Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
安納献さん・鈴木重子さんによる「ファミリー・コンステレーション」ワークショップ
〜先祖からの愛の流れを整え、今ここに体現された愛を受けとって生きる〜
このような方にオススメ
何故かわからないけど人生に制限を感じている方、愛を十分に受け取っていないと感じている方、何かにつけて不満や不安を感じやすい方、自分のルーツを理解したい方、など、どなたでも
期待できる効果
世代を超えて家族内に流れるの愛のもつれを解き、本来の自分らしさやパワーを取り戻す
 
2019年5月19日(日)アタナハクリニックにて開催の、安納献さん・鈴木重子さんによる、ファミリー・コンステレーションワークショップのご案内です。
 

ファミリー・コンステレーションとは?

 

ファミリー・コンステレーションとは、ドイツ人の精神療法家バート・へリンガー氏が体系立てた手法です。

 

「ファミリー = 家族」「コンステレーション = 星座、配置、布置」。

 

ファミリー・コンステレーションでは、ワークショップの参加者に、クライアントとなる参加者の家族の代理人を務めてもらい、クライアントが代理人を自分の家族の間で感じているように配置します。

 

 

その配置された様子が星座のように見えるため、コンステレーションと呼ばれています。

 

先祖の隠された契約や誓いが、私たちに影響を与えている

 

ファミリー・コンステレーションは、代理人の力を借りて家族のメンバーを配置することにより、家族の力動(ダイナミクス)を「いまここ」に浮き上がらせ、私たちに無意識で影響を与えている世代間で受け継がれた契約や誓いを浮き彫りにします。

 

私たちの先祖は、私たちの行動パターンにどのような影響を与えているでしょうか?

 

語り継がれることのなかった家系の中の隠された歴史は、親から子へ、またその子へと、受け継がれるはずの愛の流れを、ブロックしていることがあります。

 

何世代か前のある一人の家族の傷つきが、私たちが幸せになることを妨げているかもしれません。

 

または、家族全体やコミュニティに起きた逆境的な出来事が、遺伝子レベルで私たちに影響を与えているかもしれません。

 

ファミリー・コンステレーションでは、これらの「愛の流れのもつれ」をひもとき、再び流れるようになる、ということが起こります。

 

本来私たちが受け取れるはずの愛を受け取って、家族やこの地球とのつながりを強化し、より活力を増し、より自由に、より創造性を発揮して生きるために、ファミリー・コンステレーションは役に立つかもしれません。

 

目に見えないつながり〜体の叡智を体験する〜

 

ファミリー・コンステレーションは、思考的ではなく、ソマティック(体にかかわる)な体験です。

 

「シーカー(探求者)」としてコンステレーションで自分の家族を扱うことは、言うまでもなく貴重な体験ですが、「代理人」としてコンステレーションの一部になることは、私たち人間同士が目に見えない部分でつながっていることを、肌で感じるまたとない機会です。

 

「座」に入ると、あなたの体は、何も意図せずとも、代理になっている誰か(または何か)の感覚や感情を感じはじめます。

 

なぜ、私たちの体は、会ったこともない人の感情がわかるのでしょうか?または、自分の意思ではない動きを自発的にはじめるのでしょうか?

 

ファミリー・コンステレーションを体験すると、体とはまるで、私たちの理解の範囲を超えた受信機か何かであるかのように感じます。

 

 

この現象の全てを説明することは今の科学では難しいでしょうが、一部の説明として、脳の神経システムが個人を超えて相手と交流していることがわかっています。

 

代理人としてコンステレーションに入ることは、普段使われていない脳神経システムのリソースを使うことになるため、自分の神経系をアップデートすることになります。

 

共感的な場を体験する〜NVC意識で包んだ家族の座〜

 

ファシリテーターの安納献さん・鈴木重子さんは、日本在住では初となる認定NVC(Nonviolent communication)トレーナーです。

 

 

NVC(非暴力コミュニケーション)とは、共感的コミュニケーションとも呼ばれ、共感によって相手と質の高いつながりを持つためのスキルです。

 

自分と相手の「感情」とその裏にある「大切にしているもの(ニーズ)」を大切にする在り方は、コンステレーションをより深く、癒しに満ちたものに導きます。

 

NVC意識で包まれた場は、人がありのままでいることを促し、一人一人の貴重さを再認識できる場でもあります。

 

コンステレーションだけでなく、共感的なコミュニケーションに興味がある方にも、良い機会になるでしょう。

 

開催概要

 

開催日時:2019年5月19日(日)
13時開始~17時くらいまで(延長する場合あり)
 
*昼食は召し上がってからお越しください。
*会場には開始15分前よりお入りいただけます。
 
場所:アタナハクリニック
〒211-0067 神奈川県川崎市中原区今井上町1-26 NOCビル2階 (旧高木ビル)
 
最寄駅:武蔵小杉駅北出口(東急東横線・JR南武線に近い出口)より 徒歩7~8分
アクセス
1階に「あぐり動物病院」がある建物の2階です。
 
 
*JR横須賀線・湘南新宿ライン等の南武線以外のJR線をご利用の方は、JR駅構内が広いため、北改札に出るまでにおよそ10分ほどかかりますので、その分時間に余裕をもってお越しください。
 
*大変恐れ入りますが、建物にはエレベーターがなく、階段のみとなります。 ご不便をおかけしまして大変申し訳ございません。
 
 
持ち物:特になし 必要であればお好みのお飲み物など(*お水・お茶などはご用意します)
 
 
*お支払の確認を持ちまして、ご予約完了となります。
*お支払はお申込みからなるべく7営業日以内にお願いいたします。
 
<キャンセル規定>
開催14日前までは全額返金いたします。
13日~7日前50%返金します。
6日前~3日前25%返金します。
2日前からは全額申し受けます。 (例:11月23日の14日前は11月9日です。2日前は11月21日です)
 
(*キャンセル待ちの方が参加できる場合は、全額ご返金いたします(振込費用がかかる場合は、恐れ入りますが差し引いてご返金させていただきます)。)
 

講師紹介

 

安納 献

NVC認定トレーナー

日本国内でNVCのワークショップをファシリテートする傍ら、NVCとゆかりの深いアレクサンダー・テクニーク(体の使い方の基礎トレーニング)の認定教師として教師養成学校でトレーニング・ディレクターを務める。1975年東京都生まれ。1998年国際基督教大学卒業。2004年にアレクサンダー・テクニークを学ぶ過程で知り合ったNVCトレーナーとの出会いに大きな感銘を受け、2006年よりアメリカをはじめ各国からトレーナーを招聘して日本各地でワークショップを開催。自らもCNVC、世界各地のワークショップ、リーダーシップ・プログラムに参加する。その理解とスキルは、マーシャル・ローゼンバーグをはじめ、他の多くのトレーナーからも信頼を得ている。2008年、アメリカ西海岸最大のNVCの団体であるBay NVCのリーダーシップ・プログラム修了。アシスタントとして同プログラムに毎年参加している。

 
 
 
鈴木重子

NVC認定トレーナー

ヴォーカリスト/いのちの響きをつむぐ歌い手/朗読家/ 共感的コミュニケーション・ファシリテーター

母の腕の中で聴いた子守唄の優しい響きが、歌声に触れたはじまり。幼い頃からピアノや声楽に親しみ、浜松北高時代は軽音楽部にてベースを担当、バンド活動と合唱にいそしむ。東京大学在学中に本格的にボサノヴァ、ジャズヴォーカルを学び、卒業後も司法試験への挑戦と、ジャズクラブでの活動を続けながら、自身の歩む道を模索。「本当に好きなことをして、限りある人生を生きよう」とヴォーカリストの道を選択。

1995年メジャーデビュー。ニューヨーク「ブルーノート」にて、日本ヴォーカリストとして初のライブ公演。以後、多くの作品を発表。国内の活動に留まらず、アジア各地やニュージーランド等の海外公演も行う。オリジナルをはじめ、さまざまなジャンルの曲を、独自のスタイルで表現し、聴き手のこころを静かな場所へといざなう歌声は、多くの人々から愛されている。

すべての生命に響き合う唄を求めて、学校、病院、福祉施設など分野を越えて活動し、ヴォイスや表現のワークショップ、講演なども行っている。

2006年より、NVC(ノンバイオレント・コミュニケーション)を日本に紹介する活動を始めた、最も初期からの人の1人。創始者マーシャル・ローゼンバーグの監訳に関わり、アメリカ西海岸の組織、ベイNVCが開いているリーダーシッププログラムに、アシスタントとして7年間参加。NVCの生き方、伝え方、社会の中でのリーダーのあり方を学ぶとともに、多くの参加者をサポートしてきた。身体性と声を大切にしつつ、生きたプロセスをクリエイティブに分かち合う機会を創っている。

 
 
開催日時
2019年5月19日(日)
開場 12:45
開始 13:00
終了 17:00
場所 アタナハクリニック
川崎市中原区今井上町1-26 NOCビル2階
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

15,000円(税込)

支払方法

銀行振込(お申し込み後に振込先をお知らせします)

(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行に対応可能です)

定員 9  名 【残 1 席】
申込受付期間2019/4/ 5(金) 00:00 ~ 2019/5/19(日) 00:00まで
主催者矢崎智子
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional
産婦人科医 IFS Level 2 セラピスト

矢崎智子

Mission
心の傷を癒して、自分を愛して、世界を愛して生きる♡
Senmon
内的家族システム(IFS) ブレインスポッティング(BSP) トラウマリリース・キネシオロジー(TRK) 聖マリアのハートヒーリング

平成6年杏林大学医学部卒。日本産科婦人科学会専門医。日本線維筋痛症学会会員。 産婦人科医として大学病院等で勤務の後、鍼灸の研修を経て、2003年(平成15年)に都内に開業。
分子整合栄養医学(サプリメント療法)や、東洋医学、重金属キレーション療法、高濃度ビタミンC点滴療法、遅延型食物アレルギー検査に基づく食事療法、腸内環境改善による難病治療などの自然医療・機能性医療に従事する。
関節リウマチや線維筋痛症、慢性疲労症候群、摂食障害などの、通常は治療困難とされる疾患や、不妊症などの臨床経験を積むうちに、病気と潜在意識の関係に気づき、ヒーリングやキネシオロジーを学びはじめる。
2012年にアタナハクリニックを開設。
1400件以上のキネシオロジーセッションの経験から、トラウマ(PTSD)的な脳の変化が慢性疾患に関与していることがわかり、トラウマ治療を開始。
独自に発展させたトラウマリリース・キネシオロジー(TRK)、内的家族システム(IFS)、ブレインスポッティング(BSP)などのトラウマ治療を学ぶ。
内的家族システム(IFS)に専念するため、2020年4月に患者様が来院する形のクリニックを閉じ、オンラインにシフト。
現在はIFSの個人セッションとセミナーを中心に活動を行なっている。

2012年 シータヒーリング マスター&サイエンスインストラクター
2013年 マトリックス・エナジェティクス基礎修了
2015年 インテグレートヒーリング(IH)プラクティショナー
2017年 アキュトニクス Level 1~3、フィボナッチプロセス修了
2019年 ブレインスポッティング(BSP)Phase 1・2 トレーニング修了
2019年 内的家族システム(IFS)Level 1 トレーニング修了
2020年 内的家族システム(IFS)Level 2 トレーニング修了

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock