Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
子どもの自己肯定感が上がるいのちの話
このような方にオススメ
育児中のママ・パパ、「赤ちゃんってどうやって生まれてくるの」と聞かれた時に、ちゃんと話せるようになりたい方
期待できる効果
性教育の初めの一歩であるいのちの誕生の仕組みについて、正しい知識と理解が得られる。出産準備教育のプロが伝えるので、妊娠出産のプロセスがイメージしやすくなる。子どもの自己肯定感が上がるような愛の伝え方がわかる。自分の自己肯定感も上がる。
子どもも家族も丸っと愛する力を100%発揮できるように、ママの子育てを応援します!
Expert
 
 
Birth Sense Singapore 思春期ナビゲーター/性教育ナビゲーター
アンデルセンのりこ
子どもも家族も丸っと愛する力を100%発揮できるように、ママの子育てを応援します!
 
妊娠出産準備教育バースコーディネーター資格取得、誕生学アドバイザー資格取得、児童心理学・カウンセリングコース修了(シンガポール、エニアグラム心理学コース修了

子どもの自己肯定感を高め、子どもも家族も丸ッと愛するアンデルセン流子育てメソッド! 

我が子がどんな時代になっても愛し愛され幸せに、自分の人生を主体的に生きていけるようになるため必要なこと。それは、子どもの一番のサポーターとなり、心の根っこを満たす関わり合いをすること♡

東京都出身。元外資系グローバル企業勤務。デンマーク人の夫と国際結婚。18歳と13歳の思春期男子の母。海外在住歴23年。シンガポール在住。

幼い頃から英語が好きで、将来結婚する人は外国人に違いないと確信していた海外志向の強い子だった私は、高校1年の時にメルボルンに交換留学。ホストマザーの影響を受け、外交官を目指し大学は法学部へ進学するものの、国家試験のハードルの高さに挫折。海外勤務のある外資系企業へ就職しました。

入社2年目でアメリカへ1年間研修に行き、そこで未来の夫となるデンマーク人男性と出会いました。帰国後から遠距離恋愛が始まり、入社4年目にシンガポールへ転勤し、そこで結婚。以降、夫の転勤に合わせて移動する駐妻暮らしが長いこと続きました。

2001年に中国深センで妊娠出産を経験。これまでのバリキャリ女子が嘘のように、第1子の出産で母性が一気に開花。20時間以上に及ぶお産が、私の人生の中で一番よく頑張り、一番自分を褒めてあげたい体験となりました。
 
これがきっかけで、お産に関する仕事をしたいとバースコーディネーター・誕生学アドバイザー研修を開始。ビビビと直感で覚悟を決め、6年間かけ資格修了。

この時出会った「いのちの話」がとても心に響き、全ての人に聴いてほしいと活動を始めたのです。そんな折、当時10歳だった長男がPCでアダルト画像を見ていたことが発覚。セックスとは何なのか、なぜポルノを見て欲しくないか、ということをきちんと向き合い話しました。この時の体験から、親が恥ず..
 
 

6/21 いのちの誕生の話

 

お子さんに赤ちゃんってどうやって生まれてくるの?」と聞かれた時、みなさんはどう答えますか?

 

いのちがどうやって始まるか、知っていますか?

いのちがどうやって大きくなるか、知っていますか?

いのちがどうやって生まれてくるか、知っていますか?

 

5歳までに80%の子が、この質問をしてきます。

 

子どもにとっては純粋で素朴な疑問に、さあ、みなさんはどう答えますか?

 

 

 

 

自分がお腹の中でどんな風に育って、どんな工夫をして生まれてくるのか。

 

それを知ると、子ども達は瞳をキラキラ輝かせて嬉しくなります。自分のことが大好きになります。

 

 

自分が大好きになり自分を大切にする心、つまり自己肯定感は、子ども達が幸せで健全な大人になるために欠かせません。

 

 

なぜなら、子どもにとって親からの絶対的な愛情は、安心、安全、信頼につながり、その環境の中で初めて、健やかに育っていくことができるから。

 

 

 

子どもの自己肯定感を高めるには、まず、お母さんが心から、まれてきてくれてありがとう」と思えること。そして、それを伝えることが大切です。

 

 

そして、この「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちを、再認識するのに役立つのが、「いのちの誕生の話」です。

 

 

これは、5歳の女の子のママの体験です。

 

 

いのちの誕生の話を聴いてから、子どもが寝る前に、実際に「生まれてきてくれてありがとう」と伝えてみました。

 

 

最初は、言い慣れなくて恥ずかしい気持ちがありました。でも、この言葉を聴いた女の子が、とても嬉しそうな、誇らしそうな表情をみせたそうです。

 

 

それ以来、ママのこの言葉は、毎晩の習慣となっているそうです。

 

 

 

実は、この自己肯定感、多くのお母さんが悩んでいる性教育の話をする上で、とても重要になってきます。

 

 

なぜなら、自分を大切に思えないと、自分の身体を大切にすることもできないし、ましてや相手の身体を大切にすることなんてできないから。

 

 

 

【このお話を聞くとこんな効果があります。】

  1. 赤ちゃん人形やパワーポイントを使って説明するので、赤ちゃん誕生のプロセスについてイメージしやすくなる。
  2. 子どもにもわかりやすい言葉と内容なので、いのちの誕生について具体的な説明の仕方がわかる。
  3. 日々の育児に追われて忘れがちな誕生の感動を、改めて思い出すことができる
  4. 子どもの自己肯定感を高める愛の伝え方がわかる。
  5. 性教育の初めの一歩が学べる。

 

 

 

子どもの自己肯定感を高める「いのちの誕生の話」。

是非一緒に学んで、子ども達に愛を伝えてみませんか?

 

 

参加費:お一人3000円(初回特別価格)性教育の参考図書リストを参加者全員にプレゼント!

 

参加方法:Zoomオンライン

 

お支払方法:銀行振込 または PayPal決済

 

 

※携帯用アドレスだとメールが届かないことがあります。お申込の際にはPCのメールアドレスをご入力ください。

 
 
 
開催日時
2019年6月21日(金)
開場 9:50
開始 10:00
終了 11:30
場所 シンガポール

参加費

3000円(初回特別価格)

支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

銀行振込 または ペイパル払い

定員 10  名
申込受付期間2019/5/28(火) 00:00 ~ 2019/6/21(金) 00:00まで
主催者アンデルセンのりこ
 
 
 
 
Profile
Expert
思春期ナビゲーター/性教育ナビゲーター

アンデルセンのりこ

Mission
子どもも家族も丸っと愛する力を100%発揮できるように、ママの子育てを応援します!
Senmon
自己肯定感 性教育 思春期 育児 いのちと性の話

妊娠出産準備教育バースコーディネーター資格取得、誕生学アドバイザー資格取得、児童心理学・カウンセリングコース修了(シンガポール、エニアグラム心理学コース修了

子どもの自己肯定感を高め、子どもも家族も丸ッと愛するアンデルセン流子育てメソッド! 

我が子がどんな時代になっても愛し愛され幸せに、自分の人生を主体的に生きていけるようになるため必要なこと。それは、子どもの一番のサポーターとなり、心の根っこを満たす関わり合いをすること♡

東京都出身。元外資系グローバル企業勤務。デンマーク人の夫と国際結婚。18歳と13歳の思春期男子の母。海外在住歴23年。シンガポール在住。

幼い頃から英語が好きで、将来結婚する人は外国人に違いないと確信していた海外志向の強い子だった私は、高校1年の時にメルボルンに交換留学。ホストマザーの影響を受け、外交官を目指し大学は法学部へ進学するものの、国家試験のハードルの高さに挫折。海外勤務のある外資系企業へ就職しました。

入社2年目でアメリカへ1年間研修に行き、そこで未来の夫となるデンマーク人男性と出会いました。帰国後から遠距離恋愛が始まり、入社4年目にシンガポールへ転勤し、そこで結婚。以降、夫の転勤に合わせて移動する駐妻暮らしが長いこと続きました。

2001年に中国深センで妊娠出産を経験。これまでのバリキャリ女子が嘘のように、第1子の出産で母性が一気に開花。20時間以上に及ぶお産が、私の人生の中で一番よく頑張り、一番自分を褒めてあげたい体験となりました。
 
これがきっかけで、お産に関する仕事をしたいとバースコーディネーター・誕生学アドバイザー研修を開始。ビビビと直感で覚悟を決め、6年間かけ資格修了。

この時出会った「いのちの話」がとても心に響き、全ての人に聴いてほしいと活動を始めたのです。そんな折、当時10歳だった長男がPCでアダルト画像を見ていたことが発覚。セックスとは何なのか、なぜポルノを見て欲しくないか、ということをきちんと向き合い話しました。この時の体験から、親が恥ずかしさを乗り越え、いのちと性を語ることが、子供の自己肯定感を上げていくためにとても大切なものであることを実感したのです。

その後育児は順調にいっていたかのようでしたが、長男がいよいよ高校生最終学年というある日、メンタルのバランスを崩し実はカウンセラーにかかっていたことが発覚するのです。まさかうちの子に限って…という驚き。どうしたものかと戸惑っている間に、さらに追い討ちをかけるような出来事があり、ある日突然我が子を失っていたかもしれないという恐怖を味わうのでした。それは先の見えない長くて暗いトンネルの中に取り残されたような経験でした。

「子どもの自己肯定感を高めましょう!」「子どもを丸ごと認めましょう!」今まで私が伝えてきたことは、なんて薄っぺらな、上っ面な言葉だったのだろうと実感しました。ボロ雑巾のように打ちのめされている我が子を目の前にして、「あなたはこんな状態になっている我が子でも、本当に受け容れられますか?本当に丸ごと認めて愛せますか?」という問いを、天から突きつけられているような気がしました。

そこからの1年間は人生最大の修行でした。いろんなことを学び、いろんなものを一切合切手放しました。逃げずに息子と向き合い、全身全霊でサポートしていきました。

そうしたら、いつの間にか、あの暗くて長いトンネルから出ていました。息子は無事高校を卒業し、メンタルの状態も回復していきました。

私が自分の体験を通じて学んだことは、子どもにとって、親が一番のサポーターであることがどれだけ大切かということです。子どもの成長にあわせて、親自身も、自分の立ち位置や関わり合い方を調整していくことが大切です。思春期まで一通り経験してきた先輩ママとして、これまで学んできた知識・スキル・情報をお伝えしながらながら、ママが安心して子育てし、子どもを愛する力を100%発揮していけるようなお手伝いをしていきます。








B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock