Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
加登鉄平さんの「Index赤の書ー偽薬としてのIndex」
H_taisho
「薬」とは何かについて学びたい方・きつねさんワールドにふれたい方
H_kitai
「薬」の本質がわかります
309419_2017-09-26-10-58-42
言葉が世界を創る
Professional_s
 
 
 翻訳家・集客支援ライター
外園佳代
言葉が世界を創る
 
岐阜県美濃加茂市生まれ。
京都大学農学部卒業後、製紙会社、フィルム製造会社の研究所に勤め、結婚を機に在宅の理系翻訳家として活動を開始。化学・薬学の特許翻訳を中心に2000件以上の翻訳を手がけてきた。

3人の子供に恵まれるが、長女に発達障がいがあるころが判明。親子関係に深く悩んでいた時期に藁にもすがる思いで子育て講座を招致。それがきっかけで各種講座の招致・主催の活動を始める。これまでに主催した講座の種類は、子育て、パートナーシップ、健康関係、東洋思想、スピリチュアル、演劇ワークショップなど多岐にわたり、地方都市在住にも関わらず、開催回数は100回以上、集客数は合計800人を超える。自らも「一芸の宝物庫」とよばれたほど持ちネタが豊富で、料理教室や筆文字講座、英語講座などさまざまな講座を開いてきた。

イベントの告知記事やレポート記事を書く中で、人を動かす「言葉の力」に気づく。子供のころから好きだった「文章を書くこと」を通じて、さらに世の中に貢献したいと思うようになり、ライティングを本格的に学ぶ。

2019年からは集客支援ライターとしての活動をスタートさせ、プロフィール・告知記事の作成に携わる。インタビューを通じて、その人本来の魅力・潜在能力を引き出すことを得意とする。
夢は、ひとりひとりの才能を活かし合う世界をクリエイトすること。
好きな言葉は「言葉が世界を創る」。
趣味はアジア旅行・舞台鑑賞。寸劇をするのが好きな二男一女の母。
金太郎のふるさと神奈川県南足柄市在住。
 
 

ユング派カウンセラーのきつねさんこと加登鉄平さんを小田原にお招きして、「Index 赤の書〜偽薬(ぎやく)としてのIndex」を開催します。

 

Index3部作のうち、今回の赤の書のテーマは「薬学」です。

 

わたしたちは、自分や家族の体調が悪くなったとき、さまざまな「薬」を使います。

 

でも、そもそも「薬」っていったい何でしょう?

なぜ効くの?

効かないときもあるのはなぜ?

 

そんなことを考えたことはあるでしょうか。

 

ただ薬に依存するのでもなく、逆にただ否定するのでもなく、ニュートラルな視点から「薬」について知っておくことは、とても大切なことだと思うのです。

といっても、堅苦しい内容ではありません。

 

「薬って、そういうことだったんだ!」

と、目からウロコのお話がいっぱいです。

 

講座の前半では、

・いわゆる「薬」とはいったい何か?

・プラシーボ効果が起こるのはなぜか?

など、「薬」についてのあれやこれやを学びます。

 

人間の体は、まだわからないことだらけ。

なぜか、偽薬(プラシーボ)のほうが、お医者さんの薬よりも効いてしまうこともあるのです。 

その効果をあげるには、どんな条件が必要なのでしょう?

 

そして、後半では、実際に偽薬作りにチャレンジ。

それも、自分の今のお悩みに、ピンポイントで効くという不思議なお薬です。

 


なんとも奥深い偽薬の世界、知ると「薬」についての概念がガラッと変わりますよ〜☆

一般の方にも、アロマやレメディなど処方するお仕事をされている方にもおすすめです。

 

 

 

「赤の書」では、「Index〜触れる技術 触れる儀式」で学んだ「Index」の手法を使います。

Indexを先に受講されることが望ましいですが、赤の書からの受講をご希望の方は、救済策がございますので、お申し込み時にメッセージ欄にその旨お書きください

 
 
 
前回小田原で開催したときのレポート記事はこちらです
 
 
 
 
 
 
開催日時
2019年2月19日(火)
開場 9:50
開始 10:00
終了 13:00
場所 おだわら市民交流センターUMECO会議室4
小田原市栄町1丁目1番27号
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

4200円(材料費込) 

支払方法

当日現金でお支払いください

定員 10  名
申込受付期間2018/12/ 4(火) 00:00 ~ 2019/2/19(火) 00:00まで
主催者外園佳代
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
加登鉄平さんの「Index赤の書ー偽薬としてのIndex」、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
翻訳家・集客支援ライター

外園佳代

Mission
言葉が世界を創る
Senmon

プロフィール作成 告知記事作成 集客支援ライティング

岐阜県美濃加茂市生まれ。
京都大学農学部卒業後、製紙会社、フィルム製造会社の研究所に勤め、結婚を機に在宅の理系翻訳家として活動を開始。化学・薬学の特許翻訳を中心に2000件以上の翻訳を手がけてきた。

3人の子供に恵まれるが、長女に発達障がいがあるころが判明。親子関係に深く悩んでいた時期に藁にもすがる思いで子育て講座を招致。それがきっかけで各種講座の招致・主催の活動を始める。これまでに主催した講座の種類は、子育て、パートナーシップ、健康関係、東洋思想、スピリチュアル、演劇ワークショップなど多岐にわたり、地方都市在住にも関わらず、開催回数は100回以上、集客数は合計800人を超える。自らも「一芸の宝物庫」とよばれたほど持ちネタが豊富で、料理教室や筆文字講座、英語講座などさまざまな講座を開いてきた。

イベントの告知記事やレポート記事を書く中で、人を動かす「言葉の力」に気づく。子供のころから好きだった「文章を書くこと」を通じて、さらに世の中に貢献したいと思うようになり、ライティングを本格的に学ぶ。

2019年からは集客支援ライターとしての活動をスタートさせ、プロフィール・告知記事の作成に携わる。インタビューを通じて、その人本来の魅力・潜在能力を引き出すことを得意とする。
夢は、ひとりひとりの才能を活かし合う世界をクリエイトすること。
好きな言葉は「言葉が世界を創る」。
趣味はアジア旅行・舞台鑑賞。寸劇をするのが好きな二男一女の母。
金太郎のふるさと神奈川県南足柄市在住。

  kayohokazono
B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2019 Kayo Hokazono. All Rights Reserved.
Powered by reservestock