Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
昔懐かしい吊るし柿と、爽やかな香りのレモン胡椒作り
~畑から即キッチンに、秋の保存食作り~
H_taisho
旬の野菜を使って、いろんな保存食を作ってみたい方
H_kitai
畑で野菜を収穫、その野菜を使って美味しく安全な保存食を作ります。
手作り伝承発酵食を伝える
Professional
 
 
畑薬膳アカデミー 発酵伝承師
竹村享子
手作り伝承発酵食を伝える
 
薬剤師、陰陽調和料理認定講師、野菜ソムリエプロ、醸しにすと”極め”、
薬剤師であるが、子供のアトピー性皮膚炎、喘息により陰陽調和料理を教える梅崎和子氏を知り、一緒に料理教室の会社「いんやん倶楽部」を立ち上げる。10年間一緒に仕事をした後、奈良にUターンをして、重ね煮を奈良を中心に大阪、京都で教える。祖母や母に手作りの季節の漬物や、味噌造りを教わり、自分でも工夫を重ねて、次世代に繋げることを自分の使命として発酵食をいろんなところで教えている。
 

ウチの畑の野菜を収穫することから始める「畑野菜でワークショップ」。

小さなお子様連れも大歓迎。

庭に隣接する畑で、今成長している野菜や、ちょっぴり田舎暮らしの様子がわかります。

保存食を作った後には、

その時の畑で収穫した野菜を用いて、簡単な昼食を皆で作って会食していただきます。

 

今回作るのは【つるし柿】と【レモン胡椒】です。

【つるし柿】

鶴の子柿という種類の、小さな実の渋柿の一種で作ります。

昔から農家の軒先に吊って、渋が抜けて甘くなったのを

翌年の春先まで子どものおやつとして食べられてきました。

私の両親が10月の稲刈りが終わると、一か月ほど毎日、毎日

父が柿の実を取り、母が夜柿の皮をむいて吊るしていました。

私が畑野菜のワークショップを始めたきっかけはこの吊るし柿からです。

こういう作業も、もうすぐ忘れ去られるんじゃないかと思って、、、。

【レモン胡椒】

柚子と唐辛子で作る柚子胡椒は有名ですが、

柚子ではなくてレモンと唐辛子で作る私オリジナルのレモン胡椒です。

レモンが青く、青い唐辛子と混ぜ合わせると、青い色のレモン胡椒に。

赤唐辛子ですると赤いレモン胡椒に。

味はピリッとしますが、レモンの爽やかな香りがします。

 

 

 

開催日時
2018年11月 5日(月)
開場 9:45
開始 10:00
終了 14:00
場所 竹村自宅
磯城郡田原本町(詳しくはお申し込みがあった方に後程お知らせいたします)
参加費

5,000円(簡単な昼食付き)

支払方法

銀行振込み

定員 8  名 【残 2 席】
申込受付期間2018/10/16(火) 18:00 ~ 2018/11/ 4(日) 12:00まで
主催者竹村享子
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
昔懐かしい吊るし柿と、爽やかな香りのレモン胡椒作り、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
発酵伝承師

竹村享子

Mission
手作り伝承発酵食を伝える
Senmon

発酵食、伝承、手作り、重ね煮

薬剤師、陰陽調和料理認定講師、野菜ソムリエプロ、醸しにすと”極め”、 薬剤師であるが、子供のアトピー性皮膚炎、喘息により陰陽調和料理を教える梅崎和子氏を知り、一緒に料理教室の会社「いんやん倶楽部」を立ち上げる。10年間一緒に仕事をした後、奈良にUターンをして、重ね煮を奈良を中心に大阪、京都で教える。祖母や母に手作りの季節の漬物や、味噌造りを教わり、自分でも工夫を重ねて、次世代に繋げることを自分の使命として発酵食をいろんなところで教えている。

  harmonious_18
B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock