Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
【東京(府中に決定)】弦楽器奏者のための《楽しみ再発見》2Daysセミナー
弦楽器奏者なら知っておきたいカラダとココロの秘密を学んで使おう
H_taisho
努力を無駄にしたくない方。自分が楽しいのは当然大事だけど、大切な人にも楽しみをシェアしたい方。
H_kitai
体を動かす活動の基礎がわかり、気持よく演奏できます。個人練習はもちろんレッスン・リハーサルでのコミュニケーションが楽しく建設的になります。
どんな困難にも楽しみをみつけ挑む大人を増やし、未来の宝である子どもたちに希望あふれる世界を残してゆきます
Professional
 
 
バイオリン応援団 
いちろーた
どんな困難にも楽しみをみつけ挑む大人を増やし、未来の宝である子どもたちに希望あふれる世界を残してゆきます
 
2013年にブログ・メルマガ配信開始。直後から反響を呼びレッスン開始。
東京は新宿・渋谷、大阪などでのセミナーを開催。
Skypeでの相談も実施するが、「直接会いたい!」と遠路をものともせず教室まで来られるかたが8割を占める(関東近県はもちろん、北海道、青森、広島、岡山、鹿児島、アメリカからも受講されています)
バイオリン奏者の2大お悩み《身体の痛み・先生とのディスコミュニケーション》を解消します

・関節と筋肉の解剖学的知識
・経験と知識を建設的に使い倒すマインドセット
・回り道をしない、させないコミュニケーションスキル

をフル活用して、あなたのバイオリン演奏を生まれ変わらせます。
 

体を動かし、楽器を奏でる面白さを再発見する2日間セミナーへようこそ


弦楽器の演奏って、楽しいですよね。
でも、いろんなことが重なって本当の自分を萎縮させたままツラい思いをしていませんか?

「楽器はひきたいけど、身体の痛みがつらい。医者は楽器をヤメれば治るよって……どうしたらいいの」
「先生のお手本を見るとわかった気がするんだけど、もう3ヶ月も同じ曲をやってて進めなくなっちゃった。先生も『そろそろ次の曲をやりましょう』って……諦められちゃったかしら。こんなに好きなのに、私ってバイオリンに向いていないってことですか」
「オケの本番で日頃の成果を披露したいのに、隣の人がうまいと、なぜか空回りしてうまくいかない。他のお仕事だったらこんなことないのに、どうしてだろう?」

という方にオススメ!

 

弦楽器奏者のための《楽しみ再発見》2Daysセミナーin 東京(場所がなかったら府中)

 

【セミナーに参加すると、こう変わります】

●オケで、はじめての人と隣同士になっても、普段の自分と変わらず演奏できるようになった。
●質問したりされたりしなければいけない場面で緊張しなくなった。
●そういえば身体が痛くならない。重い疲労感じゃなくって、充実した心地良い疲れになった。
●レッスンで先生の本音がきけるようになって、こちらの話もわかってもらえるようになった。
●お手本のここを見ればいい、というポイントが分かるようになった。
●「どうしよう……」で止まっていたのが「じゃあ、まずこれをやってみよう」と行動を起こせるようになった。

 


【こんな考え方でセミナーを進めてゆく予定です】

次の3つのテーマを中心に、演奏への取り組みかたを見なおします。

Anatomy(解剖学)
Communication(コミュニケーション)
Teaching(教える)


Anatomy(解剖学)は、演奏家にとって
「動ける身体になるために、何を知っていればいい?」
という問いを探求するときの強力な相棒です。

骨や筋肉が、どんな形でどんな動きができるものかを学びましょう。

 

Communication(コミュニケーション)は、演奏家である以前に
ひとりの人としてこの社会を生き抜いていくための不可欠なスキルです。
「いま、何て言ってた?」
「それって、何?」
「それにたいして、私はいま何を言うべき?」
今回は、きいて・こたえるという会話の基本に取り組みます。

 

Teaching(教える)は、人類共通の本能であり、最高の娯楽です。
正解を示すのではなく、成長に必要なきっかけを与えるために何をすればいいか学びましょう。

「いま、一番根本的な変化を起こせるきっかけはどこにある?」

ご自身だけでなく、参加者のお一人おひとりの演奏やお話から、変化のきっかけを見つけ
そのきっかけを共有するために何ができるか、次々に取り組んでいきます。

 

こうした学びのために
座学(講師の話、ペンと紙を使って考える)のほか
演習(参加者同士のディスカッションや楽器演奏)をまじえてゆきます。

 

題材とするのは演奏する動きや日常生活でよく使う動きです。
参加者同士が互いに見せ合ったり
自分ひとりで自分自身を観察したり……
そういうなかで観察・分析を行い、改善のための提案を一緒に検討します。
その提案を実践したときに、どんな変化が起きたか、さらに観察・分析を行います。

観察のフィールドを広げるために
お天気が良ければ街に出て歩くかもしれません。

 

 

【いま、予定しているワーク】

●自己紹介
●いま私が取り組んでいる1曲を演奏(長い場合はおひとり3分くらいでカット)
●「頭と脊椎」を固める、緩めると演奏がどう変わる
●「演奏する腕」「演奏する足」の観察
●プレゼンコンクール「腕の仕組み、ここが面白い!」
●学びを活かして即席デュオ演奏会

 

 

◎日程

4月29日(日・祝)12:30〜19:30
4月30日(月・振替休日)10:30〜17:30

※両日とも終了後、懇親会を行います


2日間通して参加されることをオススメします。
「どうしても途中からの参加になってしまう」という場合は、参加できない時間帯とご事情をメッセージ欄にお書きください。

◎参加費

一般19,800円/メルマガ会員10,000円(※モニター価格)

※今回はいままでの「構えセミナー」の内容とは別の新しい試みを盛り込むためモニター価格で参加者を募集します。 

メルマガ会員とは、「バイオリン応援団通信」または「奏法リノベーション365」をご購読中の方です。

 

◎お支払期日とキャンセルポリシー

本人確認完了メール到着後、銀行3営業日以内にお支払いをお願い致します。

なお、開催直前のお申し込み等の理由によりご入金が間に合わない場合は、入金予定日をご連絡ください。

期日内に入金確認ができない場合は、お申込みを取り消しさせていただく場合があります。 
お支払いいただいた参加費は主催者都合による中止以外では払い戻しいたしません。 
 


定員は8名です。
楽器を持ってお越しください。

チェロ・コントラバスなど《床刺し系楽器》は、受け皿をご持参ください。

 

◎会場

未定です(山手線内の駅から徒歩5分圏内で探しています)

4月26日(木)までに会場決定します。
「必ず開催してくれるなら会場未定でも構わない!」という方のお申込みを歓迎します。

 

見つからない場合は『府中なかがわら教室』にて開催となります。
※府中なかがわら教室は 京王線中河原駅 歩8〜10分くらい

 

◎持ち物
筆記具、楽器、弓、肩当て、楽譜等……ふだん演奏や練習で使うものをご持参ください。
ステージ衣装・くつ等での演奏フォームを探求されたい方はご持参ください。
※チェロ・コントラバス等、床に突き刺せません。受け皿をご用意ください。

※譜面台は持参不要。会場備品があります。
※会場は土足禁止。スリッパがあります。

※1日目、2日目、どちらも長時間です。昼食や軽食などは、ご自身の分をご持参ください。

 

 

音楽をわかちあう喜びと、上達の楽しみと
楽器と触れあう気持ちよさを満喫しましょう!

 

ご質問は ichiro@ezplaystrings.com までどうぞ。

 

開催日時
2018年4月29日(日)
開場 12:15
開始 12:30
終了 20:45
場所 府中なかがわら教室

ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

一般19,800円/メルマガ会員10,000円

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

銀行振込またはペイパル

 

銀行振込の場合、手数料をご負担ください。

定員 8  名
申込受付期間2018/4/22(日) 07:00 ~ 2018/4/29(日) 12:15まで
主催者バイオリン応援団☆いちろーた
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
【東京(府中に決定)】弦楽器奏者のための《楽しみ再発見》2Daysセミナー、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional

いちろーた

Mission
どんな困難にも楽しみをみつけ挑む大人を増やし、未来の宝である子どもたちに希望あふれる世界を残してゆきます
Senmon

バイオリン 痛み 構え ディスコミュニケーション 脱力

2013年にブログ・メルマガ配信開始。直後から反響を呼びレッスン開始。
東京は新宿・渋谷、大阪などでのセミナーを開催。
Skypeでの相談も実施するが、「直接会いたい!」と遠路をものともせず教室まで来られるかたが8割を占める(関東近県はもちろん、北海道、青森、広島、岡山、鹿児島、アメリカからも受講されています) バイオリン奏者の2大お悩み《身体の痛み・先生とのディスコミュニケーション》を解消します

・関節と筋肉の解剖学的知識
・経験と知識を建設的に使い倒すマインドセット
・回り道をしない、させないコミュニケーションスキル

をフル活用して、あなたのバイオリン演奏を生まれ変わらせます。

  ichiro.ishikawa.violin
B_facebook
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock