Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Announcement_only
受付は 2019/3/27 07:00からです
無垢の木でつくる!
「重箱」づくりワークショップ
重箱(2段)を作ります。大きさは5寸(約15㎝)〜8.5寸(約25㎝)からお選びいただけます。
H_taisho
暮らしの中で、自分の作った重箱を使いたい方。高校生以上。
H_kitai
手づくりの楽しさ、自分で作った器を使う楽しさを味わえます
331177_pa094056_トリミング
今年のゴールデンウィークは、本格的な重箱づくりのワークショップを行います。

 

このワークショップでは、材料を採寸して切り出すところから

白木の重箱を仕上げるところまで、全工程を体験しながら学びます。

 

全工程を通して、「本格的な重箱づくり」ができる機会は、なかなかありません。

 

使う材料は、国産のスギです。

最後の仕上げは、拭き漆です。漆で仕上げた重箱をご自宅にお届けします。

また、白木仕上げをご希望の場合は、当日お持ち帰りいただけます。

 

素人でも作りやすいように、講師の小杉さんがいろいろな工夫をしてくれています。

試作品の写真をいただきました。

こんな感じです。ちょっと、素敵でしょ?

 

【講師の小杉和志さん(工房自遊人)について】

講師は、大工の棟梁であり、木工職人でもある工房自遊人の小杉和志さん。

小杉さんは長年、木を活かした家造り、物づくりに携わってきた職人さんです。

 

大工としての伝統と技術の継承者であると同時に、常に新しいチャレンジをして、

仕事を楽しみながらも、進化し続ける真摯な職人魂には、とても刺激を受けます。

 

梅崎も、出会って18年。

 

いつも、本当に楽しそうに、そして真剣に仕事をしている姿に触れるたびに、

心底、木と向き合う仕事が好きなんだなぁ、と感じます。

 

 

昔気質の職人さんというと、取っつきにくい印象があるけど、

小杉さんは、遊び心があって、発想が自由で、仕事はまじめ。

 

建築や木工に興味のある人なら、

いつでも自分の技を伝えたいと思っている希有な職人さんです。

 

工房自遊人の小杉さん

 

 

曲げわっぱ作りだけではなく、小杉さんと3日間一緒に過ごす中で、

職人さんの空気に触れ、木目の読み方、道具の使い方、

木とのつきあい方を、参加するみなさんと一緒に学べたらいいな、と思っています。

 

 

建築や木工に関心のある方にとって、年季の入った職人さんから

いろんな教えを直接、しかも少人数で受け取ることのできる数少ない機会です。

 

この講座の大きな魅力は、自分で本格的な重箱をつくれるのに加え、

職人 小杉和志さんの技と姿勢に触れられる点です。

 

 

【対象】

高校生〜大人です。

 

 

【工程】

まず、ご自分の用途に合わせて材料を採寸して、切り出しと加工。

それから、組み立て&接着をして、白木の重箱が完成させるところまでを、

今回のワークショップで行います。

 

 

その後、小杉親方に「拭き漆」仕上げをしていただき、

ご自宅まで宅配便にてお届けします。

 

漆は、4回塗りなので、とてもきれいに仕上がりますよ。

 

 

【作る段数】

今回は、2段の重箱を作ります。

おせち料理はもちろん、小物入れなど、用途はいろいろ。

 

【大きさの目安】

サイズは、5寸(約15㎝)〜8.5寸(約25㎝)、深さは2寸(約6㎝)です。

用途に合わせてお作りいただけます。

 

【仕上げ】

仕上げは、拭き漆(ふきうるし)です。

塗り上がったイメージは、以下の写真をご覧ください。

(写真は拭き漆で仕上げた曲げわっぱ。今回つくるのは重箱です)

 

この写真のように、フタに自分で絵を入れることもできます。

 

自分で作った重箱に、お弁当をつめて楽しむ。

もちろん、お正月にはおせちを入れるのもいいですね。

 

ほかにも、大切な小物を整理する箱としても使えます。

使い方はいろいろです。

 

無垢の木を使った「本格的な重箱」を一緒に作りませんか?

定員10名様で実施します。

 

開催日時
2019年4月27日(土) ~ 4月29日(月)
開場 10:15
開始 10:30
場所 風と土の自然学校(山梨県都留市)新宿駅から90分!
山梨県都留市(中央道都留 バス停 徒歩12分、都留市駅 徒歩15分)
Releaf_touroku
参加費
【早割 4/10まで】「重箱」づくりワークショップ 参加費(カード手数料4%込) (33690 円)
【通常参加】「重箱」づくりワークショップ 参加費(カード手数料4%を含みます) (35940 円)

◇参加費 32,000円/人(税別)(税込34,560円)
 早割 30,000円/人(税別)(税込32,400円)


◇早割は、4/10までに参加費の振込を完了すると適用されます。


※ともに、材料費・食材費込、施設使用料は別です。
※カード払いの場合は、別途4%のカード手数料がかかります。

 

 ◇滞在費(3日間)

・施設使用料
 寝袋持参のドミトリー泊の方 3,000円
 ※ご自分で近隣の宿泊を手配していただく場合は不要です。

・寝袋貸出セット(寝袋、シーツ、マット: 希望者のみ)1,000円

 

【その他】

電動工具を使用するため、危険を伴います。
お子様連れではご参加いただけませんので、ご了承ください。

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

カード、郵便振替、銀行振込からお選びいただけます。

 

定員 10  名
申込受付期間2019/3/27(水) 07:00 ~ 2019/4/26(金) 21:00まで
主催者風と土の自然学校 梅崎靖志
お問い合わせ先風と土の自然学校 梅崎靖志
お問い合わせ先電話番号
お問い合わせ先メールアドレスwind_earth@lifestyle-model.jp
Releaf_touroku
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s

風と土の自然学校 梅崎靖志・奈津子

Mission
自然と調和したライフスタイルと社会づくりに貢献します
Senmon

パーマカルチャー 自然農 ライフワーク起業 ファシリテーション

梅崎靖志
風と土の自然学校 代表
自分のシゴト構築コーチ
ファシリテーション・トレーナー

公立大学法人 都留文科大学 非常勤講師
チームフロー コーチ

梅崎奈津子
風と土の自然学校 マネージャー
野外共同保育 はねこっこ 主宰

山梨県都留市に家族で移り住み、農的暮らしをベースにした自然農とパーマカルチャーの実践から、自給自足的な農的暮らしを伝えている大人のための自然学校です。

また、自然学校内に『自分のシゴト研究所』を立ち上げ、好き&得意なことをベースに、一人ひとりが持っている才能を活かした仕事をカタチにする『自分のシゴト』構築コースを提供しています。

このほか、
ファシリテーション・トレーナーとして、プロの研修講師やファシリテーター向けのトレーニングのほか、大学の授業で学生たちにコミュニケーションやワークショップのファシリテーション等を伝えています。

◇風と土の自然学校のテーマ
・自分の手でつくる暮らしの魅力を伝える「人と自然をつなぐ」こと
・参加者をまきこむファシリテーション・スキルを通して「人と人をつなぐ」こと
・好き&得意を活かした起業支援を通じて、よりよい社会を作る仲間を増やすこと

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock