Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
12月12日(水)アンガーマネジメントキッズインストラクター養成講座
~子どもにアンガーマネジメントを教えてみませんか?~
このような方にオススメ
親子向け、子供向けアンガーマネジメントを学びインストラクターの資格を取得したい方
期待できる効果
4時間の講座受講で、5歳以上の親子向け、小学生向けのアンガーマネジメントの講座を開催することができるようになります。
300590_img_6876
300590_img_6415
「ココロ力を育む気持ちコミュニケーションで保育改革」
Professional_s
 
 
colorful communications カラ・コミュ 
野村恵里
「ココロ力を育む気持ちコミュニケーションで保育改革」
 
現場経験20年の元公立保育園保育士。2013年、colorful communicationsを立ち上げる。現在、旭川荘厚生専門学院専任講師として、保育士を目指す学生に、保育実技の指導と共に、保育支援相談の授業を担当し、保護者支援のためのコミュニケーションの講義も行っている。

2017年、2018年と立て続けに2冊の保育専門書を出版。「保育者のためのアンガーマネジメント入門」「保育者のための子どもの怒りへのかかわり方」は、各保育園の園内研修本として使われている。

また、チャイルド社、小学館の保育雑誌の特集記事も担当。

執筆活動と並行して、子育て講演会、保育士研修、教員研修など年間50講演以上の登壇依頼を受け、子育て、保育、教育関係で感情コントロール方法など様々なテーマで精力的に講演を実施。2018年度は、北海道保育研究大会の記念講演で登壇。高い評価を得る。

さらに、..
1972年生まれ。公務員保育士という安定職を捨て、40歳を超えて勇気ある起業。
20代前半は『自分が何より正しい』『自分の保育は最高』と、自身が信じる保育観を貫くも、保護者、同僚と、理解は得られずコミュニケーショントラブルが続出。様々な保育を工夫し、子ども達のためにと、信頼関係を深めても保護者や同僚の理解を得られなければ、本当の意味での『子どもの最善の利益』(保育所保育指針)には成り得ないことを学ぶ。

その後、試行錯誤しながら保育士の経験を積み上げ、保護者との信頼関係、同僚保育士との連携関係を築くことができるようになる中、アンガーマネジメントとの出会いで、これまでの保育観がさらに大きく変化。保育士としても大きな変容を遂げる。

学びを活かしたコミュニケーションによって、問題児だった保育士が、担当クラスの保護者クレームゼロ。新人保育士教育担当や保育研究会研究チームのリーダーに抜擢されるなど、信頼される保育士へと進化したことは大きな実績となった。感情コントロールは、誰でも身に付けられ、スキルを手にした保育士は必ず子どもたちを幸せにすることができると確信。その幸せは、保育士として最高のご褒美。

「ココロ力を育む気持ちコミュニケーションで保育改革」
問題児だって大丈夫!自信がなくても大丈夫!保育士自身の彩り豊かな個性を発揮しながら保育することは、子どもたちが、お互いを尊重し、自信が持てる社会創りへの貢献であると信じ、活動を続けている。
 

 

幼児~小学生の子どもに

 

子どものための

アンガーマネジメント

 

を教えてみませんか?

 

資格認定の

アンガーマネジメント

キッズインストラクター

養成講座です!!

 

ーーー💕ーーー

 

この講座では

アンガーマネジメントキッズプログラム

改定作成メンバーである

野村恵里が担当します!!

 

また

OHK岡山放送の

ミルンヘカモン「なんしょん?」

番組内にて12分ほどの『なるほどNEWS』

RSKイブニングニュースの特集でも

講座を取り上げていただきました。

 

県内の

幼稚園、保育園、小学校

最近では、中学、高校などや

教育委員会からのご依頼いただき

幅広くアンガーマネジメントについて

お話をさせていただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「保育者のためのアンガーマネジメント入門」

「保育者のための子どもの怒りへのかかわり方」

2冊の書籍を出版し

 

保育雑誌の特集ページも担当

 

また

フリーペーパーでも

子育て相談のアドバイザーとして

執筆も行い

子育てに活かせるアンガーマネジメントについて

広くお伝えする活動をしています。

 

 

 

 

4時間の講座の中で前半は

アンガーマネジメントとは何?

と言う不安を持っている方でも

安心して活動していけるよう

アンガーマネジメント基礎講座を

学んでいただきます❤

まず、前半で

怒りの感情について理解を深めましょう~✨

 

後半は、

日本アンガーマネジメント協会の

アンガーマネジメント

キッズワークブックの中の

13個のワークの使い方を学んでいきます。

 

遊びを通して

子どもたちが感情理解を深めていけるような

内容が工夫されていますよ(*^▽^*)

実際に、参加者の皆さんにも体験してもらいます。

 

受講後は、

協会の公認インストラクターとして、

ワークブックを使い親子向け&子ども向け

アンガーマネジメント講座を開くことができます。

 

小学校の現場でも

広く扱われ始めているプログラムです。

 

キッズ向けの書籍も販売され

確実に子どものアンガーマネジメントは

広がりつつある今日この頃です✨

 

子どもたち自身が

自分の感情に責任を持ち

怒りに振り回されない

建設的な毎日を送れることは

将来の成功へとつながっていきます!

 

子どもたちの感情理解サポーターとして

あなたも社会貢献してみませんか?

 

 

家庭で・・・

保育園幼稚園で・・・

小学校中学校で・・・

学童施設で・・・

発達障害児支援センターで・・・

 

 

子どもたちを取り巻くすべての環境の中に

子どもたちのための

アンガーマネジメントが

もっともっと広がっていくことを

心より願っています。

300590_img_5156
300590_img_5274
開催日時
2018年12月12日(水)
開場 8:55
開始 9:00
終了 13:00
場所 西大寺緑化公園 体験学習施設百花プラザ 和室1
岡山市東区西大寺南1-2-3
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

 

※上記はクレジット決済金額です

paypal払い

paypal手数料(受講料+認定料×5%+40円)

ゆうちょ銀行振込金額

21,600円(教材費込み)+10,800円(認定料)

=32,400円

 

 

 

 

 

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB
paypal払い
paypal手数料(受講料+認定料×5%+40円)
 
事前銀行振込(ゆうちょ銀行)
お振込はお申込日より『7日以内』
お振込をお願い致します。
※お振込順で席の確保を致します。
 
開催直前の場合は開催前までにお願い致します。
口座などの詳細はお申込を頂いた方へ
個別に折り返しメールにてお知らせ致します。
 
前日申し込みの場合は、paypalクレジットでのお支払いになります。
 
 
定員 8  名
申込受付期間2018/10/27(土) 12:39 ~ 2018/12/11(火) 18:00まで
主催者野村恵里
 
 
 
 
Profile_flower
Professional_s

野村恵里

Mission
「ココロ力を育む気持ちコミュニケーションで保育改革」
Senmon
保育士の感情コントロール 保育者のためのアンガーマネジメント 子どもの怒りへのかかわり方

現場経験20年の元公立保育園保育士。2013年、colorful communicationsを立ち上げる。現在、旭川荘厚生専門学院専任講師として、保育士を目指す学生に、保育実技の指導と共に、保育支援相談の授業を担当し、保護者支援のためのコミュニケーションの講義も行っている。

2017年、2018年と立て続けに2冊の保育専門書を出版。「保育者のためのアンガーマネジメント入門」「保育者のための子どもの怒りへのかかわり方」は、各保育園の園内研修本として使われている。

また、チャイルド社、小学館の保育雑誌の特集記事も担当。

執筆活動と並行して、子育て講演会、保育士研修、教員研修など年間50講演以上の登壇依頼を受け、子育て、保育、教育関係で感情コントロール方法など様々なテーマで精力的に講演を実施。2018年度は、北海道保育研究大会の記念講演で登壇。高い評価を得る。

さらに、遊びを通して保育士、子どもの非認知行動力向上のサポートできる保育グッズを開発。助成金が採択され、2017年秋より、本格的に保育士の質向上講座開催。「心と気持ちコミュニケーション教室」を開催し、感情理解力・感情表現力・感情受容力の3つの力を育む活動に力を注ぐ。 1972年生まれ。公務員保育士という安定職を捨て、40歳を超えて勇気ある起業。
20代前半は『自分が何より正しい』『自分の保育は最高』と、自身が信じる保育観を貫くも、保護者、同僚と、理解は得られずコミュニケーショントラブルが続出。様々な保育を工夫し、子ども達のためにと、信頼関係を深めても保護者や同僚の理解を得られなければ、本当の意味での『子どもの最善の利益』(保育所保育指針)には成り得ないことを学ぶ。

その後、試行錯誤しながら保育士の経験を積み上げ、保護者との信頼関係、同僚保育士との連携関係を築くことができるようになる中、アンガーマネジメントとの出会いで、これまでの保育観がさらに大きく変化。保育士としても大きな変容を遂げる。

学びを活かしたコミュニケーションによって、問題児だった保育士が、担当クラスの保護者クレームゼロ。新人保育士教育担当や保育研究会研究チームのリーダーに抜擢されるなど、信頼される保育士へと進化したことは大きな実績となった。感情コントロールは、誰でも身に付けられ、スキルを手にした保育士は必ず子どもたちを幸せにすることができると確信。その幸せは、保育士として最高のご褒美。

「ココロ力を育む気持ちコミュニケーションで保育改革」
問題児だって大丈夫!自信がなくても大丈夫!保育士自身の彩り豊かな個性を発揮しながら保育することは、子どもたちが、お互いを尊重し、自信が持てる社会創りへの貢献であると信じ、活動を続けている。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock