Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
メルマガ読者さま限定!【無料講座】食べものでできる点眼液の作り方(4月末まで)
このような方にオススメ
目のプチトラブル、肩こりや頭痛のある方に特におすすめ
期待できる効果
市販の目薬に頼らず、安心の目薬を気軽に作れるようになります
日本人の主食であるごはんと米糀に特化した発酵食で心・体調を整える料理を得意とする。お米パワーを広めることで、激減する米農家さんを応援し、美味しく安心の国産米を次世代に受け継ぐ。
 
 
いなほ料理教室 ごはんが主役の料理研究家
おくのひろみ
日本人の主食であるごはんと米糀に特化した発酵食で心・体調を整える料理を得意とする。お米パワーを広めることで、激減する米農家さんを応援し、美味しく安心の国産米を次世代に受け継ぐ。
 
正食協会師範科卒業
マクロビオティック望診法指導士
薬膳インストラクター資格
調理師、製菓衛生士免許
お菓子教室、料理教室主宰し17年。
地元情報誌へのレシピ掲載を皮切りに、家庭教育学級やPTA対象の食育セミナー活動、
カフェメニューの提案。
近年、財団法人の都市農地開発センターのアドバイザー、大阪府営公園の協議員を務める。
江戸時代創業の老舗、「糀屋雨風」で発酵食料理講師担当。
畑と食卓をつなぐ、食農食育活動展開中。
日本人の主食であるごはんと、米糀に特化した発酵食を中心軸に、土地のもの、季節の食材で家庭料理の提案。心と体の健康を整えることが得意。受講者さまより、自分や家族の体調がよくなる、料理を通じて、自分に自信がもてるようになったと定評がある。
子どもが2歳になる前に、自身も子育てをしながら子供さんを連れて参加できるお菓子教室をスタートし、5年目より地域の食材を生かした料理教室を始める。
お菓子教室、料理教室歴17年、延べ受講者数1万人を超える。岡山、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山など遠方からも受講者様が通う。
米農家さんの高齢化と米農家さんの激減、主食ごはん離れを懸念し、子どもたちの時代にも美味しい国産のお米が食べれるようにと、3年前から、ごはん食を中心軸に、米糀、米ぬかを活かした発酵家庭料理、米粉スイーツに力を注ぐ。
食育セミナーやカフェメニュー提案、畑と食卓をつなぐ食農食育活動も積極的。
受講者さまより、アレルギー、冷え、便通、生理トラブル改善など、自分に自信がもてるなどの多くの声が集まることで、さらに、ごはんと糀の発酵食を広げるべく日々活動中。
 
 
花粉症やPM2.5、また新生活の疲れから、目のトラブルが出やすい時期。
市販の目薬は、化学物質が多用されていて、ちょっと不安・・・。

そんな方に、家庭で安全にできる目薬の作り方をご紹介します!

メルマガ読者さま限定!4月末まで無料公開です。
お申し込み後、URLとパスワードをお知らせします。

◆4月末まで何度でもご覧いただけます。
こちらのイベントページからお申込みしてください。

イベントページからお申込みできない場合は、いなほ料理教室のHPより、
メッセージ欄に「メルマガ無料講座希望」と記入してお申込みください。
>>https://www.gohan-hiro.info//問合せ-申込み/

◆5月22日の食養お手当法でもご紹介します。
>>https://www.gohan-hiro.info/食育活動/女性性はぐくむワンダフル女性学講座/

 
開催日時
2019年4月30日(火) ~ 4月30日(火)
開始 0:00
場所 受講者さまのご自宅(PC、スマホ環境)
受講者様のご自宅(PC、スマホの環境)
参加費

メルマガ読者さま限定!
無料オンライン講座です。

お申し込み後、折り返し
無料講座のURLと、パスワードをお知らせします。

URLにアクセスしていただき、
パスワードを入力されると、お申込み当日から
4月末まで何度でも閲覧できます!

支払方法
定員 50  名
申込受付期間2019/4/20(土) 00:00 ~ 2019/4/30(火) 00:00まで
主催者おくのひろみ
 
 
 
 
Profile

いなほ料理教室

ごはんが主役の料理研究家

おくのひろみ

Mission
日本人の主食であるごはんと米糀に特化した発酵食で心・体調を整える料理を得意とする。お米パワーを広めることで、激減する米農家さんを応援し、美味しく安心の国産米を次世代に受け継ぐ。
Senmon
ごはんが主役 食農食育 発酵食 陰陽五行 地産地消

正食協会師範科卒業
マクロビオティック望診法指導士
薬膳インストラクター資格
調理師、製菓衛生士免許
お菓子教室、料理教室主宰し17年。
地元情報誌へのレシピ掲載を皮切りに、家庭教育学級やPTA対象の食育セミナー活動、
カフェメニューの提案。
近年、財団法人の都市農地開発センターのアドバイザー、大阪府営公園の協議員を務める。
江戸時代創業の老舗、「糀屋雨風」で発酵食料理講師担当。
畑と食卓をつなぐ、食農食育活動展開中。 日本人の主食であるごはんと、米糀に特化した発酵食を中心軸に、土地のもの、季節の食材で家庭料理の提案。心と体の健康を整えることが得意。受講者さまより、自分や家族の体調がよくなる、料理を通じて、自分に自信がもてるようになったと定評がある。
子どもが2歳になる前に、自身も子育てをしながら子供さんを連れて参加できるお菓子教室をスタートし、5年目より地域の食材を生かした料理教室を始める。
お菓子教室、料理教室歴17年、延べ受講者数1万人を超える。岡山、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山など遠方からも受講者様が通う。
米農家さんの高齢化と米農家さんの激減、主食ごはん離れを懸念し、子どもたちの時代にも美味しい国産のお米が食べれるようにと、3年前から、ごはん食を中心軸に、米糀、米ぬかを活かした発酵家庭料理、米粉スイーツに力を注ぐ。
食育セミナーやカフェメニュー提案、畑と食卓をつなぐ食農食育活動も積極的。
受講者さまより、アレルギー、冷え、便通、生理トラブル改善など、自分に自信がもてるなどの多くの声が集まることで、さらに、ごはんと糀の発酵食を広げるべく日々活動中。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock