Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
とにかく明るい性教育【パンツの教室】防犯スペシャルセミナー
H_taisho
子どもを性犯罪の被害者にも加害者にもさせたくない方。地域全体で子どもの安全を守りたい方。
H_kitai
子どもの防犯に対して個人、地域で意識が高まる。性教育の入口にぴったりな講座。
何を?どこまで?どうやって伝える?そんな性教育に対する不安や疑問を解消いたします。明るく、楽しく子どもと性や命について語ることができる方法をお伝えしていきます。
Award52
Professional
 
 
 
わたなべ まさみ
何を?どこまで?どうやって伝える?そんな性教育に対する不安や疑問を解消いたします。明るく、楽しく子どもと性や命について語ることができる方法をお伝えしていきます。
 
助産師国家資格 看護師国家資格 看護師養成所専任教員資格

岡山県に住む年子の男の子を育てる助産師ママです。

高校生の時に看護職について調べ始め、助産師という職業を知ります。
赤ちゃんもお母さんも好きだし、なんか楽しそう。
そんな気持ちで助産師を目指しました。

お母さんの赤ちゃんを見たときに優しい表情、
赤ちゃんがお母さんを感じたときの安堵した表情。
これをみるととっても幸せな気持ちになれるのです。
だから助産師を続けていられるのだと思っています。

助産師歴15年。のべ1000人以上のお産に立ち会ってきました。
助産師を目指した時と変わらず、赤ちゃんとお母さんが大好き。
助産師という仕事に誇りをもっています。

35歳で長男を帝王切開にて、37歳で次男を自然分娩で出産します。
職上柄、女の子の性教育はイメージできていたんですが、
生まれてきたのは男の子。

私の経験していない成長を彼らは体験するんだ。
そんな風に思っていた時に
のじまなみ先生のお母さんが我が子に伝えるとにかく明るい性教育
「パンツの教室」に出会います。

パンツの教室には明るく性について語るお母さん達の姿がありました。

育児で悩んでいるお母さんたちをたくさん見てきた私。

この性教育は「子どもに生まれてきてくれてありがとう」って
素直に伝えることができる。
子どもに愛を伝えることができる。

子どももお母さんも笑顔にすることができる。

そう強く感じて「パンツの教室」のインストラクターになりました。
 
性教育と防犯はどう関係しているの?
 
 
 
 
全国200人以上の方に
とにかく明るい性教育【パンツの教室】を
お伝えしていると
こういった質問をよく頂きます。
 
 
 
 
テレビでは
子どもが性犯罪に巻き込まれるニュースが
頻繁に流れています。
 
 
 
 
 
そんなニュースを見るたびに
「自分の子どもは大丈夫。」
そんな風に思っていませんか?
 
 
 
 
 
警察白書のデータによると、
年間13歳未満の子供を狙った
犯罪被害は年間2400件以上
 
 
 
 
 
 
その中で1000件以上が性犯罪です。
 
 
 
 
 
計算すると、
1日に7人のお子さんが
どこかで何かの性被害にあっているんです。
 
 
 
 
 
でもね・・・
この数字は氷山の一角。
 
 
 
 
 
なぜならば
 
 
 
 
子どもが性犯罪にあったことを認識できること。
起こったことを親に伝えることができること。
親が警察に通報できること。
 
 
 
 
 
この3つのできることが
全て揃った場合のみの
数字だからです。
 
 
 
 
 
未就学児の子どもは
自分が性犯罪にあっていることに
気づいていません。
 
 
 
 
思春期になれば、恥ずかしい、
お母さんに嫌われてしまうのではと
話す事を躊躇します。
 
 
 
 
親に伝えても必ずしも
警察に通報するとは限りません。
 
 
 
 
そうすると
先ほどお伝えした1日に7人の子どもが
性被害にあっているという数字は
10倍にも100倍にも
膨れ上がると言われています。
 
 
 
 
 
 
そうすると日本中のどこかで
毎日70人以上
子どもが性犯罪にあっている。
 
 
 
 
 
 
この数字を知った時
「我が子は大丈夫」
そう言い切ることができるでしょうか?
 
 
 
 
 
性の話がタブーな家庭は
おのずと性犯罪の話はできません。
 
 
 
 
 
 
 
性教育を通してなんでも
話せる親子関係を作ること。
 
パンツの教室の目指すところです。
 
 
 
 
 
子ども達がもし、
何か被害にあった時、
真っ先に相談できる相手は
お母さんであってほしい。
 
 
 
 
親であれば誰もがそう思います。
 
 
 
 
 
なんでも相談できる親子関係。
 
 
 
パンツの教室の性教育が
大切にしているところです。
 
 
 
 
 
ずっとずっと子どものそばにいて
守ってあげることはできないから・・・
 
 
 
 
 
自分の体は自分で守る。
 
 
 
 
 
 
これができるように
知識というお守り
お母さんから子ども達に
手渡してあげましょう。
 
 
 
 
暗くなりがちな性犯罪の話も、
子どもに楽しく、明るく話すコツを
セミナーの中ではお伝えしていきますね。
 
 
 
 
助産師歴15年、出産に1000件以上立ち会った
知識や経験、命の現場のリアル。
 
 
 
 
 
小中高校の生徒に向けた性教育講演から
見えてきた思春期の子どもの実状。
 
 
 
助産師ならではの
子どもの命を守るための防犯セミナー。
 
 
 
 
中級講座まで受講された方も、
体験会や初級講座にお越しいただいた方も、
講座を受講されていない方も
インストラクターの方も
 
 
 
 
どなたでも参加していただけるセミナーです。
 
 
 

*開催都市と日程 

 

☆岡山

3/30(土)10時から11時30分

 

☆横浜

4/11(木) 10時から11時30分

 

☆大阪

4/15(月) 11時から12時30分

 

 

*定員

各会場20名

 

 

 

*受講費用
7,000円(税込)
 
のじまなみ先生の書籍
『お母さん!学校では防犯も
 SEXも避妊も教えませんよ!』
1冊が含まれます。

 

 
 
皆様にお会いできるのを
楽しみにしています。
 
 
 
 
 
開催日時
2019年4月15日(月)
開場 9:45
開始 10:00
終了 11:30
場所 3/30岡山 4/11横浜  4/15大阪

参加費
受講料:7,000円(税込)
 
のじまなみ先生の書籍
『お母さん!学校では防犯も
 SEXも避妊も教えませんよ!』
1冊が含まれます。
支払方法

銀行振込

定員 10  名 【残 13 席】
申込受付期間2019/2/10(日) 20:00 ~ 2019/4/30(火) 09:00まで
主催者わたなべ まさみ
Releaf_touroku
とにかく明るい性教育【パンツの教室】防犯スペシャルセミナー、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional

わたなべ まさみ

Award52
2018年 年間ファン増加数ベスト100
Mission
何を?どこまで?どうやって伝える?そんな性教育に対する不安や疑問を解消いたします。明るく、楽しく子どもと性や命について語ることができる方法をお伝えしていきます。
Senmon
性教育 出産 育児 親子の触れ合い 

助産師国家資格 看護師国家資格 看護師養成所専任教員資格

岡山県に住む年子の男の子を育てる助産師ママです。

高校生の時に看護職について調べ始め、助産師という職業を知ります。
赤ちゃんもお母さんも好きだし、なんか楽しそう。
そんな気持ちで助産師を目指しました。

お母さんの赤ちゃんを見たときに優しい表情、
赤ちゃんがお母さんを感じたときの安堵した表情。
これをみるととっても幸せな気持ちになれるのです。
だから助産師を続けていられるのだと思っています。

助産師歴15年。のべ1000人以上のお産に立ち会ってきました。
助産師を目指した時と変わらず、赤ちゃんとお母さんが大好き。
助産師という仕事に誇りをもっています。

35歳で長男を帝王切開にて、37歳で次男を自然分娩で出産します。
職上柄、女の子の性教育はイメージできていたんですが、
生まれてきたのは男の子。

私の経験していない成長を彼らは体験するんだ。
そんな風に思っていた時に
のじまなみ先生のお母さんが我が子に伝えるとにかく明るい性教育
「パンツの教室」に出会います。

パンツの教室には明るく性について語るお母さん達の姿がありました。

育児で悩んでいるお母さんたちをたくさん見てきた私。

この性教育は「子どもに生まれてきてくれてありがとう」って
素直に伝えることができる。
子どもに愛を伝えることができる。

子どももお母さんも笑顔にすることができる。

そう強く感じて「パンツの教室」のインストラクターになりました。

B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock