Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
映画「人生フルーツ」上映会
H_taisho
ナチュラルな暮らしが好きな方
H_kitai
主人公の修一さんと英子さんの暮らしから命の営みや循環を意識したナチュラルで豊かな人生を送るきっかけになる そんな映画です
323702_jf_title_logo
323702_jf-main
 

 

「人生フルーツ」上映会



 愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。

それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。

四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。

刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。

 

ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。

長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。

そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。



 かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。

1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。

けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。

修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめましたーー。

あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。

そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

 


 本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。

ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。

ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。

(上映時間91分)

 

 

風が吹けば、枯葉が落ちる。

枯葉が落ちれば、土が肥える。

土が肥えれば、果実が実る。

こつこつ、ゆっくり。

人生、フルーツ。



以上人生フルーツ公式HPより

画像は全て映画内のものです (C)東海テレビ放送



今回川西市でこちらの映画「人生フルーツ」の上映会を開催いたします

めまぐるしい現代社会、大量生産・大量消費の経済主義の中で見失ってしまったもの

自然に根付き、自然と共存して生きてきた日本人のあたたかい命の営み

そんな気持ちを思い出すひと時にしていただけますように

 
 
  とき    3/7 ㈭ 13:30~(上映時間91分) 

  ところ   暮らしのスタジオ 兵庫県川西市緑台3-5-62

  りょうきん 1000円 ドリンク付き
 



 
 
 
 
 
323702_jf-sub1
開催日時
2019年3月 7日(木)
開場 13:00
開始 13:30
終了 15:30
場所 暮らしのスタジオ
川西市緑台3-5-62
ホームページ
参加費

ドリンク付き 1000円

支払方法

当日現金にてお支払い

定員 40  名
申込受付期間2019/2/ 9(土) 00:00 ~ 2019/3/ 7(木) 00:00まで
主催者はな (花多山寛子)
Releaf_touroku
映画「人生フルーツ」上映会、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
ノンストレス妊活の専門家

花多山寛子(はな)

Mission
最短最速で妊活の効果を上げるために、クライアント様のあらゆるストレスをリリースしていく 「ノンストレス妊活」を提唱しています
Senmon

月経血コントロール・体軸ヨガ カウンセリング 自然療法 ヘナ染め

ベーシックヨガ/キッズヨガ/マタニティヨガ/シニアヨガ/月経血コントロールヨガ/チャクラヨガ/IPMヘナインストラクター/カウンセリング 私の名前は花多山寛子(かたやまひろこ)と読みます
珍しいですよね(笑)

学生時代から友人には「はな」と呼ばれていました
ヨガインストラクター時代は気取ってhanaと表記していましたが今は「はな」です

「はな」でも寛子でもお好きな方で読んでくださいね



わたしは最短最速で願いを叶えるために、クライアント様のあらゆるストレスを無くしていく
「ノンストレス妊活」を提唱しています

このメルマガでは、ブログには書かないような内容や、ここだけの情報・先行のご案内などなどを書いています

((customer_name))のお役に立つ情報、ホッとすること、ハッとすることお届けできれば幸いです



さて、「妊活」という言葉がすっかり認知され、日本では不妊治療も赤ちゃんを授かるために「妊活をする」と宣言する人も増えてきました

これね、一般的にオープンになっていいことのようですが、妊活する人や周りの人の心の中まではそう簡単には変わりません

逆に、オープンになっているからこそ分かりにくくなっている、深い部分の悩み・苦しみ・悲しみがあるように思えてなりません


人は辛いときに辛いと言えない

悲しいときに泣けない

誰にも本当の悩みを打ち明けられない

辛いのに元気

悲しいのに笑顔

悩んでいるのに平気な振り・・・


そんな状態を続けていたら、心が冷えて固まっていってしまいます

B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) Hiroko Katayama All Rights Reserved.
Powered by reservestock