Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Maninonrei
Releaf_touroku
説教1「魂という神殿について」①
エックハルトを読む会
H_taisho
マイスター・エックハルトを読みたい、神学に触れたい、イエスは神殿でなぜ怒ったのか
H_kitai
マイスター・エックハルトに触れることができる
Wait_for_cancel
327462_天使4
327462_colin-carey-71130-unsplash

天使のトリヴィアで登場する

マイスター・エックハルト。

 

中世ドイツのキリスト教神学者であり

ドミニコ会の総長代理を務めたり

修道院長、管区長など教会内の重職を

歴任している司教。

 

神について説教しているけれど、

彼の神学はキリスト教を越える普遍的な哲学。

ヘーゲルやニーチェ、ユング等

中世末期のみならず近代以降の思想家にも、

強い影響を残している。

 

残念ながら異端宣告を受けたため

ほとんど著作が残っていない…という辺りは

『天使のトリヴィア』に出てきましたねー。

 

 

僅かに残っているものを集めた

マイスター・エックハルトの説教集を

読む導きをして欲しいとのリクエストが

以前から寄せられていました。

が、何しろ難解。

 

 

 

聖書やキリスト教についての知識が

ある程度下地としてないと

そもそも理解できないので、

なかなかてっぺいしゃんがやると

言ってくれなかったの講座。

 

やっと実現にこぎつけました。

 

さらなる深みと高みを知り、

魂に鋼のワイヤーを持つことに

役立つに違いない。

 

『決して外には現れない言葉であるが、

 それは語るもののうちに永遠にとどまるのである。

 それは語る父の内にあり、絶えず誰かに受け取られ、

 そしてなおうちに在り続ける。

 私たちがいつでも、その言葉の傍らでひとつの「bîwort」として

 在り続けられますように。』

 

 

 

※参加には

 『天使のトリヴィア』を受講していること

 条件となります。

 

※​​​​​​​それとテキストとして

 マイスター・エックハルトの「説教集」を使用します。

 各自でご用意の上、必ずお持ちください。

 

 

※①とある通り、2回に分けて読む予定。

 ②は6月を予定しています。

 

終了時間は16:15となっていますが、

30分程度前後する場合があります。

お含みおきください。

 

 

 

開催日時
2019年4月 7日(日)
開場 13:00
開始 13:15
終了 16:15
場所 大倉山駅付近(詳細はお申し込みの方にお知らせします)大倉山
神奈川県 横浜市港北区大倉山
拡大地図
参加費

3,000円

支払方法

当日現金にてお支払いください。

 

 ▼原則的なキャンセルポリシー

 ◎前日~当日キャンセル
   キャンセル料として参加費全額をお支払いいただきます。

定員
 13  名
満員御礼
申込受付期間2019/2/26(火) 20:00 ~ 2019/4/ 7(日) 13:00まで
主催者インラケッチ 久美
お問い合わせ先インラケッチ 久美
お問い合わせ先電話番号090-5446-4626
お問い合わせ先メールアドレスinfo@inlakech.jp
Wait_for_cancel
Releaf_touroku
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
わたしを生きるファシリテーター

宮下久美

Mission
全ての人が、本来の自分で人生を楽しめるように。
Senmon

銀河のマヤ暦/混乱を交通整理する/サードメディスンチェック

【提供しているもの】
銀河のマヤ暦講座
インラケッチセッション

【プロフィール】
銀河のマヤ暦やLDMで学んだエッセンス等を活用し,
『その人本来の輝きで歩む』サポートをしている。
 
失恋をきっかけに自分が大嫌いになり、
“自分ではないもの”になろうと頑張った20代。
ますます生きて行くのが苦しくなり、
30代40代にかけどんどん自分を見失っていく。

結婚10年目に夫から奴隷呼ばわりされ、離婚を決意する。
離婚後自分探しをする中で、
銀河のマヤ暦と出合い、自身の
“魂の刻印記憶”を知る。
そこからそれまでの人生の全てに無駄はなく
宝物であることに氣づき、
ただ自分であることの心地よさを思い出す。

現在は「かつての自分のように、
自分を見失ってしまった人が、
自分を取り戻すきっかけになれば」という思いで、
手法を限定せず、セッションやセミナーを提供している。

  kumi98
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock