Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
ナビ♡カフェ
オンラインお茶会
6/24(月)
このような方にオススメ
育児中のママ・パパ、子どもの性教育に関心のある方
期待できる効果
お家で性教育をするヒントがわかる。育児や性教育に関するお悩み・疑問にアドバイスがもらえる。同じような悩みを抱える参加者と出会える。
子どもも家族もまるっと愛せるママを増やします!
Expert
 
 
Birth Sense Singapore 思春期ママの救世主
アンデルセンのりこ
子どもも家族もまるっと愛せるママを増やします!
 
妊娠出産準備教育バースコーディネーター資格取得、誕生学アドバイザー資格取得、児童心理学・カウンセリングコース修了(シンガポール)、エニアグラム心理学コース修了

子どもをまるっと愛して自己肯定感を高め、思春期の親子関係を進化させる『アンデルセン流子育てメソッド』! 

どんな時代になっても自己肯定感高く、自分も相手も大切にできる子になるために必要なこと。それは親から丸ごと愛され認められた経験です。幸せな子を育むために、子どもの心と行動をまるっと理解し、子どもの一番のサポーターとなりましょう!

東京都出身。元外資系グローバル企業勤務。デンマーク人の夫と国際結婚。19歳と14歳の思春期男子の母。海外在住歴23年。シンガポール在住。

幼い頃から海外暮らしに憧れ英語が大好きな子だった私は、高校生の時にオーストラリアに1年間留学。大学卒業後は外資系企業に就職し、入社3年目に念願の海外勤務となりました。そのままバリキャリになるかと思いきや、今の夫と結婚、妊娠し、あっさりと駐妻・専業主婦となったのです。

その後2年毎の転勤を繰り返しながら、子育てに専念してきました。でも自分の将来に悩み、長い間自分探しの旅を続けるのです。そんな時たまたま出会ったのが「バースコーディネーター」というお仕事。自分のお産で母性が開花した私は、これだ!と閃き、無我夢中で資格をとりました。

マタニティのお仕事と並行して、子ども達への性教育にも携わるようになりました。子どもの自己肯定感を高める「いのちの話」に感動し、そこからは家庭で伝える性教育を中心に活動してきました。

ところが長男が17歳の時にメンタル疾患を患い不登校となってしまうのです。自殺念慮や自傷行為など、ある日突然我が子を失っていたかもしれないという、人生最大の恐怖を味わいました。今まで私がお母さん達伝えてきたことは、なんて薄っぺらで、なんて上っ面なことだったんだろう!と実感しました。

その後の1年は自分と向き合い、子どもへの執着と期待を手放していく修行の日々でした。長くて辛く..
 
 

性教育ナビ♡カフェ オンラインお茶会 6/24(月)

 

性教育を『明るく、楽しく、オープンに』語るFBコミュニティ「性教育ナビ♡カフェ」管理人NORIKOが主催するお茶会のご案内です。

 

コミュニティメンバー以外の方でも、どなたでもご参加いただけるオンラインお茶会です。

 

第1弾は、同じくナビ♡カフェ管理人であるYUKAKOこと、川口由佳子さんをお迎えしてお届けいたします。

 

川口由佳子さん

 

 

私はどうやってできたの?幼児編

 

由佳子さんの娘さんは現在、3歳。2歳の頃に、「親子で聴くいのちの誕生の話」をお母さんと一緒に聴きました。それ以来、由佳子さんは絵本の読み聞かせを通して、赤ちゃんの誕生についてずっとお話を続けてきました。

 

とはいっても相手は2歳児。どこまで理解できているのかは分かりませんが、誕生のお話を通して、娘さんへの愛情を伝えていました。

 

そんなある日、娘さんがこんなことを言いました。「この車は誰が作ったの?(Who made this car?)」そんな質問から始まり、何か唸ってると思ったら、

 

「私を作ったのは誰?」(Who made me??)

  

3歳にもなると、だいぶいろんな事が分かってくるんですね!大人への質問も、こちらがドッキリするようなことを聞いてきます。

 

さあ、由佳子さんは娘さんの質問になんと答えたのでしょうか?その回答は、お茶会でお伝えいたします!

 

 

今回のお茶会は、主に幼児(0〜5歳)までのお子さんをお持ちの方にとって参考となるようなお話をしていきます。

 

「赤ちゃんってどうやって生まれてくるの?」という質問にどうやって答えていけばいいのか、具体的な言葉がけの例を紹介していきます。

 

幼児の育児や性教育について知りたい方、不安や悩みがある方、誰かに話を聞いてもらいたい方、是非このお茶会にご参加くださいね。お待ちしております!

 

【対象者】

  • 幼児を育児中のママ・パパ
  • 子供の性教育に関心のある方
  •  

【参加方法】

  • Zoomを使用したオンライン

 

【日時】

  • 6月24日(月)日本時間午前10:30〜午後12:00

 

【費用】

  • 2000円(銀行振込またはPayPalによるカード決済)
 
 
※ 携帯メールの場合うまくお申込が完了しない場合がございます。できるだけ、PCメールのアドレスでお申込ください。
 
 
<ゲスト>
川口由佳子さん Nurture and Wonder主宰 http://nurtureandwonder.com/
 
本職は幼稚園教諭。第1子の誕生を機に、これまで教師として培った知識と経験を子育てに応用、実践中。魔の2歳児育児に関するメールレターやフードレシピが好評。性教育ナビ♡カフェ共同管理人でもある。
 
 
 
 
 
開催日時
2019年6月24日(月)
開場 10:20
開始 10:30
終了 12:00
場所 シンガポール

参加費

2000円

支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

銀行振込またはペイパル支払い

定員 8  名
申込受付期間2019/5/31(金) 00:00 ~ 2019/6/24(月) 09:00まで
主催者アンデルセンのりこ
 
 
 
 
Profile
Expert
思春期ママの救世主

アンデルセンのりこ

Mission
子どもも家族もまるっと愛せるママを増やします!
Senmon
自己肯定感 性教育 思春期 子育て いのちと性

妊娠出産準備教育バースコーディネーター資格取得、誕生学アドバイザー資格取得、児童心理学・カウンセリングコース修了(シンガポール)、エニアグラム心理学コース修了

子どもをまるっと愛して自己肯定感を高め、思春期の親子関係を進化させる『アンデルセン流子育てメソッド』! 

どんな時代になっても自己肯定感高く、自分も相手も大切にできる子になるために必要なこと。それは親から丸ごと愛され認められた経験です。幸せな子を育むために、子どもの心と行動をまるっと理解し、子どもの一番のサポーターとなりましょう!

東京都出身。元外資系グローバル企業勤務。デンマーク人の夫と国際結婚。19歳と14歳の思春期男子の母。海外在住歴23年。シンガポール在住。

幼い頃から海外暮らしに憧れ英語が大好きな子だった私は、高校生の時にオーストラリアに1年間留学。大学卒業後は外資系企業に就職し、入社3年目に念願の海外勤務となりました。そのままバリキャリになるかと思いきや、今の夫と結婚、妊娠し、あっさりと駐妻・専業主婦となったのです。

その後2年毎の転勤を繰り返しながら、子育てに専念してきました。でも自分の将来に悩み、長い間自分探しの旅を続けるのです。そんな時たまたま出会ったのが「バースコーディネーター」というお仕事。自分のお産で母性が開花した私は、これだ!と閃き、無我夢中で資格をとりました。

マタニティのお仕事と並行して、子ども達への性教育にも携わるようになりました。子どもの自己肯定感を高める「いのちの話」に感動し、そこからは家庭で伝える性教育を中心に活動してきました。

ところが長男が17歳の時にメンタル疾患を患い不登校となってしまうのです。自殺念慮や自傷行為など、ある日突然我が子を失っていたかもしれないという、人生最大の恐怖を味わいました。今まで私がお母さん達伝えてきたことは、なんて薄っぺらで、なんて上っ面なことだったんだろう!と実感しました。

その後の1年は自分と向き合い、子どもへの執着と期待を手放していく修行の日々でした。長くて辛くて、たくさん涙を流しました。でも、この時の経験が今の自分の活動に繋がったのです。

子どもが求める愛情と、親が子どもに与える愛情は同じであるとは限りません。子どもが自己肯定感高く育つには、子ども自身が「自分は丸ごと愛されている」という実感を持つことが大事です。

子どもの成長に合わせて親も成長し、子どもの変化に合わせてその時々に一番必要な愛を伝え、常に「子どもの一番の味方」でいること。それが「子どもをまるッと愛する」ということです。

私はアンデルセン流子育てメソッドをお伝えすることで、子どもも家族もまるッと愛せるお母さんを増やしていきます。そして、笑顔溢れる親子関係を築き、子ども達が幸せに育まれていけるようお手伝いしていきます!

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock