Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
【男性限定】第7回 心屋男子の会 「あなたの今年1年について語ってください(^^)」
H_taisho
女性のいない状況で安心して話がしたい。心屋のことを話せる男性に会いたい。心屋男子の会に興味がある。
H_kitai
安心して自分の話ができます。男性に否定をされないという経験もできます。
318374_o1080081014295892517
318374_男子の会ロゴ
自分のことをわかってくれる人はきっとどこかにいる
Professional
 
 
 男心、夫心の答え合わせのカウンセラー
梶ヶ谷ようめい
自分のことをわかってくれる人はきっとどこかにいる
 
【心屋塾】
資格
・心屋リセットカウンセリングマスター
(心屋塾マスターコース48期卒)

アシスタント実績
・心屋塾マスターコース66期(講師:高橋かのん)
・心屋塾マスターコース85期(講師:小野美世)
・心屋塾マスターコース102期(講師:小野美世)
・心屋塾上級ワークショップ(講師:石川稀月)
・心屋塾初級セミナー(講師:野田和美)

・負けるが花セミナー恋愛編(講師:小野美世)
・負けるが花パートナーシップスクール京都0期、東京1期
・負けるが花パートナーシップスクール京都2期、東京3期
・負けるが花パートナーシップスクール京都4期、東京5期
(負けるが花=心屋認定講師小野美世氏オリジナルメソッド)

・実践愛されレッスンティアラコース3期(2日目)
(ティアラコース:心屋認定講師松森沙織氏オリジナル講座)

講師依頼実績
・前者後者論..
友人の死、うつ病の完治、子どもがありながらの離婚、職場の人間関係などさまざまな問題を乗り越えてきた経験を持つ。再婚も果たしており、経験者だからこその知識や知恵、共感も話す人の安心感を生んでいる。

過去の恋愛や結婚生活の上手くいかなさと合わせて、男兄弟の中で育ったにもかかわらず男友達もできず、同性も苦手という人生を過ごし、どうにか人をわかりたいと悩んできたことが、現在の代名詞となっている『男心、夫心の答え合わせ』の下地となっている。答え合わせのわかりやすさは、女性からだけでなく、男性からも賛同の声を集めている。

約17年間の知的障害者施設での勤務経験は、障がいへの理解や人を支える側にいる人の悩みへの共感にとどまらず、物事を柔軟に取り入れる下地として役立っている。
※介護福祉士、サービス管理責任者などの福祉系資格複数保有。
 
開催日時
2019年2月 3日(日)
開場 9:45
開始 10:00
終了 12:45
場所 東京都港区新橋2丁目10-10東新橋ビル413号室

ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

3,000円

支払方法

当日現金払い

定員 8  名 【残 1 席】
申込受付期間2019/1/17(木) 00:00 ~ 2019/2/ 3(日) 10:00まで
主催者梶ヶ谷ようめい
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
【男性限定】第7回 心屋男子の会 「あなたの今年1年について語ってください(^^)」、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
男心、夫心の答え合わせのカウンセラー

梶ヶ谷ようめい

Mission
自分のことをわかってくれる人はきっとどこかにいる
Senmon

恋愛 結婚 離婚 男心 不倫

【心屋塾】
資格
・心屋リセットカウンセリングマスター
(心屋塾マスターコース48期卒)

アシスタント実績
・心屋塾マスターコース66期(講師:高橋かのん)
・心屋塾マスターコース85期(講師:小野美世)
・心屋塾マスターコース102期(講師:小野美世)
・心屋塾上級ワークショップ(講師:石川稀月)
・心屋塾初級セミナー(講師:野田和美)

・負けるが花セミナー恋愛編(講師:小.. 友人の死、うつ病の完治、子どもがありながらの離婚、職場の人間関係などさまざまな問題を乗り越えてきた経験を持つ。再婚も果たしており、経験者だからこその知識や知恵、共感も話す人の安心感を生んでいる。

過去の恋愛や結婚生活の上手くいかなさと合わせて、男兄弟の中で育ったにもかかわらず男友達もできず、同性も苦手という人生を過ごし、どうにか人をわかりたいと悩んできたことが、現在の代名詞となっている『男心、夫心の答え合わせ』の下地となっている。答え合わせのわかりやすさは、女性からだけでなく、男性からも賛同の声を集めている。

約17年間の知的障害者施設での勤務経験は、障がいへの理解や人を支える側にいる人の悩みへの共感にとどまらず、物事を柔軟に取り入れる下地として役立っている。
※介護福祉士、サービス管理責任者などの福祉系資格複数保有。

B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock