Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
【オンライン】付き添い登校をしているママのためのお話し会
H_taisho
学校を行き渋る子どものために、毎日付き添い登校をしているママ
H_kitai
付き添い登校の苦労や大変さを嘆きあえる仲間ができる♡
自分の内側の真実とつながって 愛と思いやりの共感コミュニケーションでつながれる親子を増やす
Professional
 
 
 
蒼井美香
自分の内側の真実とつながって 愛と思いやりの共感コミュニケーションでつながれる親子を増やす
 
大学卒業後、公立小学校教員として働くも、外側の世界に適合して、自分の本当の気持ちや心の声を無視して周りに合わせる生き方に、ずっと息苦しさや違和感、虚しさを感じていた。

自分の内側の真実から、自分の望む人生を自分で切り開いて創造していく生き方をしたいという願いのもと、心理学、 人間関係の力学、感情、コーチング、ファシリテーション、ダイアログ、NVC(共感的コミュニケーション)などの学びを経て、心理カウンセラーとして起業独立する。

NVCの共感的コーチングのスキルを組み合わせ、個人カウンセリングやオンライン・オフラインにてワークショップ・各種講座を提供中。

これからの予測できない未来を生きていく子どもたちの生きる力の根源は、外側から求められることに従順に応えていく力ではなく、どんな場所でも自分で在れる力。

そんな力を持った子どもを育てるためには、大人が子どもを一方的に導いて正解を与えるのではなく、人として子どもと対等に共に在ること・それぞれの真実の願いから人生を選択して生きていく姿を一番近くで体現して見せることが、大人の最大の役割だと感じている。

クライアントは北海道から沖縄までの日本全国、そしてアメリカ・ドイツなど海外からも多数。
自分らしく生きる指針を育むためのカウンセリング・講座は、自分らしさを大切にして親子で幸せにつながりたいと願う母親から厚く支持されている。



 

「お母さんが一緒なら学校へ行ける」という子どもに付き添って、

毎日一緒に学校まで付き添って登下校しているお母さんたちへ

 

「子どもの気持ちを大事にしたいけど、
毎日学校に付き添うのは本当に大変…。」

 

 

「子どもが行き渋るのは、
やっぱり自分の育て方がいけないんじゃないか…。
甘やかしすぎなのではないかと自分を責めてしまう…。」

 

 

「子どもの『学校行きたくない』という言葉に

反応して動揺してしまって余裕を失って

子どもを責めてしまう・・・」

 

 

 

 

 

「子どもの『学校に行く・行かない』という一言で

自分の気持ちが激しくアップダウンして

子どもの状態に巻き込まれて

気持ちが落ち込んで疲れてしまう・・・」

 

 

 

 

「周囲の無理解に心が折れてしまうことばかりで、
どうやって自分の心を保ったらいいのか分からず、
心がブレブレに揺れ動いてしまう…。」

 

 

 

「同じような境遇の親子が身近にいないので

つらい気持ちを誰かに相談したり共有したりすることができなくて

孤独感でどうにかなってしまいそう・・・」

 

 

 

不安や葛藤、自分を責めてしまう気持ちが次々出てくる…。

 


でも、その気持ちをどこにぶつけたらいいのかわからない…。

 

 

 


そんな行き場のない嘆きを、同じ悩みを抱える仲間と
嘆いていく時間を作ろうと思います。

 

 

 

 



お子さんが行き渋って付き添い登校をしている方

 

学校への矛盾を感じて、やり場のないモヤモヤする気持ちを感じている方たちと

 

 

 

◇先生たちとの関係性の築き方

 

◇繊細な子の居場所をつくるためにどんな工夫を学校でしてもらっているか

 

◇学校での1日の過ごし方

 

◇毎日学校へ行くときにどんな心構えをしているか

 

◇子どもが「学校を休みたい」と言ったときにどんなふうに対応したらいいのか

 

◇子どもが学校へ行けるときと行けないときとでは、どんな違いがあるのか

 

◇学校をお休みする日はどんなふうに過ごしているか

 
 

 


などなど・・・・

 

 

お互いにシェアしあって

情報交換しながら

毎日の付き添い登校の苦労や大変さを嘆いて

参加者の皆さんで繋がっていきたいと思います。

 

 

 

《こんな方におススメ》

 

◇お子さんが学校を行き渋って付き添い登校をしている方

 

◇なかなか理解されない付き添い登校の大変さを、同じ境遇のママ同士で共有して気持ちを落ち着かせたい方

 

◇学校の体制の矛盾を感じて、やり場のないモヤモヤする気持ちを感じている方

 

◇子育てしたり人生を生きていくうえでの自分なりの指針を見つけたい方

 

◇親である自分も自分らしく、子どももその子らしく生きていきたいと願う方



 

 

 

前回参加して下さった方よりいただいたご感想をご紹介しますね。

 

 

 

付添い登校は本当にしんどい、辛い、苦しい。そんな正直な気持ちを吐き出せる場となりました。


私が頑張れば、私が付き添えば子どもが学校へ行けるなら。そんな状況は自分自身に無理を強いてしまうと改めて気づきました。

 


ついつい自分の気持ちや感情はおいてけぼりになっていたこと。

 

同じ状況で苦しんでいる仲間がいること、その方達と気持ちを共有できたこと本当に嬉しかったです。

 


うんうん。と頷くことばかりで私が感じているように同じように感じている方がいること。


共感できる仲間がいるって本当に心強いなと思いました。

 

そして、終わったあとには何だか気持ちがスッキリ。


共感してもらえるって本当にすごいパワーなんだなと改めて思いました。

 


そして、頑張り過ぎる自分にもっと優しくもっと承認してあげようと思いました。

 


付添い登校、うちの場合はずっと学校にいる間付き添うのでこのお話会に参加することも最初はできるかな?と不安でしたが、思いきって参加してみて本当によかったです。

 

次回もこのような会があったら是非参加したいです。美香さん、本当にありがとうございました。

 


(愛知県 O・M様)

 

 

 ==========

 

 

昨日は貴重な会に参加させて頂きありがとうございました。

 


周りに母子登校している親子がいないので心細かったのですが、仲間がいて共感できるところがたくさんあってアドバイスも頂けたりととても有意義な時間でした。

 


また定期的に参加できたらと思います。ありがとうございました

 

(岡山県 A・M様)

 

 

 

==========

 

 


今日はお話会に参加できとてもいい経験が できました。

 

毎日学校に母子登校する中で同じ学校にも母子登校されてる方はみかけるのですがなかなかお話できるチャンスがなく同じ境遇の方とお話してみたいなと思っていました。

 

お話する中で本当にそうそう!と共感できることが多く救われました。

 

正直ママ友と話をするもののなかなか共感はできないし、逆にちょっとした一言に傷ついてしまったり... でもみなさんも同じ経験をされているのを知り自分だけじゃないんだなと思えたらなんだかホッとした気持ちです。

 

共感できるって大切なんだなと改めて実感です!

 

そしてみなさんそれぞれ子供の「行きたくない!」という気持ちに寄り添いながら、担任の先生や校長先生など理解を得られそうな人を見つけ子供にとって「学校が安心感できる場所」になるよう努力をされていて私も勇気づけられました。

 

やっぱりいろんな角度からアプローチは必要なんだなぁと。

 

ついつい周りの子供たちを見て今の自分の子のできてないことを嘆いてしまいますが、それもみなさん一緒だし感じない人の方が不思議なくらいだしそこは感じ尽くして、でも「今できないだけ!今は続かない!」と信じて子供の成長を見守っていけたらなと思いました。

 

貴重な体験をありがとうございました!またぜひ他の講座にも参加してみたいです。

 

(広島県 K・N様)

 

 

 

▼ご感想全文はこちら
https://ameblo.jp/moonlightshadow12/entry-12420160963.html?frm=theme

 

 

 

 

 

 

 

「母親なんだから、子どものためにこのくらいするのは当たり前!」

 

 

「子どもを生んだ責任があるんだから、親の役割りをちゃんと果たすのは当たり前!」

 

 

「先生に言われたから、このくらい親としても頑張らなくちゃ!」

 

 

 

それはもちろんその通りかもしれません。

 

 

 

でも、そんな考えを盾にして

もしも本当の自分の気持ちを抑え込んでしまったとしたら

切り捨てられた感情の数々は

自分の内側からなくなって消えるわけではなくて

別の形となって結局は現れ出てきます。

 

 

 

 

自分の本当の気持ちを見つめてあげること

 

安心安全な場所の中で自分の本当の思いを感じてあげること

 

 

 

それができるだけでも

自分が許される感覚

受け取れると思います。

 

 

 

そして、そんな安心した心の状態から

子どもとつながれるようになっていくと

子育てのつらさからも少しずつ解放されていきます。

 

 

 


子どもにとってもお母さんにとっても最善の道のりを

ぜひ一緒に見つけていきましょう!!

 

 


ピンときた方のご参加を心よりお待ちしています。

 

 

 

 
開催日時
2019年5月11日(土)
開場 9:50
開始 10:00
終了 12:00
場所 オンライン(ZOOM)

参加費

3,000円(振込)
3,140円(PayPal)

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

Paypalもしくは銀行振込にて事前決済

※PayPal決裁の場合決済手数料がプラス発生します

定員 4  名
申込受付期間2019/4/ 4(木) 17:37 ~ 2019/5/11(土) 09:50まで
主催者蒼井美香
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
【オンライン】付き添い登校をしているママのためのお話し会、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional

蒼井美香

Mission
自分の内側の真実とつながって 愛と思いやりの共感コミュニケーションでつながれる親子を増やす
Senmon

心理学 NVC 共感的コミュニケーション 人一倍敏感な子(HSC) インナーチャイルド

大学卒業後、公立小学校教員として働くも、外側の世界に適合して、自分の本当の気持ちや心の声を無視して周りに合わせる生き方に、ずっと息苦しさや違和感、虚しさを感じていた。

自分の内側の真実から、自分の望む人生を自分で切り開いて創造していく生き方をしたいという願いのもと、心理学、 人間関係の力学、感情、コーチング、ファシリテーション、ダイアログ、NVC(共感的コミュニケーション)などの学びを経て、心理カウンセラーとして起業独立する。

NVCの共感的コーチングのスキルを組み合わせ、個人カウンセリングやオンライン・オフラインにてワークショップ・各種講座を提供中。

これからの予測できない未来を生きていく子どもたちの生きる力の根源は、外側から求められることに従順に応えていく力ではなく、どんな場所でも自分で在れる力。

そんな力を持った子どもを育てるためには、大人が子どもを一方的に導いて正解を与えるのではなく、人として子どもと対等に共に在ること・それぞれの真実の願いから人生を選択して生きていく姿を一番近くで体現して見せることが、大人の最大の役割だと感じている。

クライアントは北海道から沖縄までの日本全国、そしてアメリカ・ドイツなど海外からも多数。
自分らしく生きる指針を育むためのカウンセリング・講座は、自分らしさを大切にして親子で幸せにつながりたいと願う母親から厚く支持されている。



B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2019 Mika Aoi. All Rights Reserved.
Powered by reservestock