Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1association Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
福岡)図会議ファシリテーター養成講座(基礎編)
自分の意見が反映された会議の結論は【自分ごと】だから頑張れる!
H_taisho
社内の会議や商談で、関係者の意見を取り入れながら結論を導くことが求められる中間管理職
H_kitai
以下2つの視点でファシリテーション方法を学んで頂き、会議を通じて関係者を導ける人財を育成する ・声が大きい一部の意見がまかり通る【不公平な会議】の撲滅 ・参加者の【モチベーションを引き出す会議】の創出
297650_img_0758
297650_img_9829
【競争から共創】の時代へコミュニケーションを図解し、図解でご縁をつなぐ。すなわち、図で解りあえる
Expert
 
 
一般社団法人日本図解協会 代表理事
一般社団法人日本図解協会
【競争から共創】の時代へコミュニケーションを図解し、図解でご縁をつなぐ。すなわち、図で解りあえる
 
一般社団法人日本図解協会 代表理事
早稲田大学エクステンションセンター 図解学講師
産業能率大学 夜活 図解学講師
図解改善士
1979年千葉県生まれ。
元日産自動車(株)ルノー日産共同購買本部
リージョナル・サプライヤー・パフォーマンス・マネージャー。

早稲田大学商学部でマーケティングを研究した後、
製造現場の改善に興味を持ち、2002年、古河電気工業(株)に生産管理として入社。
翌年、入社2年目で同社タイ工場の改善を任され、6ヶ月で改善業務を完了させる。

2007年、日産自動車(株)に転職。
ルノー三菱日産の3社・世界13ヶ国から年間1000億円以上の原材料を調達。
ゴーンCEOが開発を命じたV‐upプログラムで、2011年度課題達成優秀賞を受賞。

2010年から図解勉強会を開催。
2014年からは早稲田大学エクステンションセンターで講座を開講。

2018年、日産自動車(株)を退職。

コミュニティを一般社団法人化し、
2019年1月時点、全国22都市に1084名の図解応援団員が所属する。
2019年2月からは産業能率大学でも講座を開講。

【代表メッセージ】
私が本当にやりたいことは、
他人と競争ではなく、仲間と共創の時代を、
図解で創出することです。

あるがままの本音を、図で視覚化する
図で共通言語を創り
図で解り合う、つまり、図解

なぜなら、
言葉が通じない
慣習・文化が違う
価値観が違う

だから、
職場内でも、
コミュニティ内でも、
家庭内でも、

お互い解り合えず、
競り合い、
居心地悪いことがある

そんな時、図で解り合う

カーナビの最適ルートがわかったように、
一人一人が、迷わず行動できる

そして、一人じゃできないことも、
同じ目的地に向かう仲間となら、
安心して一緒にできる

他人と競争ではなく、仲間と共創の時代へ!

世界の平和に少しでも貢献できることを..
 
推薦者/後援者
サポート株式会社  自分売り出し力プロデューサー
宮脇 小百合
マーケティングで女性の自立支援を行いたい!!
 
 
 
2660_concept001
Award49
Expert_s

声が大きい一部の意見がまかり通る【不公平な会議】になってしまうのは、
あなたのせいではありません。

人の話を聞かないタイプの人と、自分の意見を言い出せないタイプの人、
【両方の意見を取り入れ意見をまとめるファシリテーション方法】を、
学校の先生は教えてくれなかったからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
図会議ファシリテーター養成講座

人の話を全く聞かないインド人10人を相手に、
カタコト英語で、自分の意見を納得させ、商談をまとめることができますか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



私は、図解改善士として、8年間で2500名以上の方とワークショップをやらせて頂きました。
一方、日産自動車ではバイヤーとして、11年間で13カ国以上の方と価格交渉を行ってきました。

図解士、日産社員、会議やワークショップやメーティングは共通点ですが、
ある大きな違いに気づいたのです。

【図解ワークショップ参加者様は、私の話を笑顔で聞いてくださる】
一方、
【日産に売り込む海外の営業は、私の話を全く聞かない人もいる】


この違い、、、

図解ワークショップ参加者様は、
【私の話を聞きたい!という意思】を持ってその場にいます。

一方、

日産に売り込むあるインド人営業は、
【多部田の話はどうでも良いから、俺の話をとにかく聞いてくれ!という意思】
を持ってその場にいます。


つまり、、、会議の参加者は、
【他人の話を聞きたい】という参加者と、
【私の話を聞いて欲しい】という参加者、
双方が存在するのです。


ただし、、、

私の図解ワークショップ含めて、
日本で体験できる多くのファシリテーションワークショップは、

【他人の話を聞きたい】という意思を持った方を対象に、
行われているので、

実際に会社の現場で実践する際、
【私の話を聞いて欲しい】という参加者にペースを乱され、

挫折感を味わうこと、も、あります。

だから、、、

人の話を聞かないタイプの人と、自分の意見を言い出せないタイプの人、
【両方の意見を取り入れ意見をまとめるファシリテーション方法】を習得しないと、
その場にいる全員のアイディアを見える化し、総意をまとめることは出来ません。

更に申し上げると、

【自分の意見が反映されていない総意は、他人事です】
だから、個々人がモチベーション高く仕事に取り組めず、
チームとして結果を出せません。

【自分の意見が少しでも反映されている総意は、自分事です】
だから、モチベーションを維持しながら仕事に取り組めるので、
チームとして個々人がやる以上に大きな成果を出せます。

と言うことは、

【両方の意見を取り入れ意見をまとめるファシリテーション方法】を、
中間管理職が習得し、組織の中で埋め尽くされれば、
その場にいるメンバーはあらゆるミーティングの総意を自分事として受け止めます。

つまり、メンバーのモチベーションが更に上がり、
組織が活性化し、仕事の成果も、めっちゃ出ちゃう!


そのため、元日産のバイヤー、図解士の視点で、
あらゆるミーティングで関係者の総意を導き出せるノウハウを、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
図会議ファシリテーター基礎講座
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
として、お伝えしたいと思います。



先ず、会議に大きく2つの目的があります。
1、報告/連絡を目的とした一方的な会議
2、相談/商談/アイデア出し/意思決定を目的とした双方向な会議


図会議ファシリテーター基礎講座は、
2の目的を達成する手段と、
ファシリテーターのあり方をお伝えします。

私のように、相手が外国人でなくても、
日本人を相手にしている方こそ、必要なノウハウです。

なぜなら、転職、組織の再編/合併などにより、人財が流動化し、
日本人同士であっても文化が違い、言葉がうまく伝わらないケースもあります。

また、日本人も、
【私の話をとにかく聞いてくれ!という意思】で会議に参加される方、
いらっしゃいます。特に、最近、増えているように思います。


【講座の概要】
川喜田二郎氏が開発したKJ法を、
2550名以上とのワークショップを通じて、
日本図解協会でアレンジした手法を体験頂きます。

A)マトリックス(+)図を使って、結論を先に提示し、
会話の範囲を自分が指定してしまうファシリテーション方法

B)親和(〇)図と、系統(△)図を使って、
会議参加者の意見/アイディアを集約し、結論を提示するファシリテーション方法

上記A)、B)の導入方法をワークショップで体感頂いた受けで、
ケーススタディに応じて、A)、B)をどのような順番で実践すべきか?を、
ワークショップで体現していただきます。


例えば、聞き役が多い環境では、
B)を先に行い、A)のファシリテーションを後に行います。


更に、聞き役かつ、意見を述べることが得意でない方が多い場合は、
B)→B)→A)でファシリテーション行います。


その逆で、人の話を聞かない方が多い場合は、
A)→A)→B)


つまるところ、、

話を聞いてくれないインド人10人に囲まれても、
ペンを手に持ち、A)→A)→B)をカタコト英語で導入すれば、
必ず、全体の総意を出すことが出来ます。
(多部田、11年間の日産自動車バイヤー経験より)


【進め方】
集合研修:1日間かけて、ワークショップ→振り返り→ワークショップ→振り返りをひたすら繰り返して頂きます

*本講義を受講頂いた方には、企業内・組織内で活躍できる
「図会議ファシリテーター初級」の仮免許証を、
一般社団法人日本図解協会から発行させて頂きます。

本免許を取得するためには、
後日、日本図解協会が主催する
検定試験を受講いただく必要があります。


【注意事項】
・ワークショップが苦手な方はご遠慮ください
・会議で相手を支配できてしまう能力が身につきますので、悪用を考えている方はご遠慮ください


【研修実績】
・Yahoo Japan様
・池田泉州銀行様
・広島大学様
・一橋大学樣


【参加者様の声】




広島県大学図書館協議会 平成27年度第1回研修会(2015.7.31) アンケート結果 ※参加者・・・34名 アンケート提出者・・・28名(回収率82%)

◼️参加者様の声◼️

「想定外に楽しい研修でした」

「理由を一人一人に聞いて行くと、必ずしも理由が同じてないとわかる」

「短時間で、メンバー価値観を知ることができる。これ良いかも」

「自分の意見を聞いてもらえるから、自分事になれる」

 

 

 


以上
一般社団法人日本図解協会



297650_img_1430
297650_img_1525
開催日時
2018年12月 9日(日)
開場 9:30
開始 9:45
終了 17:00
場所 リファレンス駅東ビル7F 会議室H-6
福岡市博多区博多駅東1丁目16-14リファレンス駅東ビル7F
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

①講座代金:9815円
②ランチ懇親会費:1000円
①+②合計:10815円(いっぱいご縁)

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

クレジットカード払い(↑ペイパル経由でカード決済)
銀行振込(お申し込み完了メールで振込先をご報告)

定員 12  名
申込受付期間2018/10/13(土) 00:00 ~ 2018/12/ 9(日) 11:00まで
主催者一般社団法人日本図解協会
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
福岡)図会議ファシリテーター養成講座(基礎編)、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Expert
代表理事

一般社団法人日本図解協会

Mission
【競争から共創】の時代へコミュニケーションを図解し、図解でご縁をつなぐ。すなわち、図で解りあえる
Senmon

図会議法による多数決禁止の合意形成 インターナルブランディングによる組織開発 思考整理 構造化抽象化具体化 図で解りあえる技法

一般社団法人日本図解協会 代表理事
早稲田大学エクステンションセンター 図解学講師
産業能率大学 夜活 図解学講師
図解改善士 1979年千葉県生まれ。
元日産自動車(株)ルノー日産共同購買本部
リージョナル・サプライヤー・パフォーマンス・マネージャー。

早稲田大学商学部でマーケティングを研究した後、
製造現場の改善に興味を持ち、2002年、古河電気工業(株)に生産管理として入社。
翌年、入社2年目で同社タイ工場の改善を任され、6ヶ月で改善業務を完了させる。

2007年、日産自動車(株)に転職。
ルノー三菱日産の3社・世界13ヶ国から年間1000億円以上の原材料を調達。
ゴーンCEOが開発を命じたV‐upプログラムで、2011年度課題達成優秀賞を受賞。

2010年から図解勉強会を開催。
2014年からは早稲田大学エクステンションセンターで講座を開講。

2018年、日産自動車(株)を退職。

コミュニティを一般社団法人化し、
2019年1月時点、全国22都市に1084名の図解応援団員が所属する。
2019年2月からは産業能率大学でも講座を開講。

【代表メッセージ】
私が本当にやりたいことは、
他人と競争ではなく、仲間と共創の時代を、
図解で創出することです。

あるがままの本音を、図で視覚化する
図で共通言語を創り
図で解り合う、つまり、図解

なぜなら、
言葉が通じない
慣習・文化が違う
価値観が違う

だから、
職場内でも、
コミュニティ内でも、
家庭内でも、

お互い解り合えず、
競り..

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Fukai association of Japan. All Rights Reserved.
Powered by reservestock