Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
こやまとしのりさんの「はじめての莊子講座」in小田原
H_taisho
東洋思想に興味がある方・話題のこやまとしのりさんに会ってみたい方
H_kitai
「ありのままに生きる」「主体的に生きる」とはどういうことかがわかります
295585_1308031130081734-400x400
地球ライフをまるごと楽しもう!
Professional_s
 
 
 プロデューサー・ライター・翻訳家
外園佳代
地球ライフをまるごと楽しもう!
 
プロデューサー・ライター・翻訳家。
岐阜県美濃加茂市生まれ。
京都大学農学部卒業後、製紙会社、フィルム製造会社の研究所に勤め、結婚を機に在宅のサイエンス翻訳家として活動を始める。
3人の子供の母親になるが、長女に発達障がいがあるころがわかり、子育てに悩み続けていた時期にアドラー心理学にもとづく子育て講座を招致。それがきっかけで各種講座の招致・主催の活動を始める。
これまでに主催した講座の種類は東洋思想、健康関係、スピリチュアル、占いなど多岐にわたり、地方都市在住にも関わらず、これまでの参加者数は合計700人を超える。
自らも「一芸の宝物庫」とよばれるほど持ちネタが豊富で、料理教室や筆文字講座、英語講座などさまざまな講座を開いてきた。
告知記事やレポート記事を書く中で、人を動かす「文章の力」に気づく。子供のころから好きだった「文章を書くこと」を活かして講師の先生方をサポートしたいと思うようになり、ライティングを本格的に学ぶ。
2019年からライターとして活躍。電子書籍の作成や、サービスの紹介ストーリーの作成に携わる。その人本来の魅力・才能を引き出し、ストーリーで表現することを得意とする。
夢はひとりひとりの才能を活かし合う世界をクリエイトすること。
趣味は寸劇をすることとアジア旅行。サウナと水風呂の爽快さが好きな二男一女の母。
金太郎のふるさと神奈川県南足柄市在住。
 

2018年12月4日(火)、

易経/陰陽五行講師こやまとしのりさんによる

「はじめての莊子講座」を

小田原にて開催いたします。

f:id:kihiru777:20181004091532j:plain  

 

こやまさんの講座は、

「東洋思想を

こんなに楽しく学べるなんて!」

と、全国でも大人気。

 

さらに、

日本の古典芸能界や医療分野での講演、

企業のコンサルテーションなど、

幅広く活動されています。

 

今回の講座では、

そんなこやまさんが深く敬愛する中国の思想家

「莊子」についてお話していただきます。

 

中国の思想家のお話、と聞くと、

なんだか難解なもののように

感じられるかもしれません。

 

でも、実は、

「莊子」の思想は、

日本の著名な作家にも大きな影響を与えており、

現代にもしっかりと生き続けています。

 

そして、

スピリチュアルの世界でよく使われる

「ありのまま」というキーワードにも

非常に深い関係があるのです。

 

2300年も前に書かれた先人の叡智、

そこには迷える現代人の心を照らす

たくさんの言葉があります。

 

「古典なんてむずかしそう」

なんて敬遠してたらもったいない!

 

予備知識なしで、大笑いしながら楽しく学べる講座です。

古代中国への心のタイムトラベルへ出発しましょう。    

 

〜「はじめての荘子講座」 詳細〜

 

荘子は、

今から約2300年前に書かれた古典です。

荘子(名前を「荘周・そうしゅう」と言う)は、

老荘思想

(老子・荘子の思想をまとめてこのように言う。

現代では「道教」とも呼ばれる)

の一翼を担う、大思想家でした。


荘子

 

いや、荘周本人は、

大思想家などと言われることを

拒否したでしょう。

 

人よりも国家が優先された時代の中に

颯爽と現れ、

個人の生き方、あり方を説いた荘周。

 

人はどうすれば

主体的に生きることができるのか?

 

時流に流されず、

人間はいかにして自由になれるのか?

 

人為ではなく、無為とは?

無用の用とは?

「遊」〜自在の境地とは?

「道」〜タオ、その本質とは?

「万物斉同・ばんぶつせいどう」〜全ては「同じ」

「心斎坐忘・しんさいざぼう」〜己を超越

「逍遥遊・しょうようゆう」〜自在の境地に遊ぶ

・・そして「真人・しんじん」へ・・。

 

「解脱」という言葉の出典でもあり、

「禅」の思想にも多大な示唆を与え、

日本においても、

松尾芭蕉や良寛、

夏目漱石といった偉人にも強い影響を与えた荘子。

 

この、

あまりにも大きく力強い言葉の源泉は、

一体どこにあるのか。

 

荘周という古の天才の思考の軌跡を巡る、

約2時間半。

ぜひ、ご一緒しましょう!

 

f:id:kihiru777:20181004091617j:plain

■開催日時 

2018年12月4日(火曜)

10:00~12:40 

9:50  ~開場/受付開始

10:00~講座スタート

12:40~終了

 

■講座会場 

おだわら市民交流センターUMECO会議室7

小田原市栄町1−1−27

地図→http://umeco.info/use/access/

※小田原駅東口から徒歩2分です。

※建物内に有料P有り

 

■講座受講費

7000円

当日受付にて直接承ります。 

 

■キャンセルポリシー

都合がわるくなりましたらいつでもキャンセルしてください。

キャンセル料などはありませんが、 資料の準備部数や会場の机配置などの関係上、キャンセルする旨のご連絡は頂けるようにお願い致します。

 

一回だけの単発講座なので、セミナー初心者の方でも、必要な知識を1から分かりやすく説明いたしますので、安心して受講することができます。

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく、ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。

皆さまとお会いできますことを、心より楽しみにしております!  

 

※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら

※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 

 
易経/陰陽五行講師こやまとしのりプロフィール
こやまとしのり


1976年、石川県生まれ。
米農家の三男として生まれる。 大学を卒業後、住宅販売会社に就職するも、人間関係に悩み6ヶ月で退職。 以後、食品会社、アパレル会社などへ次々と転職を果たすも、長続きせず、職を転々とする。 ネガティブな理由で会社を次々変える自分に嫌気がさし、 「次に就職した会社は全てが最高のときに会社を辞めて独立する」という目標を掲げ、 自分を鍛え上げるため、26歳のときに、当時最も過酷な職種と言われた運送業のセールスドライバーに転職。 ドライバーの仕事をしながら、以前から興味のあった占いや古典の勉強を始め、
東洋最古の古典といわれる古代中国の書「易経」と出会い、その奥深さに衝撃を受ける。 易経や東洋思想の勉強を続けながら、ドライバーとして8年半勤務。 人間関係、お金、仕事の充実度、あらゆる面で最高の時だと感じた2011年、 「全てが最高のときに会社を辞めて独立する」という志を貫き、会社を辞め、上京。 「コヤマオフィス」を立ち上げ、以後、易経、陰陽五行をメインとした東洋思想の講師業をスタートさせる。

 
開催日時
2018年12月 4日(火)
開場 9:50
開始 10:00
終了 12:00
場所 おだわら市民交流センターUMECO会議室7
小田原市栄町1丁目1番27号
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

7000円

支払方法

当日お支払いください

定員 20  名
申込受付期間2018/10/ 4(木) 00:00 ~ 2018/12/ 4(火) 00:00まで
主催者外園佳代
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
こやまとしのりさんの「はじめての莊子講座」in小田原、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile_flower
Professional_s
プロデューサー・ライター・翻訳家

外園佳代

Mission
地球ライフをまるごと楽しもう!
Senmon

プロデュース ライティング

プロデューサー・ライター・翻訳家。
岐阜県美濃加茂市生まれ。
京都大学農学部卒業後、製紙会社、フィルム製造会社の研究所に勤め、結婚を機に在宅のサイエンス翻訳家として活動を始める。
3人の子供の母親になるが、長女に発達障がいがあるころがわかり、子育てに悩み続けていた時期にアドラー心理学にもとづく子育て講座を招致。それがきっかけで各種講座の招致・主催の活動を始める。
これまでに主催した講座の種類は東洋思想、健康関係、スピリチュアル、占いなど多岐にわたり、地方都市在住にも関わらず、これまでの参加者数は合計700人を超える。
自らも「一芸の宝物庫」とよばれるほど持ちネタが豊富で、料理教室や筆文字講座、英語講座などさまざまな講座を開いてきた。
告知記事やレポート記事を書く中で、人を動かす「文章の力」に気づく。子供のころから好きだった「文章を書くこと」を活かして講師の先生方をサポートしたいと思うようになり、ライティングを本格的に学ぶ。
2019年からライターとして活躍。電子書籍の作成や、サービスの紹介ストーリーの作成に携わる。その人本来の魅力・才能を引き出し、ストーリーで表現することを得意とする。
夢はひとりひとりの才能を活かし合う世界をクリエイトすること。
趣味は寸劇をすることとアジア旅行。サウナと水風呂の爽快さが好きな二男一女の母。
金太郎のふるさと神奈川県南足柄市在住。

  kayohokazono
B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock