Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Mihoko02
Suzaki01
Okada02
柳谷和美さんは、リザーブストックを使っています。
リザーブストックは柳谷和美様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はinfo@niji32.net宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
性教育インストラクター養成講座 全5回パック
H_taisho
安心、安全に、お互いが傷つけあわない性教育を学び、大切な人に伝えていきたい方
H_kitai
自分や他者を守る心を育て、性知識が無いことで起こる事故や健康への被害を防止することができる
275744_aomidoriimgl1209_tp_v
275744_yuka_eigokyoushi15215934_tp_v1
泣いていいとよ~ 泣ける家庭、泣ける社会、優しくつながる世界をめざそう~!
 
 
おやこひろば桜梅桃李 代表
柳谷和美
泣いていいとよ~ 泣ける家庭、泣ける社会、優しくつながる世界をめざそう~!
 
2006 年:日本メンタルヘルス協会 基礎認定カウンセラー資格取得
2012 年:日本抱っこ法協会 親子援助者集中講座修了
◆1968年5月3日兵庫県尼崎市生まれ。福岡県糟屋郡志免町育ち。
◆大阪府吹田市 在住
◆1987年 福岡県立福岡工業高校 建築科卒
◆家族…夫(1971年生まれ) 3人息子(1991年産・2005年産・2007年産)
◆博多弁ベース、ボケつっこみは関西弁です。(*^_^*)
----------------------------------------------------------
幼少期の性暴力被害、
両親からの「悪気無き精神的・身体的暴力」による自己肯定感の低さから、
自暴自棄な思春期を過ごしました。
18才から21才にかけてデートDV被害、
孤独な子育てから、子どもへの虐待、うつ状態、アルコール依存、離婚、子連れ再婚などを経て、
2006年カウンセラー資格を取得。

学び、実践する中で、自身の傷ついた心とも向き合い、
「生き方」を変えることができた経験から、
どんな人にも、「生きる使命」がある!と確信、
人間の可能性をどこまでも信じ抜くカウンセリングを行っています。

2008年4月、認可外保育園の園長時代に、
子どもへの虐待防止、母親の横のつながりや心のケアを目的とした
「おやこひろば桜梅桃李」を立ち上げました。

子どもたち、育てる親たちを加害者にも被害者にもしない子育てを伝える、
泣いて笑って癒される講演会もご好評いただいています。
性暴力、DV、虐待問題にも積極的に取り組んでいます。
 
苦しまずに安心感でゆる〜く願望実現♡戦わないでハッピーに♡
 
 
ヤマトミライ 
サバイバルサロンぷれぜんと ヤマトミライ
苦しまずに安心感でゆる〜く願望実現♡戦わないでハッピーに♡
 
●性暴力サバイバーサロン「ぷれぜんと」代表
●こんなはずじゃなかった今をあれで良かった今に変えるセミナー講師
●苦しまずに安心感でゆる〜く願望実現をサポート
【主な講演実績】
・島根あさひ社会復帰促進センター(官民協働刑務所)
・奈良県を始めとする各県警察学校
・各都道府県
・大阪弁護士会
・性暴力被害者センターひょうご
・性暴力対応ネットワーク StaRT かながわ
他多数

【主なメディア取材実績】
・NHK「クローズアップ現代」
・日本テレビ「news every」
・朝日放送「キャスト」
・NHKラジオ「NHKジャーナル」
・読売新聞社
・毎日新聞社
・産経新聞社
・STORY
他多数

毒親育ち、数度の犯罪被害、職場の突然の倒産、DV、突然の離婚など自分の力では手に負えないような困難と向き合う中で、性暴力被害者支援、サポーター養成講座のプログラム開発などに携わりながらカウンセリングの基礎を学びました。

傷ついた自分からの回復の過程において周囲の環境や物事のせいにするのではなく「自分を知り認める事」「よりよく自分を知る事」が大きな転機であったことから、実体験と心理学・コーチングを学んで得たことを活かし、個人セッションや講演会を行っています。
 

動画受講も可能!

お申し込みフォームの紹介者欄に動画希望と書き添えてお申し込みください

 

〈講師紹介〉

柳谷和美↑↑


幼少期の性暴力被害
両親からの「悪気無き精神的・身体的暴力」による自己肯定感の低さから
自暴自棄な思春期を過ごしました。


18才から21才にかけてデートDV被害
孤独な子育てから、子どもへの虐待、うつ状態
アルコール依存、離婚、子連れ再婚などを経て
2006年カウンセラー資格を取得。

学び、実践する中で、自身の傷ついた心とも向き合い
「生き方」を変えることができた経験から、どんな人にも
「生きる使命」がある!と確信
人間の可能性をどこまでも信じ抜くカウンセリングを行っています。

2008年4月、認可外保育園の園長時代に、子どもへの虐待防止
母親の横のつながりや心のケアを目的とした「おやこひろば桜梅桃李」を立ち上げました。

子どもたち、育てる親たちを加害者にも被害者にもしない子育てを伝える
泣いて笑って癒される講演会もご好評いただいています。
性暴力、DV、虐待問題にも積極的に取り組んでいます。


本気オスカルで遊びにも全力の和美ちゃんの「親子で性教育」は毎回大盛況なのでそちらもおすすめ。
◆親子で性教育◆(そのままブログも読み倒したくなるかも~)
https://ameblo.jp/tamukazu/entry-12281558681.html?frm=theme


面白いけど、適当なようで内容濃いから、笑うわ学ぶはで参加すると頭の中忙しい(笑)

大阪を中心とした小学校・中学校・大学などの講演回数は500回を超えます!
そんな人気講師、柳谷和美ちゃんの歴史はめっちゃ長文なので、ぜひ下記リンクから読んでほしいですが


和美ちゃんの想い
http://www.niji32.net/profile.htm

以下一部抜粋

_______________________

幼少期に性暴力被害に遭いました。
自分の身に何が起こったのかも理解できない頃。
5才で、隣に住んでいた、3姉妹のお友達の父親から。
7才で、当時16才の従兄から。
中学生になって、その行為の「意味」を理解したときの絶望感は
今でも忘れられません。

_______________________

 

心の傷を癒す術も知らず、
心の傷に振り回されて
「苦しいよ」「悲しいよ」「辛いよ」「助けてよ」
そんな気持ちを封じ込めてしまった反動で、
たくさんの人を巻き込んで、
たくさんの人を悲しませてしまいました。

あらゆる暴力の被害者は
やがて、加害者になっていくのです。

詳細は、blog記事、
幼少期の性暴力被害のこと←コチラです。
(フラッシュバックにご注意ください)

中学3年くらいから、
夜な夜な遊べるお友達と、
いらんことばっかりやってました・・・(^_^;)

さらに、18歳から21歳(1986年~1989年)まで、
DVオトコにつかまる(@_@;)
付き合い始めて約半年したころ、
居酒屋で突然ブチ切れられて、
過去につきあっていた男性とのことを咎められ、殴られる。


当時は彼氏から殴られることを
「私のことをここまで愛してくれてるからなんだ」と思っていました。
・・・だって、父は私が小さな頃から
父が気に入らないことをしたり言ったりしたら
「お前を思ってるからや~!」
「お前を愛してるからやぞ~!」
って私を殴ってたから。

親は殴ってOK。彼氏はダメ。
そんな理屈は通用しないのです。

親から殴られて育った子どもは、
暴力を受けることを引き寄せます。
暴力を容認して、やがて加害もしてしまいます。

_______________________

1991年、1回目の結婚。
1991年9月長男出産後、
1992年6月、長男9カ月の時、元夫さんの転勤で熊本県八代市に。
当時は携帯もパソコンも無い時代、
親戚も友人も周りにいない中、孤独な子育てに。

育児の相談に乗ってくれる人もない上に、
「相談することは恥」という思考に支配されていたので、
「助けて、わからない」と言えず、一人抱え込んでしまい、育児ノイローゼに。

泣く息子に「泣くな!」と怒鳴って余計泣かれて、今度は手をあげる。
別の部屋に閉じ込める。
そんな時のワタシは、
「感情」が遠いどこかに行ってしまったような状態でした。

ふと我に返って、長男の姿を見にいくと、
泣き疲れて、しゃくりあげながら畳の上で寝ているのです。
その姿を見て、今度は自己嫌悪。
「どうして優しいお母さんになれないんだろう。
どうしてワタシには出来ないんだろう。


ワタシは母親として失格。そもそも人間として失格」
そうやって自分を責めて、
この子を殺して、自分も死のうと思うことの繰り返し。
でも出来なくて、「今度こそ優しくしよう」と思うものの、
どうしていいのかわからず、同じことの繰り返し。

_______________________


たくさんの人に対して、
「ワタシは不幸でいなければいけない」という
「思い込み」の負のスパイラルループに巻き込んで、
幸せと感じるようになると、無意識に、それを壊すような言動や行動をしてしまい、
元夫さんはじめ、あらゆる人を悲しませてしまい、2003年1月離婚。

_______________________

結婚なんて、二度としたくない!と
周りにも断言していたのに、縁あって、2004年、再婚(笑)

しか~し!!
再婚当時 中学1年生だった ワタシの息子と、
再婚した夫との関係性に悩む日々が続きました。

「良かれと思って」生活のあらゆる場面で
いろいろと指導してくれる夫。
その指導を「ワタシのしつけが 行き届いてない」という
「当てつけ」なんだと思い込んで
被害妄想に陥るワタシ( ̄▽ ̄)
(思考のクセって、コワイ~(>_<))

やっぱり「子連れ再婚って、うまくいかないのかな・・・」

ニュースや、世間の「ウワサ」に洗脳されて
「子連れ再婚」=「幸せになれる」方程式は
まったく想像できませんでした( ̄▽ ̄)

_______________________

学んだことを、自分の子育てで実践を重ね、
何より、自分のココロの奥の「痛み」ともガッツリ向き合う中で、
自分の心が癒されていくのを感じることができるようになりました。

そして、やっと「ワタシは、ワタシのままでいいんや~(*^_^*)」と、
「自分」を認めてあげることができたのです。

「寂しい」も「不安」も「悲しみ」も「苦しみ」も
「見捨てられ不安」も「自信のなさ」も「恐れ」も、
全部、「ワタシの大事な気持」。

同時に、なぜ一番身近な人に
心を開くことができなかったのかに気づくことができました。

それは、ワタシ自身が育った環境の中で
「自己肯定感」が全く育っておらず、
「ワタシはワタシのままで愛される」ことなど無い
という歪んだ信念から、
ワタシに近づく人に対して
「どうぜ、ワタシを捨てるでしょ」っていう
見捨てられ不安が大きくなり、
捨てられるくらいなら、心なんか開かない。
捨てられて心が傷つくなら、先にワタシから捨ててやる!
そうやって、身近な人たちを傷つけていったのです。

自分の傷ついた心の痛みにフタをし続けて、
痛みが麻痺していたために、
「人の心の痛み」も感じることができませんでした。

でも、その行動は、それまで、いろんな傷を心に負ったワタシを
守ってきてくれていたことにも気づくことができました。

ワタシ自身の心をガードするためだったからと言っても、
ワタシの行いで深く心が傷ついた人たちは実際に存在していて、
自分が傷ついたからと言って、
人を傷つけていい理由にならないわけで、
そんな、傷つけあいの連鎖を、終わらせたいと思うようになっていきました。

自分を認めて、「変えられる=宿命転換・人間革命」ができると
「自分を信じる」ことができる。
「自分を信じる」ことができたら、
夫も、子どもも、周りの人も
みんな、「信じること」ができるようになりました。

_______________________

今、生きてることが楽しいです。
今、生きててよかったって思います。
今、ここに居るのは、過去の全てがあったからだと思います。
どのエピソードが欠けても、「今のワタシ」は存在しないのです。

全てに意味がありました。

冬は必ず春となる。
明けない闇は無い。

だから、どんな人にも「使命」があると信じるのです。
どんな人にも「生きるチカラ」があると信じるのです。

「困難」が「有った」から、全部「有難い」
「困難」なことから、ワタシは
「生きることの素晴らしさ」を教えてもらいました。

_______________________

一部抜粋だけでも長いわ!!!

でもこれくらいでも伝えきれない和美ちゃんのこと。
そして、私自身ももと性暴力被害者としてイベントなどで一緒に過ごす時間も多く
事件そのものからは回復していでも、親子関係やパートナーシップや講演活動をする上での悩みなど・・・


和美ちゃん、和美ちゃんだけでなく和美ちゃんの家族にも助けられました。

5年前の自分では考えられないくらい幸せ!
そこから1年たったらたったで、1年前の自分では考えられないくらい幸せ!
今だから明かせますが、つい最近までいつ死んでもいいって思ってたんですよ、わたし。


だから、もっと多くの人に、和美ちゃんの話が伝われば
「生きるチカラ」「生きる素晴らしさ」を持って
豊かに生きられる人が育つのに、増えるのに・・と思っていました。

そして、それを伝えたとき、その流れで配信した動画です☆



その全てを受け取ってくれる講師を育て
講師になってくれた方の生きるチカラや素晴らしさを応援することで
その周囲にいる人の生きるチカラや素晴らしさを応援していきたいと決めたのです。
 
っつーか私たちって言ってるけど、ヤマトミライは講師やらんのやんけ!!
とツッコミ隊なあなた。
 
はい、ヤマトミライの専門は性暴力に関すること。
つまり、大きな大きな性教育って世界の一部でよりマニアックな内容。
ですからね。
性暴力についての講義は、ええ、私がやりますんでね。
横で見てるだけじゃんなんて思うなよ!
いえ、思わないでくださいましね♡
 
 

でも・・・性教育インストラクターって?
何ができるようになるの?難しくない?

・・いや、なんか、興味あるけど、わたしにできるかなぁ?こわいわ様子見よう・・・
とか思ってるでしょあなた!!
 
そんなあなたはこのページやリンクからいける情報をちゃっかり受け取ってね♡
んで、こっちの公開講座で様子見もありじゃないかしらん?
【公益財団法人JR西日本あんしん社会財団 助成】サバイバルサロンぷれぜんと性の防災公開講座①
https://www.reservestock.jp/events/277241
 

 

えっと。。。戻りまして。

性は身近にあるものなのに、身近にしっかりと教えてくれる人は少ないです。

私たち自身も、自分が性暴力の被害者となったことで、現代に受け継がれてきた間違った思い込みや知らなかった正しい知識を知りました。

 

もし、周りに教えてくれる人が居たなら、良かったのに。そう思ってわたしも地道に講演などをしてきました。

 

でも現実はお金をかけて遠くに行かないと学べなかったり、場合によっては講座の参加費が高すぎて手に取れなかったり…

 

そういった学びにくさを解消するために、わたしたち、できるだけたくさんのご依頼を引き受けてきたのですが、体はひとつ、物理的にやれることは限られるし行ける場所も限界があります。

 

本来は当たり前に知ってるカレンダーや食事の仕方のように身近に手を取って学べるものでなければ、性被害、望まぬ妊娠、性感染症による被害、そして何よりそれを体験することで心が傷つき、生きる意欲を失ってしまうこと、それによってたくさんの悲しい連鎖が起こることは無くせない。

 

私たちだけでなく、地域のコミュニティの範囲で性教育のプロがいて、どこにいる人でも学べる環境になれたら。

その環境のために学んでくれる人がいるなら。

私たちのこれまでの実績から得たものは全てお渡ししてサポートをして、身近なコミュニティで講演活動などをしていただきたいと思っています。

 

講座を受けることでテキストの提供、企画書などを簡単に作成できるひな形はもちろん、講演依頼を取り付けるためのサポート、講師実務資料の提供、資料作成のお手伝い、楽しみながら結果を出していけるようなアドバイスは講座修了後も継続して行います。

 

そして、私たちは私たちのコピーのような人材を育てたいわけではないんです。


学んでみてもっとあなたが特化したい部分が出てきたら知識のベースはそのままに、あなたらしさを乗せて柳谷和美でもない、ヤマトミライでもない、あなたという講師になって頂きたい。

 

笑いはなくていいからマジメに語りたいあなたバージョン。

学生向けにだけ話したいあなたバージョン。

男性に向けて教えたいあなたバージョン。

講座終了後はいろんなあなたバージョンになりましょう♡

 

これまで私たちに来ていた講演の依頼についても、講座修了者の方に受け取っていただけるようにしていきます。

 

難しいと思われがちな性教育を簡単に知っていただけるテキストがあるので、専門的な難しい知識を暗記する必要もありません。

 

なぜなら、元々私たちは専門家ではなく、現実的に知っている言葉や、生きていて知っている知識をベースに学び、伝えてきたからです。

 

それに、伝える相手も専門家ではないのですから、みんなが知れるわかりやすいやり方を追求して、講演に生かして実績を作ってきています。

 

なので、誰もが手に取れるわかりやすい知識を学んで、しかもそれをわたしたちのサポート付きであなたの周りの身近な人や場所に伝える「性教育インストラクター」として

 

あなたが周囲も優しい豊かさの輪を作り、さらにそれぞれの人がたくさんの輪をつくることで性よる被害や悲しみのない世界を作る主役になってもらいたい。
だから、そんな世界をつくる主役の1人にあなたもなってください。

 

ここまでよくぞ読んで・・

たどり着いてくださいました。


そんなあなたが大好きです

♡ありがとう♡

 


・・というわけでようやく講座の概要なんですよ~

 

性教育といえば何を連想しますか?
性行為を教えることでしょうか?

実はそれは性教育のうちのごく一部にしかなりません。

本当に大切なのは、お互いの心を育むこと
性に関することでお互いが傷つけ合わない自分も相手も大切にする心を育てること
そして、心と体を大切に、健康に生きるためのものです。

 

(あんしん・あんぜん・ぼうさい♡)

 

例えば、なぜ子どものうちに妊娠してはいけないのか?
育てる責任も発生すること以外にご存知ですか?

 

生理がはじまっても、体が小さい子どもが妊娠したら。。。
子宮破裂などの危険性があって、母子ともに亡くなる場合もあります。


育てる責任だけでなく、健康が奪われるということまで答えられる大人はどれだけいるでしょうか?
そして万が一性暴力などの事故が起こった場合にも
身体の傷と同じで手当てしてくれる場所、対処方法を知っていたら早期回復にも繋がります。

 


ぷれぜんと主催の性教育は性被害を防ぐためだけでなく
自分や他者を守る心を育てることで


犯罪被害、いじめ、心無い言葉や行動で傷つけ合わないこと
そして、健康に生きるために、自分の体のことを知ること
性の知識を知らないことで起こる事故を防ぐことを目的として開催します。

 

 

 

また、世代別に講座を設定していますので、各回単発での受講も可能です。
全5回全ての受講か、単発での受講かは、お申し込みフォームで選択してお申し込みください。

 

また、遠方からやスケジュールの都合などで参加できない方のために動画での受講も受け付けます☆
ネット環境のトラブルに対応できないので生中継ではなく後日送付で!

 

そして、5回申し込んみたいんだけど何かしらの事情で急な休みになったら?ってのも動画で代替可。
内容は変わらないし、動画であっても直接参加と同条件やーけーどっ!
遠方住まいで基本動画だけどこの日だけ行きたいとか、組み合わせもありです。

 

ただし、準備物など変わりますので事前にその旨はお知らせ頂くことが条件☆

 

受け付けフォームのご紹介者欄に【動画参加希望】と書いてご送信ください。
フォーム作り直すの時間ないねん(笑)

 

<受講料>

♡全5回コース♡ ¥54000
♡単発受講♡各回  ¥16200(基礎編の動画込み)

 

<日程>ゆ

9月15日 (土)13:00から16:00
①基礎編
なぜ性教育が必要か?参加者個人の性への価値観をまず整理して、目的を確かめます。

 


10月27日(土) 13:00から16:00
②小学生編
小学生のうちから知らせておくとよいことについて学びます。
性暴力被害から自分や家族を守る方法についてはこの回で主に学びますから、前半のみ講師はヤマトミライとなりますのでご了承ください。


12月1日(土)13:00から16:00
③中学・高校生編
中学生・高校生の段階で知らせておくとよいことについて学びます。

 


1月19日(土)13:00から16:00
④20代、30代編
この時期特有の性の悩みや、子育て世代の始まりとしての性の関わり方などを学びます。

 


3月9日(土)13:00から16:00
⑤40代以降編
更年期の心構えや一生死ぬまで関わっていく性について学び

 

わたしたちと楽しくじっくり学んでいきましょう♡
お申し込みお待ちしています!

 

ここまで読んだあなたは最高♡

参加後の打ち上げ飲み会の時間も

開けててね~~~~~

 

275744_o0714034514207121038
開催日時
2018年9月15日(土)
開場 12:45
開始 13:00
終了 16:00
場所 おやこひろば桜梅桃李
吹田市垂水町1-28-33
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

<受講料>
♡全5回コース♡ ¥54000

9月15日 (土)13:00から16:00 
日程終了後は動画配信となります
①基礎編
なぜ性教育が必要か?参加者個人の性への価値観をまず整理して、目的を確かめます。

 

10月27日(土) 13:00から16:00
②小学生編
小学生のうちから知らせておくとよいことについて学びます。

 

12月1日(土)13:00から16:00
③中学・高校生編
中学生・高校生の段階で知らせておくとよいことについて学びます。

 

1月19日(土)13:00から16:00
④20代、30代編
この時期特有の性の悩みや、子育て世代の始まりとしての性の関わり方などを学びます。

 

3月9日(土)13:00から16:00
⑤40代以降編
更年期の心構えや一生死ぬまで関わっていく性について学びます。

支払方法

銀行振り込み
・入金の確認をもちましてお申し込み完了となります
・当日無連絡キャンセルは返金は致しかねます。キャンセルの場合はご連絡をお願いします。
・返金の際は参加費より当方からの振込手数料を差し引いての返金となりますのでご了承ください。

定員 10  名
申込受付期間2018/7/ 8(日) 00:00 ~ 2018/9/13(木) 21:00まで
主催者サバイバルサロンぷれぜんと
こちらのイベントもオススメです
性教育インストラクター養成講座 全5回パック、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
代表

柳谷和美

Mission
泣いていいとよ~ 泣ける家庭、泣ける社会、優しくつながる世界をめざそう~!
Senmon

性暴力 DV 虐待 親子

2006 年:日本メンタルヘルス協会 基礎認定カウンセラー資格取得
2012 年:日本抱っこ法協会 親子援助者集中講座修了 ◆1968年5月3日兵庫県尼崎市生まれ。福岡県糟屋郡志免町育ち。
◆大阪府吹田市 在住
◆1987年 福岡県立福岡工業高校 建築科卒
◆家族…夫(1971年生まれ) 3人息子(1991年産・2005年産・2007年産)
◆博多弁ベース、ボケつっこみは関西弁です。(*^_^*)
----------------------------------------------------------
幼少期の性暴力被害、
両親からの「悪気無き精神的・身体的暴力」による自己肯定感の低さから、
自暴自棄な思春期を過ごしました。
18才から21才にかけてデートDV被害、
孤独な子育てから、子どもへの虐待、うつ状態、アルコール依存、離婚、子連れ再婚などを経て、
2006年カウンセラー資格を取得。

学び、実践する中で、自身の傷ついた心とも向き合い、
「生き方」を変えることができた経験から、
どんな人にも、「生きる使命」がある!と確信、
人間の可能性をどこまでも信じ抜くカウンセリングを行っています。

2008年4月、認可外保育園の園長時代に、
子どもへの虐待防止、母親の横のつながりや心のケアを目的とした
「おやこひろば桜梅桃李」を立ち上げました。

子どもたち、育てる親たちを加害者にも被害者にもしない子育てを伝える、
泣いて笑って癒される講演会もご好評いただいています。
性暴力、DV、虐待問題にも積極的に取り組んでいます。

  070-6541-2432
B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock