Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
【カラオケ苦手な人、集まれ!】おためしカラオケ部(おたから部)
~カラオケが怖い!でも本当は歌ってみたい!そんな人だけが集まる安心な場で一歩を踏み出そう~
H_taisho
カラオケが苦手な人、人前で歌うことに恐怖心がある人、でもボイストレーニングに興味がある人
H_kitai
2時間でガラリと声が変わります。歌うことの恐怖心が少なくなります。カラオケ苦手な仲間と出会えます。
271719_部長
271719_赤ちゃん先生
Professional_s
 
 
ちょいガチ®カラオケ部 部長
安達 充
 
・ソングレターアーティスト
 プレジデント社『僕が生まれた時のこと(CDブック)』著者
 被災地支援活動がNHK『ニュースウォッチ9』で放映
・ボイストレーナー(音響芸術専門学校非常勤講師)
・ことだま師(命名言霊学協会認定講師)
1979年生まれ。千葉県出身。立教大学文学部卒。一般的には「ピアノ弾き語りシンガーソングライター」だが、自らを音楽の専門家(ミュージシャン=音楽家)ではなく、音楽という“芸”を人を輝かせる“術”として使う専門家(アーティスト=芸術家)と定義。

「歌だから伝えられることがある」という信念から、メインの活動は、たった一人の想いを、世界に一つだけのオリジナル曲に「翻訳」する「ソングレター(R)」。作詞作曲ができなくても、歌でその想いを代弁してもらえると話題を呼び、結婚式や記念日など人生の様々なシーンでの依頼が後を絶たない。
 

こんにちは。ちょいガチ®カラオケ部 部長の安達充です。

今回は、「伝説のイベント、名前を変えて復活!!」のご案内です。

 

・・・その名も、「おためしカラオケ部(おたから部)」

 


今は「ちょいガチ®カラオケ部」と銘打って、カラオケ好きな人のために開催していますが、

実は記念すべき第1回目は、「大人の休日カラオケ部」と題して、2013年6月に開催しました。

 

 

そうしたら、またたく間にメンバーが集まって、ものすごーく

アットホームで楽しいイベントとなったんです♪

なんと、愛媛県からそのためだけに夜行バスで参加してくださった方も

いらっしゃって感動でした(すごい!^^)

 


人間なにごとも得意不得意というものがあります。

でも、社会人になると、いつの間にか当たり前のように「カラオケで歌う」というシーンが登場したりするんですよね。

※場合によっては、「取引先の方と一緒にカラオケ」なんていう、不可避の強制イベントすらあります。

 


『ちょ、、、ちょっと待って!
 カラオケに関する“義務教育”なんて、受けてない。。。
 なのになんで、みんながカラオケ歌えることを前提に話が進んでるの?(涙)』


そんな風に思ってらっしゃる方は、実は意外と多いと思います。

 


ボイストレーニングも、いちばん必要としているのはそういう方々なのに、

勇気をもってボイトレに行くと、だいたい本格的なレッスンをやらされます。

 

そして、余計に自信を喪失してしまって「もう歌はコリゴリ…(>_<)」

ということも少なくないと思います。

 


なので・・・

カラオケに苦手意識がある人“以外”は、参加NG!!

上手く歌えなくても全然恥ずかしくない!!

人前で歌を歌えたら、それだけで気持ち的には金メダル!!\(^o^)/

という、そんな場を作ります。

 


そう、それはさながら、学生時代にやっていた“部活動”のノリで。

失敗しても大丈夫。みんなで一緒に成長していけばいい。

楽しく歌を歌って、気づいたら少し上手くなっている。

 

それが、【おためしカラオケ部】です!

 

(以前は「大人の休日カラオケ部」という名前でしたが、今回は平日開催ということもあり、

「大人の休日」はおもいっきり某企業のパクリなので(笑)これを機に名称変更しました)

 


私はボイストレーナーでもありますが、ここではいち「部長」です。

 

集まった部員(参加者)の皆さんに、

・初歩的なボイストレーニングと
・その人その人に合ったアドバイス

を提供するのが役割ですが、そこには上下関係なんてありません。

私も一緒に楽しみながら、ひとつの「部活動」をつくっていくイメージです。

 


さあ、ではそんなイベント、過去に開催してみてどうだったか?

実際に参加した部員の声をお聴きください♪

 


 

「楽しかったなぁ。カラオケに行くといつも順番を気にしていて、

あまり楽しくなかったので。自主練頑張ろうっと。」

 

「とにかく楽しかった♪です。参加してホントに良かったって思いました。

カラオケに対する苦手意識を皆さんで共有できて、安心しました~!」

 

「初入部は、本当に、とにかく楽しかった。あれから自主練少しだけど続けてますよ。

また皆さんと再会できるのを楽しみにしてます。」

 

「緊張もしましたが、最初から和やかな雰囲気で、とっても楽しかったです。

安達部長を始め、参加された部員の皆さんのおかげです。ありがとうございました!」

 

「小学生からのトラウマ解消の一歩を、ようやく踏み出せた感じ。

まさか、自分が人前で歌うなんて、考えられなかったことなので、すごい第一歩でした!」

 

「すんごく皆様が素敵で歌いやすい雰囲気で良かったです!部長のフォローも最高です!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!(^^)」

 



もう、、、部長カ・ン・ゲ・キ。。。(T_T)

まさに、こういう場を作りたかったんです!

 


あ、ちなみに、部活なので一応『部の規則』的なものもあります。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   ★☆★ おためしカラオケ部 三か条 ★☆★

 

  1、他人の歌を批評すべからず!
   (他の人の歌は、良かったところを見つけ、褒めるべし)

  2、お互いの歌をちゃんと聴くべし!
   (自分さえ歌えればよい、というスタンスは言語道断)

  3、歌を心から楽しむべし!
   (上手いかどうかではなく、楽しめたらすべてよし)


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

上記の三ヶ条に賛同していただき、かつ、以下の入部資格チェック項目のうち、

半分以上が「はい」となったアナタの入部をお待ちしています(*^_^*)

 


 

★☆今回の入部資格(5個以上Yesがつく方がOKです)☆★

 

□カラオケはどちらかというと苦手だ

□皆とカラオケに行っても出来れば歌わずに聴いていたい

□高い声を出すとすぐにのどが嗄れたり痛くなったりする

□どうがんばっても大きな声が出ない

□録音した自分の声を聴くと残念な気持ちになる

□歌が上手い人の後に歌う順番がめぐってくると恐怖だ

□実は練習のため、ひとりカラオケに行ったことがある

□ボイトレを受けたことがあるが、自分には合わなかった

□自分の声に少なからずコンプレックスがある

□でも、本当は歌うことが好き

 


 

最初の1時間は、自己紹介から入って皆でカンタンなボイトレ。

後半の1時間は、一人ずつ歌を歌いながらワンポイントレッスンを授けていく形の合計2時間です。

 

ボイトレは、未体験の方はイメージわかないと思いますが、

早い人だと、30分だけでも驚くほど声が変わります。

 

まさに自分の中にかくれた「お宝」を発見する時間になると思います。

(→それで「おたから部」というのもカケました(^^))

 

新たな自分の声に出会えたらラッキーだし、そうでなくても、

純粋に歌を楽しめたらいいかな~、なんてノリで参加していただけたらと思います。

 

ピンと来た方は、是非ご一緒しましょう♪♪

271719_30727220_1791405317563920_5484545857776499096_n
271719_32214789_1814584205246031_9042879304710488064_n
開催日時
2018年7月 5日(木)
開始 14:00
終了 16:00
場所 カラオケ館 船橋店
船橋市本町4-41-25 共栄ビル3F
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

5,000円+カラオケ代1,000円(ドリンク代含む)

支払方法

当日お支払ください。

定員 6  名
申込受付期間2018/6/19(火) 16:21 ~ 2018/7/ 5(木) 14:00まで
主催者安達充
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
【カラオケ苦手な人、集まれ!】おためしカラオケ部(おたから部)、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
ソングレターアーティスト

安達 充

Senmon

ソングレター、ボイストレーニング、名前のことだま

・ソングレターアーティスト
 プレジデント社『僕が生まれた時のこと(CDブック)』著者
 被災地支援活動がNHK『ニュースウォッチ9』で放映
・ボイストレーナー(音響芸術専門学校非常勤講師)
・ことだま師(命名言霊学協会認定講師) 1979年生まれ。千葉県出身。立教大学文学部卒。一般的には「ピアノ弾き語りシンガーソングライター」だが、自らを音楽の専門家(ミュージシャン=音楽家)ではなく、音楽という“芸”を人を輝かせる“術”として使う専門家(アーティスト=芸術家)と定義。

「歌だから伝えられることがある」という信念から、メインの活動は、たった一人の想いを、世界に一つだけのオリジナル曲に「翻訳」する「ソングレター(R)」。作詞作曲ができなくても、歌でその想いを代弁してもらえると話題を呼び、結婚式や記念日など人生の様々なシーンでの依頼が後を絶たない。

  songletter
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Mitsuru Adachi All Rights Reserved.
Powered by reservestock