Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Maninonrei
Releaf_touroku
5月20日 京都 金剛能楽堂で能を観よう!!
和の文化に親しむ
H_taisho
伝統芸能に興味はあるけれど、ふれる機会がないという方に
H_kitai
解説付きで能の鑑賞を楽しめます
254936_2014 5 能
254936_能楽堂
和の美へ導く
Professional_s
 
 
美の國 和文化大使
小管 貴子
和の美へ導く
 
◆実績
2009年よりきものの販売・着付けレッスン・コーディネートのアドバイス、きよう会の主宰を行っています。

和文化大使
着物ライフプロデューサー
着付け講師
着付け師
1970年 福岡に生まれる。幼いころから本が好き。福岡女子大学では、国文学を専攻。
「人間の本質とは、女性の美しさとは」と問い続けていました。元全日本空輸キャビンアテンダント(客室乗務員)。

結婚して、京都に住むようになりきものの美しさ、日本の美を再認識しました。
きものを着る機会が増えるにつれ、もっとたくさんの女性にきものを着て輝いてほしいと思うようになりました。


2014年【きもの㐂陽音】呉服店 店長となり、きものに更に深くかかわるようになります。

年齢を重ねるほど美しいきもの姿をという思いから【きもの美人への道】を主宰。
体の軸を整えるようにきものを着ていくと、美しさのみならず、もともと日本人が大切にしてきた目に見えないもの、今・ここを感じるセンサーにスイッチオンできます。

「着物を着て和文化を再発見!」というところから、2019年より
和文化大使として活動しています。
 

 

 5月20日(日)13時より

京都 金剛能楽堂 能鑑賞

 

  

能の舞台鑑賞したことありますか?

知れば面白い能の世界。

少し、予習をして鑑賞しませんか?

喜陽音店内で、謡に詳しい方にレクチャーしていただいて、本番を楽しみます。

 当日は、申し訳ありませんがお仲間で行っていただくイベントになっておりますことご了承ください。

 

 お勉強会  425日(水) 10時00分~11時30分

      5月9日(水) 13時00分~14時30分
      
       4月29日(日)10時~ もしくは 13時~
     


チェック 能楽堂ってどんななの?チェックワキ シテ 狂言 って?チェック能のみかた
チェック気をつけることチェック 実技 声をだして謡ってみよう!!
チェックその他 しりたいこと なんでも

 講座 チケット込 8000円 

  
 お問い合わせ・お申込みは
  和のこころ きもの喜陽音 0120-84-5291

開催日時
2018年5月20日(日)
開場 12:30
開始 13:00
終了 16:00
場所 金剛能楽堂(2回の講座は喜陽音店内で行います)
〒602-0912 京都府京都市 上京区烏丸通一条下る龍前町590
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費
講座・チケット込  8000円
 
講座のみ参加   2000円
 
定員
 5  名
満員御礼
申込受付期間2018/4/ 2(月) 16:30 ~ 2018/5/20(日) 12:30まで
主催者小管 貴子
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
5月20日 京都 金剛能楽堂で能を観よう!!、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s

美の國

和文化大使

小管 貴子

Mission
和の美へ導く
Senmon

きもの 着付け 和 運気

◆実績
2009年よりきものの販売・着付けレッスン・コーディネートのアドバイス、きよう会の主宰を行っています。

和文化大使
着物ライフプロデューサー
着付け講師
着付け師
1970年 福岡に生まれる。幼いころから本が好き。福岡女子大学では、国文学を専攻。
「人間の本質とは、女性の美しさとは」と問い続けていました。元全日本空輸キャビンアテンダント(客室乗務員)。

結婚して、京都に住むようになりきものの美しさ、日本の美を再認識しました。
きものを着る機会が増えるにつれ、もっとたくさんの女性にきものを着て輝いてほしいと思うようになりました。


2014年【きもの㐂陽音】呉服店 店長となり、きものに更に深くかかわるようになります。

年齢を重ねるほど美しいきもの姿をという思いから【きもの美人への道】を主宰。
体の軸を整えるようにきものを着ていくと、美しさのみならず、もともと日本人が大切にしてきた目に見えないもの、今・ここを感じるセンサーにスイッチオンできます。

「着物を着て和文化を再発見!」というところから、2019年より
和文化大使として活動しています。

  kosuga.takako
B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock