとして、世界中の人からのストレスフルな思考に問いかけている。その他エサレンマッサージ、オイル経絡マッサージ、トランスフォーメーションゲームのファシリテーションも行っている。
思えば、新たな冒険を求めて日本を飛び出し渡英したのが2002年。エコビレッジ、国際コミュニティとして知られるフィンドホーン・ファウンデーションのスタッフとなり、世界中の人々と働く中、日本では当たり前だと思っていた概念は、まったくあてにあらないことに気づく。そこでの生活を通し、バイロンケイのザ・ワークやインド哲学などに出会う。様々な背景の人たちと働く中、人をジャッジしてはいけない、と言われてもどうしていいかわからない。そんな中で実際に「どうしたら」思考とワークすることができるのか、それを教えてくれたのが、ザ・ワークだった。現在はスカイプで世界中の人のストレスフルな思考に問いかけている。また、ワークショップ通訳の経験や、翻訳本”生まれながらの自由”(ナチュラルスピリット)もある。いま特に興味があるのは、日本女性のエンパワーメント。
 
 

恋愛の話 シェアリング&問いかけ

 
 
今までの恋愛を通して
 
自分が好きになる相手はどんな人でしたか?
 
その人はどんな質をもっていますか?
 
今までの恋愛にパターンがあるとしたら?
 
 
 
どんなときに恋に落ちましたか?
 
一番楽しかった恋は?
 
難しかった恋愛は?
 
 
 
 
 
今回は恋愛についての問いかけを通して、
 
自分を知り、現在パートナーが居る人は良い関係を築くためのヒントに、
 
またパートナーがいない人は、次の出会いの準備に役立つ
 
ズームのイベントです。
 
 
メルマガに登録いただくと、無料で参加いただけます。

会員でない方は2,000円
 
 
 
 
 
 
 
開催日時
2019年7月23日(火)
開場 10:20
開始 10:30
終了 12:00
場所 ZOOM(URLをお申し込みの時にお教えします)。
ズーム
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

メルマガ購読者は無料でご参加いただけます。

メルマガをご購読いただいていない方は2,000円ですが、今こちらからご登録いただけば無料です。→https://www.reservestock.jp/subscribe/88371

 

支払方法

メルマガ購読者は無料でご参加いただけます。

メルマガをご購読いただいていない方は2,000円ですが、今こちらからご登録いただけば無料です。→https://www.reservestock.jp/subscribe/88371

1.パイパル

2.銀行振り込み(三菱UFJ)からお選びいただけます。

銀行振り込みを選択される場合は、口座をお知らせいたします。

 

 

定員 6  名
申込受付期間2019/6/28(金) 00:00 ~ 2019/7/23(火) 00:00まで
主催者いがらしかおり
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
恋愛の話 シェアリング&問いかけ、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
問いかけコーチ、ファシリテーター

いがらしかおり

Mission
みんながビリーフから解放され、本来の自由と幸福を生きる
Senmon

バイロン・ケイティのワーク 

バイロン・ケイティのザ・ワークの公認ファシリテーターとして、世界中の人からのストレスフルな思考に問いかけている。その他エサレンマッサージ、オイル経絡マッサージ、トランスフォーメーションゲームのファシリテーションも行っている。 思えば、新たな冒険を求めて日本を飛び出し渡英したのが2002年。エコビレッジ、国際コミュニティとして知られるフィンドホーン・ファウンデーションのスタッフとなり、世界中の人々と働く中、日本では当たり前だと思っていた概念は、まったくあてにあらないことに気づく。そこでの生活を通し、バイロンケイのザ・ワークやインド哲学などに出会う。様々な背景の人たちと働く中、人をジャッジしてはいけない、と言われてもどうしていいかわからない。そんな中で実際に「どうしたら」思考とワークすることができるのか、それを教えてくれたのが、ザ・ワークだった。現在はスカイプで世界中の人のストレスフルな思考に問いかけている。また、ワークショップ通訳の経験や、翻訳本”生まれながらの自由”(ナチュラルスピリット)もある。いま特に興味があるのは、日本女性のエンパワーメント。

  kaorigarashi
B_facebook
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock