PR
PR

ライアー制作リトリート【鬼塚ライアー×佐渡島×美喜子】

受付は10月 5日(金)13:00で終了しました。

276313_img_1077
276313_18221967_1249667231826870_9042933728172594294_n
276313_img_1077
276313_18221967_1249667231826870_9042933728172594294_n

〜心を整えて 喜びの人生を奏でるための 鬼塚ライアー制作〜

このような方におすすめ

気持ちを表現する術が欲しい もっと楽しく生きたい 人に深く響くライアー演奏をしたい ヒーリングをより豊かにしたい 自分を信じたい

期待できる効果

ヒーリング・セラピーに新しいメニューが加えられる 新しい自分を生き始められる 内なる自然と同調して安定できる 感情が開放され軽くなる それらの術を持つ

ライアー制作リトリート【鬼塚ライアー×佐渡島×美喜子】



ライアー制作リトリート

心を整えて喜びの人生を奏でるための ライアー制作です

全国で人気が高まり続けている おにさん(鬼塚聖貴)のライアー制作WS(ワークショップ)

昨年に引き続き 今年も佐渡島での開催が決まりました。

***

今回のライアー制作リトリートの特徴

おにさんのライアー制作ワークショップは全国で開催されていますが

今回の佐渡島では制作中に湧いてくる感情と向き合い昇華していく時間を設けており

佐渡島限定の内容になっています。


特にそういうものを求めていない方 他に全国各地でWSは開催されています⇒こちらから


楽器としてのライアーを創りたい

という気持ちで ライアー制作WSに参加したとしても

木に向き合い淡々と彫り続けていると
(2日間くらいはトントントントン彫り続けることになる)

自然と自分の心の動きに気付きやすくなります。

そして 様々な感情が出てきます。

これは 以前からおにさんも「いろんなものが出てくる」と言っています。


現に 去年の佐渡島WSでも

それぞれに 内側のものが 溢れてきていました。

特に 怒り 苛立ち・・・

わたし(美喜子)自身も 怒りが噴出し

ライアーとなる木に怒りをぶつけていました。(すごい勢いで彫っていた)

そこから・・・

今年は わたしもファシリテーターとして加わり

最初から 心・意識を見つめて

真のあなた 喜びを生きる それを奏でるためのライアーを創る

と意図して参加することで

より 深い体験をしていただこうと 思っています。

 

軽くなった心で 真の自分=喜びの人生を生きる と決めることができます。

そんな体験をしていただくので リトリート(=自分を見つめ直す再生の場)と名付けました。

その経過とともに産まれたライアーは

いつもあなたを喜びにチューニングしてくれるものになるでしょう。


今年の 佐渡島 ライアー制作リトリートで

要らないものを全部 手放すつもりでいらしてください。

佐渡島の大いなる自然が 引き受けてくれますよ。


***


より深いヒーリングを届けたい ヒーリングライアー奏者の方

感情が滞っていると感じている方

より人の心に届く音楽を届けたいミュージシャンの方

自分のヒーリングに何か加えたいと思っている セラピストやヒーラーの方

音楽経験・ヒーリングの経験は問いません。

だれでも奏でられるライアーです。


初めての試み 鬼塚ライアー×佐渡島×美喜子

喜びの人生を奏でるための ライアー制作リトリート 佐渡島でお待ちしています。



心を決めて

わざわざ 佐渡島までやってくるからこそ 受け取れるものがあります。


※ 佐渡島在住の方のご参加も受付けています(特別料金です)







鬼塚ライアー×
佐渡島
×
美喜子



◆鬼塚ライアー制作WS&おにさん がどれだけ特別か ということ

 

鬼塚聖貴=おにさん

長崎県雲仙市在住 オニヅカ工作所・コトモリ主宰
ライア制作指導、木工指導、ライアー演奏

鬼塚聖貴オフィシャルサイト

日本各地やスペインなどを放浪後、屋久島原生林伐採作業をしたことがきっかけで木との触れ合いに目覚め、声なき木々の心を表す木工を始める。そして不思議な流れの中で導かれライアーが生まれていった。(詳しくは直接 おにさんに聴いてください!)木と出逢い 木とつながり木を通して自然からのメッセージを受け取る。そして自分の心に気付く。楽器を弾いたことにない人でも奏でられるライアーを自分で彫っていく。その豊かな体験が求められ、日本各地でワークショップが開催されている。


●おにさんWSの1番のギフトは 自分の心に正直に生きるお手本のおにさんと過ごせること。
  → 最強の自由人おにさんと触れ合うことで これまで見えなかった自分の心(願い)に気付く(これは去年の佐渡WS参加者の方の体験やなどでもハッキリしている。時に見て来なかった感情を観ることは苦しいことでもある)おにさんの自由さは ほんとに最強。どこかで語りたい 笑 今 多くの人が 他人軸(他人の価値観・他人のニーズ)で生きているから おにさんから大切なことを受け取れるのです。


●オニヅカ工作所を営み 森に棲み森の気配を纏い 木の心を受け取る 誰よりも森に近いおにさんが講師であること。
  → 自然の流れ・自然とともにあるということはどういうことなのか体感できる。


●地元の木を使うということ(希望があれば あたなの特別な木を使うことも可能 ご相談ください)


自由な想いをカタチにできるということ


●ほかのライアー制作WSに比べると 金額的にも安価であること


●だれでもすぐに 奏でられるようになること


●ライアーワークショップは木(自然)とつながり 心と木を彫りこんでいく瞑想であること



◆佐渡島そして しめばり山荘 のとってもすてきで 来たくなってしまうところ

●日本の里山を代表する鳥 朱鷺が最後まで自然下で棲息していた 美しい自然 の残る島
 → 佐渡島の北側には 樹齢300年とも500年とも言われる杉もあるなど豊かな自然が残ります。
   科学的にも 森林・自然に触れることでストレスホルモン減少などの効果が生体実験でも証明されています。
   研究機関・大学などの研究でも明らかです。

   →千葉大学の研究   → 日本医科大学の研究 その他多数

そして朱鷺の野生復帰を目指した取り組みの結果 佐渡島内で再び 美しい朱鷺色の羽で舞う鳥たちに出会うことができるようになりました!


●流人の島に伝わる独特な芸能・世界で活躍する鼓童 文化の豊かさ


●世界農業遺産に登録されている棚田(お米も 有名な魚沼産に劣らず美味しい!)


●しめばり山荘からの景色は 人工物が視界に入らない。(もちろん宿泊&作業の場である山荘を除き)


●佐渡の生きた豊かな食材や 島のユニークな人々の創る美味しいもの(パンやコーヒー、スイーツなど)


●ロケットストーブのお茶の時間などなど


ロケットストーブを囲んで お茶をしながら ダイアログタイム。


男性的な鬼太鼓が息づく佐渡島に、女性的な響きのライアーを弾く人が増えることはバランス的にもいいとおにさんも言っているし、ライアー創造の神と言われる ヘルメスの聖鳥が なんと朱鷺! これにはびっくり。だから佐渡島でライアーを創るということは、とても相性がいいと思うのです。そのことに思いを馳せると神さま気分で創造していけるのではないでしょうか。


●佐渡在住者のための特別割引料金を設定しています。

昨年 来島してすっかり佐渡が気に入り、佐渡の森との対話を通し、佐渡の森と佐渡に住む人達とをつなげたいと思っているおにさん。

佐渡の方にも ぜひ参加してもらいたいので 佐渡島民のための料金を設定しました。

※ 宿泊・食事代は含まれません。



◆美喜子があなたにお届けするもの

●安心できる場
ペンション経営や看取り士養成講座をしていたように 場を整えることが得意です。


●感情の解放

初めて会ったのに なんでも話してしまいそうになる とよく言われます。
「これは誰にも言ったことがない」などと初めて会った美喜子に大切な話をする人は多く
話すことは=手放す ことにつながり 言えることで=癒え その人本来の姿に近づけます。
リトリート中に出てきた感情(これまで表現しきれていなかったもの)を解放していくためのサポートをしていきます。



前例のないあなたの人生(喜び・愛に満ちた)を生きよう とコミットするためのサポート

下記の体験ができるよう3泊4日の間 直接的なライアー制作以外のサポートをします。

●自分が今何を感じているのか気付き 表現し解放していくこと

●自分の本質を知り 自分・この世界を信じること

●全ては自分自身が創造していることを何度でも思い出し 喜びに調律していくこと。
(自分のパワーを人に預けず 自分が創っていること そこに何度も立ち返ります)






◆ライアー制作リトリート 内容

●ライアー制作リトリート オリエンテーション

●ライアーになる木を選び 彫る 彫る ひたすらライアーを彫り続けます。

●ダイアログ(彫り続けている間も 集まって ライアーのこと 心に浮かんでくることをシェアします)
 自分の内側について シェアする時間が日々設けられます。

●途中2日間 サイレントメディテーション(携帯電話お預かり その間も彫り続けます)

●ライアーの演奏・チューニング・メンテナンスについての説明

●おにさんのギターライブ(初日or最終日 夜)

●最終日 全員での演奏


クリスタルを入れたもの


帰ってから このライアーを手にするたび

佐渡の自然や

仲間との時間

ひとり向き合った時間

そして内なる喜びに繋がれるように。

佐渡島で受け取ったことが 沁み込んでいきますように。




参加費は 制作するライアーの弦の数によって料金が異なります。

参加費の欄を ご覧ください。

7〜36弦くらいまで 自由に設定可能です。

その場合の 参加費はお問合せください。
(※ 9/3までの早割料金は 全てのライアーに設定されています)




弦の数が多いと こんな演奏も可能ですが



7弦ライアーは いつでもどこでも奏でられる良さがあります。



演奏のしかたも 出来上がったライアーでできるよう

教えていただきますので ご安心を!





樹=自然=内なる自分 と向き合い

一期一会 その時の その組み合わせでしか産まれ得ない

世界に1つだけのライアーを彫りだしていく 3泊4日

仕事の関係で佐渡入りが6日になってしまう等 という方ご相談ください。
(その場合 7弦ライアーでの参加のみ可能)

去年のライアー制作ワークショップ佐渡島 参加者







今年の合宿場所 しめばり山荘
佐渡島内でも 豊かな自然に囲まれる 羽茂大崎地区 ここからの眺めは 自然のものだけ

ただし 山小屋なので ホテルのような快適さはないです。






***

佐渡島関連サイト

*佐渡島へのアクセス

*佐渡汽船

*佐渡島内路線バス

*旅館番頭の佐渡観光情報ブログ



キャンセル料について
●9/10までのキャンセル 事務手数料2,000円を差引き全額返却
●9/10~21 参加費の50%
●9/22~9/30 参加費の80%
●10/1〜 受講料の100%


首都圏を10月5日の早朝に出発して 8日中に帰ることのできるスケジュールを組んでいます。


東京駅から集合場所までのオススメルート

東京駅 6:08発 JR新幹線とき301号・新潟行
新潟駅 8:13着

新潟駅万代口 8:35発 新潟交通バス 朱鷺メッセ・佐渡汽船線
新潟港 佐渡汽船ターミナル 8:50着

新潟港 9:20発 佐渡汽船 カーフェリー
両津港 11:50着

両津港発 12:00発 新潟交通バス 南線  670円
真野新町 12:49着
*バス乗換
真野新町 12:58発 新潟交通バス 小木線 630円
村山 13:30頃着



開催要項

開催日時
2018年10月 5日(金) ~ 10月 8日(月)
開場 13:00
開始 14:30
場所

しめばり山荘

新潟県

佐渡市羽茂大崎

参加費

【PayPal払い】7弦 佐渡割(佐渡島在住者限定)  48,000 円

キャンセルポリシー

【早割】9月3日24時までのお申込み・ご入金
受付終了

9月4日以降のお申込み

7弦 68,000+20,000(宿泊と食事)=88,000円

22弦 130,000+20,000=150,000円

36弦 240,000+20,000=260,000円

上記に含まれるもの

ライアー材料費・講座参加費・宿泊費・期間中の食事(9食)

◆ 9〜36弦までのライアーを自由に制作できます。料金はお問合せください。

 

島民割! 48,000円

ライアー材料費・講座参加費のみ(宿泊・食事は含まれない)
※ 佐渡島の方にぜひ参加していただきたいということで 講師おにさんが割り引いてくれました!

 

上記に含まれないもの

*チューナー 2,000円(スマホで代用可)

*チューニングキー 1,500円(持っていない人は 必須)

*木製のブリッジ希望者 5,000円

上記3点に関しては当日払い

・佐渡島 集合場所までの交通費

 

お支払方法
定員

6 名

【残 1 席】

申込受付期間

2018/8/20(月) 00:00 ~ 2018/10/ 5(金) 13:00まで

主催者

MIKOTO

お問い合わせ先

MIKOTO 安西美喜子

お問い合わせ先電話番号

090-2246-3799

お問い合わせ先メールアドレス

thanks@mikoto.work

美喜子

美喜子()

どんな時も、どんな人も 存在の本質は光(愛)であることを伝え続ける✨

どんな時も、どんな人も 存在の本質は光(愛)であることを伝え続ける✨

【カウンセラー】
【LFCコンポストアンバサダー】
【公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)認定アロマセラピスト】
【女神画アーティスト】
【ヒプノセラピスト】
【レイキⅣティーチャー】 ● 2000人以上への個人セッション、23年目になる対人援助業務を元に、目の前の人に愛を注ぐ。
●過去の仕事 ・染色家・ペンション経営・公立中学校心の教室相談員・老人施設相談員・看取り士養成講座講師
●私的には、思春期に母が精神科病棟で亡くなったことが、人の意識・心に触れる仕事へと導き、恋人の自死、人を愛することで宇宙観を深めてきた。
●「このことは初めて話すけれど」「なぜ、初対面のあなたにこんなこと話しているんだろう」と言って、大切な話を初めて会う美喜子に話す人は多い。20代〜70代のその方々に「魂のお母さん」「大地の母」と呼ばれる。
●「愛に還る」が仕事&人生のテーマの泥くさいスピリチュアリスト。
● 都心で植物に囲まれて集った人たちと笑っているのが願い。
(2021.4)