Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
「子どもの『自立』を育てるスポーツコーチング」出版記念イベント(愛知大会)
ボトムアップ理論 5ステップ
H_taisho
選手の自立性を育てたい方、スポーツメンタルコーチングを活かしたチームビルドや組織開発に興味のある方
H_kitai
選手の主体性を育む具体的な方法が学べます、スポーツメンタルコーチングの理解が深まります
281698_37725390_1777593675651572_6333540292884430848_n
281698_スクリーンショット 2018-06-25 12
スポーツがきっかけで、人と人がつながり、「可能性」と「挑戦」を応援しあえる、  人と文化を創造する。
Award51
Professional_s
 
 
合同会社 All Days Sports 
合同会社All Days Sports
スポーツがきっかけで、人と人がつながり、「可能性」と「挑戦」を応援しあえる、 人と文化を創造する。
 
代表:阿部健二 (一社)フィールドフロー認定スポーツメンタルコーチ/(株)アナザーヒストリー・チームフロープロコーチ養成スクール認定コーチ
副代表:中田真司 全力失敗教室マスタートレーナー/NLP
GM:台本尊之 (一社)フィールドフロー認定スポーツメンタルコーチ/(株)アナザーヒストリー・チームフロープロコーチ養成スクール認定コーチ
2015年に3人のスポーツメンタルコーチが集まり設立。

2017年に「スポーツメンタルの科学」(洋泉社)を監修・出版。2018年には、「子どもの自立を育てるスポーツコーチング ボトムアップ理論5ステップ」(池田書店)を共著で出版。

述べ200人以上のアスリートに関わった実績をもとに、目標達成や自己実現のための「スポーツメンタル講習会」や、子どもや大人の自己効力感や心理的安全性をつくり出す「全力失敗教室」など、主催セミナーを日本全国で開催。

また、日本代表から学校部活動までの選手やチームに関わり、メンタル・コミュニケーション・チームビルディングをサポート。そして、それらスポーツ現場のサポート経験から得られたメソッドを体系化し、スポーツエッセンスを取り入れた企業研修も行っている。
 
 
+ + +
 
 
これまでの実績は以下のとおり。

平昌パラリンピック金メダリスト、バドミントン日本ランキングトップ選手、ラフティング日本代表チーム、空手道日本代表選手、カヌースラローム日本代表選手、視覚障がい者柔道メダリスト、Jリーガー、ラグビー元U19日本代表選手、ボクサー元東洋太平洋王者、ヨットレーサー日本代表選手、スカッシュ日本ランカー、シクロクロス(自転車競技)アマ選手、関東リーグサッカー選手など、競技によらず多数。
 

「スポーツを通じて、子どもたちの成長や自立を育んでいきたい」

 

 

2020年東京オリンピック・パラリンピックまであと2年。

 

 

全国各地でさまざまなスポーツが今日も繰り広げられ、

 

そんな想いで選手やチームを指導されている方も多いのではと思います!

 

 

 

一方で、2020年が目の前に迫ってくる中、、、

 

 

「勝利至上主義」

 

 

に偏り過ぎたスポーツ指導が社会問題として浮き上がり、

 

メディアでも毎日のように多くの事例が取り上げられています。

 

 

 

 

 

「勝利」  「人間的成長」

 

 

このどちらも満たす選手の成長を育むことができる

 

理想的なチームづくりは今の世の中には存在しないのでしょうか?

 

 

いいえ、存在しています。

 

しかも、日本に存在しているのです!

 

 

それが、

 

スポーツメンタルコーチングという

 

選手から引き出すコミュニケーションを取り入れた

 

ボトムアップ式のチームづくり

 

 

です。

 

 

 

 

 

・選手が自主的に動くようになる

 

・選手の人間力が高まる

 

・チームの勝率が上がる

 

 

この3つを実現させる理想のチームづくりの方法が

 

実は日本には存在しています。

 

 

その産み親こそ、現在、安芸南高校サッカー部監督の畑喜美夫先生。

 

2006年には当時畑先生が率いていた広島観音高校が

 

インターハイ初出場初優勝の快挙を成し遂げているのです。

 

 

 

 

 

今回、そんな素敵なチームづくりを

 

スポーツメンタルコーチングの要素を取り入れることで

 

5ステップの体系化に成功!

 

 

そして池田書店より、畑先生との共著で

 

子どもの「自立」を育てるスポーツコーチング

 

ボトムアップ理論 5ステップ 

 

が7月10日に出版されました。

 

 

 

出版を記念して7月21日に出版記念イベントを開催しましたが、

 

今回はその第2回目となるイベント。

 

なんと、畑喜美夫先生も来場・登壇します!

 

 

そして、さらにスペシャルゲストとして、

 

しつもんメンタルトレーニング代表の藤代圭一さん

 

の来場・登壇も決まりました!

 

 

 

今回の出版記念イベントでは、

 

本に掲載させて頂いたワークのうちいくつかを実際に体験して頂くほか、

 

 

本の中には書ききれなかったメンタルコーチの視点からの

 

自立した選手を育てるチームづくりの秘訣をお伝えさせて頂きます。

 

 

そして、もちろん畑先生からは

 

最新のボトムアップ理論についてもお伝えして頂きます!

 

 

 

従来のボトムアップ理論のファンの方も、

 

これまで取り組んだことがあるものの挫折してしまった方も、

 

これからそんなチームづくりにチャレンジしてみたい方も、

 

 

その他、

 

 

スポーツメンタルコーチングそのものや

 

スポーツメンタルコーチングを活かしたチームづくり

 

に興味のある方も、

 

 

あなたがチームや組織づくりで悩んでいることの

 

具体的な解決方法やそのヒントが

 

この講演会できっと見つかるでしょう!

 

 

 

ぜひ、出版記念講演会で一緒に学んでいきましょう!

 

ご来場お待ちしております。

開催日時
2018年9月16日(日)
開場 13:00
開始 13:30
終了 16:30
場所 刈谷市産業振興センター F7 小ホール
刈谷市相生町1丁目1番地6
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

 

【キャンセルポリシー】


開催日1週間前から 30%
開催日3日前から 50%
開催日前日から 100%
支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

PayPal支払い
事前銀行振込(お申し込み後、3日以内にお振込ください)

お申込み後、改めて振込口座をお知らせいたします。

定員 70  名 【残 10 席】
申込受付期間2018/8/ 3(金) 14:18 ~ 2018/9/16(日) 14:40まで
主催者合同会社 All Days Sports
こちらのイベントもオススメです
「子どもの『自立』を育てるスポーツコーチング」出版記念イベント(愛知大会)、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s

合同会社All Days Sports

Award51
2018年 年間イベント動員数ベスト50
Mission
スポーツがきっかけで、人と人がつながり、「可能性」と「挑戦」を応援しあえる、 人と文化を創造する。
Senmon

メンタル コミュニケーション モチベーション チームビルディング コーチング

代表:阿部健二 (一社)フィールドフロー認定スポーツメンタルコーチ/(株)アナザーヒストリー・チームフロープロコーチ養成スクール認定コーチ
副代表:中田真司 全力失敗教室マスタートレーナー/NLP
GM:台本尊之 (一社)フィールドフロー認定スポーツメンタルコーチ/(株)アナザーヒストリー・チームフロープロコーチ養成スクール認定コーチ 2015年に3人のスポーツメンタルコーチが集まり設立。

2017年に「スポーツメンタルの科学」(洋泉社)を監修・出版。2018年には、「子どもの自立を育てるスポーツコーチング ボトムアップ理論5ステップ」(池田書店)を共著で出版。

述べ200人以上のアスリートに関わった実績をもとに、目標達成や自己実現のための「スポーツメンタル講習会」や、子どもや大人の自己効力感や心理的安全性をつくり出す「全力失敗教室」など、主催セミナーを日本全国で開催。

また、日本代表から学校部活動までの選手やチームに関わり、メンタル・コミュニケーション・チームビルディングをサポート。そして、それらスポーツ現場のサポート経験から得られたメソッドを体系化し、スポーツエッセンスを取り入れた企業研修も行っている。
 
 
+ + +
 
 
これまでの実績は以下のとおり。

平昌パラリンピック金メダリスト、バドミントン日本ランキングトップ選手、ラフティング日本代表チーム、空手道日本代表選手、カヌースラローム日本代表選手、視覚障がい者柔道メダリスト、Jリーガー、ラグビー元U19日本代表選手、ボクサー元東洋太平洋王者、ヨットレーサー日本代表選手、スカッシュ日本ランカー、シクロクロス(自転車競技)アマ選手、関東リーグサッカー選手など、競技によらず多数。

B_facebook
B_homepage
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock