Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
受付は終了しました
ホメオパシーおうちケア講座⑤
肌荒れにずっと塗り薬を使い続ける?
このような方にオススメ
数あるレメディからの選択に苦労している方向け
期待できる効果
薬に頼りすぎず、でも気負わずにホメオパシーを活用できるようになります
310950_globuli-medical-bless-you-homeopathy-163186
310950_8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
様々な影響を受けて、自分の不調を自分で治す力(自己治癒力)が低下してきている現代、自己治癒力を高めるお手伝いをしていきます。
Professional_s
 
 
あんずのかがやき 薬剤師ホメオパス
月岡 しのぶ
様々な影響を受けて、自分の不調を自分で治す力(自己治癒力)が低下してきている現代、自己治癒力を高めるお手伝いをしていきます。
 
薬剤師
ホメオパス(英国CPH卒)
薬学部卒業後、神戸で薬剤師として4年間臨床経験を積む。その後、治験関連会社へ転職し、2度の産休後も現場で治験業務に携わり、夫の協力を得ながら各地へ出張の日々だった。
元々、薬を必要としない薬剤師であったが、上の子のミルクでのじんましん・アトピー発症を発端に、冷え取り健康法やアロマなど、自然療法を学ぶ。その過程でホメオパシーと出会い、仕事としても自分の理想の形に1番近いものを感じ、ホメオパシーを学ぶ。
学びながら発信していくと、極端な情報に振り回される人が多いことに気づき、薬と自然療法どちらも上手く活用して健康を維持することを提案中。
 

肌ケアというと、

乳児湿疹やアトピーのイメージが強いですが

湿疹が出るようなものはたくさんありますよね。

 

 

乳児湿疹、アトピー性皮膚炎、脂漏性湿疹、あせも、ニキビ、水虫

麻疹、風疹、水ぼうそう、ヘルペス、乾癬、突発性発疹、蕁麻疹

とびひ、手足口病、かぶれetc.

 

ケアが必要なものも必要でないものもあります。

 

 

細菌感染なら、抗生剤の選択肢も必要でしょう。

ステロイドやプロトピックの選択も。

 

 

薬が良い悪いだけで選択していると

脅すつもりはありませんが、後で後悔することだってあります。

 

 

薬だけ、自然療法だけ

 

 

ではなく、両方を上手く活用していただけるようにお伝えしていきますね。

 

 

【注意事項】

■本講座はどこかでホメオパシーの基本的な使い方を学ばれた方が対象です。

 ただし、ホメオパスによって、推奨しているレメディの摂り方が異なる場合がございますが、ご了承頂ける方のみお申込みください。

 

【キャンセルポリシー】
■キャンセルされる場合は入金の有無にかかわらず、必ずご連絡いただきますようお願いします。
■お客様のご都合によりキャンセルされる場合、会場の手配などの都合上
・7日前午後7時までのキャンセルは全額返金させていただきます。
・上記以降につきましては費用の100%を事務手数料として頂戴します。
※返金の場合、振込手数料を差引いた額となります。
■お振込みをされていない場合でのキャンセルもご入金頂くことになります。
■キャンセルではなく、次回開催時に振り替えをご希望の方はご相談下さい。
■キャンセル待ちの方へご連絡を速やかに行えますよう、何卒ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

image

 

 

 

 

開催日時
2019年1月22日(火)
開始 10:00
終了 12:30
場所 心斎橋

参加費

1講座 7,000円

3講座 20,000円

5講座 32,000円

料金体制について

支払方法
Stripe_pay_solutions
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

事前振り込みをお願いします

定員 5  名
申込受付期間2018/12/11(火) 15:56 ~ 2019/1/21(月) 20:00まで
主催者つきおか しのぶ
 
 
 
 
Profile
Professional_s
薬剤師ホメオパス

月岡 しのぶ

Mission
様々な影響を受けて、自分の不調を自分で治す力(自己治癒力)が低下してきている現代、自己治癒力を高めるお手伝いをしていきます。
Senmon
ホメオパシー レメディ 自然療法 薬 子供

薬剤師
ホメオパス(英国CPH卒) 薬学部卒業後、神戸で薬剤師として4年間臨床経験を積む。その後、治験関連会社へ転職し、2度の産休後も現場で治験業務に携わり、夫の協力を得ながら各地へ出張の日々だった。
元々、薬を必要としない薬剤師であったが、上の子のミルクでのじんましん・アトピー発症を発端に、冷え取り健康法やアロマなど、自然療法を学ぶ。その過程でホメオパシーと出会い、仕事としても自分の理想の形に1番近いものを感じ、ホメオパシーを学ぶ。
学びながら発信していくと、極端な情報に振り回される人が多いことに気づき、薬と自然療法どちらも上手く活用して健康を維持することを提案中。

B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2016 あんずのかがやき All Rights Reserved.
Powered by reservestock