4137_ndk1zda2yjzjyjvkn

ありがとう


満員御礼

〜マネジメントの常識を覆す!人も成果も大切にする次世代組織へ 〜

4137_mark1 17443_スクリーンショット2022-06-2215

このような方におすすめ

社員スタッフに自立型姿勢を持って欲しい。自発的に動いて欲しい。自分で考え提案、実践して欲しい。成果を生む人財が欲しい。

期待できる効果

チームと組織を活発化させるための手法と実例をお伝えします。

今、話題のティール組織から学ぶ 『成長指向型組織づくりのカギ』



躍進するホラクラシー型企業

こちらは、昨年9月11日経済新聞に掲載された

「ホラクラシー型」組織

躍進についての記事です。



ホラクラシー型組織をひと言でいうと、

「意思決定の権限が個々に分散し、

上命下達ではなく横の連携で成り立つ

自立的・自走的な組織」のことを指します。



次世代の主役:ティール組織





この「ホラクラシー型」組織については、


組織の進化論を説いて
世界的なムーブメントを起こしている
ベストセラー『ティール組織』
(原題:Reinventing Organizations)──。
が有名になりました。

※ 日本の人事部 [HRアワード2018] で
優秀賞を獲得した話題の書籍。



発行部数は世界で35万部、
日本では5万部(うち電子版が5000部)に達し、
日本でも大きな反響を呼んでいます。



この『ティール組織』づくりを

ホラクラシー型マネージメントを導入した組織。
進化型または自走型組織と呼んでいます。




ティール組織では、
上下関係重視の統制型から、
チームの個々人がそれぞれが役割を果たす
いわば役職ではなく役割に移行する
進化型(次世代型)組織と言われ、


チームの活性化と自立姿勢が
重要になると説いています。




もしも今、、、

✔ 新しい発想が社員からも出ない。
✔ 社員が自発的に動かない。
✔ 社内のコミュニケーションが取れない。
✔ 組織の「あり方」に問題を感じている。
✔ 組織の様々な問題に閉塞感を感じ、
✔ 解決の糸口が見つからない。



実は、、、
ティール組織の特徴には、

◇ 上下関係がない
◇ 上から降ろされる目標がない
◇ リーダーが存在しない(役割はあるが権限がない)



にも関わらず、
業績は右肩上がりで伸び続け、
社員は働く喜びにあふれています。


世界にはそんな組織が存在し、今も増え続けています。


リーダーが存在しなくとも、
組織の目的実現に向けてメンバー全員が
信頼関係に基づきながら努力し工夫をすることで
組織運営を行う、
そんな画期的な組織の「あり方」と「やり方」を知りたいと思いませんか?


真に強い組織を創る

チームの協調性と責任の分散
一人ひとりが経営目線(セルフマネージメント)で
自立し考え行動することで、

強い組織へと変化していく組織形態が
「ティール組織」進化型組織です。

これからの組織形態として重要だと言われています。




「ティール組織」進化型組織 をつくる上では
自主経営力を持った人材の育成プログラムと
企業文化(ミッションと戦略)が重要です。



企業文化とは、
風通しやコミュニケーションが円滑だと言った
企業風土を指すものではありません。


仕組みづくり / ルール / 工夫 と言った、
組織内に慣行の徹底文化の醸成が必要です。
また、マネジメント構造の見直しを図ることで、

真に強い組織をつくり上げることができます。



強い組織になれば当然、
売り上げや貢献度と言った成果は比例して上がり、
事実、世界の「ティール組織」進化型組織と呼ばれる業種業態の違う組織は、
右肩上がりで成長を続けています。


今回のプレセミナーでは、
現在、既に伊藤直樹氏の下、
50社が目指す「ティール組織」進化型組織の全容について、
また進化型組織をつくる上で重要なポイント、
実際の事例などを余すとこなくお伝えします。



1、ティール組織の全容
  ⑴ 進化型組織形成の考え方
  ⑵ 真に強い組織をつくるために必要な3つのポイント
  ⑶ ティール組織の3つのかなめ
  ⑷ シンプルな自社の組織モデルの見分け方


2、あり得ない繋がりが組織を変える
  ⑴
進化型組織形態の特徴




⑵ 心理的オーナーシップ
  ⑶ コンサンセスのない助言プロセスとは

  
3、企業文化の創り方
  ⑴ セルフマネージメントが可能となる仕組みと工夫
  ⑵ セルフマネージメントを組織的に機能させるためのトレーニング
  ⑶ 人が文化をつくり文化が人をつくる(人と人との関係に命を吹き込む方法)
  ⑷ 企業文化に必要な信頼関係を構築するコミュニケーションの本質


4、実例と仕組みづくり
  ⑴ 世界のティール組織から学ぶ
  ⑵「成果の文化」から「〇〇の文化」へパラダイムシフトする
  ⑶ 進化型組織変容への土台づくりについて




人も成果も大切にできる組織

自立した強い組織をつくるためには、

個々人がそれぞれの役割を果たし、
お互いが協働する意識をもつことが重要です。



「ティール組織」の定義は、

「社長や上司が業務を管理するために介入しなくても、
組織の目的実現に向けてメンバーが自発的に進むことができるような
独自の仕組みや工夫に溢れている組織」を指します。


やらされ感で疲弊せず、
やりたくさせる仕組みと工夫が存在します。


それが、
人も成果も大切にできる次世代型組織づくり。
に他ありません。


今まで2名の講師が企業で培ってきた人財育成プログラムは
「 ティール組織 」づくりの土台となる「あり方」と「やり方」です。


更にそのプログラムに「ティール組織」のノウハウと
仕組みづくりをプラスすることで、

『 成長指向型組織づくり』のカギ

となることは間違いありません。



今回、沖縄からコラボ講演がスタートします!!!









伊藤 直樹  一般社団法人 日本クラブメンター協会 代表理事


京都の実家である油屋にて商売を覚える。26歳から独立起業し、全国に380件の代理店を育成、年商30億円の企業の運営を12年間にわたり行う中、ヒット商品となった新商品が3万5千件に及ぶリコールという、経営者として、もっとも厳しい体験を通じ、38歳の若さで天国と地獄を味わう経験を持つ。そういった経験の中で、真の社会の「あり方」、真の人財育成というものを実体験の中で体系化することに成功。メンタリング人財育成法の日本の第一人者として、いくつもの大手企業・全国の地方自治体などで研修・講演を行ってきた。更にメンタリング人財育成から進化した組織づくりに2018年着手、既に50社の新しい組織づくりを目指し、サポートしている





鈴木幸代  一般社団法人 日本プロセラピスト協会(JPTA)代表理事


2008年、「アマランス Color &Total Beauty School 」を開業。セラピストとしての知識やスキルだけではなく、「人間力向上」をテーマに人財育成にも取り組む。公的機関や大手広告代理店やボディーセラピーサロンスタッフなどに向け、ビジネスマナーやコミュニケーション力向上を指導。これまでのべ10000名に向け、セラピーと講演・コンサルを行う。
2013年、一般社団法人 日本プロセラピスト協会を設立。セラピスト業界を担う後進を育成しつつ、さらに活躍の幅を広げるため、日本初となる「メンタリングマナー®」人財育成メソッドを考案。人の思いに寄り添い、価値と感動を与える企業人財の育成に力を入れている。現在、沖縄県においても人材育成の取り組みを2015年よりスタート・組織活性化に重要な仕組みとマインドづくりのサポートをしている
沖縄銀行ビジネスマッチングパートナー    沖縄産業振興公社登録専門家



開催要項

開催日時
2019年4月18日(木)
開場 12:30
開始 13:00
終了 16:00
場所

奥武山公園 沖縄県立武道館  1階 会議室

沖縄県

那覇市奥武山町52

ホームページ

参加費

マネジメントの常識を覆す!次世代組織セミナー 参加費  10,000 円

キャンセルポリシー

一社 ¥10,000/社 (3名まで)

支払方法
定員

30 社

【満員御礼】

申込受付期間

2019/3/11(月) 20:18 ~ 2019/4/18(木) 00:15まで

主催者

一般社団法人 日本プロセラピスト協会

お問い合わせ先

一般社団法人 日本プロセラピスト協会

お問い合わせ先電話番号

0120-165-888

お問い合わせ先メールアドレス

info@protherapist.or.jp

セラピストの 「自立・自律・自活」を支援することで、明るく豊かな社会づくりに貢献します。
Expert_s

一般社団法人 日本プロセラピスト協会

セラピストの 「自立・自律・自活」を支援することで、明るく豊かな社会づくりに貢献します。

Collabotimes
産前産後をきっかけにママ達の人生を豊かにする
Expert

ふうふや/こどもや/アカデミや

株式会社FUFUYA

産前産後をきっかけにママ達の人生を豊かにする